【OLYMPUS】手持ちハイレゾショットを試してみて | THE MAP TIMES //該当の要素を削除する $(this).remove(); }); });  【OLYMPUS】手持ちハイレゾショットを試してみて | THE MAP TIMES
Select Language

【OLYMPUS】手持ちハイレゾショットを試してみて

[ Category: OLYMPUS|掲載日時:2019年03月09日 10時00分]






OLYMPUS OM-D E-M1X + M.ZUIKO DIGITAL 12-100mm F4.0 IS PRO
OLYMPUS OM-D E-M1XM.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
i-finishのブルー、最高です。



2月22日、満を持して発売を迎えたOM-D E-M1X
ウリの一つである機能「手持ちハイレゾショット」を少し試してみて、その便利さに思わず「おっ」となりました。
ハイレゾショット自体はOM-D E-M5 MarkIIより搭載されていたものの、三脚仕様は大前提。ハイレゾショットで残したい風景も、三脚がないからと諦めたシーンが何度あったことやら。

今回は5000万画素相当の画像を、しかも手持ちで撮れる。
久しぶりにワクワクしながら、撮影機能を試してみました。

シャッターを押してみると・・・「シューッ」という手振れ補正機構動作に伴う微音と共に、ファインダー内に表示されるプレビュー。その時間、およそ1.5秒ほど。その後すぐに画像調整作業が始まり、15秒ほどでハイレゾ画像が生成されました。



■同一ピクセルでクロップ■

ハイレゾショットで何ができるか考えると、真っ先に思いついたのがクロップによる望遠効果の演出。
下の写真を対象に、画面中心のクレーンがどの程度大きく写せるか比べてみました。



通常画像から切り出し
OLYMPUS OM-D E-M1XM.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
通常画像から切り出し



ハイレゾショットから切り出し
OLYMPUS OM-D E-M1XM.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
ハイレゾショットから切り出し


長辺を900ピクセルに設定し、通常画像とハイレゾ画像から等倍切り出しを行ってみました。
頭の中では大きさが違ってくることをきちんと理解しているものの、改めて比較するとその違いに驚きました。
ハイレゾショットは画素数が増加する分、同一ピクセルで切り出すとより狭い範囲を切り出すことが可能。
クロップで疑似的に望遠効果を演出できるので、手持ちの望遠レンズがない場面でも、遠くの被写体を大きく切り出すことが可能です。



■見かけ上の範囲を合わせてクロップ■

次に試してみたのが、同一範囲を切り出す方法。
同一ピクセルで切り出した場合は、被写体の大きさに差が生まれましたが、今回は範囲を同一にするため被写体の大きさは基本的に変わりません。ここで注目すべきは、画素数の大小でどれほどディテールの差が生まれるか、という点です。


通常画像からクロップ
OLYMPUS OM-D E-M1XM.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
通常画像から切り出し



OLYMPUS OM-D E-M1XM.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
通常画像から切り出し


トリミング範囲が若干異なっている点はご愛嬌ということでご容赦ください。
個人的にはこちらの方が「おっ」と驚く結果に。
ハイレゾショットはクレーンの支柱に点在する細い金属棒なども細かく解像している他、色解像も向上して全体的にシャキッとした印象に変化します。
通常画像も単独で鑑賞すると良好な解像感を保っていますが、比較してみると差を感じるものです。



焦点距離の望遠端(35mm換算200mm)で目一杯の状態。
ハイレゾショットで記録していると・・・


ハイレゾショットで記録後、任意のサイズに切り出してみました。
ブログへ掲載する関係上、表示サイズは900×675ピクセルですが、オリジナルデータはこれだけトリミングを行っても余裕の2300万画素(23MP)を維持できています。
これだけ自由度が高いと、帰宅後の編集作業で構図を調整したりすることが楽しみになりそうです。



■今度は絶景を撮りに行きたい■



昼休みなどに小一時間借りて使ってみたOM-D E-M1X。
E-M1 Mark IIもなかなかの性能ですが、今回の手持ちハイレゾショットは短時間使っただけでも、オリンパスの自信作であろうと容易に想像がつく、アウトスタンディングな機能でした。
撮影中プレビュー映像がピタッと止まるところを見ていると、自分自身の腕が上達したのではないかという錯覚を覚えてしまうくらいです。

次は桜の季節にでも持ち出して絶景を撮ってみたいです。




今回使用した機材こそ、おすすめの組み合わせ









〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: OLYMPUS|掲載日時:2019年03月09日 10時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!26票


【OLYMPUS】PEN-F×赤

【OLYMPUS】PEN-F×赤[2019年10月10日]

10月に入り、秋らしい装いの人が増え葉も色付き心地好い風が吹く中、今流行の曼珠沙華を観に行ってきました。 マップタイムズでもこの時期になると沢山の写真が掲載され、メーカーや撮影者によって全く違う写りをし人々を虜にする赤い花。 通勤の電車内でも有名な場所のポスターを目にすることも多々あります。 私自身も、数年前に広告を目にし、埼玉の有名な群生地を訪れたのですが人の多さにげんなり。 持っていたカメラを早々に鞄にしまい屋台でビールを飲んだことを思い出します。 ...
続きを読む
null

PENと休日[2019年10月04日]

日々仕事で様々なカメラに触れておりますが、「良いデザインだな」「使ってみたいな」と思うことが多々あります。 そんな中で今回は「OLYMPUS PEN-F」でスナップをしてまいりました。 選んだ場所は「銀座」。スナップにはかなり面白い街だと思っております。この日もスナップをされている方を何人か見かけました。それほど写真を撮る人にとっては魅力的な街ということでしょうか。 Lens: M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0 Limited Black スナップをしていると必ず路地裏に行きま...
続きを読む
null

【OLYMPUS】POWER WORD「機動力」[2019年09月30日]

OM-D E-M1X + M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-20 換算600mm | F6.3 | 1/1000 | ISO500 ■「機動力」に出会った夏■ 今年OM-D E-M1Xをリリースして以降、ブランドイメージに「機動力」という言葉を用いることが多くなったオリンパス。 運搬重量という贅肉を削ぎ落とし、小型軽量を徹底、おまけに他社を寄せ付けない防塵防滴機構まで備えて「どこまでもお供しますっ!」と言わんばかりのプロモーションです。 たとえば夏に発売されたテレコンバーター「MC-20」。 PROレンズ...
続きを読む
OM-D E-M1 Mark II

【増税前にデビュー】初めての動物園フォト[2019年09月27日]

振り返れば意外なことに、動物園で本格的な撮影をしたことがありませんでした。 ということで、初チャレンジのステージは横浜にある野毛山動物園。 「今の仕草、よかった。もう一度」と願っても、動物たちはそう滅多に同じことを繰り返してくれるものではありません。 動きの素早い動物にはさらに別の難しさがあります。だからこそ、うまく撮れた時のうれしさは格別です。 フラミンゴの羽毛の美しさに目を奪われ、しばらく見入ってしまいました。また訪れてじっくりと撮影し...
続きを読む
M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0

【増税前にデビュー】ヨコハマワイドスナップ[2019年09月22日]

私は神奈川県出身で横浜には何度も訪れておりますが、 気がつけばいつも何かの用事で訪れることが多い地でした。 気がつけば「撮影」を目的として訪れるのは初めて! 今回使用するレンズは「M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0」 購入してからはじめてのシェイクダウン。 普段は、望遠系レンズで撮影することに慣れているので、 不慣れなフレーミングとなりますが「ワイド」での撮影が とても気持ちよくいつもとは違うひとコマが撮影することができました。 いつもとは少し...
続きを読む