【EOS RP発売記念】いい写真の予感がする。vol.2 | THE MAP TIMES 
Select Language



【EOS RP発売記念】いい写真の予感がする。vol.2

[ Category:Canon|掲載日時:2019年03月09日 21時30分]




SP 35mm F1.8 Di VC USD

EOS RPの発売まであと5日となりました。
今回はEF-EOS Rアダプタを介してサードパーティーレンズ

「TAMRON SP 35mm F1.8 Di VC USD」
レンズ構成:9群10枚 (絞り羽根:9枚)
最短撮影距離:0.2m(最大撮影倍率:2.5)
フィルター径:67mm
質量:約480g

こちらを使ってちょっとした街角スナップを楽しんできました。
撮影場所はオシャレな街「原宿」


SP 35mm F1.8 Di VC USD
f/1.8 シャッタースピード 1/1250 ISO感度 100

山手線、渋谷への道
隠しきれてないフェンスが不規則な明暗のコントラストを作り上げています。

SP 35mm F1.8 Di VC USD
f/4 シャッタースピード 1/60 ISO感度 100

ちょっとオシャレな鉄製のポール
緩やかにボケていくので写真全体が柔らかく感じます。

SP 35mm F1.8 Di VC USD
f/1.8 シャッタースピード 1/800 ISO感度 100

モノクロでの一枚
壁に描かれたアルファベットと数字の組み合わせ…
何かのメッセージか、ただのグラフィティか。

SP 35mm F1.8 Di VC USD
f/4 シャッタースピード 1/60 ISO感度 100

看板は平面。
そんな定説?を覆すかのような立体的な看板。
ガラスの中にいる白鳥の置物はどこか異彩を放っています。

全てが被写体となるこの街では、
35mmと言う画角は様々な被写体に対応出来ます。
最短撮影距離が0.2mのこのレンズでしたらなおの事。
写りも少しソフトで、優しい雰囲気もあり、
タウンユースには最適なレンズだと思います。

今回は「EOS R」で撮影を行いましたが、
更に軽く・コンパクトになった「EOS RP」でしたら、
よりフットワークも軽くタウンユースにピッタリだと思います。

しかし、注意して頂きたい事がございます。
必ずカメラ側の周辺光量補正をOFFにしてください。
ONの状態ですと写真にドーナツ状の黒い帯が入りますので
必ずOFFにして下さい。

冒頭に申し上げたように「EOS RP」発売まであと少しと言う事で、
RPと組み合わせたら面白いと思うレンズを紹介させて頂きました。
今回は「TAMRON SP 35mm F1.8 Di VC USD」
さて、次回どう言った内容になるか、
楽しみながら待つとしましょう。







〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Canon|掲載日時:2019年03月09日 21時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Canon】EOS Kiss M でカメラデビュー 2019年05月16日
初めまして。今回から新たにブログを書かせていただきます。 そんな私ですが、ずばりカメラ初心者です。 どうか温かい目で見守っていただけると嬉しいです。 さて、初心者の私が相棒に選んだのは、 【Canon】の「EOS Kiss Mダブルズームキット」です。 カメラを手にして感じたのが、 普段の何気ない景色をしっかりと見つめるようになりました。 そこで、今回の写真は近所の公園を撮ろうと思い、Kiss Mで 撮影を楽しんできました。 Kiss Mを選んだ理由の一つは何と言っても軽いことで...
続きを読む
【Canon】雨色じゃない景色Vol5%>>--><br />
<br />
本日はこどもの日。<br />
後半は晴天に恵まれた大型連休も残り僅かとなりました。<br />
<br />
こんにちは。雨男です。<br />
<br />
<br />
前半に雨が降り続いたので撮影をしようかと考えたのですが残念ながらタイミングが合わず撮影できませんでした。<br />
<br />
それならば!と混雑しているのを覚悟し立川の昭和記念公園にネモフィラを撮影しに行こう!<br />
<br />
<div style="text-align: center"><%image(nemo.JPG 【Canon】雨色じゃない景色Vol5 2019年05月05日
本日はこどもの日。 後半は晴天に恵まれた大型連休も残り僅かとなりました。 こんにちは。雨男です。 前半に雨が降り続いたので撮影をしようかと考えたのですが残念ながらタイミングが合わず撮影できませんでした。 それならば!と混雑しているのを覚悟し立川の昭和記念公園にネモフィラを撮影しに行こう! いつもの様にハイキーな写真で・・・と、他のスタッフのマップタイムズを見るとネモフィラ・・・。 昭和記念公園より迫力満点なネモフィラ。しかも2人も。 【HASSEL BLAD】...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】「またね」 【新元号令和、平成を振り返る】「またね」 2019年04月30日
2019年4月30日。本日をもって平成が終わります。 連載企画【新元号令和、平成を振り返る】もこの記事で最後となります。 マップカメラスタッフそれぞれの「平成」、お楽しみ頂けましたでしょうか? ラストを務めますのは私、スタッフEです。 使用機材はCANON EOS 60D。 Canonデジタル一眼レフの中級機として初めてバリアングル液晶を搭載した画期的な一台でした。 筆者はEOS 60Dと5年間寄り添い、数えきれないほど写真を撮りました。 当時は休日が楽しみで楽しみで、「次はどこに行こう、何を撮ろう」...
続きを読む
キヤノン 【新元号令和、平成を振り返る】平成に誕生した「L」レンズ、勝手に8選 2019年04月22日
キヤノン EFレンズで振り返る平成。 「平成」に誕生した「個人的に推せる」EFレンズの数々を写真と共に紹介します。 今回は数あるEFレンズから、筆者が特に思い入れの強い8本を選出しました。 EFレンズは多くの種類から構成されていますがその中でも「Lレンズ」から厳選します。 鏡筒に刻まれた鮮やかな一本の赤いラインには特別感があります。 プロ品質と呼ぶに相応しい卓越した描写性能と優れた操作性、耐環境性・堅牢性を備えたレンズです。 EF50mm F1.0L USM(1989年/平成元年) 当時、35mm一眼...
続きを読む
EOS620+EF 85mm F1.2L USM 【新元号令和、平成を振り返る】平成元年生まれのレンズと私 2019年04月17日
平成、それは FUJIFILM SUPERIA PREMIUM 400 平成、それは 私が生まれてから今に至るまでの全ての時間。 筆者は平成元年(1989年)9月生まれです。 私にとっては、景色や音楽、今までの記憶全てが平成そのものです。 平成の最後に、自分が生まれて最初に住んでいた街へ出かけておきたいと思い、 筆者がお供に選んだのがこちらです。 「Canon EOS 620」。 CanonがEOSを投入したのは1987年、 筆者が生まれた時、平成が始まった頃にはすでにEOSは世に登場していたのです。 このEOS 620...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]