雨の日でも旅行気分 | THE MAP TIMES 
Select Language



雨の日でも旅行気分

[ Category:Canon|掲載日時:2019年03月10日 10時10分]

今日は休日ですが、あいにくの雨。

気になっていた近所のトルコランプ屋さんに行って参りました。

Canon (キヤノン) EOS 5D Mark III+Canon (キヤノン) EF16-35mm F4L IS USM


天井は一面ランプだらけ。



Canon (キヤノン) EOS 5D Mark III+Canon (キヤノン) EF16-35mm F4L IS USM


こちらは煌びやかな香水瓶。



Canon (キヤノン) EOS 5D Mark III+Canon (キヤノン) EF16-35mm F4L IS USM


店内では写真を取り損ねてしまいましたが、こちらは衝動買いしてしまったチャイグラス。
この特徴的な模様はナザールボンジュウというもので、トルコでは神様、メドゥーサの眼をモチーフにしているそう。
メドゥーサの眼は悪意を持った者を石にしてしまう伝承があり、そこから転じて厄除けのお守りとして親しまれているそうです。



Canon (キヤノン) EOS 5D Mark III+Canon (キヤノン) EF16-35mm F4L IS USM


二階にもフロアがあり、天井だけでなく一面がランプだらけ。
一面のランプは大迫力でテーマパークのアトラクションの様な空間。



Canon (キヤノン) EOS 5D Mark III+Canon (キヤノン) EF16-35mm F4L IS USM


Canon (キヤノン) EOS 5D Mark III+Canon (キヤノン) EF16-35mm F4L IS USM


トルコらしい鮮やかな色彩の品々。



Canon (キヤノン) EOS 5D Mark III+Canon (キヤノン) EF16-35mm F4L IS USM


こうして壁に光を反射させるのも楽しみ方の一つ。



Canon (キヤノン) EOS 5D Mark III+Canon (キヤノン) EF16-35mm F4L IS USM


こちらは落ち着いていて、どこか和を思わせるような可愛らしい色彩。



Canon (キヤノン) EOS 5D Mark III+Canon (キヤノン) EF16-35mm F4L IS USM


ランプ作りのワークショップもやっており、折角なので私も挑戦してみました。
ひし形を組み合わせて模様を作り、隙間を色とりどりのビーズで埋めて作ります。
本場の品には敵いませんが、愛着はひとしおです。

個人的に広角から35mm辺りまでの焦点距離のレンズが好きなのですが、
細かい装飾が施された工芸品の撮影にも興味がわいてマクロレンズが欲しくなりました。

雨降りではありますが、旅行に行った様な充足感の一日でした。



今回の使用機材はこちら







〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Canon|掲載日時:2019年03月10日 10時10分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

或る日のT2 【新元号令和、平成を振り返る】或る日のT2 2019年04月19日
関東では桜の見頃が過ぎ、だんだんと日が伸び、 吹く風もすがすがしい季節になってまいりました。 さて「平成を振り返る」をテーマに弊社スタッフがこのブログを書いております。 皆様にとってはどんな日々でしたでしょうか。 私は平成生まれなので、人生のすべてが平成の思い出ということになります。 先日久しぶりに父とじっくり話す機会がありました。 私が今、フィルムカメラにはまっている話をしたところ、 父がおもむろに昔使っていた【CONTAX T2】を引っ張り出してきました。 ...
続きを読む
Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ 【新元号令和、平成を振り返る】Leicaで撮るということ 2019年04月18日
平成も終わりかぁ。と思い 数年前に書いたブログを思い出しました。 【SONY】Leicaで撮るということ 当時はα7が発売され、 マウントアダプターでどんなレンズも付ける事が出来る。 という事に感激していた記憶があります。 Leicaで撮るということ、と書いておきながらカメラはSONYなんですが笑 Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ Vol.2 ~Summarit 50mm F1.5~ Vol.3 ~Summilux 75mm F1.4~ Vol.4 ~Summar 50mm F2.0~ Vol.5 ~Summarit-M 90mm F2.5 6bit~ Vo...
続きを読む
EOS620+EF 85mm F1.2L USM 【新元号令和、平成を振り返る】平成元年生まれのレンズと私 2019年04月17日
平成、それは FUJIFILM SUPERIA PREMIUM 400 平成、それは 私が生まれてから今に至るまでの全ての時間。 筆者は平成元年(1989年)9月生まれです。 私にとっては、景色や音楽、今までの記憶全てが平成そのものです。 平成の最後に、自分が生まれて最初に住んでいた街へ出かけておきたいと思い、 筆者がお供に選んだのがこちらです。 「Canon EOS 620」。 CanonがEOSを投入したのは1987年、 筆者が生まれた時、平成が始まった頃にはすでにEOSは世に登場していたのです。 このEOS 620...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】My Style Welinagara 【新元号令和、平成を振り返る】続・私だけの色で 2019年04月16日
自分が生まれた年号が終わろうとしている。 その事実に、未だに実感がわきません。 「ひょっとすると、平成はこれからも続いてゆくのではないか」とすら思っています。 ああ、今気が付きました。私は「平成」が好きだったのだと。 毎朝泣きながら保育園に行き、小学校のカレー早食い競争で一位をとり、中学校で初恋をし、高校でクルマに憧れ、社会人になってカメラを始めて…。 私の時間は、ずっと平成でした。 「新元号令和、平成を振り返る」というタイトルで連載しておりますブログ、今回のタイ...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】Canonの名機5D MarkIIと世界を歩く 【新元号令和、平成を振り返る】Canonの名機5D MarkIIと世界を歩く 2019年04月15日
スイス ゴルナーグラート展望台 新元号『令和』を迎えるにあたって、平成を振り返る。 遡るは10年ほど前、今回は私が平成20年ごろに練り歩いたヨーロッパの写真を振り返ります。 私の愛する名機『EOS 5D MarkII』とレンズ数本を抱えて3ヶ月間ヨーロッパ一周、12カ国の旅へ出発。 その時は若くまだお金がなくレンズはサードパーティでしたが、 EOS 5D MarkIIが私の旅路をしっかり記録してくれました。 オーストリア ザルツブルグ 映画サウンドオブミュージックの舞台として知られ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]