Select Language

【EOS RP発売記念】いい写真の予感がする。vol. 3

[ Category: Canon|掲載日時:2019年03月12日 21時00分]



CONTAX Planar T* 50mm F1.4 AE


 EOS RPの発売までいよいよあと2日!

『EOS R で遊んでみた!』というブログで、レンズマウントアダプターを介してオールドレンズでの撮影を紹介しているのですが、今回もその流れで遊んでみました。

「CONTAX Planar T* 50mm F1.4 AE」
マウント:ヤシカ/コンタックス
レンズ構成:6群7枚(絞り羽根:6枚)
最短撮影距離:0.45m
フィルター径:55mm
質量:約275g
(KIPON製レンズマウントアダプター使用)

かつて、カメラ小僧たちが一度は使ってみたいと憧れたカールツァイスの銘玉。
マウントアダプターなど存在しない当時は、このレンズを使いたくてコンタックスユーザーになった人も多くいました。

Canon EOS R + CONTAX Planar T* 50mm F1.4 AE


EOS R に装着するとちょっと鏡胴が長いですが、違和感は少なくいい感じのバランス。
当時、標準レンズの中では少し大振りな印象を持っていましたが、現在の大砲級のレンズに較べれば何ともコンパクト。

このプラナー50mmにプラスワン(次回、紹介予定)の組み合わせで向かったのは、新橋にある「浜離宮恩賜庭園」。 菜の花が見頃とのこと。

西口のSL広場周辺は「夜のサラリーマンの聖地」的な印象の強いJR新橋駅ですが、反対側の烏森口から少し歩くとまるで近未来を思わせるようなデザインのオフィスビルが立ち並ぶ一角に出ます。

ただ、その全体を撮るには50mmでは画角が狭いので、今回は部分を切り取ってみました。

CONTAX Planar T* 50mm F1.4 AE

f/5.6 AE ISO感度 100


CONTAX Planar T* 50mm F1.4 AE

f/4 AE ISO感度 100


途中にあった生垣の手頃な高さに椿の大輪が… まずはF値4で。

CONTAX Planar T* 50mm F1.4 AE

f/4 AE ISO感度 100


それを絞り開放F値1.4にすると… 溶けます。

CONTAX Planar T* 50mm F1.4 AE

f/1.4 AE ISO感度 100


まるでソフトフィルターでも装着したかのような描写ですが、ピントの芯はしっかり出ています。

やっと庭園に到着。
入口からそれほど離れていないところに見事な菜の花畑が広がっているのですが、今回訪れた3月初めは、その周りを取り囲む梅の木も満開の花をつけていました。ラッキー!

CONTAX Planar T* 50mm F1.4 AE

f/1.4 AE ISO感度 100


右後方の枝の花は少し流れるようなボケになりました。 画面中央下に見られるのは、背後に建つビルの窓に反射した光です。
このままちょっと絞ると、

CONTAX Planar T* 50mm F1.4 AE

f/2.8 AE ISO感度 100


中央下の光源が何とも奇妙な形に… これは絞り6枚羽根の作り出す形状がそのまま出たもの。
絞り羽根の枚数を増やし、絞っても円形に近い形状になる現代のレンズとは全く異なります。
「手裏剣」なんて揶揄され短所とされてきましたが、逆に今のレンズにない表現が楽しめます。

そして菜の花畑に。 縦横に小道が走っているので、周りの人を入れずに写真に収めるために、座ったり立ったりアングルをさまざま変えて撮影。 …ええ、一人で…

CONTAX Planar T* 50mm F1.4 AE

f/2.8 AE ISO感度 100


独特な背景のボケ具合。 印象派の絵画の筆づかいを思わせるような… まぁ、写真としては決してキレイなボケとはいえませんが…

CONTAX Planar T* 50mm F1.4 AE

f/1.4 AE ISO感度 100


最短撮影距離付近で撮影。 前ボケも入れてみました。

CONTAX Planar T* 50mm F1.4 AE

f/4 AE ISO感度 100


風が吹いているわけではないのですが、背景がザワザワしている感じ… ちょっとうるさいボケ味。

CONTAX Planar T* 50mm F1.4 AE

f/4 AE ISO感度 100


最後は紅梅、背景の緑の物体は歩道沿いに並んでいたコーンです。 ファインダー内で確かめながら、形が分かるギリギリまでボカシてみました。


最初は50mm単焦点だけで出かけてきてしまったことに後悔していたのですが、撮影しているうちに夢中になって、そんなこと忘れていました。
撮影後半には、ファインダーを覗いていなくても、風景を自然と50mmの画角に切り取って見ている自分に気がつきました。 …カメラ小僧が復活していました。

さてさて、今回撮影に用いた「CONTAX Planar T* 50mm F1.4 AE」、銘玉といわれるオールドレンズ(…考えてみたら、学生時代現役で使っていました。 私もオールドの部類ということか…)
現行レンズに較べれば、シャープネスは勿論、ボケ味も美しいものではありません。 でも、絞り開放時のとろけるような描写や暴れるボケを駆使して作画する楽しさは、他では味わえないものです。

CANON EOS R も、レンズマウントアダプターを介した撮影において、とても操作感が良く、ファインダー内の被写体に意識を集中してシャッターを切ることが出来ました。

はたして今度発売の EOS RP にその良さがどこまで受け継がれているのか、非常に楽しみです。
ボディがさらにコンパクトで軽量になりますから、今回のような単焦点レンズ1本でのぶらり撮影旅にまさにうってつけのカメラになりそうです。

いい写真の予感、そして、いい相棒の予感がします。







〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓





[ Category: Canon|掲載日時:2019年03月12日 21時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!29票


X-Pro3×ETERNA×Hektor

【FUJIFILM】 X-Pro3 × ETERNA × Hektor[2019年11月14日]

X-Pro3×ETERNA×Hektor マップカメラ X-Pro3特集。 第一弾 X-Pro3 夜の新宿をVoigtlanderで撮る 第二弾 X-Pro3と行く日光の旅 第三弾 X-Pro3 ならではの撮影者からみた風景 第四弾はHektorL73mm F1.9をつけてETERNAで撮影を行ってきました。 夕方4時を過ぎると日向にいても少し寒く、暗くなればコートが必要な季節になりました。 体感的に秋はあっという間に終わってしまった様に思えます。 ですがまだまだ紅葉シーズン。 夕日に照らされるススキはいくつもの表情...
続きを読む
写真展のご案内 〜『club 銀燕チャリティ鉄道写真展2019』

写真展のご案内 〜『club 銀燕チャリティ鉄道写真展2019』~[2019年11月14日]

マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 『club 銀燕チャリティ鉄道写真展2019』 です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
null

【MapTimes】One More Times!! vol.9【紅葉Part2】[2019年11月14日]

THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 【MapTimes】One More Times!! 過去記事はこちらからご覧いただけます。 今回のキーワードも続いて「紅葉」 EVERYBODY×PHOTOGRAPHER 通称「エビフォト」では 「紅葉フォトコンテスト」を開催しております。 どの場所で撮ったのか、を共有できるというのは素晴らしいです。 紅葉を撮りにいきたいけど、どこが良いのかわからない。...
続きを読む
【Canon + TAMRON】2019、秋、沖縄

【Canon + TAMRON】2019年、秋、沖縄[2019年11月14日]

EOS Kiss X9に Canon EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM TAMRON 35-150mm F2.8-4 Di VC OSD/Model A043E の組み合わせで撮影に向かいました。 Canon Kiss X9はAPS-Cセンサーなので、画角は1.6倍です。 広角レンズと望遠レンズで全く異なる景色の切り取り方になるので、自分の好きな画角を探す良き機会になりました。 これを読んでくださっている方も、ご自身の好みの画角をぜひ選んでみてください。 10mm ISO400 1/1250秒 F8 今まで生きてきた中で一番きれいな海です。 向こうに見える遺...
続きを読む
XPRO3

【FUJIFILM】X-Pro3 ならではの撮影者からみた風景【カメラを愉しむ vol.2】[2019年11月13日]

噂の名機「FUJIFILM X-PRO3」 多機能なのにこの割り切った『特別感』 少々マニアックな視点であることは存じ上げております。 しかし、私ども『カメラ専門店』としてはこのような機能。 とても心くすぐられる機能であることに間違いありません。 実際に撮影、やはりいつもの癖で液晶を確認してしまいます。 その度に『撮影者へのインフォメーション』 として主張してくるこの1.28型 1:1アスペクトの液晶。 懐かしのPROVIA 100Fフィルムを並べてみる。 はじめの15...
続きを読む