【EOS RP発売記念】いい写真の予感がする。vol. 3 | THE MAP TIMES 
Select Language



【EOS RP発売記念】いい写真の予感がする。vol. 3

[ Category:Canon|掲載日時:2019年03月12日 21時00分]




CONTAX Planar T* 50mm F1.4 AE


 EOS RPの発売までいよいよあと2日!

『EOS R で遊んでみた!』というブログで、レンズマウントアダプターを介してオールドレンズでの撮影を紹介しているのですが、今回もその流れで遊んでみました。

「CONTAX Planar T* 50mm F1.4 AE」
マウント:ヤシカ/コンタックス
レンズ構成:6群7枚(絞り羽根:6枚)
最短撮影距離:0.45m
フィルター径:55mm
質量:約275g
(KIPON製レンズマウントアダプター使用)

かつて、カメラ小僧たちが一度は使ってみたいと憧れたカールツァイスの銘玉。
マウントアダプターなど存在しない当時は、このレンズを使いたくてコンタックスユーザーになった人も多くいました。

Canon EOS R + CONTAX Planar T* 50mm F1.4 AE


EOS R に装着するとちょっと鏡胴が長いですが、違和感は少なくいい感じのバランス。
当時、標準レンズの中では少し大振りな印象を持っていましたが、現在の大砲級のレンズに較べれば何ともコンパクト。

このプラナー50mmにプラスワン(次回、紹介予定)の組み合わせで向かったのは、新橋にある「浜離宮恩賜庭園」。 菜の花が見頃とのこと。

西口のSL広場周辺は「夜のサラリーマンの聖地」的な印象の強いJR新橋駅ですが、反対側の烏森口から少し歩くとまるで近未来を思わせるようなデザインのオフィスビルが立ち並ぶ一角に出ます。

ただ、その全体を撮るには50mmでは画角が狭いので、今回は部分を切り取ってみました。

CONTAX Planar T* 50mm F1.4 AE

f/5.6 AE ISO感度 100


CONTAX Planar T* 50mm F1.4 AE

f/4 AE ISO感度 100


途中にあった生垣の手頃な高さに椿の大輪が… まずはF値4で。

CONTAX Planar T* 50mm F1.4 AE

f/4 AE ISO感度 100


それを絞り開放F値1.4にすると… 溶けます。

CONTAX Planar T* 50mm F1.4 AE

f/1.4 AE ISO感度 100


まるでソフトフィルターでも装着したかのような描写ですが、ピントの芯はしっかり出ています。

やっと庭園に到着。
入口からそれほど離れていないところに見事な菜の花畑が広がっているのですが、今回訪れた3月初めは、その周りを取り囲む梅の木も満開の花をつけていました。ラッキー!

CONTAX Planar T* 50mm F1.4 AE

f/1.4 AE ISO感度 100


右後方の枝の花は少し流れるようなボケになりました。 画面中央下に見られるのは、背後に建つビルの窓に反射した光です。
このままちょっと絞ると、

CONTAX Planar T* 50mm F1.4 AE

f/2.8 AE ISO感度 100


中央下の光源が何とも奇妙な形に… これは絞り6枚羽根の作り出す形状がそのまま出たもの。
絞り羽根の枚数を増やし、絞っても円形に近い形状になる現代のレンズとは全く異なります。
「手裏剣」なんて揶揄され短所とされてきましたが、逆に今のレンズにない表現が楽しめます。

そして菜の花畑に。 縦横に小道が走っているので、周りの人を入れずに写真に収めるために、座ったり立ったりアングルをさまざま変えて撮影。 …ええ、一人で…

CONTAX Planar T* 50mm F1.4 AE

f/2.8 AE ISO感度 100


独特な背景のボケ具合。 印象派の絵画の筆づかいを思わせるような… まぁ、写真としては決してキレイなボケとはいえませんが…

CONTAX Planar T* 50mm F1.4 AE

f/1.4 AE ISO感度 100


最短撮影距離付近で撮影。 前ボケも入れてみました。

CONTAX Planar T* 50mm F1.4 AE

f/4 AE ISO感度 100


風が吹いているわけではないのですが、背景がザワザワしている感じ… ちょっとうるさいボケ味。

CONTAX Planar T* 50mm F1.4 AE

f/4 AE ISO感度 100


最後は紅梅、背景の緑の物体は歩道沿いに並んでいたコーンです。 ファインダー内で確かめながら、形が分かるギリギリまでボカシてみました。


最初は50mm単焦点だけで出かけてきてしまったことに後悔していたのですが、撮影しているうちに夢中になって、そんなこと忘れていました。
撮影後半には、ファインダーを覗いていなくても、風景を自然と50mmの画角に切り取って見ている自分に気がつきました。 …カメラ小僧が復活していました。

さてさて、今回撮影に用いた「CONTAX Planar T* 50mm F1.4 AE」、銘玉といわれるオールドレンズ(…考えてみたら、学生時代現役で使っていました。 私もオールドの部類ということか…)
現行レンズに較べれば、シャープネスは勿論、ボケ味も美しいものではありません。 でも、絞り開放時のとろけるような描写や暴れるボケを駆使して作画する楽しさは、他では味わえないものです。

CANON EOS R も、レンズマウントアダプターを介した撮影において、とても操作感が良く、ファインダー内の被写体に意識を集中してシャッターを切ることが出来ました。

はたして今度発売の EOS RP にその良さがどこまで受け継がれているのか、非常に楽しみです。
ボディがさらにコンパクトで軽量になりますから、今回のような単焦点レンズ1本でのぶらり撮影旅にまさにうってつけのカメラになりそうです。

いい写真の予感、そして、いい相棒の予感がします。







〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓





[ Category:Canon|掲載日時:2019年03月12日 21時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0 【増税前にデビュー】ヨコハマワイドスナップ 2019年09月22日
筆者は神奈川県出身で、横浜は何度も訪れたことはある地なのですが、 気が付けばいつも人との用事で赴くことばかりで、撮影のために訪れるのは初めてでした。 今回使用するレンズはM.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0です。 購入してから何か月か経ってしまい、撮影に使用するのは初めてとなります。 普段、望遠系のレンズで一部を切り取る撮影に慣れているせいか、 自分の影や通行人の姿など、余計なものが写りこんでしまうことがありました。 そのためお見せできるショットは少し...
続きを読む
【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 動物瞳AF 【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 動物瞳AF 2019年09月21日
α7RIV + FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS / 400mm F5.6 SS 1/4000 ISO 1600 SONY α7RIV × 超高画素&動物対応瞳AFの実力 今年のαシリーズはハードウェアの進化とともに、ソフトウェア面でも大幅な進化がありました。 その中でもミラーレス業界初の動物対応 リアルタイム瞳AFに驚かれた方も多いと思います。 私も犬を飼っており、動物瞳AF機能の恩恵を受けたユーザーの1人でした。 α7IIIに搭載された動物瞳AFで撮影した愛犬はどれも目元にびしっとピントが合っており、衝撃を受けた事を良く...
続きを読む
はじめてのマクロレンズ 【増税前にデビュー】はじめてのマクロレンズ 2019年09月21日
雨の雫を撮影してみたかったんです。 世の中には素敵な雫写真が沢山あるので、 真似したくなりました。 そうはいっても雨の日にカメラを持ち出す気にはなれず。 雨上がりでの撮影チャンスにもなかなか出会えず。 ということで無理やり庭に水をまいて撮影することにしました。 くつろいでいた虫達が逃げ回っております。 今回使用した機材はこちら。 『PENTAX KP』 『PENTAX HD DA35mm F2.8 Macro Limited』 「HD DA35mm F2.8 Macro Limited」は、 小型で携帯性もよく「KP」との相性も抜...
続きを読む
【増税前にデビュー】Canon RFレンズ必須の1本!? 【増税前にデビュー】Canon RFレンズ必須の1本!? 2019年09月20日
ようやく過ごしやすい気温になってきました。 個人的に夏は好きなので名残惜しいですが、秋は紅葉などの風景写真を撮る楽しみがあります。 とは言うもの、私はまだ夏気分を捨てきれないので、 少しばかりですが涼しい金魚たちを使用したカメラと共にご紹介させてください。 Canon RF35mm F1.8 マクロ IS STM 何やら怪しげな雰囲気を漂わせる作品です。 よく見ると金魚が泳いでいます。 今回使用したレンズは「Canon RF35mm F1.8 マクロ IS STM」です。 選んだ理由は全ての要求を満たしていたから、...
続きを読む
7RM4 - Otus 55 【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 世界最高の標準レンズ 2019年09月20日
ボディ:SONY α7RIV / レンズ:Carl Zeiss Otus 55mm F1.4 マウントアダプター:SIGMA MC-11 キャノンEF用/ソニーE用 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 SONY α7RIV × Carl Zeiss Otus  カールツァイスの中でも圧倒的なパフォーマンスで他の追従を許さないレンズ『Otus』のラインナップ。今回は標準レンズとして位置する『Otus 55mm F1.4』と、フルサイズカメラ世界初、有効画素数6100万画素を持つ『SONY α7RIV』を使用して撮影を行いました。  甲州街道沿いの駐輪場で撮影し...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]