【EOS RP発売記念】いい写真の予感がする。vol. 4 | THE MAP TIMES 
Select Language



【EOS RP発売記念】いい写真の予感がする。vol. 4

[ Category:Canon|掲載日時:2019年03月13日 12時00分]




Leica SUMMICRON R 50mm F2 3カム


EOS RPの発売までいよいよあと1日!!

サムネイルの写真でお気づきだと思いますが、前回同様「浜離宮恩賜庭園」での写真をお届けします。
前回の「CONTAX Planar T* 50mm F1.4 AE」と一緒に持っていったのは、

「Leica SUMMICRON R 50mm F2 3カム」
マウント:ライカ R
レンズ構成:5群6枚(絞り羽根:6枚)
最短撮影距離:0.5m
フィルター径:シリーズ6
質量:約330g
(KIPON製レンズマウントアダプター使用)

ライカのRマウントレンズは、1965年発売のライカフレックスI型から2002年発売のライカR9まで続いたライカのフィルム一眼レフカメラに装着可能なレンズです。
同じ焦点距離・絞り値のレンズでも、ほとんどのもので外観の形状が大きく新旧2タイプに分かれます。 旧型はよく「先細タイプ」などと呼ばれています。
また時代によって、ボディに連動するレンズ内のカムの形状が異なったり、電子接点(ROM)が必要になったりと、Rシリーズのカメラの中でも使えるレンズ使えないレンズが存在し、結構複雑でした。
当時から「ライカの一眼レフ機は壊れやすい」とか「修理が大変」といった芳しくない評判が先行し、レンジファインダーM型カメラに較べ、人気は一段も二段も低いものでした。
R9が製造終了になってからは、なおのことその傾向が増し、Rマウントレンズの人気も下降の一途をたどっていました。

ところが、ミラーレス機の登場により、レンズマウントアダプターの存在がカメラユーザーに広く認知されだすと、「Mマウントレンズより優れている」なんて評判も現れ、一気に人気上昇。 最近では市場に出回る数がめっきり減ってしまいました。

Canon EOS R + Leica SUMMICRON R 50mm F2 3カム


どうです、EOS R に装着したときのこの佇まい。 見た目のコンパクトさに対し、真鍮製の鏡胴は手にズッシリきます。


Canon EOS R + Leica SUMMICRON R 50mm F2 3カム


純正フードを取り付けると、こんな感じ。 オールドレンズ感が漂っています。


というわけで、人々の集う満開の菜の花畑で、人知れず贅沢にツァイスとライカレンズの撮り較べをしていたわけです。 一人で…

Leica SUMMICRON R 50mm F2 3カム
f/2 AE ISO感度 100


前回と同じ構図で。 絞り開放F1.4とF2の違いはありますが、前景はきれいにボケました。

Leica SUMMICRON R 50mm F2 3カム
f/4 AE ISO感度 100


これまた前回と同じ構図。 でもプラナー50mmのようなボケの流れる感じはなく、落ち着いた印象。

Leica SUMMICRON R 50mm F2 3カム
f/5.6 AE ISO感度 100


さすが菜の花畑。 あちこちで蜂が蜜を集めていました。 座り込んで、動き回る蜂をマニュアルフォーカスで必死に撮影。 …えぇ、一人ですけど…

Leica SUMMICRON R 50mm F2 3カム
f/4 AE ISO感度 100


これも手前の蜂と奥の道行く人を気にしながら撮影していたら、上方に点々が… もしかしてセンサーゴミ… いえ、ちっちゃい虫の大群でした! …ってか、自分の上にも! 慌てて飛びのきました。 菜の花畑あるあるです、お気をつけください。

Leica SUMMICRON R 50mm F2 3カム
f/5.6 AE ISO感度 100


菜の花の撮影に夢中になっていましたが、ふと足元を見るとこんな影が… 日も傾いてきて伸びた影のおかげか、ちょっと広角っぽい絵になりました。


Leica SUMMICRON R 50mm F2 3カム
f/11 AE ISO感度 100


バックの梅の花もぼかさないよう絞り込んで撮影。 細密な感じになりました。


Leica SUMMICRON R 50mm F2 3カム
f/2.8 AE ISO感度 100


紅梅をアップで。 やはりプラナー50mmよりも、バックのボケは落ち着いた印象。 花の輪郭も柔らかく表現されています。

気がついたら、早くも閉園時間が迫ってきました。 …って、ずっと菜の花ばっかり撮ってて、園内全然回っていない…
慌てて池の方まで足を伸ばしました。


Leica SUMMICRON R 50mm F2 3カム
f/5.6 AE ISO感度 100


建設中の高層ビルをバックに、松の雪吊りを。 そして、時間切れ…
帰りもJR新橋駅を目指します。

Leica SUMMICRON R 50mm F2 3カム
f/5.6 AE ISO感度 100


全面ガラス張りのビルも多く、夕陽に照らされ綺麗です。 その中を新交通ゆりかもめが、大きなカーブを描きながら走り抜けていく… 本当に近未来的な光景です。

Leica SUMMICRON R 50mm F2 3カム
f/5.6 AE ISO感度 100


こんな超高層ビルに勤務する企業戦士たちも、夜は西口の聖地に赴くのでしょうか… って、ついつい景色にそぐわないことを考えてしまいます。


前回も書きましたが、EOS Rと単焦点50mmだけでの撮影、なかなか楽しいものでした。

EOS RPなら、より軽快な撮影も期待できそうです。
1日中カメラを首から提げていても苦にならない軽量ボディ。 それでいてしっかりホールディング可能な大き目のグリップ。
現代のレンズに較べ小振りなオールドレンズとの相性も良さそうです。

う~ん、早くEOS RPと遊んでみたい!!






〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓






[ Category:Canon|掲載日時:2019年03月13日 12時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0 【増税前にデビュー】ヨコハマワイドスナップ 2019年09月22日
筆者は神奈川県出身で、横浜は何度も訪れたことはある地なのですが、 気が付けばいつも人との用事で赴くことばかりで、撮影のために訪れるのは初めてでした。 今回使用するレンズはM.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0です。 購入してから何か月か経ってしまい、撮影に使用するのは初めてとなります。 普段、望遠系のレンズで一部を切り取る撮影に慣れているせいか、 自分の影や通行人の姿など、余計なものが写りこんでしまうことがありました。 そのためお見せできるショットは少し...
続きを読む
【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 動物瞳AF 【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 動物瞳AF 2019年09月21日
α7RIV + FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS / 400mm F5.6 SS 1/4000 ISO 1600 SONY α7RIV × 超高画素&動物対応瞳AFの実力 今年のαシリーズはハードウェアの進化とともに、ソフトウェア面でも大幅な進化がありました。 その中でもミラーレス業界初の動物対応 リアルタイム瞳AFに驚かれた方も多いと思います。 私も犬を飼っており、動物瞳AF機能の恩恵を受けたユーザーの1人でした。 α7IIIに搭載された動物瞳AFで撮影した愛犬はどれも目元にびしっとピントが合っており、衝撃を受けた事を良く...
続きを読む
はじめてのマクロレンズ 【増税前にデビュー】はじめてのマクロレンズ 2019年09月21日
雨の雫を撮影してみたかったんです。 世の中には素敵な雫写真が沢山あるので、 真似したくなりました。 そうはいっても雨の日にカメラを持ち出す気にはなれず。 雨上がりでの撮影チャンスにもなかなか出会えず。 ということで無理やり庭に水をまいて撮影することにしました。 くつろいでいた虫達が逃げ回っております。 今回使用した機材はこちら。 『PENTAX KP』 『PENTAX HD DA35mm F2.8 Macro Limited』 「HD DA35mm F2.8 Macro Limited」は、 小型で携帯性もよく「KP」との相性も抜...
続きを読む
【増税前にデビュー】Canon RFレンズ必須の1本!? 【増税前にデビュー】Canon RFレンズ必須の1本!? 2019年09月20日
ようやく過ごしやすい気温になってきました。 個人的に夏は好きなので名残惜しいですが、秋は紅葉などの風景写真を撮る楽しみがあります。 とは言うもの、私はまだ夏気分を捨てきれないので、 少しばかりですが涼しい金魚たちを使用したカメラと共にご紹介させてください。 Canon RF35mm F1.8 マクロ IS STM 何やら怪しげな雰囲気を漂わせる作品です。 よく見ると金魚が泳いでいます。 今回使用したレンズは「Canon RF35mm F1.8 マクロ IS STM」です。 選んだ理由は全ての要求を満たしていたから、...
続きを読む
7RM4 - Otus 55 【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 世界最高の標準レンズ 2019年09月20日
ボディ:SONY α7RIV / レンズ:Carl Zeiss Otus 55mm F1.4 マウントアダプター:SIGMA MC-11 キャノンEF用/ソニーE用 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 SONY α7RIV × Carl Zeiss Otus  カールツァイスの中でも圧倒的なパフォーマンスで他の追従を許さないレンズ『Otus』のラインナップ。今回は標準レンズとして位置する『Otus 55mm F1.4』と、フルサイズカメラ世界初、有効画素数6100万画素を持つ『SONY α7RIV』を使用して撮影を行いました。  甲州街道沿いの駐輪場で撮影し...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]