【EOS RP発売記念】いい写真の予感がする。vol. 4 | THE MAP TIMES 
Select Language



【EOS RP発売記念】いい写真の予感がする。vol. 4

[ Category:Canon|掲載日時:2019年03月13日 12時00分]




Leica SUMMICRON R 50mm F2 3カム


EOS RPの発売までいよいよあと1日!!

サムネイルの写真でお気づきだと思いますが、前回同様「浜離宮恩賜庭園」での写真をお届けします。
前回の「CONTAX Planar T* 50mm F1.4 AE」と一緒に持っていったのは、

「Leica SUMMICRON R 50mm F2 3カム」
マウント:ライカ R
レンズ構成:5群6枚(絞り羽根:6枚)
最短撮影距離:0.5m
フィルター径:シリーズ6
質量:約330g
(KIPON製レンズマウントアダプター使用)

ライカのRマウントレンズは、1965年発売のライカフレックスI型から2002年発売のライカR9まで続いたライカのフィルム一眼レフカメラに装着可能なレンズです。
同じ焦点距離・絞り値のレンズでも、ほとんどのもので外観の形状が大きく新旧2タイプに分かれます。 旧型はよく「先細タイプ」などと呼ばれています。
また時代によって、ボディに連動するレンズ内のカムの形状が異なったり、電子接点(ROM)が必要になったりと、Rシリーズのカメラの中でも使えるレンズ使えないレンズが存在し、結構複雑でした。
当時から「ライカの一眼レフ機は壊れやすい」とか「修理が大変」といった芳しくない評判が先行し、レンジファインダーM型カメラに較べ、人気は一段も二段も低いものでした。
R9が製造終了になってからは、なおのことその傾向が増し、Rマウントレンズの人気も下降の一途をたどっていました。

ところが、ミラーレス機の登場により、レンズマウントアダプターの存在がカメラユーザーに広く認知されだすと、「Mマウントレンズより優れている」なんて評判も現れ、一気に人気上昇。 最近では市場に出回る数がめっきり減ってしまいました。

Canon EOS R + Leica SUMMICRON R 50mm F2 3カム


どうです、EOS R に装着したときのこの佇まい。 見た目のコンパクトさに対し、真鍮製の鏡胴は手にズッシリきます。


Canon EOS R + Leica SUMMICRON R 50mm F2 3カム


純正フードを取り付けると、こんな感じ。 オールドレンズ感が漂っています。


というわけで、人々の集う満開の菜の花畑で、人知れず贅沢にツァイスとライカレンズの撮り較べをしていたわけです。 一人で…

Leica SUMMICRON R 50mm F2 3カム
f/2 AE ISO感度 100


前回と同じ構図で。 絞り開放F1.4とF2の違いはありますが、前景はきれいにボケました。

Leica SUMMICRON R 50mm F2 3カム
f/4 AE ISO感度 100


これまた前回と同じ構図。 でもプラナー50mmのようなボケの流れる感じはなく、落ち着いた印象。

Leica SUMMICRON R 50mm F2 3カム
f/5.6 AE ISO感度 100


さすが菜の花畑。 あちこちで蜂が蜜を集めていました。 座り込んで、動き回る蜂をマニュアルフォーカスで必死に撮影。 …えぇ、一人ですけど…

Leica SUMMICRON R 50mm F2 3カム
f/4 AE ISO感度 100


これも手前の蜂と奥の道行く人を気にしながら撮影していたら、上方に点々が… もしかしてセンサーゴミ… いえ、ちっちゃい虫の大群でした! …ってか、自分の上にも! 慌てて飛びのきました。 菜の花畑あるあるです、お気をつけください。

Leica SUMMICRON R 50mm F2 3カム
f/5.6 AE ISO感度 100


菜の花の撮影に夢中になっていましたが、ふと足元を見るとこんな影が… 日も傾いてきて伸びた影のおかげか、ちょっと広角っぽい絵になりました。


Leica SUMMICRON R 50mm F2 3カム
f/11 AE ISO感度 100


バックの梅の花もぼかさないよう絞り込んで撮影。 細密な感じになりました。


Leica SUMMICRON R 50mm F2 3カム
f/2.8 AE ISO感度 100


紅梅をアップで。 やはりプラナー50mmよりも、バックのボケは落ち着いた印象。 花の輪郭も柔らかく表現されています。

気がついたら、早くも閉園時間が迫ってきました。 …って、ずっと菜の花ばっかり撮ってて、園内全然回っていない…
慌てて池の方まで足を伸ばしました。


Leica SUMMICRON R 50mm F2 3カム
f/5.6 AE ISO感度 100


建設中の高層ビルをバックに、松の雪吊りを。 そして、時間切れ…
帰りもJR新橋駅を目指します。

Leica SUMMICRON R 50mm F2 3カム
f/5.6 AE ISO感度 100


全面ガラス張りのビルも多く、夕陽に照らされ綺麗です。 その中を新交通ゆりかもめが、大きなカーブを描きながら走り抜けていく… 本当に近未来的な光景です。

Leica SUMMICRON R 50mm F2 3カム
f/5.6 AE ISO感度 100


こんな超高層ビルに勤務する企業戦士たちも、夜は西口の聖地に赴くのでしょうか… って、ついつい景色にそぐわないことを考えてしまいます。


前回も書きましたが、EOS Rと単焦点50mmだけでの撮影、なかなか楽しいものでした。

EOS RPなら、より軽快な撮影も期待できそうです。
1日中カメラを首から提げていても苦にならない軽量ボディ。 それでいてしっかりホールディング可能な大き目のグリップ。
現代のレンズに較べ小振りなオールドレンズとの相性も良さそうです。

う~ん、早くEOS RPと遊んでみたい!!






〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓






[ Category:Canon|掲載日時:2019年03月13日 12時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

蓮の花に魅せられて 【私のお気に入り】蓮の花に魅せられて 2019年07月19日
今年はなかなか梅雨が明けず曇天が続く日々です。 今回は【私のお気に入り】というブログのテーマなので、私のお気に入り機材「D810」を携えて 埼玉県行田市の「古代蓮の里」まで撮影してきました。 天気は生憎の雨。 ですがそれも風情があっていいものです。 蓮は植物のなかでも、もっとも古いもののひとつで、およそ1億4000万年前に、すでに地球上に存在していたといわれています。 花言葉は「清らかな心」「神聖」「離れゆく愛」 美しい花にぴったりの言葉です。...
続きを読む
写真展のご案内 〜 Momoko Naito 写真展『月地の花』 写真展のご案内 〜 Momoko Naito 写真展『月地の花』 2019年07月18日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは Momoko Naito 写真展 - 『月地の花』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
Panasonic LUMIX DC-S1R+Leica  テレエルマリート M90mm F2.8 【私のお気に入り】新しいお気に入り、S1R 2019年07月18日
私にはお気に入りがありません。 別にネガティブな理由ではありません。 ただ単純にお気に入りの移り変わりが多いだけです。 今までのお気に入りはオリンパスを始め、キヤノン・フジフィルム・ペンタックスと色々変わってきました。 そして、今、新しくお気に入りになろうとしているカメラがあります。 「Panasonic LUMIX DC-S1R」 動画に強みを持ったミラーレスカメラLUMIXシリーズ。 そこから出た待望のフルサイズミラーレス機。 発表された日から手に取りたい1台でした。そして今私の手元に。 ...
続きを読む
Nikon Z 50mm F1.8 S 【私のお気に入り】旅行とZで日常にスパイス【Nikon】 2019年07月17日
スパイス12 どんよりとした天気の中に、時折見せる晴れ間。 照らされる新緑の木々が、より一層青々としてきた文月。 昨日、SONYより新型のミラーレスカメラが発表される等、 今年のミラーレス市場はますます盛り上がってまいりました。 しかしながら、Nikonを愛してやまない私は、相も変わらず、 愛用のボディと共に写真活動に臨みます。 今回の撮影に持ち出したのは、愛機Nikon Z6と、Z 50mm F1.8 Sです。 50mmは基本の「き」である 去る7月初旬、私はZ6と、持ち出したZ 50mm F1.8 ...
続きを読む
Leica M Monochrom 【私のお気に入り】LEICA MM 2019年07月16日
私のお気に入り 『LEICA M Monochrom』 その「デジタルモノクロ縛り」の哲学に惚れ込んでからは すっかり私のお気に入りになりました。 そして始まった、お気に入りレンズを模索する日々の中から 気に入った幾つかのレンズを紹介していきます。 MINOLTA SUPER ROKKOR 50mm F1.8 此処でいきなり、MINOLTAレンズです。 旧千代田光学であるMINOLTA、 銘板にその名残である「CHIYOKO」と記してあるのも気に入っています。 明るく使いやすいレンズ、心なしか白が綺麗に写るような気がし...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]