【EOS RP発売記念】いい写真の予感がする。vol. 4 | THE MAP TIMES 
Select Language



【EOS RP発売記念】いい写真の予感がする。vol. 4

[ Category:Canon|掲載日時:2019年03月13日 12時00分]




Leica SUMMICRON R 50mm F2 3カム


EOS RPの発売までいよいよあと1日!!

サムネイルの写真でお気づきだと思いますが、前回同様「浜離宮恩賜庭園」での写真をお届けします。
前回の「CONTAX Planar T* 50mm F1.4 AE」と一緒に持っていったのは、

「Leica SUMMICRON R 50mm F2 3カム」
マウント:ライカ R
レンズ構成:5群6枚(絞り羽根:6枚)
最短撮影距離:0.5m
フィルター径:シリーズ6
質量:約330g
(KIPON製レンズマウントアダプター使用)

ライカのRマウントレンズは、1965年発売のライカフレックスI型から2002年発売のライカR9まで続いたライカのフィルム一眼レフカメラに装着可能なレンズです。
同じ焦点距離・絞り値のレンズでも、ほとんどのもので外観の形状が大きく新旧2タイプに分かれます。 旧型はよく「先細タイプ」などと呼ばれています。
また時代によって、ボディに連動するレンズ内のカムの形状が異なったり、電子接点(ROM)が必要になったりと、Rシリーズのカメラの中でも使えるレンズ使えないレンズが存在し、結構複雑でした。
当時から「ライカの一眼レフ機は壊れやすい」とか「修理が大変」といった芳しくない評判が先行し、レンジファインダーM型カメラに較べ、人気は一段も二段も低いものでした。
R9が製造終了になってからは、なおのことその傾向が増し、Rマウントレンズの人気も下降の一途をたどっていました。

ところが、ミラーレス機の登場により、レンズマウントアダプターの存在がカメラユーザーに広く認知されだすと、「Mマウントレンズより優れている」なんて評判も現れ、一気に人気上昇。 最近では市場に出回る数がめっきり減ってしまいました。

Canon EOS R + Leica SUMMICRON R 50mm F2 3カム


どうです、EOS R に装着したときのこの佇まい。 見た目のコンパクトさに対し、真鍮製の鏡胴は手にズッシリきます。


Canon EOS R + Leica SUMMICRON R 50mm F2 3カム


純正フードを取り付けると、こんな感じ。 オールドレンズ感が漂っています。


というわけで、人々の集う満開の菜の花畑で、人知れず贅沢にツァイスとライカレンズの撮り較べをしていたわけです。 一人で…

Leica SUMMICRON R 50mm F2 3カム
f/2 AE ISO感度 100


前回と同じ構図で。 絞り開放F1.4とF2の違いはありますが、前景はきれいにボケました。

Leica SUMMICRON R 50mm F2 3カム
f/4 AE ISO感度 100


これまた前回と同じ構図。 でもプラナー50mmのようなボケの流れる感じはなく、落ち着いた印象。

Leica SUMMICRON R 50mm F2 3カム
f/5.6 AE ISO感度 100


さすが菜の花畑。 あちこちで蜂が蜜を集めていました。 座り込んで、動き回る蜂をマニュアルフォーカスで必死に撮影。 …えぇ、一人ですけど…

Leica SUMMICRON R 50mm F2 3カム
f/4 AE ISO感度 100


これも手前の蜂と奥の道行く人を気にしながら撮影していたら、上方に点々が… もしかしてセンサーゴミ… いえ、ちっちゃい虫の大群でした! …ってか、自分の上にも! 慌てて飛びのきました。 菜の花畑あるあるです、お気をつけください。

Leica SUMMICRON R 50mm F2 3カム
f/5.6 AE ISO感度 100


菜の花の撮影に夢中になっていましたが、ふと足元を見るとこんな影が… 日も傾いてきて伸びた影のおかげか、ちょっと広角っぽい絵になりました。


Leica SUMMICRON R 50mm F2 3カム
f/11 AE ISO感度 100


バックの梅の花もぼかさないよう絞り込んで撮影。 細密な感じになりました。


Leica SUMMICRON R 50mm F2 3カム
f/2.8 AE ISO感度 100


紅梅をアップで。 やはりプラナー50mmよりも、バックのボケは落ち着いた印象。 花の輪郭も柔らかく表現されています。

気がついたら、早くも閉園時間が迫ってきました。 …って、ずっと菜の花ばっかり撮ってて、園内全然回っていない…
慌てて池の方まで足を伸ばしました。


Leica SUMMICRON R 50mm F2 3カム
f/5.6 AE ISO感度 100


建設中の高層ビルをバックに、松の雪吊りを。 そして、時間切れ…
帰りもJR新橋駅を目指します。

Leica SUMMICRON R 50mm F2 3カム
f/5.6 AE ISO感度 100


全面ガラス張りのビルも多く、夕陽に照らされ綺麗です。 その中を新交通ゆりかもめが、大きなカーブを描きながら走り抜けていく… 本当に近未来的な光景です。

Leica SUMMICRON R 50mm F2 3カム
f/5.6 AE ISO感度 100


こんな超高層ビルに勤務する企業戦士たちも、夜は西口の聖地に赴くのでしょうか… って、ついつい景色にそぐわないことを考えてしまいます。


前回も書きましたが、EOS Rと単焦点50mmだけでの撮影、なかなか楽しいものでした。

EOS RPなら、より軽快な撮影も期待できそうです。
1日中カメラを首から提げていても苦にならない軽量ボディ。 それでいてしっかりホールディング可能な大き目のグリップ。
現代のレンズに較べ小振りなオールドレンズとの相性も良さそうです。

う~ん、早くEOS RPと遊んでみたい!!






〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓






[ Category:Canon|掲載日時:2019年03月13日 12時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Canon】EOS Kiss M でカメラデビュー 2019年05月16日
初めまして。今回から新たにブログを書かせていただきます。 そんな私ですが、ずばりカメラ初心者です。 どうか温かい目で見守っていただけると嬉しいです。 さて、初心者の私が相棒に選んだのは、 【Canon】の「EOS Kiss Mダブルズームキット」です。 カメラを手にして感じたのが、 普段の何気ない景色をしっかりと見つめるようになりました。 そこで、今回の写真は近所の公園を撮ろうと思い、Kiss Mで 撮影を楽しんできました。 Kiss Mを選んだ理由の一つは何と言っても軽いことで...
続きを読む
【Canon】雨色じゃない景色Vol5%>>--><br />
<br />
本日はこどもの日。<br />
後半は晴天に恵まれた大型連休も残り僅かとなりました。<br />
<br />
こんにちは。雨男です。<br />
<br />
<br />
前半に雨が降り続いたので撮影をしようかと考えたのですが残念ながらタイミングが合わず撮影できませんでした。<br />
<br />
それならば!と混雑しているのを覚悟し立川の昭和記念公園にネモフィラを撮影しに行こう!<br />
<br />
<div style="text-align: center"><%image(nemo.JPG 【Canon】雨色じゃない景色Vol5 2019年05月05日
本日はこどもの日。 後半は晴天に恵まれた大型連休も残り僅かとなりました。 こんにちは。雨男です。 前半に雨が降り続いたので撮影をしようかと考えたのですが残念ながらタイミングが合わず撮影できませんでした。 それならば!と混雑しているのを覚悟し立川の昭和記念公園にネモフィラを撮影しに行こう! いつもの様にハイキーな写真で・・・と、他のスタッフのマップタイムズを見るとネモフィラ・・・。 昭和記念公園より迫力満点なネモフィラ。しかも2人も。 【HASSEL BLAD】...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】「またね」 【新元号令和、平成を振り返る】「またね」 2019年04月30日
2019年4月30日。本日をもって平成が終わります。 連載企画【新元号令和、平成を振り返る】もこの記事で最後となります。 マップカメラスタッフそれぞれの「平成」、お楽しみ頂けましたでしょうか? ラストを務めますのは私、スタッフEです。 使用機材はCANON EOS 60D。 Canonデジタル一眼レフの中級機として初めてバリアングル液晶を搭載した画期的な一台でした。 筆者はEOS 60Dと5年間寄り添い、数えきれないほど写真を撮りました。 当時は休日が楽しみで楽しみで、「次はどこに行こう、何を撮ろう」...
続きを読む
キヤノン 【新元号令和、平成を振り返る】平成に誕生した「L」レンズ、勝手に8選 2019年04月22日
キヤノン EFレンズで振り返る平成。 「平成」に誕生した「個人的に推せる」EFレンズの数々を写真と共に紹介します。 今回は数あるEFレンズから、筆者が特に思い入れの強い8本を選出しました。 EFレンズは多くの種類から構成されていますがその中でも「Lレンズ」から厳選します。 鏡筒に刻まれた鮮やかな一本の赤いラインには特別感があります。 プロ品質と呼ぶに相応しい卓越した描写性能と優れた操作性、耐環境性・堅牢性を備えたレンズです。 EF50mm F1.0L USM(1989年/平成元年) 当時、35mm一眼...
続きを読む
EOS620+EF 85mm F1.2L USM 【新元号令和、平成を振り返る】平成元年生まれのレンズと私 2019年04月17日
平成、それは FUJIFILM SUPERIA PREMIUM 400 平成、それは 私が生まれてから今に至るまでの全ての時間。 筆者は平成元年(1989年)9月生まれです。 私にとっては、景色や音楽、今までの記憶全てが平成そのものです。 平成の最後に、自分が生まれて最初に住んでいた街へ出かけておきたいと思い、 筆者がお供に選んだのがこちらです。 「Canon EOS 620」。 CanonがEOSを投入したのは1987年、 筆者が生まれた時、平成が始まった頃にはすでにEOSは世に登場していたのです。 このEOS 620...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]