【EOS RP発売記念】いい写真の予感がする。vol. 4 | THE MAP TIMES 
Select Language



【EOS RP発売記念】いい写真の予感がする。vol. 4

[ Category:Canon|掲載日時:2019年03月13日 12時00分]




Leica SUMMICRON R 50mm F2 3カム


EOS RPの発売までいよいよあと1日!!

サムネイルの写真でお気づきだと思いますが、前回同様「浜離宮恩賜庭園」での写真をお届けします。
前回の「CONTAX Planar T* 50mm F1.4 AE」と一緒に持っていったのは、

「Leica SUMMICRON R 50mm F2 3カム」
マウント:ライカ R
レンズ構成:5群6枚(絞り羽根:6枚)
最短撮影距離:0.5m
フィルター径:シリーズ6
質量:約330g
(KIPON製レンズマウントアダプター使用)

ライカのRマウントレンズは、1965年発売のライカフレックスI型から2002年発売のライカR9まで続いたライカのフィルム一眼レフカメラに装着可能なレンズです。
同じ焦点距離・絞り値のレンズでも、ほとんどのもので外観の形状が大きく新旧2タイプに分かれます。 旧型はよく「先細タイプ」などと呼ばれています。
また時代によって、ボディに連動するレンズ内のカムの形状が異なったり、電子接点(ROM)が必要になったりと、Rシリーズのカメラの中でも使えるレンズ使えないレンズが存在し、結構複雑でした。
当時から「ライカの一眼レフ機は壊れやすい」とか「修理が大変」といった芳しくない評判が先行し、レンジファインダーM型カメラに較べ、人気は一段も二段も低いものでした。
R9が製造終了になってからは、なおのことその傾向が増し、Rマウントレンズの人気も下降の一途をたどっていました。

ところが、ミラーレス機の登場により、レンズマウントアダプターの存在がカメラユーザーに広く認知されだすと、「Mマウントレンズより優れている」なんて評判も現れ、一気に人気上昇。 最近では市場に出回る数がめっきり減ってしまいました。

Canon EOS R + Leica SUMMICRON R 50mm F2 3カム


どうです、EOS R に装着したときのこの佇まい。 見た目のコンパクトさに対し、真鍮製の鏡胴は手にズッシリきます。


Canon EOS R + Leica SUMMICRON R 50mm F2 3カム


純正フードを取り付けると、こんな感じ。 オールドレンズ感が漂っています。


というわけで、人々の集う満開の菜の花畑で、人知れず贅沢にツァイスとライカレンズの撮り較べをしていたわけです。 一人で…

Leica SUMMICRON R 50mm F2 3カム
f/2 AE ISO感度 100


前回と同じ構図で。 絞り開放F1.4とF2の違いはありますが、前景はきれいにボケました。

Leica SUMMICRON R 50mm F2 3カム
f/4 AE ISO感度 100


これまた前回と同じ構図。 でもプラナー50mmのようなボケの流れる感じはなく、落ち着いた印象。

Leica SUMMICRON R 50mm F2 3カム
f/5.6 AE ISO感度 100


さすが菜の花畑。 あちこちで蜂が蜜を集めていました。 座り込んで、動き回る蜂をマニュアルフォーカスで必死に撮影。 …えぇ、一人ですけど…

Leica SUMMICRON R 50mm F2 3カム
f/4 AE ISO感度 100


これも手前の蜂と奥の道行く人を気にしながら撮影していたら、上方に点々が… もしかしてセンサーゴミ… いえ、ちっちゃい虫の大群でした! …ってか、自分の上にも! 慌てて飛びのきました。 菜の花畑あるあるです、お気をつけください。

Leica SUMMICRON R 50mm F2 3カム
f/5.6 AE ISO感度 100


菜の花の撮影に夢中になっていましたが、ふと足元を見るとこんな影が… 日も傾いてきて伸びた影のおかげか、ちょっと広角っぽい絵になりました。


Leica SUMMICRON R 50mm F2 3カム
f/11 AE ISO感度 100


バックの梅の花もぼかさないよう絞り込んで撮影。 細密な感じになりました。


Leica SUMMICRON R 50mm F2 3カム
f/2.8 AE ISO感度 100


紅梅をアップで。 やはりプラナー50mmよりも、バックのボケは落ち着いた印象。 花の輪郭も柔らかく表現されています。

気がついたら、早くも閉園時間が迫ってきました。 …って、ずっと菜の花ばっかり撮ってて、園内全然回っていない…
慌てて池の方まで足を伸ばしました。


Leica SUMMICRON R 50mm F2 3カム
f/5.6 AE ISO感度 100


建設中の高層ビルをバックに、松の雪吊りを。 そして、時間切れ…
帰りもJR新橋駅を目指します。

Leica SUMMICRON R 50mm F2 3カム
f/5.6 AE ISO感度 100


全面ガラス張りのビルも多く、夕陽に照らされ綺麗です。 その中を新交通ゆりかもめが、大きなカーブを描きながら走り抜けていく… 本当に近未来的な光景です。

Leica SUMMICRON R 50mm F2 3カム
f/5.6 AE ISO感度 100


こんな超高層ビルに勤務する企業戦士たちも、夜は西口の聖地に赴くのでしょうか… って、ついつい景色にそぐわないことを考えてしまいます。


前回も書きましたが、EOS Rと単焦点50mmだけでの撮影、なかなか楽しいものでした。

EOS RPなら、より軽快な撮影も期待できそうです。
1日中カメラを首から提げていても苦にならない軽量ボディ。 それでいてしっかりホールディング可能な大き目のグリップ。
現代のレンズに較べ小振りなオールドレンズとの相性も良さそうです。

う~ん、早くEOS RPと遊んでみたい!!






〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓






[ Category:Canon|掲載日時:2019年03月13日 12時00分]



≪前の記事 記事一覧 これ以上新しい記事はありません。

null 【EOS RP発売記念】いい写真の予感がする。vol. 4 2019年03月13日
EOS RPの発売までいよいよあと1日!! サムネイルの写真でお気づきだと思いますが、前回同様「浜離宮恩賜庭園」での写真をお届けします。 前回の「CONTAX Planar T* 50mm F1.4 AE」と一緒に持っていったのは、 「Leica SUMMICRON R 50mm F2 3カム」 マウント:ライカ R レンズ構成:5群6枚(絞り羽根:6枚) 最短撮影距離:0.5m フィルター径:シリーズ6 質量:約330g (KIPON製レンズマウントアダプター使用) ライカのRマウントレンズは、1965年発売のライカフレックスI型から2002年発...
続きを読む
null 【EOS RP発売記念】いい写真の予感がする。vol. 3 2019年03月12日
 EOS RPの発売までいよいよあと2日! 『EOS R で遊んでみた!』というブログで、レンズマウントアダプターを介してオールドレンズでの撮影を紹介しているのですが、今回もその流れで遊んでみました。 「CONTAX Planar T* 50mm F1.4 AE」 マウント:ヤシカ/コンタックス レンズ構成:6群7枚(絞り羽根:6枚) 最短撮影距離:0.45m フィルター径:55mm 質量:約275g (KIPON製レンズマウントアダプター使用) かつて、カメラ小僧たちが一度は使ってみたいと憧れたカールツァイスの銘玉。 ...
続きを読む
Canon (キヤノン) EOS 5D Mark III+Canon (キヤノン) EF16-35mm F4L IS USM 雨の日でも旅行気分 2019年03月10日
今日は休日ですが、あいにくの雨。 気になっていた近所のトルコランプ屋さんに行って参りました。 天井は一面ランプだらけ。 こちらは煌びやかな香水瓶。 店内では写真を取り損ねてしまいましたが、こちらは衝動買いしてしまったチャイグラス。 この特徴的な模様はナザールボンジュウというもので、トルコでは神様、メドゥーサの眼をモチーフにしているそう。 メドゥーサの眼は悪意を持った者を石にしてしまう伝承があり、そこから転じて厄除けのお守りとして親しまれているそ...
続きを読む
【EOS RP発売記念】いい写真の予感がする。vol.2 【EOS RP発売記念】いい写真の予感がする。vol.2 2019年03月09日
EOS RPの発売まであと5日となりました。 今回はEF-EOS Rアダプタを介してサードパーティーレンズ 「TAMRON SP 35mm F1.8 Di VC USD」 レンズ構成:9群10枚 (絞り羽根:9枚) 最短撮影距離:0.2m(最大撮影倍率:2.5) フィルター径:67mm 質量:約480g こちらを使ってちょっとした街角スナップを楽しんできました。 撮影場所はオシャレな街「原宿」 f/1.8 シャッタースピード 1/1250 ISO感度 100 山手線、渋谷への道 隠しきれてないフェンスが不規則な明暗のコントラストを作り上げています。...
続きを読む
鉄板とM 【Canon】鉄板とM 2019年03月08日
まだまだ肌寒いですが、時折見せる春らしい日にわくわくしています。 そんな某日、私はKiss Mを持ってお好み焼きを食べに行きました。 非常に暗い店内でしたが、ブレずに撮影が出来ました。 手振れ補正が結構効いているのを実感しました。 鉄板と向き合い、グッと被写体に近づけたので 飛び跳ねる油に、レンズが汚れないか心配しました。 私事ですが、マヨラーなので焼きそばにもマヨネーズをかけます。 お好み焼きをひっくり返すのがうまくいくと、楽しいですね。 背面の液...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]