【LEICA】懐石料理 | THE MAP TIMES 
Select Language



【LEICA】懐石料理

[ Category:Leica|掲載日時:2019年03月11日 11時05分]





LEICA Q
LEICA Q
28mm | F2.8 | 1/15 | ISO400

懐石料理



「料理写真」、食事を頂くとき、スマートフォンなどで写真に残す人は多いはずです。
撮影後はSNSへ掲載されているところをよく目にします。
特にインスタグラムでは「インスタ映え」を狙った綺麗な写真をたくさん見ることが出来ます。
今回はそんな「料理写真」を撮るべくお気に入りの機材を携えて・・・


焼き蕗の薹ごま豆腐 べっ甲餡かけ 蕗の薹うす衣揚げ 白髪葱 針柚子 山葵
「先付」
28mm | F2.8 | 1/30 | ISO400


読者の皆様は「和食」はお好きですか。
向かった先は東京都青梅市の某所。古民家を改築してつくられた佇まいの中、懐石料理を頂きます。
撮影に使用したカメラは、35mmフルサイズセンサー搭載のレンズ一体型カメラ、「LEICA Q」
SUMMILUX f1.7/28mm ASPH.が組み合わされたシンプルで上質なデザインのカメラです。
レンズにはマクロモードを搭載し、最短撮影距離が17cmと、テーブルフォトに嬉しい仕様です。


旬魚 盛り合わせ あしらい
「造り」
28mm | F4.0 | 1/30 | ISO400


旬魚が盛り合わせられ、美しい仕上がりです。


葱すり流し 里芋餅あられ揚げ 合鴨 椎茸 刻み柚子 軸三つ葉
「椀盛」
28mm | F2.8 | 1/30 | ISO400


出汁を引き、季節の素材を生かし、美しい塗りの椀に盛りつける。椀盛の調理のプロセスには職人の魂が宿っています。
料理毎に趣の異なる器の観察も、懐石料理の楽しみ方のひとつです。


漆台盛り込み 朱塗り枡旬菜盛り
「八寸」
28mm | F4.0 | 1/30 | ISO400


語源は8寸(約24㎝)四方の杉で作った低いふちのある盆に盛りつけた料理が「八寸」と呼ばれていますが、
懐石料理においては先付けのあとに出す前菜が八寸とされています。


山女魚から揚げ 甘酢餡かけ 白髪葱 針柚子
「揚物」
28mm | F4.0 | 1/30 | ISO400


山女魚のから揚げに甘酢餡が素晴らしい和合です。


寒大根旨煮 共地餡かけ 寒鰤葛煮 金時人参 小松菜 針柚子
「焚合」
28mm | F2.8 | 1/15 | ISO400


料理を引き立てる為、被写体に接近し、1:1で切り抜きました。注目は山椒の明るい緑と、器の赤。


生姜酢和え 揚げ白魚 短冊野菜 生姜酢ゼリー
「止肴」
28mm | F2.8 | 1/15 | ISO400


今回の料理の器の中で一番のお気に入り。歪な形の器を引き立てる為、16:9に編集しました。
構図に迷った際には使いやすいアスペクト比です。


焼きおこわ 煎り大豆 金時人参 チーズ 旨出し餡 山葵 揉み海苔 ぶぶあられ
「飯」
28mm | F4.0 | 1/15 | ISO400


そろそろお腹が満たされてきました。


オレンジ釜れもんゼリーかけ オレンジ 苺 黒豆 金柑蜜煮 ミント ホイップクリーム 小倉アイス最中
「水物」
28mm | F4.0 | 1/15 | ISO400


最後に甘味。ごちそうさまでした。


LEICA Q
LEICA Q
28mm | F2.8 | 1/800 | ISO400


別室のギャラリーにあった置き物です。古い箪笥が味を出しています。



LEICA Q
LEICA Q
28mm | F2.5 | 1/15 | ISO400


外での「料理写真」撮影において留意したいのは、カメラが環境を壊さないこと。
つまり、料理がメインですから、カメラが仰々しく、食事が引けを取っては意味がありません。しかし描写力は必須です。
そんな時、コンパクトでスタイリッシュな上にフルサイズセンサー搭載の「LEICA Q」は最適です。
先日「LEICA Q2」が発表されましたが、防滴防塵や画素数の向上は、今回の撮影には必要なものではありません。
「LEICA Q」の中古価格が以前より下がってきましたの、いま、お勧めしたいカメラです。
ライカのアイデンティティを強く感じることができ、所有欲を存分に満たせます。



▼今回の使用したは機材はこちら▼




〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2019年03月11日 11時05分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【新元号令和、平成を振り返る】私のM9とSonnarと子供 【新元号令和、平成を振り返る】私のM9とSonnarと子供 2019年04月28日
あと数日で平成も終わり、新たな元号へと変わります。 今回のブログ企画の話が来て、所有しているカメラでちょうどいい話ができそうだと思いました。そのカメラは『Leica M9』。平成はフィルムからデジタルへ変わった時代。35mmフィルムカメラの歴史そのものとも言えるライカが作った、初のフルサイズセンサーを搭載したM型ライカになります。 M9の発売は今から10年前の2009年。1800万画素のコダック製ローパスレスCCDを搭載した伝統のMマウント・レンジファインダー機。 ...
続きを読む
Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ 【新元号令和、平成を振り返る】Leicaで撮るということ 2019年04月18日
平成も終わりかぁ。と思い 数年前に書いたブログを思い出しました。 【SONY】Leicaで撮るということ 当時はα7が発売され、 マウントアダプターでどんなレンズも付ける事が出来る。 という事に感激していた記憶があります。 Leicaで撮るということ、と書いておきながらカメラはSONYなんですが笑 Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ Vol.2 ~Summarit 50mm F1.5~ Vol.3 ~Summilux 75mm F1.4~ Vol.4 ~Summar 50mm F2.0~ Vol.5 ~Summarit-M 90mm F2.5 6bit~ Vo...
続きを読む
【Leica】花見月をライカと楽しむ「鎌倉の旅」イベントレポート 【Leica】花見月をライカと楽しむ「鎌倉の旅」イベントレポート 2019年04月02日
桜の開花宣言から数日経ち、そろそろ見頃を迎えた3月30日。神奈川・鎌倉にて開催いたしました『花見月をライカと楽しむ 鎌倉の旅』のイベントをレポートいたします。 今回16名の参加者にお貸し出しをした機種は最新の『M10』と『M10-P』。レンズは35mmと50mmをご用意し、春の鎌倉を思い思いに撮影していただくイベントです。 新宿から貸切バスで移動し、一行は“鎌倉大仏”で有名な大仏殿高徳院へ。 ツアーの講師としてお招きしたのはプロカメ...
続きを読む
【Leica】貴婦人と歩く鎌倉散策 【新元号令和、平成を振り返る】貴婦人と歩く鎌倉散策 2019年04月02日
桜も本格的なシーズンとなり、カメラを持って散歩に 出掛ける機会も多くなりました。皆様如何お過ごしでしょうか? 当店で3/30に行われた「花見月をライカと楽しむ」ツアーは 大変ご好評頂き、ありがとうございます。 ライカを持って1日撮影ができる機会が設けられるのも当店ならでは。 筆者もツアーに同行し、撮影を楽しんでおりました。 今回使用したボディはM モノクローム(Typ246)は平成27年(2015年)発売です。 平成の今、モノクロームしか撮れないという、一見不便そうな制限こそあり...
続きを読む
イメージです 【Leica】勝手にライカライフ 2019年03月21日
先月6周年を迎えたライカブティック MapCamera Shinjuku。 それを記念してマップカメラスタッフ数名による「私のライカライフ」というブログが掲載されました。 ちなみにこの「ライカライフ」という単語を『マップタイムス』のページで検索かけていただくと、一番古いものとして「【LEICA愛】ライカの世界へようこそ」という記事が引っ掛かります。 実はこれ私が書いたもの。 ちょうど6年前の記事で、そのなかに「ライカライフ」という言葉を使っています。 そんなわけで、『マップタイムス』における元...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]