【LEICA】懐石料理 | THE MAP TIMES //該当の要素を削除する $(this).remove(); }); });  【LEICA】懐石料理 | THE MAP TIMES
Select Language

【LEICA】懐石料理

[ Category: Leica|掲載日時:2019年03月11日 11時05分]




LEICA Q
LEICA Q
28mm | F2.8 | 1/15 | ISO400

懐石料理



「料理写真」、食事を頂くとき、スマートフォンなどで写真に残す人は多いはずです。
撮影後はSNSへ掲載されているところをよく目にします。
特にインスタグラムでは「インスタ映え」を狙った綺麗な写真をたくさん見ることが出来ます。
今回はそんな「料理写真」を撮るべくお気に入りの機材を携えて・・・


焼き蕗の薹ごま豆腐 べっ甲餡かけ 蕗の薹うす衣揚げ 白髪葱 針柚子 山葵
「先付」
28mm | F2.8 | 1/30 | ISO400


読者の皆様は「和食」はお好きですか。
向かった先は東京都青梅市の某所。古民家を改築してつくられた佇まいの中、懐石料理を頂きます。
撮影に使用したカメラは、35mmフルサイズセンサー搭載のレンズ一体型カメラ、「LEICA Q」
SUMMILUX f1.7/28mm ASPH.が組み合わされたシンプルで上質なデザインのカメラです。
レンズにはマクロモードを搭載し、最短撮影距離が17cmと、テーブルフォトに嬉しい仕様です。


旬魚 盛り合わせ あしらい
「造り」
28mm | F4.0 | 1/30 | ISO400


旬魚が盛り合わせられ、美しい仕上がりです。


葱すり流し 里芋餅あられ揚げ 合鴨 椎茸 刻み柚子 軸三つ葉
「椀盛」
28mm | F2.8 | 1/30 | ISO400


出汁を引き、季節の素材を生かし、美しい塗りの椀に盛りつける。椀盛の調理のプロセスには職人の魂が宿っています。
料理毎に趣の異なる器の観察も、懐石料理の楽しみ方のひとつです。


漆台盛り込み 朱塗り枡旬菜盛り
「八寸」
28mm | F4.0 | 1/30 | ISO400


語源は8寸(約24㎝)四方の杉で作った低いふちのある盆に盛りつけた料理が「八寸」と呼ばれていますが、
懐石料理においては先付けのあとに出す前菜が八寸とされています。


山女魚から揚げ 甘酢餡かけ 白髪葱 針柚子
「揚物」
28mm | F4.0 | 1/30 | ISO400


山女魚のから揚げに甘酢餡が素晴らしい和合です。


寒大根旨煮 共地餡かけ 寒鰤葛煮 金時人参 小松菜 針柚子
「焚合」
28mm | F2.8 | 1/15 | ISO400


料理を引き立てる為、被写体に接近し、1:1で切り抜きました。注目は山椒の明るい緑と、器の赤。


生姜酢和え 揚げ白魚 短冊野菜 生姜酢ゼリー
「止肴」
28mm | F2.8 | 1/15 | ISO400


今回の料理の器の中で一番のお気に入り。歪な形の器を引き立てる為、16:9に編集しました。
構図に迷った際には使いやすいアスペクト比です。


焼きおこわ 煎り大豆 金時人参 チーズ 旨出し餡 山葵 揉み海苔 ぶぶあられ
「飯」
28mm | F4.0 | 1/15 | ISO400


そろそろお腹が満たされてきました。


オレンジ釜れもんゼリーかけ オレンジ 苺 黒豆 金柑蜜煮 ミント ホイップクリーム 小倉アイス最中
「水物」
28mm | F4.0 | 1/15 | ISO400


最後に甘味。ごちそうさまでした。


LEICA Q
LEICA Q
28mm | F2.8 | 1/800 | ISO400


別室のギャラリーにあった置き物です。古い箪笥が味を出しています。



LEICA Q
LEICA Q
28mm | F2.5 | 1/15 | ISO400


外での「料理写真」撮影において留意したいのは、カメラが環境を壊さないこと。
つまり、料理がメインですから、カメラが仰々しく、食事が引けを取っては意味がありません。しかし描写力は必須です。
そんな時、コンパクトでスタイリッシュな上にフルサイズセンサー搭載の「LEICA Q」は最適です。
先日「LEICA Q2」が発表されましたが、防滴防塵や画素数の向上は、今回の撮影には必要なものではありません。
「LEICA Q」の中古価格が以前より下がってきましたの、いま、お勧めしたいカメラです。
ライカのアイデンティティを強く感じることができ、所有欲を存分に満たせます。



▼今回の使用したは機材はこちら▼




〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: Leica|掲載日時:2019年03月11日 11時05分]

面白いと思ったらコチラをClick!21票


ぼくらのズミクロン日記

【Leica】ぼくらのズミクロン日記Vol.1 ~ズミクロンS100!~[2019年10月15日]

We are summicron!! この連載は、マップカメラライカブティックのスタッフそれぞれがズミクロンへの愛を語るものです。 1954年に発売され、その性能の高さと描写力で世界のレンズ設計の基準を引き上げたとすら言われるLeicaレンズのレジェンド、ズミクロン。 今ではライカMマウント以外にも、Rマウント、Lマウント、Sマウント等様々なズミクロンが存在します。 十人十色ならぬ十本十個性の色々なズミクロンに対し、様々な角度でスポットを当てていきたいと思います。 幕開けを飾る記事は、...
続きを読む
Silky Monochrome

【Leica】Silky Monochrome[2019年10月08日]

M Monochrome(Typ246) + MS-Optics SONNETAR M73mm F1.5 MC 絹のような、と言い表すのが適切でしょうか。 滑らかで情緒たっぷりな描写が魅力のレンズ。 今回お届けするのは宮崎光学のSONNETAR M73mm F1.5です。 M Monochrome(Typ246) + MS-Optics SONNETAR M73mm F1.5 MC 持ち出す前に簡単に試写した際に これはモノクロの方が映えそうだという事でM Monochrome(Typ246)をチョイスしました。 光と影が織りなす何気ない一枚を撮影して、やはり正解であったなと独り言ち。 M Monochrome(T...
続きを読む
【増税前にデビュー】気になるレンズ。

【増税前にデビュー】気になるレンズ。[2019年09月24日]

こんにちは。 まだ日中はスーツを着ていると「暑い…!」と感じますが、 夜は長袖の似合う季節になってきました。 …さて、私はLeica ズマリット L50mm F1.5が気になっています。 「増税前に何かが買いたい…。」「増税後に買うより安いから…。」そんな大義名分を掲げ、 自らの物欲が赴くまま、ライカレンズに纏わる本を夜な夜な読みふけること数日。 見つけてしまったのがこのレンズ。Leica ズマリット L50mm F1.5です。 後に多くのファンを魅了するレンズ、ズミルックスの前身であるこの...
続きを読む
憧れとその先と

【増税前にデビュー】Leica 憧れとその先と[2019年09月20日]

ISO100 SS:1/125 f8 冷夏、酷暑に暴風雨と続いた今年も いつの間にか身を撫ぜる風が 心地よい日柄に落ち着いてまいりました。 油断すると身体もすぐ冷えてしまいますので 衣替えのタイミングは計画的に。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 ISO100 SS:1/250 f2 さて、この度フィルム派の私は ここにきて本格的にデジタル初挑戦。 Mの新鋭【M10-P】で華々しいデビューです。 無論RAW現像も初挑戦で正解が見えるはずもなく、 明るさ調節程度に済ませありのまま撮ってまいりま...
続きを読む
TL2と行く。

【増税前にデビュー】TL2と行く。[2019年09月17日]

ここ1ヵ月くらい、関西の方へ、その先へと 足を延ばすことが多かったです。 夜行バスに飛び乗り京都へ行ったり 目的地を鳥取県、某砂丘にしレンタカーを走らせたり。 (帰りはレンタカーの返却リミットが迫りタイムアタックな 帰路となり、あまりゆっくりはできませんでした) 今回使用したレンズは、 ライカ・スクリューマウントのNikkor 50mm F1.4です 口径には当時の呼び名(日本光学)で NIPPON KOGAKUと刻まれているレンズです。 ズマリット50mm F1.5を気にかけていましたが 同...
続きを読む