【Nikon】Nikonの話~デジタル一眼レフでオールドレンズを使うときの話 | THE MAP TIMES //該当の要素を削除する $(this).remove(); }); });  【Nikon】Nikonの話~デジタル一眼レフでオールドレンズを使うときの話 | THE MAP TIMES
Select Language

【Nikon】Nikonの話~デジタル一眼レフでオールドレンズを使うときの話

[ Category: Nikon|掲載日時:2019年03月27日 21時11分]


以前よりNikon Fマウントの話を掲載しておりますので、その流れで紹介を行っていきます。
今回はマニュアルのレンズを現行のデジタル一眼レフで運用する場合の設定などを掲載していきます。
もちろん以前よりご使用の方はご存知の方も多いかとは思いますが
今回も内容的にはNikon Fマウント初心者の方向けのものとしたいのでなるべく簡易にかるーく紹介してみたいと思います
( マニュアル等からの参照で記述していきます)


通常、Nikonのデジタル一眼レフカメラはCPUレンズ(CPU信号接点がある)を使用することが前提となっています。
絞りや距離、レンズ情報を伝達してAF(オートフォーカス)・絞り等を制御するわけです。

null



ですがNikonは不変のFマウントと言われるようにCPUを搭載していない時代のマニュアルレンズでも装着できます。

null

null


さすがにどの機種でも完全に対応できるわけではないのですが、露出計連動レバーがあるものならば絞りを連動させることができます。(いわゆるエントリークラスにはありません)

null


レンズ情報の設定を行いさえすればレンズの絞りの情報を機械的に伝達し露出などに反映するわけです。
このあたりは以前の記事でも取り上げていましたが、その具体的な設定方法を今回はお伝えします。

まず基本としてマニュアルレンズを使用した撮影は「マニュアル」「絞り優先オート」の2種類の露出モードを使用することができます。

焦点距離を設定することにより使用できる機能は以下の通りです。

・別売のスピードライトのオートパワーズーム
・再生画面での焦点距離表示(焦点距離に*印が付きます)
・開放絞り値(開放F値)を設定して使用できる機能:
・レンズで設定した絞り値表示(表示パネル、ファインダー内表示)
・スピードライトの絞り連動外部自動調光
・再生画面での絞り値表示(絞り値に*印が付きます)
・焦点距離と開放絞り値の両方を設定して使用できる機能:
・RGBマルチパターン測光(レフレックスニッコールなど一部のレンズでは、焦点距離と開放絞り値を設定してもRGBマルチパターン測光では充分な精度が得られない場合があります。中央部重点測光またはスポット測光に設定して撮影してください)
・焦点距離と開放絞り値の両方を設定すると精度が向上する機能:
中央部重点測光
スポット測光
i-TTL調光

以上のほかにもレンズ情報の入力により、焦点距離や設定した絞り値等がExifデータに書き込まれます。
こうして見てみるとオールドレンズでも、かなり現行の機能を使用できることに驚きます。

※)但し、マニュアルのズームレンズを使用した場合はF値が固定できないので正確には対応できないので注意。
テレコンバーターを使用している場合は合成したF値を設定する必要があります。


それではレンズ情報の登録方法を記載していきます。
知っていれば簡単に行えるので是非活用してみてください。


機種ごとに細かい差異があることもありますが
基本的にMENU画面のセットアップメニューにある[レンズ情報手動設定]を開きます。

null


そちらに表示されるのは

①レンズNo.
②焦点距離(mm)
③開放絞り値

となります。

null

null


それぞれを選択したのちOKボタンを押して、設定を終了します
この最後のOKを忘れて設定したはずなのに使用できないと言われることがあります。


もちろんこのレンズ情報の登録は複数できます。
しかしレンズを交換するたびに設定を呼び出してレンズNo.を設定し直すのは手間がかかります。
ので簡単に変更できる方法も併せて紹介いたします。

手動設定済みレンズ情報の選択方法

1 カスタムメニューf1[カスタムボタンの機能]で任意のボタンに[手動設定済みレンズの選択]を割り当てる

2 [手動設定済みレンズの選択]を割り当てたボタンを押しながらメインコマンドダイヤルまたはサブコマンドダイヤルを回す
レンズNo.は表示パネルに表示されます。使用したいレンズの番号が表示されるまでメインコマンドダイヤルまたはサブコマンドダイヤルを回します。

こうするとレンズを交換しても、すぐに設定できますので是非お試しください。


さて、CPUレンズでも絞りのあるタイプがあります。
AFレンズのDタイプ(または、CPU内蔵タイプのマニュアルレンズ)などですがボディ側で制御するのが前提です。
最小絞りになっていないとボディがレンズを装着していないと認識してERR表示が出てしまいます。

null


しかし、せっかく絞りがあるのでボディ側ではなくレンズの絞りを動かして撮影を行いたいという方もいます。

これも設定をしてしまえば問題なくおこなえるのがNikonの面白い所です。

こちらも機種ごとに細かい差異があることもありますが、ほぼ同じ操作で行えます。

まずMENU画面のカスタムメニューにある「f操作」を開きます。

null


「f7:コマンドダイヤルの設定」を選択し「絞り値の設定方法」をさらに選択します。

null

null


そうすると「サブコマンドダイアル」と「絞りリング」の選択肢が出てきますので「絞りリング」に設定すると前述のレンズ側での絞り操作が可能になります。

null

null


簡単な内容かもしれませんが、これからNikonでカメラを始めたいという方。
特にオールドレンズを試されたいという方は参考にしてみてください。
是非、Nikonの不変のFマウントをNikonの一眼レフで楽しみましょう。










〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓



[ Category: Nikon|掲載日時:2019年03月27日 21時11分]

面白いと思ったらコチラをClick!22票


ぼくらのズミクロン日記

【Leica】ぼくらのズミクロン日記Vol.1 ~ズミクロンS100!~[2019年10月15日]

We are summicron!! この連載は、マップカメラライカブティックのスタッフそれぞれがズミクロンへの愛を語るものです。 1954年に発売され、その性能の高さと描写力で世界のレンズ設計の基準を引き上げたとすら言われるLeicaレンズのレジェンド、ズミクロン。 今ではライカMマウント以外にも、Rマウント、Lマウント、Sマウント等様々なズミクロンが存在します。 十人十色ならぬ十本十個性の色々なズミクロンに対し、様々な角度でスポットを当てていきたいと思います。 幕開けを飾る記事は、...
続きを読む
【SONY】早秋の汀にて。

【SONY】早秋の汀にて。[2019年10月14日]

SONY α7S+SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN 焦点距離:45mm 絞り:F6.3 シャッタースピード:1/200秒 ISO:100 「早秋の汀にて。」 暑さが一段落して、秋深まりつつある今日この頃…。皆様、いかがお過ごしでしょうか。筆者は北の生まれなもので、夏のうだるような暑さは苦手です。まだまだ残暑厳しい日もありますが、朝晩の風に秋の気配を感じつつあります。 ふと、「秋の海」というものに興味を持ちました。 海水浴客で賑わう夏の海とは少し違う、趣のある風景に出会うため...
続きを読む
null

【Nikon】おやひこさま参り×Z7[2019年10月13日]

   9月中頃、少し遅めの夏休みを頂きましてNikon Z7にZ24-70mm F2.8をつけて、新潟県にあります越後国一宮・弥彦神社のお参りに行ってきました。  一の鳥居をくぐって左手に、神様しか通れないと言われている玉の橋があります。  平日にも関わらず、団体の参拝客の方々を見かけました。神社でお参りする際は二礼二拍一礼が一般的ですが、弥彦神社では二礼四拍一礼でお参りします。この形式は、出雲大社が有名です。  御神木である椎の大木。  お参りが終わった後は、ご本殿の背...
続きを読む
null

【Panasonic】巾着田を撮る。[2019年10月12日]

日高市内を流れる清流、高麗川(こまがわ)の蛇行により長い年月をかけてつくられ、 その形がきんちゃくの形に似ていることから、巾着田(きんちゃくだ)と呼ばれるようになりました。 ここ数年、通い続けて少しワンパターン化してきてしまったかな。 と思い行くのを躊躇していたのですが そういえばまだやったことがない事がある、と思って今年も行ってきました。 というわけで 焦点距離: 560mm 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 2019 巾着田を超望遠で撮る です。 ...
続きを読む
null

【MapTimes】One More Times!! vol.6【二眼レフ特集】[2019年10月11日]

THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 【MapTimes】One More Times!! 過去記事はこちらからご覧いただけます。 というわけで今回のキーワードは「二眼レフ」 今回特に注目していただきたいブログは 2008年から連載開始した「二眼レフはいかがですか?!」 番外編なども含めると、なんと総数50本を超えるボリューム! ぜひご覧いただきたいシリーズです。 画像をクリック...
続きを読む