【Nikon】Nikonの話~デジタル一眼レフでオールドレンズを使うときの話 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Nikon】Nikonの話~デジタル一眼レフでオールドレンズを使うときの話

[ Category:Nikon|掲載日時:2019年03月27日 21時11分]



以前よりNikon Fマウントの話を掲載しておりますので、その流れで紹介を行っていきます。
今回はマニュアルのレンズを現行のデジタル一眼レフで運用する場合の設定などを掲載していきます。
もちろん以前よりご使用の方はご存知の方も多いかとは思いますが
今回も内容的にはNikon Fマウント初心者の方向けのものとしたいのでなるべく簡易にかるーく紹介してみたいと思います
( マニュアル等からの参照で記述していきます)


通常、Nikonのデジタル一眼レフカメラはCPUレンズ(CPU信号接点がある)を使用することが前提となっています。
絞りや距離、レンズ情報を伝達してAF(オートフォーカス)・絞り等を制御するわけです。

null



ですがNikonは不変のFマウントと言われるようにCPUを搭載していない時代のマニュアルレンズでも装着できます。

null

null


さすがにどの機種でも完全に対応できるわけではないのですが、露出計連動レバーがあるものならば絞りを連動させることができます。(いわゆるエントリークラスにはありません)

null


レンズ情報の設定を行いさえすればレンズの絞りの情報を機械的に伝達し露出などに反映するわけです。
このあたりは以前の記事でも取り上げていましたが、その具体的な設定方法を今回はお伝えします。

まず基本としてマニュアルレンズを使用した撮影は「マニュアル」「絞り優先オート」の2種類の露出モードを使用することができます。

焦点距離を設定することにより使用できる機能は以下の通りです。

・別売のスピードライトのオートパワーズーム
・再生画面での焦点距離表示(焦点距離に*印が付きます)
・開放絞り値(開放F値)を設定して使用できる機能:
・レンズで設定した絞り値表示(表示パネル、ファインダー内表示)
・スピードライトの絞り連動外部自動調光
・再生画面での絞り値表示(絞り値に*印が付きます)
・焦点距離と開放絞り値の両方を設定して使用できる機能:
・RGBマルチパターン測光(レフレックスニッコールなど一部のレンズでは、焦点距離と開放絞り値を設定してもRGBマルチパターン測光では充分な精度が得られない場合があります。中央部重点測光またはスポット測光に設定して撮影してください)
・焦点距離と開放絞り値の両方を設定すると精度が向上する機能:
中央部重点測光
スポット測光
i-TTL調光

以上のほかにもレンズ情報の入力により、焦点距離や設定した絞り値等がExifデータに書き込まれます。
こうして見てみるとオールドレンズでも、かなり現行の機能を使用できることに驚きます。

※)但し、マニュアルのズームレンズを使用した場合はF値が固定できないので正確には対応できないので注意。
テレコンバーターを使用している場合は合成したF値を設定する必要があります。


それではレンズ情報の登録方法を記載していきます。
知っていれば簡単に行えるので是非活用してみてください。


機種ごとに細かい差異があることもありますが
基本的にMENU画面のセットアップメニューにある[レンズ情報手動設定]を開きます。

null


そちらに表示されるのは

①レンズNo.
②焦点距離(mm)
③開放絞り値

となります。

null

null


それぞれを選択したのちOKボタンを押して、設定を終了します
この最後のOKを忘れて設定したはずなのに使用できないと言われることがあります。


もちろんこのレンズ情報の登録は複数できます。
しかしレンズを交換するたびに設定を呼び出してレンズNo.を設定し直すのは手間がかかります。
ので簡単に変更できる方法も併せて紹介いたします。

手動設定済みレンズ情報の選択方法

1 カスタムメニューf1[カスタムボタンの機能]で任意のボタンに[手動設定済みレンズの選択]を割り当てる

2 [手動設定済みレンズの選択]を割り当てたボタンを押しながらメインコマンドダイヤルまたはサブコマンドダイヤルを回す
レンズNo.は表示パネルに表示されます。使用したいレンズの番号が表示されるまでメインコマンドダイヤルまたはサブコマンドダイヤルを回します。

こうするとレンズを交換しても、すぐに設定できますので是非お試しください。


さて、CPUレンズでも絞りのあるタイプがあります。
AFレンズのDタイプ(または、CPU内蔵タイプのマニュアルレンズ)などですがボディ側で制御するのが前提です。
最小絞りになっていないとボディがレンズを装着していないと認識してERR表示が出てしまいます。

null


しかし、せっかく絞りがあるのでボディ側ではなくレンズの絞りを動かして撮影を行いたいという方もいます。

これも設定をしてしまえば問題なくおこなえるのがNikonの面白い所です。

こちらも機種ごとに細かい差異があることもありますが、ほぼ同じ操作で行えます。

まずMENU画面のカスタムメニューにある「f操作」を開きます。

null


「f7:コマンドダイヤルの設定」を選択し「絞り値の設定方法」をさらに選択します。

null

null


そうすると「サブコマンドダイアル」と「絞りリング」の選択肢が出てきますので「絞りリング」に設定すると前述のレンズ側での絞り操作が可能になります。

null

null


簡単な内容かもしれませんが、これからNikonでカメラを始めたいという方。
特にオールドレンズを試されたいという方は参考にしてみてください。
是非、Nikonの不変のFマウントをNikonの一眼レフで楽しみましょう。










〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓



[ Category:Nikon|掲載日時:2019年03月27日 21時11分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 2019年06月20日
私は大学一年生の時に、祖父の形見のNikon F4を譲り受け、今でもF4で写真を撮り続けています。 今回はF4で撮影した、どこか懐かしい気分にさせてくれるようなポートレートをご紹介しながらF4の魅力に触れていきたいと思います。 Nikon F4は1988年にフラッグシップ機として発売されました。Nikon F一桁シリーズ初のオートフォーカスが搭載されています。 見た目はとてもメカメカしく、レバーやダイヤルにも存在感があります。シャッタースピードの最高速は1/8000秒。 そして大きくて重量があるのも特...
続きを読む
空を印刷 【写真を楽しむ6月】空を印刷 2019年06月19日
FUJIFILM X100F -今月の空- 6月は梅雨の季節。 防塵防滴のカメラも増え、雨の日でも写真を楽しめる現代ですが、 それでもやはり雨の日は撮影に出かけるのは控えてしまいます。 そんな6月に写真を楽しむ方法のひとつとして、 今までご自身で撮った写真を振り返り、お気に入りの写真を選別・印刷し、 まとめてみることはいかがでしょうか。 私は、毎日の空をFUJIFILM X100Fで撮って楽しんでいます。 今回このブログを書くために、1年間撮り続けた空の写真を整理・選別してみました。 そして...
続きを読む
イメージです 【写真を楽しむ6月】ローライ持って出かけよう! 2019年06月18日
ある日、棚を開けたらローライフレックスが出てきたとします。 「棚からローライ」……出たらいいなぁ… ……なんて願望はともかく、幸運にも二眼レフカメラの雄 ローライフレックスを手に入れることに成功した貴方は、いざ撮影に出かけようとして大変な事に気がつきます。 そう、ストラップがない!! ローライフレックスのほとんどのモデルで、ストラップ取付部が下の写真のような形状になっています。(ローライコードのシリーズは異なります。) 真ん中に心棒が入っているため、通常のスト...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 2019年06月17日
とある平日の午後。東京都東村山市にある北山公園菖蒲苑に行きました。 北山公園菖蒲苑は東村山駅から徒歩で20分ほど。八国山緑地を背景にした自然公園です。 毎年6月上旬から中旬にかけ、300種、8,000株の花菖蒲が開花し、新東京百景にも選ばれています。 この日、首から下げたのは、OLYMPUS OM-4TiとE.ZUIKO AUTO-T 100mm F2.8の組み合わせ。 コンパクトなボディとレンズは、動き回る撮影にぴったりです。 OM-4Tiは1986年に発売され、電子制御布幕横走りフォーカルプレーンシャッターを持...
続きを読む
紫陽花を見上げる 【写真を楽しむ6月】紫陽花を見上げる 2019年06月16日
手に入れてすぐ、 これはめいっぱい楽しむには一脚必須! と確信した RICOH THETA SC。 今後の様々な撮影シーンを見据え、 小さな三脚付きの一脚を購入し、 紫陽花を見に出かけた際に連れていきました。 たくさんの品種が植えられており、 満開時にはそれは美しいようなのですが、まだ見頃はこれからというところ。 現在は、白と緑が上品なアナベルがとてもきれいに咲いていました。 これがやりたかった、中から! まるでこびとになった気分です。 手持ちではできません...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]