【Nikon】CP+の帰り道 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Nikon】CP+の帰り道

[ Category:Nikon|掲載日時:2019年03月13日 10時30分]



CP+の帰り道


Nikon D500 + Nikon AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8E FL ED VR

MapTimesをご覧の皆さまの中には、
CP+に行かれた方も多くいらっしゃると思います。
これから発売される新商品に胸躍らせたり、
様々な企業のブースに行って新しい発見をしたりと、
非常に刺激的なイベントです。

さて、CP +そのものはもちろん、
そのあとの帰り道の楽しみ方もまた、人それぞれではないでしょうか。
横浜中華街に繰り出すもよし、
ビールを飲みに某所に出かけるもよし、
普段行かないところに出かけてみるもよし、
いろんな楽しみがあります。

Nikon D500 + Nikon AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8E FL ED VR

私の帰り道は会場入場口前の1台のワーゲンからスタートです。
使用レンズは70-200/2.8E FL VRです。
色、ツヤ、そして塗装の下に隠れたスレの再現。
地上展示の軍用機や厚塗りの壁面を撮影する時もそうですが、
このレンズの「塗装されたもの」の表現には目を見張るものがあります。

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 20mm F1.8G ED

今年は定番中の定番、横浜中華街へ行きました。
思わずカメラを向けたくなる、そんな光景がこの街にはあります。
スナップはNikon 20/1.8Gの出番です。
D500につけると換算28mm相当で、
その軽さも相まってスナップにはちょうどいいレンズです。

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 20mm F1.8G ED

まるで生き物のように口を開けた中華せいろから、
龍の吐息のように吹き出す湯気。
その湯気の立体的な動きをバッチリ撮ってくれました。
せいろの質感も含め、
Nikon 20/1.8Gならではの写りです。

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 20mm F1.8G ED

天気に恵まれずパッとしないのなら、
鮮やかなものをドドンと大きく写しこんでみましょう。
壮大な看板が隅々までしっかりと描写されています。

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 20mm F1.8G ED

肉まんの食べ歩きをし喫茶店で友人とカメラ談義をしていると、
いつの間にか陽は暮れていました。
中華街入り口のこの門は、
夜だとその鮮やかさが一層増して思えます。

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 20mm F1.8G ED

D500そのものは比較的大きめな一眼レフですが、20/1.8Gとの組合せなら、
そこまで重くもないのでサッと持ち上げることができ、
オートフォーカスも早いのでパッと撮影ができます。
D500といえばまず望遠レンズとの組合せが定番ではありますが、
普段使い、町歩き用のレンズも時には必要です。
換算28mm相当という便利な画角になる組合せ、
D500をお持ちの方、ご検討中の方にはぜひ試していただきたい一本です。

RICOH GR III

最後に、話は大きく変わりますが、

換算28mm、スナップということで、
3/15(金)は待望のGR IIIの発売日です。
現行GRでも十分にポケットサイズですが、
GR IIIはさらに小型化されているのでよりポケットに収まりやすくなりました。
ポケットに入れて気軽に持ち出しできる、
究極のスナップシューターです。
高画素化、手ブレ補正機構”SR”の採用、
USB Type-Cの採用で出先での充電が楽になったりと、
様々な点が進化しもっと便利になったGR III。
お出かけのお供に最適な1台、
ぜひマップカメラでお買い求めください。

↓使用した機材です↓









〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓


[ Category:Nikon|掲載日時:2019年03月13日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0 【増税前にデビュー】ヨコハマワイドスナップ 2019年09月22日
筆者は神奈川県出身で、横浜は何度も訪れたことはある地なのですが、 気が付けばいつも人との用事で赴くことばかりで、撮影のために訪れるのは初めてでした。 今回使用するレンズはM.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0です。 購入してから何か月か経ってしまい、撮影に使用するのは初めてとなります。 普段、望遠系のレンズで一部を切り取る撮影に慣れているせいか、 自分の影や通行人の姿など、余計なものが写りこんでしまうことがありました。 そのためお見せできるショットは少し...
続きを読む
【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 動物瞳AF 【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 動物瞳AF 2019年09月21日
α7RIV + FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS / 400mm F5.6 SS 1/4000 ISO 1600 SONY α7RIV × 超高画素&動物対応瞳AFの実力 今年のαシリーズはハードウェアの進化とともに、ソフトウェア面でも大幅な進化がありました。 その中でもミラーレス業界初の動物対応 リアルタイム瞳AFに驚かれた方も多いと思います。 私も犬を飼っており、動物瞳AF機能の恩恵を受けたユーザーの1人でした。 α7IIIに搭載された動物瞳AFで撮影した愛犬はどれも目元にびしっとピントが合っており、衝撃を受けた事を良く...
続きを読む
はじめてのマクロレンズ 【増税前にデビュー】はじめてのマクロレンズ 2019年09月21日
雨の雫を撮影してみたかったんです。 世の中には素敵な雫写真が沢山あるので、 真似したくなりました。 そうはいっても雨の日にカメラを持ち出す気にはなれず。 雨上がりでの撮影チャンスにもなかなか出会えず。 ということで無理やり庭に水をまいて撮影することにしました。 くつろいでいた虫達が逃げ回っております。 今回使用した機材はこちら。 『PENTAX KP』 『PENTAX HD DA35mm F2.8 Macro Limited』 「HD DA35mm F2.8 Macro Limited」は、 小型で携帯性もよく「KP」との相性も抜...
続きを読む
【増税前にデビュー】Canon RFレンズ必須の1本!? 【増税前にデビュー】Canon RFレンズ必須の1本!? 2019年09月20日
ようやく過ごしやすい気温になってきました。 個人的に夏は好きなので名残惜しいですが、秋は紅葉などの風景写真を撮る楽しみがあります。 とは言うもの、私はまだ夏気分を捨てきれないので、 少しばかりですが涼しい金魚たちを使用したカメラと共にご紹介させてください。 Canon RF35mm F1.8 マクロ IS STM 何やら怪しげな雰囲気を漂わせる作品です。 よく見ると金魚が泳いでいます。 今回使用したレンズは「Canon RF35mm F1.8 マクロ IS STM」です。 選んだ理由は全ての要求を満たしていたから、...
続きを読む
7RM4 - Otus 55 【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 世界最高の標準レンズ 2019年09月20日
ボディ:SONY α7RIV / レンズ:Carl Zeiss Otus 55mm F1.4 マウントアダプター:SIGMA MC-11 キャノンEF用/ソニーE用 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 SONY α7RIV × Carl Zeiss Otus  カールツァイスの中でも圧倒的なパフォーマンスで他の追従を許さないレンズ『Otus』のラインナップ。今回は標準レンズとして位置する『Otus 55mm F1.4』と、フルサイズカメラ世界初、有効画素数6100万画素を持つ『SONY α7RIV』を使用して撮影を行いました。  甲州街道沿いの駐輪場で撮影し...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]