【Nikon】CP+の帰り道 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Nikon】CP+の帰り道

[ Category:Nikon|掲載日時:2019年03月13日 10時30分]



CP+の帰り道


Nikon D500 + Nikon AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8E FL ED VR

MapTimesをご覧の皆さまの中には、
CP+に行かれた方も多くいらっしゃると思います。
これから発売される新商品に胸躍らせたり、
様々な企業のブースに行って新しい発見をしたりと、
非常に刺激的なイベントです。

さて、CP +そのものはもちろん、
そのあとの帰り道の楽しみ方もまた、人それぞれではないでしょうか。
横浜中華街に繰り出すもよし、
ビールを飲みに某所に出かけるもよし、
普段行かないところに出かけてみるもよし、
いろんな楽しみがあります。

Nikon D500 + Nikon AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8E FL ED VR

私の帰り道は会場入場口前の1台のワーゲンからスタートです。
使用レンズは70-200/2.8E FL VRです。
色、ツヤ、そして塗装の下に隠れたスレの再現。
地上展示の軍用機や厚塗りの壁面を撮影する時もそうですが、
このレンズの「塗装されたもの」の表現には目を見張るものがあります。

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 20mm F1.8G ED

今年は定番中の定番、横浜中華街へ行きました。
思わずカメラを向けたくなる、そんな光景がこの街にはあります。
スナップはNikon 20/1.8Gの出番です。
D500につけると換算28mm相当で、
その軽さも相まってスナップにはちょうどいいレンズです。

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 20mm F1.8G ED

まるで生き物のように口を開けた中華せいろから、
龍の吐息のように吹き出す湯気。
その湯気の立体的な動きをバッチリ撮ってくれました。
せいろの質感も含め、
Nikon 20/1.8Gならではの写りです。

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 20mm F1.8G ED

天気に恵まれずパッとしないのなら、
鮮やかなものをドドンと大きく写しこんでみましょう。
壮大な看板が隅々までしっかりと描写されています。

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 20mm F1.8G ED

肉まんの食べ歩きをし喫茶店で友人とカメラ談義をしていると、
いつの間にか陽は暮れていました。
中華街入り口のこの門は、
夜だとその鮮やかさが一層増して思えます。

Nikon D500 + AF-S NIKKOR 20mm F1.8G ED

D500そのものは比較的大きめな一眼レフですが、20/1.8Gとの組合せなら、
そこまで重くもないのでサッと持ち上げることができ、
オートフォーカスも早いのでパッと撮影ができます。
D500といえばまず望遠レンズとの組合せが定番ではありますが、
普段使い、町歩き用のレンズも時には必要です。
換算28mm相当という便利な画角になる組合せ、
D500をお持ちの方、ご検討中の方にはぜひ試していただきたい一本です。

RICOH GR III

最後に、話は大きく変わりますが、

換算28mm、スナップということで、
3/15(金)は待望のGR IIIの発売日です。
現行GRでも十分にポケットサイズですが、
GR IIIはさらに小型化されているのでよりポケットに収まりやすくなりました。
ポケットに入れて気軽に持ち出しできる、
究極のスナップシューターです。
高画素化、手ブレ補正機構”SR”の採用、
USB Type-Cの採用で出先での充電が楽になったりと、
様々な点が進化しもっと便利になったGR III。
お出かけのお供に最適な1台、
ぜひマップカメラでお買い求めください。

↓使用した機材です↓









〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓


[ Category:Nikon|掲載日時:2019年03月13日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

更なる進化を遂げた "超高画素" Phaseone XF IQ4 【PhaseOne】更なる進化を遂げた超高画素Phaseone XF IQ4 2019年03月19日
すっかり春の陽気も近付いて参りました。 皆様いかがお過ごしでしょうか? 前回ご紹介したPhaseone IQ3 Trichromaticは 非常に大きな反響を頂き、ありがとうございます! なかなか見ることのできない1億画素機の写真というだけあって 多くのお客様にその衝撃が伝わったと思います。 そして昨年発表され、更なる高画素化を行ったPhaseone IQ4。 なんと今回、PhaseOne Japan様から貴重なこのボディと Schneider 40-80mm LS F4.0-5.6+120mm LS F4.0 macroレンズをお借りして "1億5000万画素"...
続きを読む
写真展のご案内 〜 衝動『8人の写真家たち』~ 写真展のご案内 〜 衝動『8人の写真家たち』~ 2019年03月19日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 衝 動 『8人の写真家たち』 です。 是非足をお運び下さい。 asamiranda/koichi73/佐々木龍一/信夫良介/田河新平/TOSHIO/ZUI/140 会期:2019年3月22日(金)- 24日(日) 会場:gem(東京都目黒区中目黒1-9-18)
続きを読む
【Leica】控え目な実力派中望遠 ELMARIT-M 90mm F2.8 【Leica】控え目な実力派中望遠 ELMARIT-M 90mm F2.8  2019年03月18日
Leica ELMARIT-M 90mm F2.8 長い間、ライカの90mmという焦点距離をSummicronとともに担ってきたElmarit 90mm F2.8。 Summaritの登場とともにその役目を終えましたが、やはり「エルマリート」という優しい響きは、それ自体に魅力があります。 個人的にも「ズミクロン」よりも「エルマリート」という名前が好きで、このレンズを選んだ節があります。 今回は、SONY α7RIIとLeica ELMARIT-M 90mm F2.8 E46 フード組込の組み合わせで撮影しました。 ライカMシステムとの違いは、やはりカメラ内手振れ...
続きを読む
Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF 【CarlZeiss】潮風とBatis 40mm F2 CF 2019年03月18日
潮風を感じたくて横浜へ向かった。 装着したレンズはBatis 40mm F2 CF。一枚目に撮ったのは白い巡視船。大きな船の横で、小さなゴムボートが波間を進んでいく。 空を見上げると赤レンガ倉庫と建設中のビルが見える。刻一刻と変わる時の中で、完成したビルが風景に溶け込むのは、何年後のことだろうか。 大桟橋には大型客船が止まっていた。これから長い旅に向かうのか、それとも長い旅を終えてきたのか。遠くからではわからない。 リズミカルに並ぶオブジェを横浜税関の建物が見...
続きを読む
写真展のご案内「ETHER」-エーテル- ゼラチンシルバープリントによるモノクロームの植物群~ 写真展のご案内 〜「ETHER」-エーテル- ゼラチンシルバープリントによるモノクロームの植物群~ 2019年03月18日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 「ETHER」-エーテル- ゼラチンシルバープリントによるモノクロームの植物群 です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む

[↑TOPへ戻る]