【Leica】控え目な実力派中望遠 ELMARIT-M 90mm F2.8 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Leica】控え目な実力派中望遠 ELMARIT-M 90mm F2.8

[ Category:Leica|掲載日時:2019年03月18日 21時56分]



Leica ELMARIT-M 90mm F2.8

長い間、ライカの90mmという焦点距離をSummicronとともに担ってきたElmarit 90mm F2.8。
Summaritの登場とともにその役目を終えましたが、やはり「エルマリート」という優しい響きは、それ自体に魅力があります。
個人的にも「ズミクロン」よりも「エルマリート」という名前が好きで、このレンズを選んだ節があります。
今回は、SONY α7RIIとLeica ELMARIT-M 90mm F2.8 E46 フード組込の組み合わせで撮影しました。


ELMARIT-M 90mm F2.8

ライカMシステムとの違いは、やはりカメラ内手振れ補正が使えること。
薄暗い部屋で鏡越しに、最短撮影距離からさらにVoigtlanderのクローズフォーカスアダプターで距離を詰めても、
高感度耐性と手振れ補正で、だいたいの撮影は手持ちでなんとかなる安心感があります。


ELMARIT-M 90mm F2.8

画面中心部から中間部の解像力の高さはα7RIIの4000万画素にも十分対応しますが、ごく周辺部ではやや落ちてきます。
ただ、このレンズの魅力は解像度ではありません。
解像力、コントラスト、ボケ味といったものが高い次元でバランスされた落ち着いた画作りにあると個人的には感じております。


ELMARIT-M 90mm F2.8

荒れやすい背景ですが、うまくいなしてくれています。
また、ボケに関しては非球面レンズ不使用であったり、ダブルガウス型のレンズのように撮影距離で
荒れたりといったことがありません。
なめらかすぎずることもなく、素直な佳いボケを描いてくれます。
素直なボケは、無理なく自然にピント面を浮かび上がらせる力があります。


ELMARIT-M 90mm F2.8

4群4枚という非常に少ないレンズで構成されているとは思えない描写力で、α7RIIの優れたセンサーと組み合わせることにより、
暗部の諧調を残すのも切る詰めるのも撮り手に委ねることができるレンズです。


ELMARIT-M 90mm F2.8

今回は、人物以外、神奈川県の西湘地区で撮影をしてきました。
平塚市から小田原市の間は低い山が連続しており、大磯、二宮、国府津と、
海と山と町が入り組んでいる魅力的な地域です。
天気がよければ、三浦半島、伊豆半島、箱根、富士山と見渡せる山や丘がたくさんあり、魚も野菜も美味しく、
東京からでも1時間程度と比較的近い場所にありますので、ぜひカメラをもって散策してみてください。
スペックは控え目ですが、約400gと小型軽量でフードも組み込まれている為、長距離を歩いても負担が少なくすみます。
あまり人目を引くレンズではありませんが、非常に使い勝手の良い中望遠レンズですので、ぜひバックに忍ばせてみてください。




今回使用した機材
Leica ELMARIT-M 90mm F2.8
Sony α7RII
Voigtlander VM-E クローズフォーカスアダプター









〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2019年03月18日 21時56分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

憧れとその先と 【増税前にデビュー】Leica 憧れとその先と 2019年09月20日
ISO100 SS:1/125 f8 冷夏、酷暑に暴風雨と続いた今年も いつの間にか身を撫ぜる風が 心地よい日柄に落ち着いてまいりました。 油断すると身体もすぐ冷えてしまいますので 衣替えのタイミングは計画的に。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 ISO100 SS:1/250 f2 さて、この度フィルム派の私は ここにきて本格的にデジタル初挑戦。 Mの新鋭【M10-P】で華々しいデビューです。 無論RAW現像も初挑戦で正解が見えるはずもなく、 明るさ調節程度に済ませありのまま撮ってまいりま...
続きを読む
TL2と行く。 【増税前にデビュー】TL2と行く。 2019年09月17日
ここ1ヵ月くらい、関西の方へ、その先へと 足を延ばすことが多かったです。 夜行バスに飛び乗り京都へ行ったり 目的地を鳥取県、某砂丘にしレンタカーを走らせたり。 (帰りはレンタカーの返却リミットが迫りタイムアタックな 帰路となり、あまりゆっくりはできませんでした) 今回使用したレンズは、 ライカ・スクリューマウントのNikkor 50mm F1.4です 口径には当時の呼び名(日本光学)で NIPPON KOGAKUと刻まれているレンズです。 ズマリット50mm F1.5を気にかけていましたが 同...
続きを読む
Leica (ライカ) Q-P 【増税前にデビュー】[ライカデビュー]そしてついでに「ギター撮り」デビュー。 2019年09月06日
「遂に」と言うか「やっと」と言うか【ライカデビュー】の日がやって来ました。 そのお相手は『Leica Q-P』です。 なんだかものすごく可愛らしいお名前のこのカメラです。 その可愛らしさとこのビジュアルのギャップがとてもいいと思います。 大人っぽいマットなブラックボディ。 その姿は正面から見るとあまりにもシンプル。 それでもトップカバーの上面にはしっかりと「譲れない拘り」を主張。 そうです。世界中の多くのLeicaファンの拘り「筆記体ロゴの刻印」です。 そしてつ...
続きを読む
null 【増税前にデビュー】[Noct debut] Noctilux M75の描写・画質 2019年09月03日
写真でしか、描き出せない世界があります。 我々人間の目がどんなに高性能でも、たとえ息を呑むような美しい景色が目の前に広がっていても…。 結局は普段通りの「自分の目」で、付き合い慣れた「自分の感性」で視ていることに他なりません。 だからこそ、シャッターを切った先で待っていてほしいのは“どこでもない”ファンタジー。 そこへ至る手段は多々あれど、一番痛烈で、妖艶で、官能的な選択肢はNoctilux M75mm f1.25 ASPH.ではないでしょうか! 数えきれないほどの伝説を遺してきたM型の...
続きを読む
嵐のち晴天、黄昏がきこえた 【私のお気に入り】嵐のち晴天、黄昏がきこえた 2019年08月16日
ライツレンズはその端正な造りもあって こういった空間にもうまく溶け込んでいます。 おわかりいただけるでしょうか。 閑話休題、お盆も明けて そろそろ素麺や冷や麦に 飽きてきた頃合いかと思います。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 この度は【私のお気に入り】の続きを綴ります。 またお付き合いいただけると幸いです。 背中。 何も告げず帰ってきた私にも ふたりは昔と変わらない あたたかさで迎えてくれました。 祖母は明るく少し皮肉屋で、 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]