【RICOH】GReatest snapshooter | THE MAP TIMES 
Select Language



【RICOH】GReatest snapshooter

[ Category:PENTAX RICOH|掲載日時:2019年03月20日 15時20分]



GR III


RIOCH GR III

1/40 | F2.8 | ISO 1600


ついに発売となりました、RICOH GR III。
昨年の発表からずっと心待ちにしていた方も多くいらっしゃると思います。
既に最高のスナップシューターとしての地位を確立し、
このジャンルにおける一大巨塔であったGRシリーズ。
ですがここにきて、さらなる小型化、画素数向上、レンズの刷新、
そして手ぶれ補正機構”SR”を搭載するなどなど、
さらなる高み、”究極”へと進化したGR III。
待望のこのGR IIIで撮影してきましたので、ご覧いただければと思います。

筆者の周囲でGRシリーズを使ってきた人たちが、
口を揃えて言うGR使いこなしのコツがあります。

・迷わず思いついた通りに撮ったほうがよい
・もし困ったときはモノクロ撮影にするとうまくいく

今回はこのアドバイスに従って、
型にはまらず、気の赴くままに撮影してみました。


RIOCH GR III

1/30 | F2.8 | ISO 250


まずは夜間にテスト撮影。
手に馴染ませるためにいろいろ触りながら撮っていきます。

片手で持って、こういったアングルの撮影は普段一眼レフで撮影している筆者にとっては斬新な試みです。
思うように手を伸ばし、まずは撮っていきます。


RIOCH GR III

0.6秒 | F8 | ISO 200


使ってすぐに驚いたのがこの一枚です。
なんとこちら、シャッタースピードは0.6秒、もちろん手持ちです。
その場の思いつきでなんとなく低速シャッターを試したつもりでしたが、
大型車両の軌跡がブレずに撮れています。
手ぶれ補正機構”SR”の凄まじさをさっそく体験しました。
低速シャッターでも手ブレを恐れることなく撮影できます。


RIOCH GR III

1/2000 | F4 | ISO 200


明けて翌日、天候は晴れ。
ポケットにGR III、小型のバッグにはモバイルバッテリー、
胸にはワクワクを詰め込んで軽快に出かけます。


RIOCH GR III

1/250 | F8 | ISO 100


裏路地の先の無機質な一角。
直感でモノクロを使ってみたいと思いさっそく試します。


RIOCH GR III

1/2000 | F2.8 | ISO 100


各ボタンのカスタマイズ性もGRシリーズの重要な要素です。
事前に自分が使いやすいようにしておくことで、
より直感的にまごつくことなく気軽に撮影できます。


RIOCH GR III

1/1250 | F2.8 | ISO 100


マクロ撮影もかなり進化しています。
従来のGRシリーズに比べ、より大きく、グッと寄れます。
これで花や小物を撮影するのももっと楽しくなります。


RIOCH GR III

1/1000 | F4.5 | ISO 200


レトロなデザインの車がありました。
鮮やかなブルーの塗装が綺麗だったので思わず撮影しましたが、


RIOCH GR III

1/1000 | F4.5 | ISO 200


やっぱりモノクロでも撮ってしまいます。
ちなみにこちらは「コントラスト白黒」というモードです。
他のモノクロモードとは毛色の異なるモノクロ写真が撮れ、
遊び心地が広がります。


RIOCH GR III

1/320 | F2.8 | ISO 100


すっかりコントラスト白黒モードの虜になり、
あちらこちらで撮影をします。


RIOCH GR III

1/1600 | F4 | ISO 100

モノの質感や形状を強調したい時にモノクロを使う、
そういった表現を昔見た記憶があります。


RIOCH GR III

1/13 | F4 | ISO 200


撮影するその瞬間こそ、そこまで考えることなく思いつくままに、
自分の見た世界をモノクロで切り取りますが、
撮影後の画像をみれば、
そこには自分が気がつかなかった世界が見えてきます。

もっと抽象的な、厳かさや重厚感、寂寥感や刹那、
後になって、それらを噛みしめる時に、前述の表現を感じるのだなと思います。


RIOCH GR III

1/50 | F2.8 | ISO 200


限られた時間、ずっとモノクロで撮っている訳にもいきません。
ビビットにモードを変えて気分転換をしましょう。


RIOCH GR III

1/50 | F2.8 | ISO 200


この2枚は開放での撮影ですが、もちろん描写は十分です。
ボケがトロトロ過ぎて失敗したなと思うこともありません。
これはF2.8の良さなのかもしれません、
失敗を恐れず、気軽に撮影できます。


RIOCH GR III

1/30 | F8 | ISO 5000

日が暮れてきました。
手ぶれ補正を活かした低速シャッター、あえての高感度撮影、
どちらも試しながら歩いていきます。


RIOCH GR III

1/30 | F8 | ISO 6400
従来機に比べ高感度でも十分な画が得られていると思います。
とっさの撮影でISOオートになっていても恐れることはないでしょう。


RIOCH GR III

1/6 | F8 | ISO 200

またこれだけ長時間の撮影ならば、充電が心配になったりはしませんか?
予備バッテリーを持つのも手ですが、
USB type-C端子を採用していることもあって、
最近の一部スマートフォンと同じケーブルで、
モバイルバッテリーから充電することもできます。
自分にあったスタイルで、バッテリー対策ができるのも利点です。


RIOCH GR III

0.6秒| F7.1 | ISO 200

三脚を立てるべきではないところでの撮影でも、
GR IIIなら手持ちで安心して撮影できるので、こうした写真も手軽に撮れます。


RIOCH GR III

0.6秒| F6.3 | ISO 200

周囲に迷惑をかけないでこうした写真が撮れるのは喜ばしいことです。


RIOCH GR III

1/30 | F4 | ISO 2500

気軽さ、自由さ、
そこから広がる遊び心地。

単焦点かつこんなにコンパクトでありながら、
写真を撮ることの楽しさを改めて教えてくれるGR III。

たとえその楽しさが感覚的なものだったとしても、
GR IIIにはそれを裏付け、支えてくれる機能が満載です。

ポケットサイズの新しい相棒、
GR IIIをぜひ手に取ってみてください。

↓使用した機材とおすすめ商品です↓





〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓


[ Category:PENTAX RICOH|掲載日時:2019年03月20日 15時20分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

PENTAX K-7 【写真を楽しむ6月】近所で新発見 2019年06月30日
ふと、近所の普段は通らない道に新しい発見があるかもしれない!と思い立ち、 愛機ペンタックスK-7と共に地元である町田を散策してみました。 カメラを持って、傘をカバンに入れて、気合を入れて、「いざ、参る!」 さっそく新しい発見。 天明7年(1787年)に創業し200年以上続いているこだわりの醤油蔵でした。 しかもここはその本店です。近所にこんなすごい蔵があるとは驚きです。 少し歩くとまた新たな発見! 地元で人気のある老舗のとんかつ屋『とんかつ松村』こんな近所にあったと...
続きを読む
紫陽花を見上げる 【写真を楽しむ6月】紫陽花を見上げる 2019年06月16日
手に入れてすぐ、 これはめいっぱい楽しむには一脚必須! と確信した RICOH THETA SC。 今後の様々な撮影シーンを見据え、 小さな三脚付きの一脚を購入し、 紫陽花を見に出かけた際に連れていきました。 たくさんの品種が植えられており、 満開時にはそれは美しいようなのですが、まだ見頃はこれからというところ。 現在は、白と緑が上品なアナベルがとてもきれいに咲いていました。 これがやりたかった、中から! まるでこびとになった気分です。 手持ちではできません...
続きを読む
null 【写真を楽しむ6月】さあ、アウトドアへ 【PENTAX】 2019年06月05日
さあ、アウトドアへ 【HD DA★11-18mm F2.8 ED DC AW】 今年も早いものでもう6月です。 ここ最近の6月といえば、 「真夏日」という言葉がニュースで出てくるのも珍しくなく、 曇天からしとしとと降り注ぐ長雨に風情を感じることよりも、 常備している折りたたみ傘も役に立たないほどの夕立を恐れることが多くなり、 社会科の教科書に載っていた「熱帯性気候」という言葉が頭をよぎるようになりました。 梅雨のありかたは変わっていくのでしょうか。 さてそんな季節だからこそ、 訪れる...
続きを読む
【PENTAX】Zから始まるABC 【PENTAX】Zから始まるABC 2019年05月28日
中判デジタルを始めてみよう!とお考えの方へ、今だからこそPENTAX 645Zという選択肢を。 44x33mmの大型センサーを搭載した、素晴らしい耐候性を誇る最高のフィールドカメラです。 中判ミラーレスが隆盛を極めている今、敢えて大きく重い一眼レフタイプを選ぶ意味。それを探りに、「HD DA645 28-45mm F4.5ED AW SR」をマウントして街へくりだしてみました。 結果から申し上げましょう。 「最高の体験でした」 撮影前から結果が解るEVFの利便性を捨ててでも、光学ファインダー機を使うメリット。...
続きを読む
GR IIとお散歩 【RICOH】GR IIとお散歩 2019年05月17日
ゴールデンウィークも終わり、初夏を思わせるような陽気になってきました。 そんな私は桜が散り始めた頃、 周りの方々からすすめられて、気になっていたカメラを手にしました。 【RICOH (リコー) GR II】です。 今回はこのカメラを持ち、駒込にある「六義園」に行きました。 巣鴨駅からとことこお散歩をしながら六義園の近くまで。 知らない場所を歩くのは楽しいですね。 庭園にはレトロなお茶屋さんがあったり、老若男女楽しめるところでした。 毎日東京のせわしないところに...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]