【SONY】 カメラと旅を。 Ⅴ | THE MAP TIMES 
Select Language



【SONY】 カメラと旅を。 Ⅴ

[ Category:SONY|掲載日時:2019年03月29日 11時00分]



カメラと旅を。第5弾
今回は台湾の風景に合わせて、私の旅行のお供α5100+E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSSを使った写真をお届けいたします。


α5100+E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS


焦点距離:16mm 絞り:F3.5 シャッタースピード:1/125秒 ISO:3200

台湾に訪れたのは一昨年の丁度今頃。
天気は曇りだったり雨だったりとあまり青空は拝めなかった気がします。
雨に濡れないように上着で隠しながら持ち歩き。
とても軽く小さいのでなんなく上着の中に入ります。


α5100+E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS


焦点距離:17mm 絞り:F4.5 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100



α5100+E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS


焦点距離:17mm 絞り:F5 シャッタースピード:1/80秒 ISO:100




こちらは忠烈祠の衛兵交代式。
1時間毎に行われる衛兵の交替式が有名です。
足踏みと銃さばきに見入ってしまいました。
2枚ともしゃがみながらタッチシャッターを用いて撮影しています。
タッチをするとすぐにシャッターが切れます。
人物に綺麗にピントが合い、動きのある写真が撮れました。

α5100+E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS


焦点距離:16mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/60秒 ISO:6400


α5100+E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS


焦点距離:23mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/60秒 ISO:500



十分の天燈上げ。
願い事を書いて、線路の上で飛ばしてきました。
ちょうど願い事を書いていた時、笛が鳴り響き「線路から離れてください」と
すれすれのところを電車か通っていきました。
夜の撮影なので設定が分からず、プレミアムオートを使いおまかせでパシャリ。少しぶれた感じがありますが、これはこれで味がある。


α5100+E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS

焦点距離:16mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/160秒 ISO:800



α5100+E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS


焦点距離:16mm 絞り:F3.5 シャッタースピード:1/80秒 ISO:3200




九份へ
夜は混んでいてとても歩けないとのことで朝早くに行ってきました。まだほとんどのお店が開いておらず神秘的な場所が作り出されていました。


α5100+E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS


焦点距離:30mm 絞り:F5 シャッタースピード:1/60秒 ISO:200


急な坂道が多く、疲れたのでお茶屋さんへ。
ジャバジャバとお茶を零しながら注ぐスタイルに引き気味になりながらもお茶の香りと緑色の落雁のようなお菓子にほっこり。


α5100+E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS


焦点距離:20mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/160秒 ISO:500


犬が坂の上から駆け下りてきました。
急いで構えますがここで使えるのがタッチシャッター。
画面の犬を指でタッチすればシャッターがきれます。
犬目線に撮影したい場合、180度チルト式のバックモニターを 瞬時に上げこのような撮影が可能です。


α5100+E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS


焦点距離:25mm 絞り:F4.5 シャッタースピード:1/125秒 ISO:3200




初心者向けな設計でレンズ内光学式手ブレ補正機能搭載。
とても簡単にボケも演出でき、軽く小型なので上下左右に構えやすい。撮り逃がしも少なく旅行にぴったり。
他のカメラも使いますが、長期旅行になると、このコンパクトが重要になってまいります。

次回はOLYMPUSを片手に国内のとある島をおとどけいたします。















マップカメラのご案内


〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓


[ Category:SONY|掲載日時:2019年03月29日 11時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【増税前にデビュー】スーパーマクロレンズの世界 【増税前にデビュー】スーパーマクロレンズの世界 2019年09月16日
今回は、スーパーマクロレンズにデビューしてみました。 上の写真は皆さんも日頃から目にしている「ある物」をクローズアップして撮影したものです。 何を撮影したものか分かりますでしょうか。 その「ある物」とは、ボールペン(0.5mm)です。 比較用に等倍撮影が可能なフルサイズ対応、標準マクロレンズで撮影してみます。 SONY α7III + SONY FE 50mm F2.8 Macro 次は今回の撮影に使用する最大倍率4.5:1のマクロレンズ 中一光学 「FREEWALKER 20mm F2 SUPER MACRO 4-4.5:1」(最短撮影距離は約...
続きを読む
雨色景色Vol8 【増税前にデビュー】雨色景色Vol8【SONY】 2019年09月13日
ご無沙汰しております。 雨男です。 暑い暑い夏もようやく落ち着き始めてきました。 すこしひんやりとする秋めいた風が肌に触れると夏の終わりを感じるのは筆者だけでしょうか。 本日は令和になって初めての中秋の名月。 そんな中、今回の雨色景色は末広がりの8回目。 使用機材はα7IIIと先月末に発売したばかりのFE 35mm F1.8で撮影を行って参りました。 筆者は雨男なため、友人や会社の有志などで写真を一緒に撮りに行くと大概、雨が降ります。 すごく迷惑ですね・・・。 ...
続きを読む
【SONY】純喫茶動画デビュー 【増税前にデビュー】純喫茶で動画に挑戦 2019年09月09日
SONY α7R - KIPON CONTAX G - Biogon 21mm F2.8 暑さがようやくひいた頃になってきました。 私は今まで、静止画しか撮影してきませんでしたが、 写真の撮影も行いながら、今回は動画にも挑戦してみました。 4年前からお邪魔している喫茶店に許可を頂いて、撮影しました。 SONY α7RIII - FE 100mm F2.8 GM STF とてもレトロな喫茶店で、某アニメ映画の聖地にもなっています。 土日はとても混雑していますので、平日の午前中にのんびりするのが一番好きです。 SONY α7 - KI...
続きを読む
【SONY】α7Rシリーズを振り返る α7RII編 【SONY】α7Rシリーズを振り返る α7RII編 2019年09月01日
9月6日に発売が迫るα7Rシリーズの最新機種α7RIV。 α7Rのシリーズは高解像度機のα7シリーズとして初代、II、IIIと第3代まで歴史を重ねて来ました。同シリーズバージョンとしてベーシックモデルのα7シリーズ、高感度モデルのα7Sシリーズがラインナップされています。そして新世代のα7Rシリーズとして9月6日にα7RIVが登場します。 待望の第4世代の発売を前に、α7Rシリーズの歴史を振り返っていきます。第2回目はボディ構造を大幅に進化させたα7RIIに迫ります。 α7RIIが発売されたのが2015...
続きを読む
α7RIII+TAMRON 35-150mm F2.8-4 【私のお気に入り】ひまわりの咲く頃に。 2019年08月31日
おもちゃが動き回る映画の最新作が出たので前作のおさらいをしたら 涙腺が脆くなってきたことを実感しました。 こんにちは、お年頃です。 もうじき夏が終わる。 家を出る時に涼しい風が吹いてきて、 まだ聞こえてくる蝉の鳴き声もただ、名残りのように感じた八月の終わり。 夏のあいだにどうしても見たかった向日葵と海。 ギリギリになって観に行く事が叶いました。 これはその思い出の一節です。 向日葵は明野の向日葵を観に行ってきました。 メイン会場は既に枯れてしまっていましたが...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]