【SONY】 カメラと旅を。 Ⅴ | THE MAP TIMES 
Select Language



【SONY】 カメラと旅を。 Ⅴ

[ Category:SONY|掲載日時:2019年03月29日 11時00分]



カメラと旅を。第5弾
今回は台湾の風景に合わせて、私の旅行のお供α5100+E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSSを使った写真をお届けいたします。


α5100+E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS


焦点距離:16mm 絞り:F3.5 シャッタースピード:1/125秒 ISO:3200

台湾に訪れたのは一昨年の丁度今頃。
天気は曇りだったり雨だったりとあまり青空は拝めなかった気がします。
雨に濡れないように上着で隠しながら持ち歩き。
とても軽く小さいのでなんなく上着の中に入ります。


α5100+E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS


焦点距離:17mm 絞り:F4.5 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100



α5100+E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS


焦点距離:17mm 絞り:F5 シャッタースピード:1/80秒 ISO:100




こちらは忠烈祠の衛兵交代式。
1時間毎に行われる衛兵の交替式が有名です。
足踏みと銃さばきに見入ってしまいました。
2枚ともしゃがみながらタッチシャッターを用いて撮影しています。
タッチをするとすぐにシャッターが切れます。
人物に綺麗にピントが合い、動きのある写真が撮れました。

α5100+E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS


焦点距離:16mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/60秒 ISO:6400


α5100+E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS


焦点距離:23mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/60秒 ISO:500



十分の天燈上げ。
願い事を書いて、線路の上で飛ばしてきました。
ちょうど願い事を書いていた時、笛が鳴り響き「線路から離れてください」と
すれすれのところを電車か通っていきました。
夜の撮影なので設定が分からず、プレミアムオートを使いおまかせでパシャリ。少しぶれた感じがありますが、これはこれで味がある。


α5100+E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS

焦点距離:16mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/160秒 ISO:800



α5100+E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS


焦点距離:16mm 絞り:F3.5 シャッタースピード:1/80秒 ISO:3200




九份へ
夜は混んでいてとても歩けないとのことで朝早くに行ってきました。まだほとんどのお店が開いておらず神秘的な場所が作り出されていました。


α5100+E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS


焦点距離:30mm 絞り:F5 シャッタースピード:1/60秒 ISO:200


急な坂道が多く、疲れたのでお茶屋さんへ。
ジャバジャバとお茶を零しながら注ぐスタイルに引き気味になりながらもお茶の香りと緑色の落雁のようなお菓子にほっこり。


α5100+E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS


焦点距離:20mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/160秒 ISO:500


犬が坂の上から駆け下りてきました。
急いで構えますがここで使えるのがタッチシャッター。
画面の犬を指でタッチすればシャッターがきれます。
犬目線に撮影したい場合、180度チルト式のバックモニターを 瞬時に上げこのような撮影が可能です。


α5100+E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS


焦点距離:25mm 絞り:F4.5 シャッタースピード:1/125秒 ISO:3200




初心者向けな設計でレンズ内光学式手ブレ補正機能搭載。
とても簡単にボケも演出でき、軽く小型なので上下左右に構えやすい。撮り逃がしも少なく旅行にぴったり。
他のカメラも使いますが、長期旅行になると、このコンパクトが重要になってまいります。

次回はOLYMPUSを片手に国内のとある島をおとどけいたします。















マップカメラのご案内


〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓


[ Category:SONY|掲載日時:2019年03月29日 11時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【SONY】遂に始動!驚愕の動物リアルタイム瞳AFの実力!(実写作例多数掲載) 【SONY】遂に始動!驚愕の動物リアルタイム瞳AFの実力!(実写作例多数掲載) 2019年04月19日
SONY α7III(動物リアルタイム瞳AF) + SEL100400GM 2019年4月11日 α9に続いてα7RIII、α7IIIの大規模アップデートが実施されました。 今回のアップデートでは初めて動物を対象にしたリアルタイム瞳AFが搭載されました。 ペットを飼っている方は待望の機能、待っていた方も多かったと思います。 実際の使い勝手はどうなのか? 本当に瞳にAFが合うようになるのか? そんな疑問にお答えすべく、今回は動物リアルタイム瞳AFにスポットを当てて行きたいと思います。 筆者はロングコートチワワ(白)...
続きを読む
【SONY】RX0 II「手のひらサイズの本格派4Kカメラ」 【SONY】RX0 II「手のひらサイズの本格派4Kカメラ」 2019年04月14日
手のひらサイズの1.0型センサー搭載カメラ「RX0」が更に進化してII型として新登場しました。 今回撮影した映像(4K再生可能です) 撮影設定:PP7「S-Gamut/S-Log2」/ATOMOS SHOGUN収録 カラーグレーディング済み 新たに可動式液晶・4K動画の本体内記録・電子手振れ補正などに対応。外観レビューや使い方は既にメーカーサイトや様々なメディアで取り上げられているので、今回はRX0 IIの4K性能を最大限引き出すべく、外部レコーダーを使用して4Kのテスト撮影を行いました。 小型が魅力のカメラで外部収録を...
続きを読む
【SONY】遂にリリース!α7IIIとα7RIIIに動物対応 瞳AF 【SONY】遂にリリース!α7IIIとα7RIIIに動物対応 瞳AF 2019年04月11日
遂に動物瞳AFのファームウェア“Ver.3.0”がリリースされました!今回の対応機種はα7IIIとα7RIII。他にも性能や操作が向上した点など本ブログで説明いたします。 瞳AFの動物対応 犬・猫・その他一部の動物 瞳を検出してピントを合わせ続ける「リアルタイム瞳AF」が動物にも対応しました。犬・猫の他に一部の動物に対応したとのことですが、おそらく顔のパターンが似ていれば反応するのではないかと思われます。ちなみにサンプル資料の中にはキツネの写真もありま...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】春風を追いかけて 【新元号令和、平成を振り返る】春風を追いかけて 2019年04月09日
α7RIII + MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 1/2000 F2.5 ISO100 マップタイムズをご覧の皆様、写真楽しまれていますか? やっとこさ寒さもひと段落つき、暖かくなって来た事でヘリコイドもスムーズに回るようになってきました。良い季節です。 どういうこっちゃ?という方へ向けて一応解説をしておくと、MFレンズは気温でヘリコイドグリスの粘性が変わってしまうので、トルク感が季節によって変わってしまうわけです…。仕方のない事ですし、多少なりとも不便な事に変わりはないんですが、こんなとこ...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】渋谷を見上げて 【新元号令和、平成を振り返る】渋谷を見上げて 2019年04月08日
焦点距離:35mm 絞り:F2 シャッタースピード:1/2000秒 ISO:100 あと、数週間で平成が終わる。 約31年間、数多のカメラが登場しました。 その中の1台。ずっと前から気になっているカメラが私にはありました。そのカメラの名は「DSC-RX1R」 小型ボディにフルサイズセンサーを搭載。 解像度をさらに高めるローパスフィルターレス仕様。 有効約2430万画素。 カールツァイス「ゾナーT*」35mm F2 単焦点レンズ。 フルサイズコンパクトという新たなカテゴリーを生み...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]