【SONY】 カメラと旅を。 Ⅴ | THE MAP TIMES 
Select Language



【SONY】 カメラと旅を。 Ⅴ

[ Category:SONY|掲載日時:2019年03月29日 11時00分]



カメラと旅を。第5弾
今回は台湾の風景に合わせて、私の旅行のお供α5100+E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSSを使った写真をお届けいたします。


α5100+E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS


焦点距離:16mm 絞り:F3.5 シャッタースピード:1/125秒 ISO:3200

台湾に訪れたのは一昨年の丁度今頃。
天気は曇りだったり雨だったりとあまり青空は拝めなかった気がします。
雨に濡れないように上着で隠しながら持ち歩き。
とても軽く小さいのでなんなく上着の中に入ります。


α5100+E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS


焦点距離:17mm 絞り:F4.5 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100



α5100+E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS


焦点距離:17mm 絞り:F5 シャッタースピード:1/80秒 ISO:100




こちらは忠烈祠の衛兵交代式。
1時間毎に行われる衛兵の交替式が有名です。
足踏みと銃さばきに見入ってしまいました。
2枚ともしゃがみながらタッチシャッターを用いて撮影しています。
タッチをするとすぐにシャッターが切れます。
人物に綺麗にピントが合い、動きのある写真が撮れました。

α5100+E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS


焦点距離:16mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/60秒 ISO:6400


α5100+E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS


焦点距離:23mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/60秒 ISO:500



十分の天燈上げ。
願い事を書いて、線路の上で飛ばしてきました。
ちょうど願い事を書いていた時、笛が鳴り響き「線路から離れてください」と
すれすれのところを電車か通っていきました。
夜の撮影なので設定が分からず、プレミアムオートを使いおまかせでパシャリ。少しぶれた感じがありますが、これはこれで味がある。


α5100+E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS

焦点距離:16mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/160秒 ISO:800



α5100+E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS


焦点距離:16mm 絞り:F3.5 シャッタースピード:1/80秒 ISO:3200




九份へ
夜は混んでいてとても歩けないとのことで朝早くに行ってきました。まだほとんどのお店が開いておらず神秘的な場所が作り出されていました。


α5100+E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS


焦点距離:30mm 絞り:F5 シャッタースピード:1/60秒 ISO:200


急な坂道が多く、疲れたのでお茶屋さんへ。
ジャバジャバとお茶を零しながら注ぐスタイルに引き気味になりながらもお茶の香りと緑色の落雁のようなお菓子にほっこり。


α5100+E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS


焦点距離:20mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/160秒 ISO:500


犬が坂の上から駆け下りてきました。
急いで構えますがここで使えるのがタッチシャッター。
画面の犬を指でタッチすればシャッターがきれます。
犬目線に撮影したい場合、180度チルト式のバックモニターを 瞬時に上げこのような撮影が可能です。


α5100+E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS


焦点距離:25mm 絞り:F4.5 シャッタースピード:1/125秒 ISO:3200




初心者向けな設計でレンズ内光学式手ブレ補正機能搭載。
とても簡単にボケも演出でき、軽く小型なので上下左右に構えやすい。撮り逃がしも少なく旅行にぴったり。
他のカメラも使いますが、長期旅行になると、このコンパクトが重要になってまいります。

次回はOLYMPUSを片手に国内のとある島をおとどけいたします。















マップカメラのご案内


〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓


[ Category:SONY|掲載日時:2019年03月29日 11時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【写真を楽しむ6月】九十九神と旅を 【写真を楽しむ6月】九十九神と旅を 2019年06月25日
【写真を楽しむ6月】と言うタイトルで連載しておりますブログ、本日は私スタッフEがお送りいたします。 突然ですが皆様、「トランスルーセントミラーテクノロジー」をご存知でしょうか? 古くはキヤノンのペリックスなどにも採用されていた透過ミラーを使用し、入射光を撮像センサーと専用位相差AFセンサーの両方に導くという画期的なシステムです。 今回はその技術を搭載し、時代を先取りした名機である「SONY α99Ⅱ」に「Vario-Sonnar T*24-70mm F2.8 ZA SSM SAL2470Z」をマウントして、福島県へ旅に行...
続きを読む
ヴィンテージカメラ mickey35を使ってみた 【SONY】待望の動物対応 瞳AFがα6400に実装されました! 2019年06月13日
本日、α6400ユーザーが待ちに待った動物対応 瞳AFのファームウェアが公開されました! アップデートはコチラから!(ソニー公式サイト) ご自宅で簡単にアップデートが可能です。 α7RIII、α7IIIで先行搭載され、話題の新機能が遂にα6400にも搭載! フルサイズ機に比べると手軽で使いやすいエントリー機 α6400に対応したことで、今まで以上に気軽に動物対応瞳AFを楽しめるようになりました。 使い方はいたってシンプル! 動物に向かってシャッターを半押しするだけで簡単に瞳にピントが合っ...
続きを読む
ポピーに魅せられて 【写真を楽しむ6月】ポピーに魅せられて 2019年06月10日
α7III + FE24-105mm F4G OSS + ND8 91mm | F5.6 | 1/6 | ISO100 ポピーに魅せられて 暑い日が続いた5月後半、日中は撮影への集中力が続かない為、早朝に撮れる被写体を探しました。 筆者はインターネットで被写体を探したり、グーグルマップでのロケハンをしばしば行いますが、 今回見つけた被写体は、「早朝のポピー」でした。陽が高くなる前なら動きやすいと、休みの日に早速撮影地へ出向きました。 α7III + MC-11 + Art135mm F1.8 DG HSM(キヤノンEF) 135mm | F3.5 | 1/60 | IS...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】動物瞳AFを愉しむ 【写真を楽しむ6月】動物瞳AFを愉しむ 2019年06月01日
先日のファームアップで待望の「動物対応瞳AF」が実装された、ソニー「α7III / α7RIII」。 今回は「α7RIII」に「FE 24-70mm F2.8 GM SEL2470GM」を装着し、その実力を体感すべく、いざ動物園へ。 先ずは、腹ごしらえから。 赤い瞳ではなく、いくらが零れ落ちるボリューム。 うねうねとした角にインパクトのある動物と目が合います。 「ブラックバック」というそうです。 てっきりシカの仲間かと思いきや、ウシ科に属するそう。 動物の分類も奥が深いなと変なところに感心したりします。 ...
続きを読む
【SONY】雨ニモマケズ、風ニモマケズ。 【SONY】雨ニモマケズ、風ニモマケズ。 2019年05月27日
焦点距離:24mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/400秒 ISO:125 我々、カメラ好きにとって毎年やってくる憂鬱な季節。 【梅雨】 豊かな四季を誇る日本にとって、植物への恵となる雨・・・。わかってはいるのですが、如何せん湿気は機材の大敵であり、せっかくの休日に撮影に行こうと考えていても天気は生憎の【雨】。 生まれつきの出不精な私にとっては、家にこもりっぱなしにもなりがちな季節。 【梅雨】 ジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]