フォトローグ20xx 〜桜咲く頃〜 | THE MAP TIMES 
Select Language



フォトローグ20xx 〜桜咲く頃〜

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2019年03月30日 10時30分]






OLYMPUS PEN E-P3
2015年、春、広島


「時の流れは早い」
取引先様との商談などで忙しく過ごす毎日の中にあって、このようなことを考える瞬間が最近多くなりました。
世間の喧噪に呑まれているのか、ただ単に自らが歳を重ねたからなのか。

ともに歩んできた平成という時代が、本当に終わってしまう。
そのようなことを考えると、名残惜しさが込み上げてきます。


OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
2019年、春、東京


そんな名残惜しい思いに、そっと手を差し伸べてくれる今年の桜。
今改めて思うと、立ち止まりそうな時、桜に導かれるように歩みを進めてきました。
変わるものと変わらないものが、良くも悪くも沢山溢れる人生。前に進む勇気をいつも与えてくれる大切な存在です。



OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
2019年、春、東京・清水門


この記事を書いていて、ふと思い出したことがありました。
4年前の2015年3月30日。居酒屋で友人と会話した記憶。

「俺、東京に行くかもしれん」「カメラ屋の面接受けるんよ」

その翌日臨んだのが、何を隠そうマップカメラ。
故郷の九州から出たことも無く、とにかく不安でいっぱいだったあの頃。
飛び出る原動力を与えてくれた、あの春と桜に、ただただ感謝です。



OLYMPUS OM-D E-M1
2015年、春、東京・日本橋




OLYMPUS OM-D E-M1
2016年、春、九段下



SONY α7II
2017年、春、三宅坂




SONY α7II
2017年、春、千鳥ヶ淵



OLYMPUS OM-D E-M1
2018年、春、千鳥ヶ淵



OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
2019年、春、北の丸公園


日常に追われながら、戻ることが許されない道を歩く毎日。
その一つ一つの歩みを、歩幅は小さくても意味あるものにしたい。

桜咲く頃、皆様にとっての大切な一歩が生まれますように。






迷いは永遠、チャンスは瞬間

カメラは持ち運んでナンボ。
レンズを含めた小型軽量が強みのマイクロフォーサーズ。
日常の記録から作品作りまでこなせるバランスの良さは、
他社システムにはないオススメポイント。






















〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2019年03月30日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

空を印刷 【写真を楽しむ6月】空を印刷 2019年06月19日
FUJIFILM X100F -今月の空- 6月は梅雨の季節。 防塵防滴のカメラも増え、雨の日でも写真を楽しめる現代ですが、 それでもやはり雨の日は撮影に出かけるのは控えてしまいます。 そんな6月に写真を楽しむ方法のひとつとして、 今までご自身で撮った写真を振り返り、お気に入りの写真を選別・印刷し、 まとめてみることはいかがでしょうか。 私は、毎日の空をFUJIFILM X100Fで撮って楽しんでいます。 今回このブログを書くために、1年間撮り続けた空の写真を整理・選別してみました。 そして...
続きを読む
イメージです 【写真を楽しむ6月】ローライ持って出かけよう! 2019年06月18日
ある日、棚を開けたらローライフレックスが出てきたとします。 「棚からローライ」……出たらいいなぁ… ……なんて願望はともかく、幸運にも二眼レフカメラの雄 ローライフレックスを手に入れることに成功した貴方は、いざ撮影に出かけようとして大変な事に気がつきます。 そう、ストラップがない!! ローライフレックスのほとんどのモデルで、ストラップ取付部が下の写真のような形状になっています。(ローライコードのシリーズは異なります。) 真ん中に心棒が入っているため、通常のスト...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 2019年06月17日
とある平日の午後。東京都東村山市にある北山公園菖蒲苑に行きました。 北山公園菖蒲苑は東村山駅から徒歩で20分ほど。八国山緑地を背景にした自然公園です。 毎年6月上旬から中旬にかけ、300種、8,000株の花菖蒲が開花し、新東京百景にも選ばれています。 この日、首から下げたのは、OLYMPUS OM-4TiとE.ZUIKO AUTO-T 100mm F2.8の組み合わせ。 コンパクトなボディとレンズは、動き回る撮影にぴったりです。 OM-4Tiは1986年に発売され、電子制御布幕横走りフォーカルプレーンシャッターを持...
続きを読む
紫陽花を見上げる 【写真を楽しむ6月】紫陽花を見上げる 2019年06月16日
手に入れてすぐ、 これはめいっぱい楽しむには一脚必須! と確信した RICOH THETA SC。 今後の様々な撮影シーンを見据え、 小さな三脚付きの一脚を購入し、 紫陽花を見に出かけた際に連れていきました。 たくさんの品種が植えられており、 満開時にはそれは美しいようなのですが、まだ見頃はこれからというところ。 現在は、白と緑が上品なアナベルがとてもきれいに咲いていました。 これがやりたかった、中から! まるでこびとになった気分です。 手持ちではできません...
続きを読む
null 【写真を楽しむ6月】Tokyo Reflection 2019年06月15日
  筆者は昔から、建物のガラスなどに「反射した光」に惹かれ、 気が付けばカメラを向けていることが多くありました。 梅雨に入り、曇りがちの天気が続いております。 晴天のようなドラマチックな光線状態は望めません。 そんな中、「反射した光=Reflection」をテーマに最近撮影した写真を集めてみました。 東京タワーは昔から好きな被写体です。 普通に撮影すると平凡になってしまうため、ビルのガラスに反射する姿を狙ってみました。 道端の道路標識が、車のヘッドライトに照らさ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]