フォトローグ20xx 〜桜咲く頃〜 | THE MAP TIMES 
Select Language



フォトローグ20xx 〜桜咲く頃〜

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2019年03月30日 10時30分]






OLYMPUS PEN E-P3
2015年、春、広島


「時の流れは早い」
取引先様との商談などで忙しく過ごす毎日の中にあって、このようなことを考える瞬間が最近多くなりました。
世間の喧噪に呑まれているのか、ただ単に自らが歳を重ねたからなのか。

ともに歩んできた平成という時代が、本当に終わってしまう。
そのようなことを考えると、名残惜しさが込み上げてきます。


OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
2019年、春、東京


そんな名残惜しい思いに、そっと手を差し伸べてくれる今年の桜。
今改めて思うと、立ち止まりそうな時、桜に導かれるように歩みを進めてきました。
変わるものと変わらないものが、良くも悪くも沢山溢れる人生。前に進む勇気をいつも与えてくれる大切な存在です。



OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
2019年、春、東京・清水門


この記事を書いていて、ふと思い出したことがありました。
4年前の2015年3月30日。居酒屋で友人と会話した記憶。

「俺、東京に行くかもしれん」「カメラ屋の面接受けるんよ」

その翌日臨んだのが、何を隠そうマップカメラ。
故郷の九州から出たことも無く、とにかく不安でいっぱいだったあの頃。
飛び出る原動力を与えてくれた、あの春と桜に、ただただ感謝です。



OLYMPUS OM-D E-M1
2015年、春、東京・日本橋




OLYMPUS OM-D E-M1
2016年、春、九段下



SONY α7II
2017年、春、三宅坂




SONY α7II
2017年、春、千鳥ヶ淵



OLYMPUS OM-D E-M1
2018年、春、千鳥ヶ淵



OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
2019年、春、北の丸公園


日常に追われながら、戻ることが許されない道を歩く毎日。
その一つ一つの歩みを、歩幅は小さくても意味あるものにしたい。

桜咲く頃、皆様にとっての大切な一歩が生まれますように。






迷いは永遠、チャンスは瞬間

カメラは持ち運んでナンボ。
レンズを含めた小型軽量が強みのマイクロフォーサーズ。
日常の記録から作品作りまでこなせるバランスの良さは、
他社システムにはないオススメポイント。






















〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2019年03月30日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【OLYMPUS】ほぼ一択の望遠レンズ 【OLYMPUS】ほぼ一択の望遠レンズ 2019年05月11日
今回ご紹介するのは、 オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROです。 他社のフルサイズ機やAPS-Cサイズのシステムで、 普及タイプ以外の望遠ズームを探してみると、 70-200mm F2.8、70-200mm F4、70-300mm、100(80)-400mmなど、多くの選択肢があります。 しかしながら、オリンパスの望遠レンズはシステムのコンパクトさゆえ、 購入時も、使用時も、レンズ選びに迷う必要がほぼありません。 筆者は、このレンズを使うためにオリンパスを選んだといっても過言ではありませんでした。 使用...
続きを読む
M.ZUIKO DIGIAL 30mm F3.5 Macro 【OLYMPUS】どこでもマクロ 2019年05月09日
令和が始まり、約1週間が経ちました。 季節も5月と過ごし易い時期で、 写真を撮りに出掛けたくなるかと思います。 そう言った時、持ち出すレンズは 標準ズームレンズや標準単焦点レンズが多いかもしれません。 しかし、こちらのレンズを使って見るのも良いかもしれません。 「M.ZUIKO DIGIAL 30mm F3.5 Macro」 コンパクトなマクロレンズはとても使いやすく便利で面白いレンズです。 1/200秒 F8 ISO 200 小枝の幹の分かれ目を一枚。 普通に見ているとただの小枝ですが、レンズ越しですと ...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】魅惑のE-1 【新元号令和、平成を振り返る】魅惑のE-1 2019年04月29日
平成が終わるまであと一日。久しぶりに写真を見返しながらどんなカメラで撮っているかを見ていると、 今でも年に1回か2回必ずオリンパスのE-1で撮影していることに気が付いた。 オリンパス E-1が発売されたのが2003年。今から15年以上前のことである。自身が手に入れたのは2012年なので、その当時でもかなり古い機種であった。 E-1自体は何度も手に取っていたが、後継のE-3、および2012年当時のフォーサーズフラッグシップのE-5と比べるとセンサーも500万画素と少なく、CAMEDIAシリーズから受け...
続きを読む
null 【新元号令和、平成を振り返る】フォトキナ2008とマイクロフォーサーズ 2019年04月13日
今から遡ること、10年半ほど前。 既にカメラ業界に足を踏み入れていた私は「フォトキナ2008」を視察する機会を得たのでした。 ちなみに、撮影機材は「リコー R8」です。 フォトキナ直前に、パナソニックからマイクロフォーサーズ企画のデジタル一眼カメラ「LUMIX DMC-G1」が発表され 言わばミラーレス創生のタイミングであった訳ですが、市場的にはライブビュー専用機に懐疑的な見方がされ 小型で女性に受けるかなという程度の感覚で見られている方が多かったように思います。 「ミラーレス」...
続きを読む
OM-D E-M1 Mark II 【新元号令和、平成を振り返る】平成最後の桜とともに平成のカメラの進化を振り返る 2019年04月12日
ここ数年、桜の咲く時期はなぜか多忙なことが多く、 「今年は桜の写真は1枚も撮らなかった」という年も多くありました。 今年の春は、「平成最後」という、少し格別な思いがあるせいか、 桜の写真を撮る機会をいつもより持つことができました。 筆者は、昭和の終わり、高校生の頃に写真を撮り始めました。 当時、フイルムカメラ(キヤノン A-1)で、1枚1枚、丁寧に撮っていたことを思い出します。 そんな中、平成のカメラの歴史について思いをめぐらしていて、 あることに気がつき...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]