ALPA in Wonderland | THE MAP TIMES 
Select Language



ALPA in Wonderland

[ Category:etc.|掲載日時:2019年05月24日 10時30分]


Alpar 50mm f2.9




この度私が紹介させていただくのは【Alpa Reflex II】です。





Alpar 50mm f2.9



正面から





はじめに、アルパとは。
スイスの時計部品メーカー、ピニオン社製のカメラ。
レンズは他社から供給を受けていました。
【アルパ】のカメラは多くの種類がありますが、
この度私が使いますのは【アルパフレックス】のII型、前期モデルにあたります。


Alpar 50mm f2.9



Alpar 50mm f2.9







左から巻戻ノブ、シャッタースピードダイアル、巻上ノブ





まずはこのカメラの機械的な仕組みの説明から。
鉄板削り出しの文字どおり重厚な造りのボディ。
シャッタースピードは大陸式ダイアルで1/1000~1秒にバルブを加えた仕様。
シャッター幕は横走りの布幕方式です。
ファインダーは中判カメラではおなじみの上から覗いてピント合わせをするウェストレベル方式。
併せて横から覗いてふたつの像を合わせるレンジファインダー方式を搭載。
当時のカメラ技術が注ぎ込まれたハイブリットモデルです。
初期型は距離計連動の仕組みがウェストレベルを透過していたため、ファインダーとして使いづらかったようで、
II型にして両ファインダー方式が確立されています。
アルパの中ではこのモデルが比較的によく売れたといわれるのもうなずける完成度です。



ウェストレベルファインダーと収納式ルーペ



ライカのようにバルナックタイプからM型、R型への変遷がスタンダードだとすると、非常にユニークな進化です。







Alpar 50mm f2.9




Alpar 50mm f2.9





巻戻ノブとシャッタースピードダイアル




さすがスイス製と言いましょうか。
フイルムを巻き上げる時やシャッターを切った時にボディから伝わってくる
歯車の精密な振動や音が心地よく、なんとも癖になりそうです。
またシャッターレリーズは少し重めですが、ミラーショックや大きなシャッター音が発生しないのがうれしいです。
このカメラが作られて半世紀経った今でもある程度の正確性を保っているのも驚愕ものです。



Alpar 50mm f2.9




Alpar 50mm f2.9



アルミ鏡胴と低速切替レバー



レンズは【Alpar 50mm f2.9】です。
旧アルパマウントですが、現存数が少ないらしく私が好きな35mmを探していますが、見つかっていません。
マウント部から鏡胴部まですべて削り出しアルミ製で、本当に写るのか疑いたくなるような軽さが特徴です。

なお距離計連動するのはこの標準レンズだけらしいので、どうやらこのレンズとは長い付き合いになりそうです。





Alpar 50mm f2.9





Alpar 50mm f2.9




晴れた日中で撮るとその低コントラストで淡い色合いが顕著に現れます。
私のお気に入りのカラーネガを使い暗所を写すとご覧のように。

撮るたびにその表情を変え仕上がりが全く読めないこの面白さがたまりません。
この不思議な世界を描く為にカラーネガを詰めています。

モノクロで撮った写真もありますが、それはまた機会がございましたら。




Alpar 50mm f2.9





Alpar 50mm f2.9





この個体の全体的な整備不足と私の至らぬ腕前も相まって譲り受けて間もない頃は
カメラとしてまともに使えたものではありませんでした。
しかし撮っては原因と向き合い、また撮っては向き合いを繰り返した甲斐もあってか
現在では徐々にその調子を取り戻しつつあります。
内部劣化や経年変化など取り返しがつかない箇所も含めクラシックカメラの楽しみのひとつなのかもしれません。



沈胴させてコンパクトに




Alpar 50mm f2.9




それではこの度はこれにて。またの機会に。



Alpar 50mm f2.9





今回使用したフイルムはこちら。


















〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓




[ Category:etc.|掲載日時:2019年05月24日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

空を印刷 【写真を楽しむ6月】空を印刷 2019年06月19日
FUJIFILM X100F -今月の空- 6月は梅雨の季節。 防塵防滴のカメラも増え、雨の日でも写真を楽しめる現代ですが、 それでもやはり雨の日は撮影に出かけるのは控えてしまいます。 そんな6月に写真を楽しむ方法のひとつとして、 今までご自身で撮った写真を振り返り、お気に入りの写真を選別・印刷し、 まとめてみることはいかがでしょうか。 私は、毎日の空をFUJIFILM X100Fで撮って楽しんでいます。 今回このブログを書くために、1年間撮り続けた空の写真を整理・選別してみました。 そして...
続きを読む
イメージです 【写真を楽しむ6月】ローライ持って出かけよう! 2019年06月18日
ある日、棚を開けたらローライフレックスが出てきたとします。 「棚からローライ」……出たらいいなぁ… ……なんて願望はともかく、幸運にも二眼レフカメラの雄 ローライフレックスを手に入れることに成功した貴方は、いざ撮影に出かけようとして大変な事に気がつきます。 そう、ストラップがない!! ローライフレックスのほとんどのモデルで、ストラップ取付部が下の写真のような形状になっています。(ローライコードのシリーズは異なります。) 真ん中に心棒が入っているため、通常のスト...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 2019年06月17日
とある平日の午後。東京都東村山市にある北山公園菖蒲苑に行きました。 北山公園菖蒲苑は東村山駅から徒歩で20分ほど。八国山緑地を背景にした自然公園です。 毎年6月上旬から中旬にかけ、300種、8,000株の花菖蒲が開花し、新東京百景にも選ばれています。 この日、首から下げたのは、OLYMPUS OM-4TiとE.ZUIKO AUTO-T 100mm F2.8の組み合わせ。 コンパクトなボディとレンズは、動き回る撮影にぴったりです。 OM-4Tiは1986年に発売され、電子制御布幕横走りフォーカルプレーンシャッターを持...
続きを読む
紫陽花を見上げる 【写真を楽しむ6月】紫陽花を見上げる 2019年06月16日
手に入れてすぐ、 これはめいっぱい楽しむには一脚必須! と確信した RICOH THETA SC。 今後の様々な撮影シーンを見据え、 小さな三脚付きの一脚を購入し、 紫陽花を見に出かけた際に連れていきました。 たくさんの品種が植えられており、 満開時にはそれは美しいようなのですが、まだ見頃はこれからというところ。 現在は、白と緑が上品なアナベルがとてもきれいに咲いていました。 これがやりたかった、中から! まるでこびとになった気分です。 手持ちではできません...
続きを読む
null 【写真を楽しむ6月】Tokyo Reflection 2019年06月15日
  筆者は昔から、建物のガラスなどに「反射した光」に惹かれ、 気が付けばカメラを向けていることが多くありました。 梅雨に入り、曇りがちの天気が続いております。 晴天のようなドラマチックな光線状態は望めません。 そんな中、「反射した光=Reflection」をテーマに最近撮影した写真を集めてみました。 東京タワーは昔から好きな被写体です。 普通に撮影すると平凡になってしまうため、ビルのガラスに反射する姿を狙ってみました。 道端の道路標識が、車のヘッドライトに照らさ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]