ALPA in Wonderland | THE MAP TIMES //該当の要素を削除する $(this).remove(); }); });  ALPA in Wonderland | THE MAP TIMES
Select Language

ALPA in Wonderland

[ Category: etc.|掲載日時:2019年05月24日 10時30分]

Alpar 50mm f2.9




この度私が紹介させていただくのは【Alpa Reflex II】です。





Alpar 50mm f2.9



正面から





はじめに、アルパとは。
スイスの時計部品メーカー、ピニオン社製のカメラ。
レンズは他社から供給を受けていました。
【アルパ】のカメラは多くの種類がありますが、
この度私が使いますのは【アルパフレックス】のII型、前期モデルにあたります。


Alpar 50mm f2.9



Alpar 50mm f2.9







左から巻戻ノブ、シャッタースピードダイアル、巻上ノブ





まずはこのカメラの機械的な仕組みの説明から。
鉄板削り出しの文字どおり重厚な造りのボディ。
シャッタースピードは大陸式ダイアルで1/1000~1秒にバルブを加えた仕様。
シャッター幕は横走りの布幕方式です。
ファインダーは中判カメラではおなじみの上から覗いてピント合わせをするウェストレベル方式。
併せて横から覗いてふたつの像を合わせるレンジファインダー方式を搭載。
当時のカメラ技術が注ぎ込まれたハイブリットモデルです。
初期型は距離計連動の仕組みがウェストレベルを透過していたため、ファインダーとして使いづらかったようで、
II型にして両ファインダー方式が確立されています。
アルパの中ではこのモデルが比較的によく売れたといわれるのもうなずける完成度です。



ウェストレベルファインダーと収納式ルーペ



ライカのようにバルナックタイプからM型、R型への変遷がスタンダードだとすると、非常にユニークな進化です。







Alpar 50mm f2.9




Alpar 50mm f2.9





巻戻ノブとシャッタースピードダイアル




さすがスイス製と言いましょうか。
フイルムを巻き上げる時やシャッターを切った時にボディから伝わってくる
歯車の精密な振動や音が心地よく、なんとも癖になりそうです。
またシャッターレリーズは少し重めですが、ミラーショックや大きなシャッター音が発生しないのがうれしいです。
このカメラが作られて半世紀経った今でもある程度の正確性を保っているのも驚愕ものです。



Alpar 50mm f2.9




Alpar 50mm f2.9



アルミ鏡胴と低速切替レバー



レンズは【Alpar 50mm f2.9】です。
旧アルパマウントですが、現存数が少ないらしく私が好きな35mmを探していますが、見つかっていません。
マウント部から鏡胴部まですべて削り出しアルミ製で、本当に写るのか疑いたくなるような軽さが特徴です。

なお距離計連動するのはこの標準レンズだけらしいので、どうやらこのレンズとは長い付き合いになりそうです。





Alpar 50mm f2.9





Alpar 50mm f2.9




晴れた日中で撮るとその低コントラストで淡い色合いが顕著に現れます。
私のお気に入りのカラーネガを使い暗所を写すとご覧のように。

撮るたびにその表情を変え仕上がりが全く読めないこの面白さがたまりません。
この不思議な世界を描く為にカラーネガを詰めています。

モノクロで撮った写真もありますが、それはまた機会がございましたら。




Alpar 50mm f2.9





Alpar 50mm f2.9





この個体の全体的な整備不足と私の至らぬ腕前も相まって譲り受けて間もない頃は
カメラとしてまともに使えたものではありませんでした。
しかし撮っては原因と向き合い、また撮っては向き合いを繰り返した甲斐もあってか
現在では徐々にその調子を取り戻しつつあります。
内部劣化や経年変化など取り返しがつかない箇所も含めクラシックカメラの楽しみのひとつなのかもしれません。



沈胴させてコンパクトに




Alpar 50mm f2.9




それではこの度はこれにて。またの機会に。



Alpar 50mm f2.9





今回使用したフイルムはこちら。


















〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓




[ Category: etc.|掲載日時:2019年05月24日 10時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!21票


ぼくらのズミクロン日記

【Leica】ぼくらのズミクロン日記Vol.1 ~ズミクロンS100!~[2019年10月15日]

We are summicron!! この連載は、マップカメラライカブティックのスタッフそれぞれがズミクロンへの愛を語るものです。 1954年に発売され、その性能の高さと描写力で世界のレンズ設計の基準を引き上げたとすら言われるLeicaレンズのレジェンド、ズミクロン。 今ではライカMマウント以外にも、Rマウント、Lマウント、Sマウント等様々なズミクロンが存在します。 十人十色ならぬ十本十個性の色々なズミクロンに対し、様々な角度でスポットを当てていきたいと思います。 幕開けを飾る記事は、...
続きを読む
【SONY】早秋の汀にて。

【SONY】早秋の汀にて。[2019年10月14日]

SONY α7S+SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN 焦点距離:45mm 絞り:F6.3 シャッタースピード:1/200秒 ISO:100 「早秋の汀にて。」 暑さが一段落して、秋深まりつつある今日この頃…。皆様、いかがお過ごしでしょうか。筆者は北の生まれなもので、夏のうだるような暑さは苦手です。まだまだ残暑厳しい日もありますが、朝晩の風に秋の気配を感じつつあります。 ふと、「秋の海」というものに興味を持ちました。 海水浴客で賑わう夏の海とは少し違う、趣のある風景に出会うため...
続きを読む
null

【Nikon】おやひこさま参り×Z7[2019年10月13日]

   9月中頃、少し遅めの夏休みを頂きましてNikon Z7にZ24-70mm F2.8をつけて、新潟県にあります越後国一宮・弥彦神社のお参りに行ってきました。  一の鳥居をくぐって左手に、神様しか通れないと言われている玉の橋があります。  平日にも関わらず、団体の参拝客の方々を見かけました。神社でお参りする際は二礼二拍一礼が一般的ですが、弥彦神社では二礼四拍一礼でお参りします。この形式は、出雲大社が有名です。  御神木である椎の大木。  お参りが終わった後は、ご本殿の背...
続きを読む
null

【Panasonic】巾着田を撮る。[2019年10月12日]

日高市内を流れる清流、高麗川(こまがわ)の蛇行により長い年月をかけてつくられ、 その形がきんちゃくの形に似ていることから、巾着田(きんちゃくだ)と呼ばれるようになりました。 ここ数年、通い続けて少しワンパターン化してきてしまったかな。 と思い行くのを躊躇していたのですが そういえばまだやったことがない事がある、と思って今年も行ってきました。 というわけで 焦点距離: 560mm 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 2019 巾着田を超望遠で撮る です。 ...
続きを読む
null

【MapTimes】One More Times!! vol.6【二眼レフ特集】[2019年10月11日]

THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 【MapTimes】One More Times!! 過去記事はこちらからご覧いただけます。 というわけで今回のキーワードは「二眼レフ」 今回特に注目していただきたいブログは 2008年から連載開始した「二眼レフはいかがですか?!」 番外編なども含めると、なんと総数50本を超えるボリューム! ぜひご覧いただきたいシリーズです。 画像をクリック...
続きを読む