【新元号令和、平成を振り返る】平成の時代に名を馳せたミラーレス一眼 | THE MAP TIMES 
Select Language



【新元号令和、平成を振り返る】平成の時代に名を馳せたミラーレス一眼

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2019年04月11日 11時00分]



一眼レフ市場にミラーレス一眼カメラが登場して約11年。
一眼レフカメラよりも小さくて軽いけれど、同じようなきれいな写真が撮れて軽快に持ち歩けることが最大のメリットとして、カメラ市場でたいへん人気を博してます。
今ではソニー、ニコン、キヤノンなど…さまざまなメーカーでミラーレス一眼が注力されています。
最初に登場したのは2008年、フォーサーズの新規格『マイクロフォーサーズ』として、パナソニックから「DMC-G1」が発売されました。
平成の時代に名を馳せるミラーレス一眼の誕生です。
その翌年からオリンパス「ペン E-P1」をはじめ、各メーカーからつぎつぎと発売され、ミラーレスの戦国時代が幕を開かれたのでした。

今回は、オリンパスのOM-D E-M1 MarkIIをメイン機として、過去最近に使用した3本のレンズで撮影した写真をお送りします。

OM-D E-M1 MarkII+M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO
M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO
焦点距離:45mm 絞り:F1.2 シャッタースピード:1/1250秒 ISO:200

「M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO」
非常に高い解像力を誇り、どんなシーンで撮影をしても「いい写真が撮れる!」という絶対の信頼感と安定感のあるレンズです。
単焦点なのでズームができないのは当たり前なのですが、生き物の撮影は距離感が命…
いつ飛んでいってしまうのか、ドキドキしながら詰め寄るこの緊張感。
野生の鳥と出会うチャンスなんて、ほんとに突然訪れるので中望遠持っててちょっとよかったなあ、なんて思っていました。


OM-D E-M1 MarkII+M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO
M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO
焦点距離:45mm 絞り:F1.2 シャッタースピード:1/3200秒 ISO:500

水辺で飛沫が飛び散っていましたが、防塵防滴なのでビビることなく近寄れました。
癖のない滑らかで美しいボケ味を感じることができました。


OM-D E-M1 MarkII+OM-D E-M1 MarkII+LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm F2.8-4.0
LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm F2.8-4.0
焦点距離:133mm 絞り:F3.7 シャッタースピード:1/100秒 ISO:250

「LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm F2.8-4.0」
こちらはパナソニックから出しているライカ公認の望遠レンズです。
メーカーは異なりますが同じマイクロフォーサーズ規格なので、共通してレンズを使用できるところが良いところです。


OM-D E-M1 MarkII+LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm F2.8-4.0
LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm F2.8-4.0
焦点距離:200mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/160秒 ISO:250

わたしがはじめて手にしたカメラは、2010年に登場した「ペン Lite E-PL1」というモデルです。
生き物を撮ることが好きで、当時飼っていた愛犬や動物園の動物たちをよく撮影していました。
動物の顔を大きく写したい、という目的があり、望遠レンズを手に入れてはじめて撮影したときの感動を仄かに思い出しました。


OM-D E-M1 MarkII+OM-D E-M1 MarkII+LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm F2.8-4.0
LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm F2.8-4.0
焦点距離:200mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/125秒 ISO:250

2013年に登場したフラッグシップモデルにあたる初代OM-D E-M1を継ぐ2世代目、
2016年に登場した現行機OM-D E-M1 MarkIIが属するOM-Dシリーズは、1972年に登場したOM-1というフィルム時代のOMシステムの名称・デザインを踏襲しています。
動体撮影に強く、すばしっこい小鳥の撮影も高いAF性能、高速連写、強力な手ぶれ補正のコンボをもってすれば、気軽にバードウォッチングを楽しめます。


OM-D E-M1 MarkII+M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO
M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO
焦点距離:40mm 絞り:F3.2 シャッタースピード:1/250秒 ISO:5000

「M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO」
オリンパスPROシリーズで、一番市場に出回っているであろう標準ズームです。
ズームレンズといえども、高い解像力と描写性能はまさにプロ。
そして通しで明るいレンズは正義。
水族館の薄暗な環境でも撮影を楽しめました。


OM-D E-M1 MarkII+M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO
M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO
焦点距離:40mm 絞り:F3.2 シャッタースピード:1/250秒 ISO:4000

平成元年から今までを過ごしているので、元号が変わることにすこし寂しさもありました。
ですが、新しい時代が到来したら、ひょっとして最新規格のカメラが登場したりとか、いろいろな発見、出会いが訪れるんじゃないかと、今から楽しみでなりません。
フィルム時代の昭和からデジタル時代の平成へ…その先に引き継がれる令和は一体どんな時代になるのでしょうか。


▼今回撮影した機材はこちら▼












〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓




[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2019年04月11日 11時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Canon EOS 8000D+SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM 【新元号令和、平成31年間を振り返る】平成最後の目黒川桜まつり 2019年04月21日
新元号の発表が迫る平成31年3月の終わり。 愛用の一眼レフを片手に初めて目黒川桜まつりに足を運びました。 「さて、レンズはどれにしようか」 初めての場所だし、混雑すれば自由に動けないかもしれない。 広角か、望遠か、単焦点か…。 そうは言っても、機材をあれもこれも持っていけるわけでもない。 そんな時に持ち出すのは、 「SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM」 2010年にキヤノン用が発売され、かれこれ10年近く経過しますが、 未だに人気の衰えない平成のロングセラー商品となります。 ...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】フィルムカメラからデジタルカメラへ 【新元号令和、平成を振り返る】フィルムカメラからデジタルカメラへ 2019年04月20日
初めて意識的に写真を撮ったのは18歳でした。高校を卒業し、進路がバラバラになる友人達を撮るためにフィルムのコンパクトカメラで撮影をしていました。 それから写真を撮るようになり、アルバイトをしてNikon FM10と50mmを購入。 ボディは壊れるまで使いました。 当時はカメラと言えばフィルムカメラの時代で、進学先で出来た友人達やライブハウスで撮影したりする日々を送っていました。 その頃から「ロンドンの街をフィルムで撮りたい」という夢があり、2016年にお休みをいただいて渡英。 ...
続きを読む
【SONY】遂に始動!驚愕の動物リアルタイム瞳AFの実力!(実写作例多数掲載) 【SONY】遂に始動!驚愕の動物リアルタイム瞳AFの実力!(実写作例多数掲載) 2019年04月19日
SONY α7III(動物リアルタイム瞳AF) + SEL100400GM 2019年4月11日 α9に続いてα7RIII、α7IIIの大規模アップデートが実施されました。 今回のアップデートでは初めて動物を対象にしたリアルタイム瞳AFが搭載されました。 ペットを飼っている方は待望の機能、待っていた方も多かったと思います。 実際の使い勝手はどうなのか? 本当に瞳にAFが合うようになるのか? そんな疑問にお答えすべく、今回は動物リアルタイム瞳AFにスポットを当てて行きたいと思います。 筆者はロングコートチワワ(白)...
続きを読む
SIGMA MC-21 【SIGMA】マウントコンバーターMC-21発売開始! 2019年04月19日
フルサイズミラーレスLマウントユーザーのお客様、大変お待たせいたしました。 使用できる交換レンズ数が広がる大好評のマウントコンバーター「MC-21」、本日発売開始です! ラインナップがまだまだ限定的なLマウントにあって、既に発売されているEFマウントレンズやSAマウントレンズを取り付けられます。これは素晴らしい。 2019年4月19日時点で、対応を謳うレンズは以下の通りです。 【35mmフルサイズ】 12-24mm F4 DG HSM | Art 14-24mm F2.8 DG HSM | Art 24-35mm F2 DG HSM | A...
続きを読む
或る日のT2 【新元号令和、平成を振り返る】或る日のT2 2019年04月19日
関東では桜の見頃が過ぎ、だんだんと日が伸び、 吹く風もすがすがしい季節になってまいりました。 さて「平成を振り返る」をテーマに弊社スタッフがこのブログを書いております。 皆様にとってはどんな日々でしたでしょうか。 私は平成生まれなので、人生のすべてが平成の思い出ということになります。 先日久しぶりに父とじっくり話す機会がありました。 私が今、フィルムカメラにはまっている話をしたところ、 父がおもむろに昔使っていた【CONTAX T2】を引っ張り出してきました。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]