【新元号令和、平成を振り返る】平成の時代に名を馳せたミラーレス一眼 | THE MAP TIMES 
Select Language



【新元号令和、平成を振り返る】平成の時代に名を馳せたミラーレス一眼

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2019年04月11日 11時00分]



一眼レフ市場にミラーレス一眼カメラが登場して約11年。
一眼レフカメラよりも小さくて軽いけれど、同じようなきれいな写真が撮れて軽快に持ち歩けることが最大のメリットとして、カメラ市場でたいへん人気を博してます。
今ではソニー、ニコン、キヤノンなど…さまざまなメーカーでミラーレス一眼が注力されています。
最初に登場したのは2008年、フォーサーズの新規格『マイクロフォーサーズ』として、パナソニックから「DMC-G1」が発売されました。
平成の時代に名を馳せるミラーレス一眼の誕生です。
その翌年からオリンパス「ペン E-P1」をはじめ、各メーカーからつぎつぎと発売され、ミラーレスの戦国時代が幕を開かれたのでした。

今回は、オリンパスのOM-D E-M1 MarkIIをメイン機として、過去最近に使用した3本のレンズで撮影した写真をお送りします。

OM-D E-M1 MarkII+M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO
M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO
焦点距離:45mm 絞り:F1.2 シャッタースピード:1/1250秒 ISO:200

「M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO」
非常に高い解像力を誇り、どんなシーンで撮影をしても「いい写真が撮れる!」という絶対の信頼感と安定感のあるレンズです。
単焦点なのでズームができないのは当たり前なのですが、生き物の撮影は距離感が命…
いつ飛んでいってしまうのか、ドキドキしながら詰め寄るこの緊張感。
野生の鳥と出会うチャンスなんて、ほんとに突然訪れるので中望遠持っててちょっとよかったなあ、なんて思っていました。


OM-D E-M1 MarkII+M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO
M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO
焦点距離:45mm 絞り:F1.2 シャッタースピード:1/3200秒 ISO:500

水辺で飛沫が飛び散っていましたが、防塵防滴なのでビビることなく近寄れました。
癖のない滑らかで美しいボケ味を感じることができました。


OM-D E-M1 MarkII+OM-D E-M1 MarkII+LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm F2.8-4.0
LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm F2.8-4.0
焦点距離:133mm 絞り:F3.7 シャッタースピード:1/100秒 ISO:250

「LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm F2.8-4.0」
こちらはパナソニックから出しているライカ公認の望遠レンズです。
メーカーは異なりますが同じマイクロフォーサーズ規格なので、共通してレンズを使用できるところが良いところです。


OM-D E-M1 MarkII+LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm F2.8-4.0
LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm F2.8-4.0
焦点距離:200mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/160秒 ISO:250

わたしがはじめて手にしたカメラは、2010年に登場した「ペン Lite E-PL1」というモデルです。
生き物を撮ることが好きで、当時飼っていた愛犬や動物園の動物たちをよく撮影していました。
動物の顔を大きく写したい、という目的があり、望遠レンズを手に入れてはじめて撮影したときの感動を仄かに思い出しました。


OM-D E-M1 MarkII+OM-D E-M1 MarkII+LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm F2.8-4.0
LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm F2.8-4.0
焦点距離:200mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/125秒 ISO:250

2013年に登場したフラッグシップモデルにあたる初代OM-D E-M1を継ぐ2世代目、
2016年に登場した現行機OM-D E-M1 MarkIIが属するOM-Dシリーズは、1972年に登場したOM-1というフィルム時代のOMシステムの名称・デザインを踏襲しています。
動体撮影に強く、すばしっこい小鳥の撮影も高いAF性能、高速連写、強力な手ぶれ補正のコンボをもってすれば、気軽にバードウォッチングを楽しめます。


OM-D E-M1 MarkII+M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO
M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO
焦点距離:40mm 絞り:F3.2 シャッタースピード:1/250秒 ISO:5000

「M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO」
オリンパスPROシリーズで、一番市場に出回っているであろう標準ズームです。
ズームレンズといえども、高い解像力と描写性能はまさにプロ。
そして通しで明るいレンズは正義。
水族館の薄暗な環境でも撮影を楽しめました。


OM-D E-M1 MarkII+M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO
M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO
焦点距離:40mm 絞り:F3.2 シャッタースピード:1/250秒 ISO:4000

平成元年から今までを過ごしているので、元号が変わることにすこし寂しさもありました。
ですが、新しい時代が到来したら、ひょっとして最新規格のカメラが登場したりとか、いろいろな発見、出会いが訪れるんじゃないかと、今から楽しみでなりません。
フィルム時代の昭和からデジタル時代の平成へ…その先に引き継がれる令和は一体どんな時代になるのでしょうか。


▼今回撮影した機材はこちら▼












〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓




[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2019年04月11日 11時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 2019年06月20日
私は大学一年生の時に、祖父の形見のNikon F4を譲り受け、今でもF4で写真を撮り続けています。 今回はF4で撮影した、どこか懐かしい気分にさせてくれるようなポートレートをご紹介しながらF4の魅力に触れていきたいと思います。 Nikon F4は1988年にフラッグシップ機として発売されました。Nikon F一桁シリーズ初のオートフォーカスが搭載されています。 見た目はとてもメカメカしく、レバーやダイヤルにも存在感があります。シャッタースピードの最高速は1/8000秒。 そして大きくて重量があるのも特...
続きを読む
空を印刷 【写真を楽しむ6月】空を印刷 2019年06月19日
FUJIFILM X100F -今月の空- 6月は梅雨の季節。 防塵防滴のカメラも増え、雨の日でも写真を楽しめる現代ですが、 それでもやはり雨の日は撮影に出かけるのは控えてしまいます。 そんな6月に写真を楽しむ方法のひとつとして、 今までご自身で撮った写真を振り返り、お気に入りの写真を選別・印刷し、 まとめてみることはいかがでしょうか。 私は、毎日の空をFUJIFILM X100Fで撮って楽しんでいます。 今回このブログを書くために、1年間撮り続けた空の写真を整理・選別してみました。 そして...
続きを読む
イメージです 【写真を楽しむ6月】ローライ持って出かけよう! 2019年06月18日
ある日、棚を開けたらローライフレックスが出てきたとします。 「棚からローライ」……出たらいいなぁ… ……なんて願望はともかく、幸運にも二眼レフカメラの雄 ローライフレックスを手に入れることに成功した貴方は、いざ撮影に出かけようとして大変な事に気がつきます。 そう、ストラップがない!! ローライフレックスのほとんどのモデルで、ストラップ取付部が下の写真のような形状になっています。(ローライコードのシリーズは異なります。) 真ん中に心棒が入っているため、通常のスト...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 2019年06月17日
とある平日の午後。東京都東村山市にある北山公園菖蒲苑に行きました。 北山公園菖蒲苑は東村山駅から徒歩で20分ほど。八国山緑地を背景にした自然公園です。 毎年6月上旬から中旬にかけ、300種、8,000株の花菖蒲が開花し、新東京百景にも選ばれています。 この日、首から下げたのは、OLYMPUS OM-4TiとE.ZUIKO AUTO-T 100mm F2.8の組み合わせ。 コンパクトなボディとレンズは、動き回る撮影にぴったりです。 OM-4Tiは1986年に発売され、電子制御布幕横走りフォーカルプレーンシャッターを持...
続きを読む
紫陽花を見上げる 【写真を楽しむ6月】紫陽花を見上げる 2019年06月16日
手に入れてすぐ、 これはめいっぱい楽しむには一脚必須! と確信した RICOH THETA SC。 今後の様々な撮影シーンを見据え、 小さな三脚付きの一脚を購入し、 紫陽花を見に出かけた際に連れていきました。 たくさんの品種が植えられており、 満開時にはそれは美しいようなのですが、まだ見頃はこれからというところ。 現在は、白と緑が上品なアナベルがとてもきれいに咲いていました。 これがやりたかった、中から! まるでこびとになった気分です。 手持ちではできません...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]