【新元号令和、平成を振り返る】貴婦人と歩く鎌倉散策 | THE MAP TIMES 
Select Language



【新元号令和、平成を振り返る】貴婦人と歩く鎌倉散策

[ Category:Leica|掲載日時:2019年04月02日 15時00分]



桜も本格的なシーズンとなり、カメラを持って散歩に
出掛ける機会も多くなりました。皆様如何お過ごしでしょうか?

当店で3/30に行われた「花見月をライカと楽しむ」ツアーは
大変ご好評頂き、ありがとうございます。
ライカを持って1日撮影ができる機会が設けられるのも当店ならでは。


Leica M Monochrom(typ246) + Summilux M50mm F1.4初期型


筆者もツアーに同行し、撮影を楽しんでおりました。
今回使用したボディはM モノクローム(Typ246)は平成27年(2015年)発売です。
平成の今、モノクロームしか撮れないという、一見不便そうな制限こそありますが、
モノクロームにおいては比類なき描写をします。

ズミルックスM50mm F1.4 1stは貴婦人とも称されるレンズであり、昭和34年(1959年)発売です。当時最高の描写を目指した大口径レンズです。

令和を迎えようという今、昭和の名玉と、平成の名機のクロスオーバー
昭和の貴婦人と平成最後の鎌倉デートの模様をご覧ください。


Leica M Monochrom(typ246) + Summilux M50mm F1.4初期型


長谷寺にて撮影。Typ246は設定次第で表情も千変万化。
階調重視のフラットトーンからメリハリを付けたコントラストの強い
設定等この1台で様々な表情のモノクロームが楽しめます。


Leica M Monochrom(typ246) + Summilux M50mm F1.4初期型


低コントラストで暗めに撮影。グレートーンとシャドーが織りなす
懐深い描写はやはりtyp246ならでは。特にCMOSセンサーに変更された
このモデルは中間調の見せ方が得意。組み合わせるレンズも
今回使用したズミルックス初期型やズミクロン初期型、
ズマロンやエルマー等のオールドレンズになると階調も広く柔らかい画作りに。


Leica M Monochrom(typ246) + Summilux M50mm F1.4初期型


対照的にコントラストを高めに。
開放付近は柔らかい初期型ズミルックスも絞り込むとご覧の通り。
情報量が非常に多い、少し意地悪なシチュエーションですが
Typ246のセンサー性能と、ライカレンズの描写力でしっかりと
受け止めてくれます。


Leica M Monochrom(typ246) + Summilux M50mm F1.4初期型


ライカレンズの特徴としてよく挙げられるのが質感の描写。
言葉を超えた表現力に魅入られてしまうのも納得の写り。
木陰はモノクロで撮影すると光の加減が面白い為、
何枚もシャッターを切ってしまいます。


Leica M Monochrom(typ246) + Summilux M50mm F1.4初期型


鎌倉を歩くとどうしても撮ってしまうのが江ノ電。
筆者はスナップメインでの撮影が多く、往来の多い場所は
自然とフットワークが軽くなります。電車の車窓の視線と、
外で待つ人々の視線の交差に気がつくと撮影していた1枚。
少しノスタルジーな光景にも見えます。


Leica M Monochom(typ246) + Summilux M50mm F1.4初期型


鶴岡八幡宮へ徒歩へ向かい、気になったら撮影し続けていました。
鎌倉は説明不要なほどにフォトジェニックな場所も多く、
カメラを持つと行きたくなる場所です。


Leica M Monochrom(typ246) + Summilux M50mm F1.4初期型


一見何気ない所でも光と影を見て撮影すると
普段では見えないものも見えてきます。ズミルックス初期型の持つ
の滲みと、コントラストを抑えてウェットなトーンに。
湿度のある描写もライカのもう一つの特徴とも言えます。

今回のツアーではLeica M10と現行レンズがメイン。
筆者は少し趣を変えて、撮影していました。
ライカのM型デジタルはそれぞれのボディにそれぞれの特徴があり、
新旧という境目よりも「好み」が判断の基準になります。
お時間があれば是非当店にてお試しください。









〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2019年04月02日 15時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【私のお気に入り】なかめさんぽ 【私のお気に入り】なかめさんぽ 2019年08月22日
今年の7月、SIGMAからフルサイズミラーレスの開発発表がありました。 まだ詳しいことは解禁されていないですが、今から楽しみです。 そんなSIGMAから生み出されたdp3 Quattro 私のお気に入りカメラの一つです。 dp3 Quattroはdpシリーズの一つで、50mm(35mm換算75mm相当)F2.8のレンズが搭載されています。 今回はこのdp3 Quattroを持って同じく私のお気に入りの場所・中目黒に向かいました。 編集せずにありのままを載せていきます。 dp3 Quattro F3.2 1/320 ISO200 SIGMAはモノクロが良い...
続きを読む
【SONY】α7R IV 第4世代の進化点と革新 【SONY】α7R IV 第4世代の進化点と革新 2019年08月21日
カメラ史に残るフルサイズミラーレス『α7』が登場して約6年、そこからフルモデルチェンジを繰り返しながら進化を果たし、2019年9月に第4世代に当たる『α7R IV』が発売されます。トピックとして有効6100万画素の新型センサーを搭載したことが挙げられますが、特徴や魅力は超高画素だけなのでしょうか?マップカメラでは世界中のカメラユーザーが注目する『α7R IV』の魅力を改めて検証したいと思います。 ダイナミックレンジ15ストップ、常用ISO感度32000。『α7R IV』が今まで...
続きを読む
Nikonデジタルカメラ 徹底比較レポート 【私のお気に入り】Nikonデジタルカメラ 徹底比較レポート Vol.3 2019年08月21日
Nikonデジタルカメラ徹底比較レポート 今回は最終第三回です。 人気のデジタルカメラを作例と実際の使用感・スペックをもとに比較してゆくこの企画。 最終回とはなりますが、引き続きご紹介させていただきます。 Vol.1はこちら[Vol.1の記事] Vol.2はこちら[Vol.2の記事] 7. D810 発売日:2014年 7月 有効画素数3635万画素サイズCMOSセンサー EXPEED4搭載 秒間撮影枚数約5コマ/秒 常用ISO感度64-12800 質量約980g 後継機種であるD850の発売以後も、人気の衰えないベストセ...
続きを読む
Nikonデジタルカメラ 徹底比較レポート 【私のお気に入り】Nikonデジタルカメラ 徹底比較レポート Vol.2 2019年08月21日
Nikonデジタルカメラ徹底比較レポート 今回は第二回です。 人気のデジタルカメラを作例と実際の使用感・スペックをもとに比較してゆくこの企画。 今回もどんどんご紹介させていただきます。 Vol.1はこちら[前の記事] 4. D5 発売日:2016年 3月 有効画素数2082万画素CMOSセンサー EXPEED5搭載 秒間撮影枚数約12コマ/秒 4K UHD 30p記録対応 常用ISO感度100-102400 質量約1405g/1415g(XQD/CFタイプ別総質量) 2016年、オリンピックイヤーに発売された現行フラッグシップ機種です。使...
続きを読む
Nikonデジタルカメラ徹底比較レポート 【私のお気に入り】Nikonデジタルカメラ 徹底比較レポート Vol.1 2019年08月21日
蝉の鳴き声と、青々と力強く生きる植物のにおいが、少し落ち着いてきました。お盆のお休みだった方々も、いつもの日常に戻りつつあるかもしれません。とはいえ、まだまだ夏休み折り返し地点という方もいらっしゃるでしょう。 存分に写真を撮られた方、あるいは、これからたくさん写真を撮られる方。それから、写真を撮るために、新しい機材を探されている方…。 そんな皆様に宛てて、本日は売れ筋のNikon製カメラを各種ご紹介いたします。 題して、「Nikon デジタルカメラ徹底比較レポート」です...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]