【新元号令和、平成を振り返る】貴婦人と歩く鎌倉散策 | THE MAP TIMES 
Select Language



【新元号令和、平成を振り返る】貴婦人と歩く鎌倉散策

[ Category:Leica|掲載日時:2019年04月02日 15時00分]



桜も本格的なシーズンとなり、カメラを持って散歩に
出掛ける機会も多くなりました。皆様如何お過ごしでしょうか?

当店で3/30に行われた「花見月をライカと楽しむ」ツアーは
大変ご好評頂き、ありがとうございます。
ライカを持って1日撮影ができる機会が設けられるのも当店ならでは。


Leica M Monochrom(typ246) + Summilux M50mm F1.4初期型


筆者もツアーに同行し、撮影を楽しんでおりました。
今回使用したボディはM モノクローム(Typ246)は平成27年(2015年)発売です。
平成の今、モノクロームしか撮れないという、一見不便そうな制限こそありますが、
モノクロームにおいては比類なき描写をします。

ズミルックスM50mm F1.4 1stは貴婦人とも称されるレンズであり、昭和34年(1959年)発売です。当時最高の描写を目指した大口径レンズです。

令和を迎えようという今、昭和の名玉と、平成の名機のクロスオーバー
昭和の貴婦人と平成最後の鎌倉デートの模様をご覧ください。


Leica M Monochrom(typ246) + Summilux M50mm F1.4初期型


長谷寺にて撮影。Typ246は設定次第で表情も千変万化。
階調重視のフラットトーンからメリハリを付けたコントラストの強い
設定等この1台で様々な表情のモノクロームが楽しめます。


Leica M Monochrom(typ246) + Summilux M50mm F1.4初期型


低コントラストで暗めに撮影。グレートーンとシャドーが織りなす
懐深い描写はやはりtyp246ならでは。特にCMOSセンサーに変更された
このモデルは中間調の見せ方が得意。組み合わせるレンズも
今回使用したズミルックス初期型やズミクロン初期型、
ズマロンやエルマー等のオールドレンズになると階調も広く柔らかい画作りに。


Leica M Monochrom(typ246) + Summilux M50mm F1.4初期型


対照的にコントラストを高めに。
開放付近は柔らかい初期型ズミルックスも絞り込むとご覧の通り。
情報量が非常に多い、少し意地悪なシチュエーションですが
Typ246のセンサー性能と、ライカレンズの描写力でしっかりと
受け止めてくれます。


Leica M Monochrom(typ246) + Summilux M50mm F1.4初期型


ライカレンズの特徴としてよく挙げられるのが質感の描写。
言葉を超えた表現力に魅入られてしまうのも納得の写り。
木陰はモノクロで撮影すると光の加減が面白い為、
何枚もシャッターを切ってしまいます。


Leica M Monochrom(typ246) + Summilux M50mm F1.4初期型


鎌倉を歩くとどうしても撮ってしまうのが江ノ電。
筆者はスナップメインでの撮影が多く、往来の多い場所は
自然とフットワークが軽くなります。電車の車窓の視線と、
外で待つ人々の視線の交差に気がつくと撮影していた1枚。
少しノスタルジーな光景にも見えます。


Leica M Monochom(typ246) + Summilux M50mm F1.4初期型


鶴岡八幡宮へ徒歩へ向かい、気になったら撮影し続けていました。
鎌倉は説明不要なほどにフォトジェニックな場所も多く、
カメラを持つと行きたくなる場所です。


Leica M Monochrom(typ246) + Summilux M50mm F1.4初期型


一見何気ない所でも光と影を見て撮影すると
普段では見えないものも見えてきます。ズミルックス初期型の持つ
の滲みと、コントラストを抑えてウェットなトーンに。
湿度のある描写もライカのもう一つの特徴とも言えます。

今回のツアーではLeica M10と現行レンズがメイン。
筆者は少し趣を変えて、撮影していました。
ライカのM型デジタルはそれぞれのボディにそれぞれの特徴があり、
新旧という境目よりも「好み」が判断の基準になります。
お時間があれば是非当店にてお試しください。









〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2019年04月02日 15時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Canon EOS 8000D+SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM 【新元号令和、平成31年間を振り返る】平成最後の目黒川桜まつり 2019年04月21日
新元号の発表が迫る平成31年3月の終わり。 愛用の一眼レフを片手に初めて目黒川桜まつりに足を運びました。 「さて、レンズはどれにしようか」 初めての場所だし、混雑すれば自由に動けないかもしれない。 広角か、望遠か、単焦点か…。 そうは言っても、機材をあれもこれも持っていけるわけでもない。 そんな時に持ち出すのは、 「SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM」 2010年にキヤノン用が発売され、かれこれ10年近く経過しますが、 未だに人気の衰えない平成のロングセラー商品となります。 ...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】フィルムカメラからデジタルカメラへ 【新元号令和、平成を振り返る】フィルムカメラからデジタルカメラへ 2019年04月20日
初めて意識的に写真を撮ったのは18歳でした。高校を卒業し、進路がバラバラになる友人達を撮るためにフィルムのコンパクトカメラで撮影をしていました。 それから写真を撮るようになり、アルバイトをしてNikon FM10と50mmを購入。 ボディは壊れるまで使いました。 当時はカメラと言えばフィルムカメラの時代で、進学先で出来た友人達やライブハウスで撮影したりする日々を送っていました。 その頃から「ロンドンの街をフィルムで撮りたい」という夢があり、2016年にお休みをいただいて渡英。 ...
続きを読む
【SONY】遂に始動!驚愕の動物リアルタイム瞳AFの実力!(実写作例多数掲載) 【SONY】遂に始動!驚愕の動物リアルタイム瞳AFの実力!(実写作例多数掲載) 2019年04月19日
SONY α7III(動物リアルタイム瞳AF) + SEL100400GM 2019年4月11日 α9に続いてα7RIII、α7IIIの大規模アップデートが実施されました。 今回のアップデートでは初めて動物を対象にしたリアルタイム瞳AFが搭載されました。 ペットを飼っている方は待望の機能、待っていた方も多かったと思います。 実際の使い勝手はどうなのか? 本当に瞳にAFが合うようになるのか? そんな疑問にお答えすべく、今回は動物リアルタイム瞳AFにスポットを当てて行きたいと思います。 筆者はロングコートチワワ(白)...
続きを読む
SIGMA MC-21 【SIGMA】マウントコンバーターMC-21発売開始! 2019年04月19日
フルサイズミラーレスLマウントユーザーのお客様、大変お待たせいたしました。 使用できる交換レンズ数が広がる大好評のマウントコンバーター「MC-21」、本日発売開始です! ラインナップがまだまだ限定的なLマウントにあって、既に発売されているEFマウントレンズやSAマウントレンズを取り付けられます。これは素晴らしい。 2019年4月19日時点で、対応を謳うレンズは以下の通りです。 【35mmフルサイズ】 12-24mm F4 DG HSM | Art 14-24mm F2.8 DG HSM | Art 24-35mm F2 DG HSM | A...
続きを読む
或る日のT2 【新元号令和、平成を振り返る】或る日のT2 2019年04月19日
関東では桜の見頃が過ぎ、だんだんと日が伸び、 吹く風もすがすがしい季節になってまいりました。 さて「平成を振り返る」をテーマに弊社スタッフがこのブログを書いております。 皆様にとってはどんな日々でしたでしょうか。 私は平成生まれなので、人生のすべてが平成の思い出ということになります。 先日久しぶりに父とじっくり話す機会がありました。 私が今、フィルムカメラにはまっている話をしたところ、 父がおもむろに昔使っていた【CONTAX T2】を引っ張り出してきました。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]