【新元号令和、平成を振り返る】貴婦人と歩く鎌倉散策 | THE MAP TIMES 
Select Language



【新元号令和、平成を振り返る】貴婦人と歩く鎌倉散策

[ Category:Leica|掲載日時:2019年04月02日 15時00分]



桜も本格的なシーズンとなり、カメラを持って散歩に
出掛ける機会も多くなりました。皆様如何お過ごしでしょうか?

当店で3/30に行われた「花見月をライカと楽しむ」ツアーは
大変ご好評頂き、ありがとうございます。
ライカを持って1日撮影ができる機会が設けられるのも当店ならでは。


Leica M Monochrom(typ246) + Summilux M50mm F1.4初期型


筆者もツアーに同行し、撮影を楽しんでおりました。
今回使用したボディはM モノクローム(Typ246)は平成27年(2015年)発売です。
平成の今、モノクロームしか撮れないという、一見不便そうな制限こそありますが、
モノクロームにおいては比類なき描写をします。

ズミルックスM50mm F1.4 1stは貴婦人とも称されるレンズであり、昭和34年(1959年)発売です。当時最高の描写を目指した大口径レンズです。

令和を迎えようという今、昭和の名玉と、平成の名機のクロスオーバー
昭和の貴婦人と平成最後の鎌倉デートの模様をご覧ください。


Leica M Monochrom(typ246) + Summilux M50mm F1.4初期型


長谷寺にて撮影。Typ246は設定次第で表情も千変万化。
階調重視のフラットトーンからメリハリを付けたコントラストの強い
設定等この1台で様々な表情のモノクロームが楽しめます。


Leica M Monochrom(typ246) + Summilux M50mm F1.4初期型


低コントラストで暗めに撮影。グレートーンとシャドーが織りなす
懐深い描写はやはりtyp246ならでは。特にCMOSセンサーに変更された
このモデルは中間調の見せ方が得意。組み合わせるレンズも
今回使用したズミルックス初期型やズミクロン初期型、
ズマロンやエルマー等のオールドレンズになると階調も広く柔らかい画作りに。


Leica M Monochrom(typ246) + Summilux M50mm F1.4初期型


対照的にコントラストを高めに。
開放付近は柔らかい初期型ズミルックスも絞り込むとご覧の通り。
情報量が非常に多い、少し意地悪なシチュエーションですが
Typ246のセンサー性能と、ライカレンズの描写力でしっかりと
受け止めてくれます。


Leica M Monochrom(typ246) + Summilux M50mm F1.4初期型


ライカレンズの特徴としてよく挙げられるのが質感の描写。
言葉を超えた表現力に魅入られてしまうのも納得の写り。
木陰はモノクロで撮影すると光の加減が面白い為、
何枚もシャッターを切ってしまいます。


Leica M Monochrom(typ246) + Summilux M50mm F1.4初期型


鎌倉を歩くとどうしても撮ってしまうのが江ノ電。
筆者はスナップメインでの撮影が多く、往来の多い場所は
自然とフットワークが軽くなります。電車の車窓の視線と、
外で待つ人々の視線の交差に気がつくと撮影していた1枚。
少しノスタルジーな光景にも見えます。


Leica M Monochom(typ246) + Summilux M50mm F1.4初期型


鶴岡八幡宮へ徒歩へ向かい、気になったら撮影し続けていました。
鎌倉は説明不要なほどにフォトジェニックな場所も多く、
カメラを持つと行きたくなる場所です。


Leica M Monochrom(typ246) + Summilux M50mm F1.4初期型


一見何気ない所でも光と影を見て撮影すると
普段では見えないものも見えてきます。ズミルックス初期型の持つ
の滲みと、コントラストを抑えてウェットなトーンに。
湿度のある描写もライカのもう一つの特徴とも言えます。

今回のツアーではLeica M10と現行レンズがメイン。
筆者は少し趣を変えて、撮影していました。
ライカのM型デジタルはそれぞれのボディにそれぞれの特徴があり、
新旧という境目よりも「好み」が判断の基準になります。
お時間があれば是非当店にてお試しください。









〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2019年04月02日 15時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

TL2と行く。 【増税前にデビュー】TL2と行く。 2019年09月17日
ここ1ヵ月くらい、関西の方へ、その先へと 足を延ばすことが多かったです。 夜行バスに飛び乗り京都へ行ったり 目的地を鳥取県、某砂丘にしレンタカーを走らせたり。 (帰りはレンタカーの返却リミットが迫りタイムアタックな 帰路となり、あまりゆっくりはできませんでした) 今回使用したレンズは、 ライカ・スクリューマウントのNikkor 50mm F1.4です 口径には当時の呼び名(日本光学)で NIPPON KOUGAKUと刻まれているレンズです。 ズマリット50mm F1.5を気にかけていましたが ...
続きを読む
Leica (ライカ) Q-P 【増税前にデビュー】[ライカデビュー]そしてついでに「ギター撮り」デビュー。 2019年09月06日
「遂に」と言うか「やっと」と言うか【ライカデビュー】の日がやって来ました。 そのお相手は『Leica Q-P』です。 なんだかものすごく可愛らしいお名前のこのカメラです。 その可愛らしさとこのビジュアルのギャップがとてもいいと思います。 大人っぽいマットなブラックボディ。 その姿は正面から見るとあまりにもシンプル。 それでもトップカバーの上面にはしっかりと「譲れない拘り」を主張。 そうです。世界中の多くのLeicaファンの拘り「筆記体ロゴの刻印」です。 そしてつ...
続きを読む
null 【増税前にデビュー】[Noct debut] Noctilux M75の描写・画質 2019年09月03日
写真でしか、描き出せない世界があります。 我々人間の目がどんなに高性能でも、たとえ息を呑むような美しい景色が目の前に広がっていても…。 結局は普段通りの「自分の目」で、付き合い慣れた「自分の感性」で視ていることに他なりません。 だからこそ、シャッターを切った先で待っていてほしいのは“どこでもない”ファンタジー。 そこへ至る手段は多々あれど、一番痛烈で、妖艶で、官能的な選択肢はNoctilux M75mm f1.25 ASPH.ではないでしょうか! 数えきれないほどの伝説を遺してきたM型の...
続きを読む
嵐のち晴天、黄昏がきこえた 【私のお気に入り】嵐のち晴天、黄昏がきこえた 2019年08月16日
ライツレンズはその端正な造りもあって こういった空間にもうまく溶け込んでいます。 おわかりいただけるでしょうか。 閑話休題、お盆も明けて そろそろ素麺や冷や麦に 飽きてきた頃合いかと思います。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 この度は【私のお気に入り】の続きを綴ります。 またお付き合いいただけると幸いです。 背中。 何も告げず帰ってきた私にも ふたりは昔と変わらない あたたかさで迎えてくれました。 祖母は明るく少し皮肉屋で、 ...
続きを読む
TeleElmare135mm+monochrom 【私のお気に入り】MMvol.3 2019年08月14日
前回に続きわたしのお気に入り『LEICA M Monochrom』 まだまだレンズを模索する日々、 今回は普段個人では使わない望遠を攻めてみました。 ここでいきなり【Tele Elmar135mm】を持ち出す事に。 ちなみにわたしが使っているモノクロームCCDタイプのもの ライブビューありません。AFもそこはM型、ありません。 いけるのでしょうか… よって撮ってみたり 眼圧の限界を感じながらも引いてみたり 通りがかりでやっていた阿波踊り とてつもなく混み合っていた...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]