【新元号令和、平成を振り返る】SIGMA を振り返る | THE MAP TIMES 
Select Language



【新元号令和、平成を振り返る】SIGMA を振り返る

[ Category:SIGMA|掲載日時:2019年04月04日 10時30分]


DP3 Merrill
DP3 Merrill f:2.8 SS:1/30 ISO:200


業界3社による戦略的協業「Lマウントアライアンス」。
そしてユーザー待望のフルサイズFOVEONの発表。
新元号を目前に多いに賑わいをみせたSIGMA。

FOVEONを初めて使ったのは「DP2X」からなので
初期型でよく耳にする「透明感」を知らないユーザーではありますが
FOVEONの全ての色を取り込むという思想に惚れこんだ一人です。

最新の世代である「Quattro」は
ボトム1:ミドル1:トップ4 の「1:1:4」構造を採用しました。
この変更はSIGMAユーザーの間で話題となったと思います。

ただ、この「Quattro」世代のおかげでFOVEONの開口が広がり
さらに多くのSIGMAユーザーを生み出したと思っていますし、間違いないはずです。
実際、色乗りや使い勝手、汎用性がとても良くなりました。
発売当時はネガティブな話題がありましたが「Quattro」ユーザーの作例と支持によって今ではそんな声も少なくなりました。

dp2 Quattro
dp2 Quattro f:5.0 SS:1/400 ISO:200

個人的には
「Merrill」世代までは打率は少ないが強打者。
「Quattro」はパワーをバランス良く振って打率を上げた感じです。
FOVEONとしての本質が違うというわけではないと思うのです。

それでも「1:1:1」のセンサーでフルサイズを出す ということに喜びは隠せないわけです。
これは自分が惚れたカメラの仕様であるということが一番で解像力、センサーの特性、などは正直なところ二の次です。
と言いつつフルサイズで一層20Mなら高感度も強くなるのではという期待を抱いていないわけではありません。(笑)
ただ実際には低感度で撮る癖が染みついているので結局あまり積極的に上げたりはしないと思っているんですが。

DP2 Merrill
DP2 Merrill f:4.0 SS:1/125 ISO:200

SIGMAは一眼シリーズ「sd」と同時に単焦点シリーズ「dp」
無印シリーズ「DP1(S,X):28mmF4 DP2(S,X):45mm」
Merrillシリーズでは「DP1:28mm DP2:45mm DP3:75mm」
Quattroシリーズではデザインも大幅に変更しさらに「dp0:21mmF4」という
レンズ一体型カメラを出してきました。

dp0 Quattro
dp0 Quattro f:4.0 SS:1/125 ISO:200

正直発売当時は「21mm」単焦点って、と笑ってしまったのですが
「21mm」でディストーションゼロ。使ってみたらびっくりです。
その唯一性からも多くのユーザーから愛されています。
X3F FillLightとの相性も抜群です。水平線が融けました。

DP3 Merrill
DP3 Merrill f:2.8 SS:1/125 ISO:200

そしてもう一つ尖がった画角である「dp3:75mm」
実はdpシリーズの中でも筆者一番の愛用機でもあります。
ずっと使い続けたせいで50mmや35mmが「広すぎる!」となった時期もありました(笑)

DP3 Merrill
DP3 Merrill f:2.8 SS:1/640 ISO:200 vsco現像

余分なものを切り取りやすいライトな中望遠画角。
被写体の汚れや皺まで解像するFOVEONとの相性はこれもまたばっちりです。
そして解像が緻密だからこそなのかいわゆるプリセットを当てるとしっかりと映えます。
あえてノイズを乗せてフィルムライクに。
元のデータがぎっしり詰まっているので現像も面白いです。
どちらかといえば白飛びに弱いので、決める露出はアンダーになる傾向があります。

sd Quattro + Art 30mm F1.4
sd Quattro + Art 30mm F1.4 f:1.8 SS:1/60 ISO:100 vsco現像

そして一眼シリーズである「sd」
QuattroシリーズではセンサーサイズAPS-C「sd Quattro」,APS-H「sd Quattr H」の2タイプ。
交換レンズは(現状のSAマウント)4,600万画素Foveonダイレクトイメージセンサーを用いたMTF測定器「A1」で検査されたレンズ。
「Art」「Sports」「Contemporary」の3ラインになってからのSIGMAのレンズは世界中から評価されています。
あれだけ緻密に写しだすセンサーが基準なのですからこれだけ素晴らしい水準のレンズを出せるのも自然と納得です。
ちなみに「A1」のAは"AIZU"=会津です。MADE IN AIZU。

sd Quattro + Art 50-100mm F1.8
sd Quattro + Art 50-100mm F1.8 f:2.5 SS:1/50 ISO:100

このArt 50-100mm F1.8は多くのAPS-C用レンズの中でトップを狙えるのではないかと思うくらい素晴らしいレンズです。
もしAPS-C機で中望遠域のレンズを悩まれている方がいればこのレンズは文句なしのおススメです。(重量は抜きで)

dp1 Quattro
dp1 Quattro f:7.1 SS:5 ISO:100


DP2 Merrill
DP2 Merrill f:2.8 SS:1/500 ISO:100 vsco現像


dp0やdp3、尖った個性が目立つのは当たり前。
dp1,dp2の慣れ親しんだ画角はやはり落ち着きます。
dp2:45mmという50mmよりやや緩んだ画角はスナップに最適です。

さて、という事でSIGMAに惚れこんだ一人の振り返りでした。
他にも撮ったものがあったので振り返る機会があればまたご紹介したいと思います。

新元号「令和」に誕生するフルサイズFOVEON。
そのころにはまたこの記事を思い出すのでしょうか。
そうしたらこれは「令和」の零話。失礼いたしました。

昔、こんなの撮ってました。
時間のお暇つぶしに。

しぐまびより






〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SIGMA|掲載日時:2019年04月04日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 2019年06月20日
私は大学一年生の時に、祖父の形見のNikon F4を譲り受け、今でもF4で写真を撮り続けています。 今回はF4で撮影した、どこか懐かしい気分にさせてくれるようなポートレートをご紹介しながらF4の魅力に触れていきたいと思います。 Nikon F4は1988年にフラッグシップ機として発売されました。Nikon F一桁シリーズ初のオートフォーカスが搭載されています。 見た目はとてもメカメカしく、レバーやダイヤルにも存在感があります。シャッタースピードの最高速は1/8000秒。 そして大きくて重量があるのも特...
続きを読む
空を印刷 【写真を楽しむ6月】空を印刷 2019年06月19日
FUJIFILM X100F -今月の空- 6月は梅雨の季節。 防塵防滴のカメラも増え、雨の日でも写真を楽しめる現代ですが、 それでもやはり雨の日は撮影に出かけるのは控えてしまいます。 そんな6月に写真を楽しむ方法のひとつとして、 今までご自身で撮った写真を振り返り、お気に入りの写真を選別・印刷し、 まとめてみることはいかがでしょうか。 私は、毎日の空をFUJIFILM X100Fで撮って楽しんでいます。 今回このブログを書くために、1年間撮り続けた空の写真を整理・選別してみました。 そして...
続きを読む
イメージです 【写真を楽しむ6月】ローライ持って出かけよう! 2019年06月18日
ある日、棚を開けたらローライフレックスが出てきたとします。 「棚からローライ」……出たらいいなぁ… ……なんて願望はともかく、幸運にも二眼レフカメラの雄 ローライフレックスを手に入れることに成功した貴方は、いざ撮影に出かけようとして大変な事に気がつきます。 そう、ストラップがない!! ローライフレックスのほとんどのモデルで、ストラップ取付部が下の写真のような形状になっています。(ローライコードのシリーズは異なります。) 真ん中に心棒が入っているため、通常のスト...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 2019年06月17日
とある平日の午後。東京都東村山市にある北山公園菖蒲苑に行きました。 北山公園菖蒲苑は東村山駅から徒歩で20分ほど。八国山緑地を背景にした自然公園です。 毎年6月上旬から中旬にかけ、300種、8,000株の花菖蒲が開花し、新東京百景にも選ばれています。 この日、首から下げたのは、OLYMPUS OM-4TiとE.ZUIKO AUTO-T 100mm F2.8の組み合わせ。 コンパクトなボディとレンズは、動き回る撮影にぴったりです。 OM-4Tiは1986年に発売され、電子制御布幕横走りフォーカルプレーンシャッターを持...
続きを読む
紫陽花を見上げる 【写真を楽しむ6月】紫陽花を見上げる 2019年06月16日
手に入れてすぐ、 これはめいっぱい楽しむには一脚必須! と確信した RICOH THETA SC。 今後の様々な撮影シーンを見据え、 小さな三脚付きの一脚を購入し、 紫陽花を見に出かけた際に連れていきました。 たくさんの品種が植えられており、 満開時にはそれは美しいようなのですが、まだ見頃はこれからというところ。 現在は、白と緑が上品なアナベルがとてもきれいに咲いていました。 これがやりたかった、中から! まるでこびとになった気分です。 手持ちではできません...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]