【新元号令和、平成を振り返る】SONY α77II 虫撮りから今回は鳥を撮りました | THE MAP TIMES 
Select Language



【新元号令和、平成を振り返る】SONY α77II 虫撮りから今回は鳥を撮りました

[ Category:SONY|掲載日時:2019年04月05日 10時30分]


平成を振り返ること30年前、
思うのは社会人となった年(歳がバレた)に元年4月1日消費税が始まった年であります。
3%の課税により市場が大混乱しました。
カメラの価格だけで言えば、
物品税(主にぜいたく品につけられた税)が廃止され消費税に統一されて安くなったはずです。
平成の次の元号「令和」が決まって、平成元年に起きた出来事を思い出しました。

話は変わります。
4月なのにまだまだ、寒い日が続きますが、昆虫もそろそろ出てきてもいいと思うので・・・・。

愛機のSONY α77IIボディILCA-77M2と最近購入しましたTAMRON SP 150-600mm F5-6.3 Di USD G2 A022S(ソニーA用)を付けて持って行きました。

近所の公園に緋寒桜が咲いていると聞きつけまして、平成最後の花見がてら、その花に何か来ていないか期待して向かいました。

α77II

α77II

α77II


いい感じに咲いているな。下を向くと・・・・・・。
α77II


桜の花が落ちている。
見上げると、美味そうに食べているではありませんか。
α77II


目が合いました。

α77II


お前らに渡さないぞと言う感じです。

α77II


α77II


このインコの名前はワカケホンセイインコ(♀)と言います。
インド・スリランカ原産で「カゴ抜け」飼っていたものが逃げて野生化したようです。

α77II


このインコはお前達なにしてるのみたいな傍ら、
ヒヨドリとメジロの餌場争いがありました。
鳥の世界は大きさが勝負でメジロはヒヨドリに勝てませんでした。

α77II

α77II


メジロが美味しそうに蜜を吸っています。
インコやヒヨドリが花を食べます。
食べ方、食べる物もくちばしの形が影響しています。
細いくちばしは蜜吸い、太いくちばしは花ごと食べます。

α77II


これが載るころには、本格的な花見シーズンが始まっています。
飲み過ぎ、食べ過ぎにはご用心を。
私も。

ちなみに、花見の時に咲いている桜、ソメイヨシノは接木で増えた栽培種で花に蜜など出ませんので、鳥は吸いに来ません。

番外編

クイズです。

ワカケホンセイインコですが最初のが雌で、この写真は雄です。

どこが違うでしょう。

α77II


 【答え】 黒い首環


【参考文献】

 サクラハンドブック大原 隆明 文一総合出版

 鳥くんの比べて識別!野鳥図鑑670永井真人 著 茂田良光 監修 文一総合出版

  
日本の外来生物多紀保彦 監修財団法人自然環境研究センター 編著 平凡社

日本の桜 (フィールドベスト図鑑)10巻 勝木俊雄 学研










〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓




























[ Category:SONY|掲載日時:2019年04月05日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【SONY】遂に始動!驚愕の動物リアルタイム瞳AFの実力!(実写作例多数掲載) 【SONY】遂に始動!驚愕の動物リアルタイム瞳AFの実力!(実写作例多数掲載) 2019年04月19日
SONY α7III(動物リアルタイム瞳AF) + SEL100400GM 2019年4月11日 α9に続いてα7RIII、α7IIIの大規模アップデートが実施されました。 今回のアップデートでは初めて動物を対象にしたリアルタイム瞳AFが搭載されました。 ペットを飼っている方は待望の機能、待っていた方も多かったと思います。 実際の使い勝手はどうなのか? 本当に瞳にAFが合うようになるのか? そんな疑問にお答えすべく、今回は動物リアルタイム瞳AFにスポットを当てて行きたいと思います。 筆者はロングコートチワワ(白)...
続きを読む
【SONY】RX0 II「手のひらサイズの本格派4Kカメラ」 【SONY】RX0 II「手のひらサイズの本格派4Kカメラ」 2019年04月14日
手のひらサイズの1.0型センサー搭載カメラ「RX0」が更に進化してII型として新登場しました。 今回撮影した映像(4K再生可能です) 撮影設定:PP7「S-Gamut/S-Log2」/ATOMOS SHOGUN収録 カラーグレーディング済み 新たに可動式液晶・4K動画の本体内記録・電子手振れ補正などに対応。外観レビューや使い方は既にメーカーサイトや様々なメディアで取り上げられているので、今回はRX0 IIの4K性能を最大限引き出すべく、外部レコーダーを使用して4Kのテスト撮影を行いました。 小型が魅力のカメラで外部収録を...
続きを読む
【SONY】遂にリリース!α7IIIとα7RIIIに動物対応 瞳AF 【SONY】遂にリリース!α7IIIとα7RIIIに動物対応 瞳AF 2019年04月11日
遂に動物瞳AFのファームウェア“Ver.3.0”がリリースされました!今回の対応機種はα7IIIとα7RIII。他にも性能や操作が向上した点など本ブログで説明いたします。 瞳AFの動物対応 犬・猫・その他一部の動物 瞳を検出してピントを合わせ続ける「リアルタイム瞳AF」が動物にも対応しました。犬・猫の他に一部の動物に対応したとのことですが、おそらく顔のパターンが似ていれば反応するのではないかと思われます。ちなみにサンプル資料の中にはキツネの写真もありま...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】春風を追いかけて 【新元号令和、平成を振り返る】春風を追いかけて 2019年04月09日
α7RIII + MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 1/2000 F2.5 ISO100 マップタイムズをご覧の皆様、写真楽しまれていますか? やっとこさ寒さもひと段落つき、暖かくなって来た事でヘリコイドもスムーズに回るようになってきました。良い季節です。 どういうこっちゃ?という方へ向けて一応解説をしておくと、MFレンズは気温でヘリコイドグリスの粘性が変わってしまうので、トルク感が季節によって変わってしまうわけです…。仕方のない事ですし、多少なりとも不便な事に変わりはないんですが、こんなとこ...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】渋谷を見上げて 【新元号令和、平成を振り返る】渋谷を見上げて 2019年04月08日
焦点距離:35mm 絞り:F2 シャッタースピード:1/2000秒 ISO:100 あと、数週間で平成が終わる。 約31年間、数多のカメラが登場しました。 その中の1台。ずっと前から気になっているカメラが私にはありました。そのカメラの名は「DSC-RX1R」 小型ボディにフルサイズセンサーを搭載。 解像度をさらに高めるローパスフィルターレス仕様。 有効約2430万画素。 カールツァイス「ゾナーT*」35mm F2 単焦点レンズ。 フルサイズコンパクトという新たなカテゴリーを生み...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]