【新元号令和、平成を振り返る】SONY α77II 虫撮りから今回は鳥を撮りました | THE MAP TIMES 
Select Language



【新元号令和、平成を振り返る】SONY α77II 虫撮りから今回は鳥を撮りました

[ Category:SONY|掲載日時:2019年04月05日 10時30分]


平成を振り返ること30年前、
思うのは社会人となった年(歳がバレた)に元年4月1日消費税が始まった年であります。
3%の課税により市場が大混乱しました。
カメラの価格だけで言えば、
物品税(主にぜいたく品につけられた税)が廃止され消費税に統一されて安くなったはずです。
平成の次の元号「令和」が決まって、平成元年に起きた出来事を思い出しました。

話は変わります。
4月なのにまだまだ、寒い日が続きますが、昆虫もそろそろ出てきてもいいと思うので・・・・。

愛機のSONY α77IIボディILCA-77M2と最近購入しましたTAMRON SP 150-600mm F5-6.3 Di USD G2 A022S(ソニーA用)を付けて持って行きました。

近所の公園に緋寒桜が咲いていると聞きつけまして、平成最後の花見がてら、その花に何か来ていないか期待して向かいました。

α77II

α77II

α77II


いい感じに咲いているな。下を向くと・・・・・・。
α77II


桜の花が落ちている。
見上げると、美味そうに食べているではありませんか。
α77II


目が合いました。

α77II


お前らに渡さないぞと言う感じです。

α77II


α77II


このインコの名前はワカケホンセイインコ(♀)と言います。
インド・スリランカ原産で「カゴ抜け」飼っていたものが逃げて野生化したようです。

α77II


このインコはお前達なにしてるのみたいな傍ら、
ヒヨドリとメジロの餌場争いがありました。
鳥の世界は大きさが勝負でメジロはヒヨドリに勝てませんでした。

α77II

α77II


メジロが美味しそうに蜜を吸っています。
インコやヒヨドリが花を食べます。
食べ方、食べる物もくちばしの形が影響しています。
細いくちばしは蜜吸い、太いくちばしは花ごと食べます。

α77II


これが載るころには、本格的な花見シーズンが始まっています。
飲み過ぎ、食べ過ぎにはご用心を。
私も。

ちなみに、花見の時に咲いている桜、ソメイヨシノは接木で増えた栽培種で花に蜜など出ませんので、鳥は吸いに来ません。

番外編

クイズです。

ワカケホンセイインコですが最初のが雌で、この写真は雄です。

どこが違うでしょう。

α77II


 【答え】 黒い首環


【参考文献】

 サクラハンドブック大原 隆明 文一総合出版

 鳥くんの比べて識別!野鳥図鑑670永井真人 著 茂田良光 監修 文一総合出版

  
日本の外来生物多紀保彦 監修財団法人自然環境研究センター 編著 平凡社

日本の桜 (フィールドベスト図鑑)10巻 勝木俊雄 学研










〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓




























[ Category:SONY|掲載日時:2019年04月05日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【写真を楽しむ6月】九十九神と旅を 【写真を楽しむ6月】九十九神と旅を 2019年06月25日
【写真を楽しむ6月】と言うタイトルで連載しておりますブログ、本日は私スタッフEがお送りいたします。 突然ですが皆様、「トランスルーセントミラーテクノロジー」をご存知でしょうか? 古くはキヤノンのペリックスなどにも採用されていた透過ミラーを使用し、入射光を撮像センサーと専用位相差AFセンサーの両方に導くという画期的なシステムです。 今回はその技術を搭載し、時代を先取りした名機である「SONY α99Ⅱ」に「Vario-Sonnar T*24-70mm F2.8 ZA SSM SAL2470Z」をマウントして、福島県へ旅に行...
続きを読む
ヴィンテージカメラ mickey35を使ってみた 【SONY】待望の動物対応 瞳AFがα6400に実装されました! 2019年06月13日
本日、α6400ユーザーが待ちに待った動物対応 瞳AFのファームウェアが公開されました! アップデートはコチラから!(ソニー公式サイト) ご自宅で簡単にアップデートが可能です。 α7RIII、α7IIIで先行搭載され、話題の新機能が遂にα6400にも搭載! フルサイズ機に比べると手軽で使いやすいエントリー機 α6400に対応したことで、今まで以上に気軽に動物対応瞳AFを楽しめるようになりました。 使い方はいたってシンプル! 動物に向かってシャッターを半押しするだけで簡単に瞳にピントが合っ...
続きを読む
ポピーに魅せられて 【写真を楽しむ6月】ポピーに魅せられて 2019年06月10日
α7III + FE24-105mm F4G OSS + ND8 91mm | F5.6 | 1/6 | ISO100 ポピーに魅せられて 暑い日が続いた5月後半、日中は撮影への集中力が続かない為、早朝に撮れる被写体を探しました。 筆者はインターネットで被写体を探したり、グーグルマップでのロケハンをしばしば行いますが、 今回見つけた被写体は、「早朝のポピー」でした。陽が高くなる前なら動きやすいと、休みの日に早速撮影地へ出向きました。 α7III + MC-11 + Art135mm F1.8 DG HSM(キヤノンEF) 135mm | F3.5 | 1/60 | IS...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】動物瞳AFを愉しむ 【写真を楽しむ6月】動物瞳AFを愉しむ 2019年06月01日
先日のファームアップで待望の「動物対応瞳AF」が実装された、ソニー「α7III / α7RIII」。 今回は「α7RIII」に「FE 24-70mm F2.8 GM SEL2470GM」を装着し、その実力を体感すべく、いざ動物園へ。 先ずは、腹ごしらえから。 赤い瞳ではなく、いくらが零れ落ちるボリューム。 うねうねとした角にインパクトのある動物と目が合います。 「ブラックバック」というそうです。 てっきりシカの仲間かと思いきや、ウシ科に属するそう。 動物の分類も奥が深いなと変なところに感心したりします。 ...
続きを読む
【SONY】雨ニモマケズ、風ニモマケズ。 【SONY】雨ニモマケズ、風ニモマケズ。 2019年05月27日
焦点距離:24mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/400秒 ISO:125 我々、カメラ好きにとって毎年やってくる憂鬱な季節。 【梅雨】 豊かな四季を誇る日本にとって、植物への恵となる雨・・・。わかってはいるのですが、如何せん湿気は機材の大敵であり、せっかくの休日に撮影に行こうと考えていても天気は生憎の【雨】。 生まれつきの出不精な私にとっては、家にこもりっぱなしにもなりがちな季節。 【梅雨】 ジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]