【新元号令和、平成を振り返る】【OLYMPUS】平成最後の雨色景色 | THE MAP TIMES 
Select Language



【新元号令和、平成を振り返る】【OLYMPUS】平成最後の雨色景色

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2019年04月06日 12時00分]



新年度。新しい生活が始まりました。

いつもとの雰囲気とは違う4月1日。
そうです。令和です。

新元号の発表後、当店では今月「平成を振り返る」というテーマで
のご紹介となります。


E-M5MK2+M.Z.D 25/1.8

E-M5MK2+M.Z.D 25/1.8



改めまして、雨男です。
今回は雨の写真と平成の間に撮影した写真をご紹介できればと思います。


突然ではありますが、筆者は昭和60年生まれです。

平成の元号になった時の記憶は定かではありませんが、写真を撮り始めたのは当然の如く平成となります。


思い返してみると、筆者がまだ小、中学生の時には今ほど安価なデジカメやスマホは無く、子供には気軽に撮影が出来る【写ルンです】などの使い捨てカメラが主流だった様に思えます・・・が、まさかその20年後にもう一度【写ルンです】が流行するとはその当時思いもしませんでした。

高校生の時にはカメラ付きの携帯電話が発売され、カメラで撮影をするというよりは携帯電話のカメラで写真を良く撮っていました。


その後、社会人になり仕事でカメラを使用していましたが、この時使用していたカメラが初めてのフィルムカメラだったのだと今気づきました。
【Konica現場監督】
オレンジ色だったのは覚えていますが28㎜か35mmのどちらか迄は思い出せません。
個人的には欲しいカメラの1つです。



筆者の平成はオリンパスに始まりオリンパスで終わります。


E-P1+M.Z.D 17/2.8

E-P1+M.Z.D 17/2.8


OLYMPUSから発売された初代ミラーレス一眼【E-P1】
今でこそ小型軽量のミラーレスは他メーカーからも発売されていますが、この当時はEVF搭載のパナソニックかオリンパスのEP-1くらいなものでした。
EVFが搭載されていない分、E-P1の方が小型で、手に持った時の軽さに感動したのを今でも覚えています。




その後モータースポーツや流し撮りに【E-5】でハマります。

>E-5+Z.D 150/2

E-5+Z.D 150/2



E-5+Z.D 50-200/2.8-3.5 SWD


E-5+Z.D 50-200/2.8-3.5 SWD



PENF M.Z.D 45-150/2.8PRO

PENF M.Z.D 45-150/2.8PRO



レース場に着いた時の豪快なエンジン音やレース中のスピード感は迫力満点です。
ブレないシャッター速を探したり、どうすれば上手くフレームイン出来るのか、考えながらの撮影がなんとも言えませんでした。



旅行にもたくさん出かけました。
旅行の最中にも持ち運びしやすく、【E-M1】や【PENF】を2台持って出かけても苦になりません。


最近ではM.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3 の様な今までにない高倍率ズームレンズが出たことにより、旅行先などでのレンズ交換も不要になるかと思います。


E-M1+M.Z.D 12-40/2.8PRO

E-M1+M.Z.D 12-40/2.8PRO




>E-M1+M.Z.D 45-150/2.8PRO


E-M1+M.Z.D 45-150/2.8PRO




PENF M.Z.D 17/1.8


PENF M.Z.D 17/1.8





最後は雨色の写真【E-M5MK2】

E-M5MK2


もうすぐ5月。平成が終わり令和の時代となります。

令和ではどんな写真が撮れるのか。
どんなカメラが発売されるのか。
本当に楽しみでなりません。


雨色景色は続けて行こうかと思いますが、せっかく元号も変わりますし、何か新しいテーマでも見つけてみようかと思います。




[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2019年04月06日 12時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【写真を楽しむ6月】気軽に持ち出して 2019年06月26日
小柄なパートナー Nikon FM2 【FUJICOLOR 100】 ここ数年近く、 小柄なものを中心にフィルムカメラの人気が再燃しています。 気軽に持ち出しやすく、 ファッション性も高い、 スマホで得られるデジタルな絵柄とは異なるものが撮れる、 こういったところが人々を惹きつけるのでしょうか。 小柄なフィルムカメラといっても、 レンズ交換できるものとそうでないものがあります。 今回はレンズ交換できる小柄なフィルムのなかでも、 定番中の定番、 各所で初心者の方々にもよくオススメさ...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】九十九神と旅を 【写真を楽しむ6月】九十九神と旅を 2019年06月25日
【写真を楽しむ6月】と言うタイトルで連載しておりますブログ、本日は私スタッフEがお送りいたします。 突然ですが皆様、「トランスルーセントミラーテクノロジー」をご存知でしょうか? 古くはキヤノンのペリックスなどにも採用されていた透過ミラーを使用し、入射光を撮像センサーと専用位相差AFセンサーの両方に導くという画期的なシステムです。 今回はその技術を搭載し、時代を先取りした名機である「SONY α99Ⅱ」に「Vario-Sonnar T*24-70mm F2.8 ZA SSM SAL2470Z」をマウントして、福島県へ旅に行...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】GoPro HERO7 ~ 立体 4K Drive ~ 【写真を楽しむ6月】GoPro HERO7 ~ 立体 4K Drive ~ 2019年06月24日
目の前に広がる世界とかけがえのない瞬間 【立体 4K Drive】 【GoPro HERO7のHyperSmooth機能】 GoPro HERO 7で最も注目すべき機能は「HyperSmooth」と呼ばれるジンバル並みの手ぶれ補正機能です。 この機能はスタビライゼーション機能と呼ばれ、いわゆる手ブレ補正機能の役目で驚異的な滑らかな動画を実現します。 実際の走行映像は愛車に乗って上から下へ、下から上へまた左から右へ、右から左へとまるで迷路に迷い込んでしまったような感覚で、一度入ったら抜け出す事の出来ない出口の見えない立...
続きを読む
写真展のご案内 〜 『第49回 ミノックス写真展』 写真展のご案内 〜 『第49回 ミノックス写真展』 2019年06月24日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 『第49回 ミノックス写真展』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
初夏の森を歩く 【写真を楽しむ6月】初夏の森を歩く 2019年06月23日
私はよく森を散歩するのですが、カメラを持って森に入ると色々な発見に出会えます。 焦点距離:106mm 絞り:f5.6 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100 森といえば木漏れ日。 至る所に射し込む光が森の木々をより一層幻想的にしてくれています。 焦点距離:18mm 絞り:f9.0 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100 池、もしくは沼と言うべきでしょうか。 森の妖精でも現れそうな雰囲気です。 焦点距離:250mm 絞り:f9.0 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100 この光景には頬が緩...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]