Select Language

【新元号令和、平成を振り返る】【OLYMPUS】平成最後の雨色景色

[ Category: OLYMPUS|掲載日時:2019年04月06日 12時00分]


新年度。新しい生活が始まりました。

いつもとの雰囲気とは違う4月1日。
そうです。令和です。

新元号の発表後、当店では今月「平成を振り返る」というテーマで
のご紹介となります。


E-M5MK2+M.Z.D 25/1.8

E-M5MK2+M.Z.D 25/1.8



改めまして、雨男です。
今回は雨の写真と平成の間に撮影した写真をご紹介できればと思います。


突然ではありますが、筆者は昭和60年生まれです。

平成の元号になった時の記憶は定かではありませんが、写真を撮り始めたのは当然の如く平成となります。


思い返してみると、筆者がまだ小、中学生の時には今ほど安価なデジカメやスマホは無く、子供には気軽に撮影が出来る【写ルンです】などの使い捨てカメラが主流だった様に思えます・・・が、まさかその20年後にもう一度【写ルンです】が流行するとはその当時思いもしませんでした。

高校生の時にはカメラ付きの携帯電話が発売され、カメラで撮影をするというよりは携帯電話のカメラで写真を良く撮っていました。


その後、社会人になり仕事でカメラを使用していましたが、この時使用していたカメラが初めてのフィルムカメラだったのだと今気づきました。
【Konica現場監督】
オレンジ色だったのは覚えていますが28㎜か35mmのどちらか迄は思い出せません。
個人的には欲しいカメラの1つです。



筆者の平成はオリンパスに始まりオリンパスで終わります。


E-P1+M.Z.D 17/2.8

E-P1+M.Z.D 17/2.8


OLYMPUSから発売された初代ミラーレス一眼【E-P1】
今でこそ小型軽量のミラーレスは他メーカーからも発売されていますが、この当時はEVF搭載のパナソニックかオリンパスのEP-1くらいなものでした。
EVFが搭載されていない分、E-P1の方が小型で、手に持った時の軽さに感動したのを今でも覚えています。




その後モータースポーツや流し撮りに【E-5】でハマります。

>E-5+Z.D 150/2

E-5+Z.D 150/2



E-5+Z.D 50-200/2.8-3.5 SWD


E-5+Z.D 50-200/2.8-3.5 SWD



PENF M.Z.D 45-150/2.8PRO

PENF M.Z.D 45-150/2.8PRO



レース場に着いた時の豪快なエンジン音やレース中のスピード感は迫力満点です。
ブレないシャッター速を探したり、どうすれば上手くフレームイン出来るのか、考えながらの撮影がなんとも言えませんでした。



旅行にもたくさん出かけました。
旅行の最中にも持ち運びしやすく、【E-M1】や【PENF】を2台持って出かけても苦になりません。


最近ではM.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3 の様な今までにない高倍率ズームレンズが出たことにより、旅行先などでのレンズ交換も不要になるかと思います。


E-M1+M.Z.D 12-40/2.8PRO

E-M1+M.Z.D 12-40/2.8PRO




>E-M1+M.Z.D 45-150/2.8PRO


E-M1+M.Z.D 45-150/2.8PRO




PENF M.Z.D 17/1.8


PENF M.Z.D 17/1.8





最後は雨色の写真【E-M5MK2】

E-M5MK2


もうすぐ5月。平成が終わり令和の時代となります。

令和ではどんな写真が撮れるのか。
どんなカメラが発売されるのか。
本当に楽しみでなりません。


雨色景色は続けて行こうかと思いますが、せっかく元号も変わりますし、何か新しいテーマでも見つけてみようかと思います。




[ Category: OLYMPUS|掲載日時:2019年04月06日 12時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!18票


【Panasonic】LUMIX GX7 MarkⅢの気になる機能を使って撮影に挑戦

【Panasonic】LUMIX GX7 MarkⅢの気になる機能を使って撮影に挑戦[2020年02月27日]

Panasonic LUMIX GX7 MarkⅢ レンズ交換式ながら、小型軽量ボディに加え、 ボディ内手振れ補正や、可動式のファインダーなどを搭載し 操作性を兼ね備えたLUMIX GX7 MarkⅢ。 動画撮影をする中で、どうしても入れたてみたい映像があり、 今回は、気になる機能を使って撮影してみました。 インターバル撮影(タイムラプス撮影) 長時間の撮影のようですが、実際には静止画を一定...
続きを読む
【FUJIFILM】X-T4 ついに発表!

【FUJIFILM】X-T4 ついに発表! [2020年02月26日]

富士フイルムより待望の新製品『X-T4』がついに発表されました!一眼レフスタイルの『X-Tシリーズ』は様々な撮影シーンに対応できるフラッグシップ機として、世界的な人気を誇るシリーズです。噂のボディ内手振れ補正はどうなったのか!?新たなフィルムシミュレーションの追加は!?など、マップカメラ的に気になる進化点をご紹介いたします。 5軸手ブレ補正 最大6.5段...
続きを読む
【D780徹底レポート!】第四回 休日の相棒

【D780徹底レポート!】第四回 休日の相棒[2020年02月26日]

マップカメラ本館3階 Nikonフロアスタッフが綴るD780徹底レポート、 第四回となる今回は、機能面やスペックなどの深堀りのお話ではなく、 単純に、筆者のとある休日で写真を楽しんだブログをお送りいたします。 実を言いますと、筆者はプライベートでは新品で5年以上前に買ったカメラを未だ愛用しております。 最新を購入しなくとも、昔のカメラのスペックで充分楽しめると考えてしまう人間で...
続きを読む
【Leica】みんなのライカ

【Leica】みんなのライカ[2020年02月25日]

ライカブティックMapCamera Shinjuku は、2月20日にオープン7周年を迎えることとなりました。 これもひとえに、たくさんのお客様のご愛顧あってのことと心より御礼を申し上げます。 これからもご期待にお応えできるよう、スタッフ一同一丸となって皆様に愛されるお店にして参りたいと思います。 今後とも末永いお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 さて、今日は本館地下スタッフの...
続きを読む
ACROS IIで撮る鎌倉

【FUJIFILM】ACROSⅡで撮る鎌倉[2020年02月25日]

去年の11月に発売された富士フイルムのネオパン100 ACROS II。富士フイルムは、需要の減少と原材料の入手困難により、2018年秋に全ての黒白フィルムの販売を終了していましたが、販売継続を望む声が多く寄せられたことを受けこの度ACROSⅡとして復活したのです!価格高騰や生産終了などのニュースが相次ぐ中、この復活はとてもうれしいニュースです。 今回はそんなACROSⅡを使って鎌倉で撮影をしてき...
続きを読む