Select Language

【新元号令和、平成を振り返る】【OLYMPUS】平成最後の雨色景色

[ Category: OLYMPUS|掲載日時:2019年04月06日 12時00分]


新年度。新しい生活が始まりました。

いつもとの雰囲気とは違う4月1日。
そうです。令和です。

新元号の発表後、当店では今月「平成を振り返る」というテーマで
のご紹介となります。


E-M5MK2+M.Z.D 25/1.8

E-M5MK2+M.Z.D 25/1.8



改めまして、雨男です。
今回は雨の写真と平成の間に撮影した写真をご紹介できればと思います。


突然ではありますが、筆者は昭和60年生まれです。

平成の元号になった時の記憶は定かではありませんが、写真を撮り始めたのは当然の如く平成となります。


思い返してみると、筆者がまだ小、中学生の時には今ほど安価なデジカメやスマホは無く、子供には気軽に撮影が出来る【写ルンです】などの使い捨てカメラが主流だった様に思えます・・・が、まさかその20年後にもう一度【写ルンです】が流行するとはその当時思いもしませんでした。

高校生の時にはカメラ付きの携帯電話が発売され、カメラで撮影をするというよりは携帯電話のカメラで写真を良く撮っていました。


その後、社会人になり仕事でカメラを使用していましたが、この時使用していたカメラが初めてのフィルムカメラだったのだと今気づきました。
【Konica現場監督】
オレンジ色だったのは覚えていますが28㎜か35mmのどちらか迄は思い出せません。
個人的には欲しいカメラの1つです。



筆者の平成はオリンパスに始まりオリンパスで終わります。


E-P1+M.Z.D 17/2.8

E-P1+M.Z.D 17/2.8


OLYMPUSから発売された初代ミラーレス一眼【E-P1】
今でこそ小型軽量のミラーレスは他メーカーからも発売されていますが、この当時はEVF搭載のパナソニックかオリンパスのEP-1くらいなものでした。
EVFが搭載されていない分、E-P1の方が小型で、手に持った時の軽さに感動したのを今でも覚えています。




その後モータースポーツや流し撮りに【E-5】でハマります。

>E-5+Z.D 150/2

E-5+Z.D 150/2



E-5+Z.D 50-200/2.8-3.5 SWD


E-5+Z.D 50-200/2.8-3.5 SWD



PENF M.Z.D 45-150/2.8PRO

PENF M.Z.D 45-150/2.8PRO



レース場に着いた時の豪快なエンジン音やレース中のスピード感は迫力満点です。
ブレないシャッター速を探したり、どうすれば上手くフレームイン出来るのか、考えながらの撮影がなんとも言えませんでした。



旅行にもたくさん出かけました。
旅行の最中にも持ち運びしやすく、【E-M1】や【PENF】を2台持って出かけても苦になりません。


最近ではM.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3 の様な今までにない高倍率ズームレンズが出たことにより、旅行先などでのレンズ交換も不要になるかと思います。


E-M1+M.Z.D 12-40/2.8PRO

E-M1+M.Z.D 12-40/2.8PRO




>E-M1+M.Z.D 45-150/2.8PRO


E-M1+M.Z.D 45-150/2.8PRO




PENF M.Z.D 17/1.8


PENF M.Z.D 17/1.8





最後は雨色の写真【E-M5MK2】

E-M5MK2


もうすぐ5月。平成が終わり令和の時代となります。

令和ではどんな写真が撮れるのか。
どんなカメラが発売されるのか。
本当に楽しみでなりません。


雨色景色は続けて行こうかと思いますが、せっかく元号も変わりますし、何か新しいテーマでも見つけてみようかと思います。




[ Category: OLYMPUS|掲載日時:2019年04月06日 12時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!16票


楽器を撮る。

【Canon】楽器を撮る。[2019年12月06日]

楽器を演奏する姿はかっこいい。 カメラを手にしてから、一番に撮りたいと思っていたのが、バンドのライブ写真だった。 私がギターを弾くという事もあり、自然に浮かんだ被写体だったからだ。 ひとつひとつのバンドが個性的で、撮影している時はとても楽しく、過ぎる時間はあっという間だ。 ライブ写真の中で、ギターに注目して今回のブログを書いてみた。 新品のギターも好きだが...
続きを読む
null

【SIGMA】しぐまびより Part33[2019年12月05日]

ひかり。 背の高いビルが立ち並ぶ街の日向と日陰のコントラストは一層強く、 その時その時にしか見れない街の風景の連続だったりする。 あとで撮ろうと思っていたらチャンスを逃してしまう、なんてことは何度も経験しています。 同じ街に何回足を運ぼうが、同じ顔を見れることはない。 何度も何度も通ったからこそ見れる瞬間があるのだと思います。 強くて明るい光と淡くて柔ら...
続きを読む
写真展のご案内 〜『BRITONS images of my memory』

写真展のご案内 〜『BRITONS images of my memory』 KENJI NAKAMURA PHOTO EXHIBITION 2019~[2019年12月04日]

マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 『BRITONS images of my memory』 NAKAMURA PHOTO EXHIBITION2019 です。 是非足をお運び下さい。 会期:2019年12月7日(土)& 12月8日(日)12:00〜21:00 会場:吉祥寺・オルレアカメラ ギャラリー 東京都武蔵野市吉祥寺本町3-12-3
続きを読む
Nikon Z50 + FTZ + DX 18-140G VR

【飛行機を撮ろう】バイバイ レコンファントム ~午前の部~【Nikon Z50】[2019年12月04日]

Nikon Z50 × 令和元年度百里基地航空祭 【1/200 |F8 | ISO100 | Nikon Z50 + FTZ + DX 18-140G VR】 12月1日(日)は茨城県にて、 令和元年度百里基地航空祭が催されました。 百里基地の名物、 航空自衛隊の偵察機RF-4E/EJは今年度で運用が終了し、 来年度中には同基地のF-4EJ/EJ改も運用が終了するので、 往年の名機「ファントム」を満喫できる最後の航空祭となりました。 行ってみた方も...
続きを読む
大きいけれど何故だか身近に寄り添う1台-PENTAX67II-

大きいけれど何故だか身近に寄り添う1台-PENTAX67II-[2019年12月03日]

PENTAX67、通称"バケペン"と呼ばれるこのカメラ。 一眼レフカメラをそのまま巨大化させたフォルムがまるで お化けの様だと例えられ、長く愛される6x7の中判機。 その中でも今回取り上げる67IIは、 AEファインダーと併用する事によって絞り優先モードの 使用が可能なところが最大のポイント。 これが実際に使ってみると…「コレ無くしては…!」と考えてしまう程に テンポ良く速写が可能...
続きを読む