【新元号令和、平成を振り返る】渋谷を見上げて | THE MAP TIMES 
Select Language



【新元号令和、平成を振り返る】渋谷を見上げて

[ Category:SONY|掲載日時:2019年04月08日 10時30分]



SONY Cyber-shot DSC-RX1R
焦点距離:35mm 絞り:F2 シャッタースピード:1/2000秒 ISO:100





あと、数週間で平成が終わる。




約31年間、数多のカメラが登場しました。


その中の1台。ずっと前から気になっているカメラが私にはありました。そのカメラの名は「DSC-RX1R」


小型ボディにフルサイズセンサーを搭載。
解像度をさらに高めるローパスフィルターレス仕様。
有効約2430万画素。
カールツァイス「ゾナーT*」35mm F2 単焦点レンズ。

フルサイズコンパクトという新たなカテゴリーを生み出したこの機体。



「使ってみたい。」




ずっと心の中で想い続けてきました。

平成が終わってしまうその前に・・・。



ついに決心した私は、カメラを片手に渋谷周辺をスナップしてきました。


トップの写真、提灯を大きく写しこんだ構図。背景のボケ具合は「流石、フルサイズ。」と唸ってしまいました。コンデジを少し大きくした程度のこのボディにフルサイズセンサーが詰まっていると思うと、正直驚きを隠せません。


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

SONY Cyber-shot DSC-RX1R
焦点距離:35mm 絞り:F5.6 シャッタースピード:1/2000秒 ISO:100


都市を歩くと必ず目につくのは、高層建造物。
アオリのアングルで狙うのが好きです。電子ビューファインダーの「FDA-EV1MK」を装着しての撮影でした。日中の日差しが強い中での撮影画像確認に有利なのはもちろん、このようなアオリのアングルを狙う際にも、90度のアングルがつくので、普通に構えるよりも狙いやすくなります。


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

SONY Cyber-shot DSC-RX1R
焦点距離:35mm 絞り:F5 シャッタースピード:1/640秒 ISO:100


SONY Cyber-shot DSC-RX1R
焦点距離:35mm 絞り:F2 シャッタースピード:1/2000秒 ISO:100

渋谷でも桜は満開を迎えていました。背景に写るビル群が、都市での桜を印象付けます。
花びら一枚一枚を解像できているのは、このボディ専用設計「35mmF2レンズ」のおかげだと思います。
逆光から先ほどの桜を狙ってみましたが、光の溢れる様が綺麗ですね。T*コーティングの逆光耐性の強さがわかるカットでした。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


SONY Cyber-shot DSC-RX1R
焦点距離:35mm 絞り:F4.5 シャッタースピード:1/640秒 ISO:100


フロアとフロアの間に、緑のネットが掛けられているビルでした。
「モアレでるかな・・・。」と思い写してみましたが。そこまで気にはなりませんでした。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

SONY Cyber-shot DSC-RX1R
焦点距離:35mm 絞り:F3.5 シャッタースピード:1/320秒 ISO:100

壁に沿って群生している植物です。影の中で、特に直射する光もないのですが、レンズのおかげか独特な立体感が出ており、気に入った一枚です。


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

SONY Cyber-shot DSC-RX1R
焦点距離:35mm 絞り:F2.8 シャッタースピード:1/400秒 ISO:100

SONY Cyber-shot DSC-RX1R
焦点距離:35mm 絞り:F2.8 シャッタースピード:1/100秒 ISO:100


千代田稲荷神社に立ち寄りました。道玄坂の先にある神社で、ホテル街の中にあるというユニークなところです。RX1Rのレンズには「マクロ切り替えリング」が搭載されてます。
お稲荷様に「失礼いたします。」とちょっと寄らせていただきました。石像の質感が良く描写されています。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


SONY Cyber-shot DSC-RX1R
焦点距離:35mm 絞り:F2.8 シャッタースピード:1/2000秒 ISO:100

SONY Cyber-shot DSC-RX1R
焦点距離:35mm 絞り:F2 シャッタースピード:1/160秒 ISO:100


三角コーンに巻かれたロープ。何の変哲も無い光景ですが、良いレンズでスナップすると、普段とは別の表情を見せてくれます。編み込んだロープの表面、少しツヤツヤしているその質感までも、あますことなく描写しています。

2枚目の電球は、マクロ切り替えをしてがっぷりと寄ったカットです。このカメラは35mm単焦点で、レンズは非交換式ですが、これだけ寄れると多彩な表現ができて、嬉しいですね。ピント面とよく言われますが、これだけ深度が浅いと「面」という表現の的確さがよくわかります。


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


SONY Cyber-shot DSC-RX1R
焦点距離:35mm 絞り:F2 シャッタースピード:1/1250秒 ISO:100

今回のスナップで改めて感じた事は、「35mm」という焦点距離の奥深さでした。寄ったり、引いたり身体を動かして画角を決める楽しさ。写そうと思った被写体との距離感。何よりも「35mm」の切り取る画の心地よい塩梅。病みつきになってしまいそうでした。

この一枚もなんとなくレンズを向けてみた公衆電話ボックスですが、撮影後に見返してみると、独特の存在感が写っており、気に入ってしまいました。


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

SONY Cyber-shot DSC-RX1R
焦点距離:35mm 絞り:F8 シャッタースピード:1/640秒 ISO:100


SONY Cyber-shot DSC-RX1R
焦点距離:35mm 絞り:F10 シャッタースピード:1/400秒 ISO:100


最初にも数枚ありましたが、この日は本当に「見上げる」ことが多い日でした。普段何気なく都市を歩いていると、自分の向かう方向や、周囲を見回す程度だと思います。少し見方を変えるだけで、普段気付かない様な被写体が都市には潜んでいる、そう感じました。抜けるような青空に雲が浮かび、聳え立つビル群のパース感がさらに強調された様な気がします。


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

如何でしたでしょうか?


正直、このカメラ・・・「欲しい!」
と思ってしまいました。


コンデジとフルサイズの丁度中間、といった絶妙なボディサイズ。

ボディはコンパクトだが、省力されすぎていないボタン類、操作感の良さ。

独特の雰囲気を写しとってくれる「Carl Zeiss SonnarT* 35mm F2.0」

なによりも解像力を追求した「ローパスフィルターレス仕様」



全てが、このボディに詰まっています。





後は、撮るだけです。





↓今回の撮影で使用した機材はコチラ!↓






〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2019年04月08日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【写真を楽しむ6月】九十九神と旅を 【写真を楽しむ6月】九十九神と旅を 2019年06月25日
【写真を楽しむ6月】と言うタイトルで連載しておりますブログ、本日は私スタッフEがお送りいたします。 突然ですが皆様、「トランスルーセントミラーテクノロジー」をご存知でしょうか? 古くはキヤノンのペリックスなどにも採用されていた透過ミラーを使用し、入射光を撮像センサーと専用位相差AFセンサーの両方に導くという画期的なシステムです。 今回はその技術を搭載し、時代を先取りした名機である「SONY α99Ⅱ」に「Vario-Sonnar T*24-70mm F2.8 ZA SSM SAL2470Z」をマウントして、福島県へ旅に行...
続きを読む
ヴィンテージカメラ mickey35を使ってみた 【SONY】待望の動物対応 瞳AFがα6400に実装されました! 2019年06月13日
本日、α6400ユーザーが待ちに待った動物対応 瞳AFのファームウェアが公開されました! アップデートはコチラから!(ソニー公式サイト) ご自宅で簡単にアップデートが可能です。 α7RIII、α7IIIで先行搭載され、話題の新機能が遂にα6400にも搭載! フルサイズ機に比べると手軽で使いやすいエントリー機 α6400に対応したことで、今まで以上に気軽に動物対応瞳AFを楽しめるようになりました。 使い方はいたってシンプル! 動物に向かってシャッターを半押しするだけで簡単に瞳にピントが合っ...
続きを読む
ポピーに魅せられて 【写真を楽しむ6月】ポピーに魅せられて 2019年06月10日
α7III + FE24-105mm F4G OSS + ND8 91mm | F5.6 | 1/6 | ISO100 ポピーに魅せられて 暑い日が続いた5月後半、日中は撮影への集中力が続かない為、早朝に撮れる被写体を探しました。 筆者はインターネットで被写体を探したり、グーグルマップでのロケハンをしばしば行いますが、 今回見つけた被写体は、「早朝のポピー」でした。陽が高くなる前なら動きやすいと、休みの日に早速撮影地へ出向きました。 α7III + MC-11 + Art135mm F1.8 DG HSM(キヤノンEF) 135mm | F3.5 | 1/60 | IS...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】動物瞳AFを愉しむ 【写真を楽しむ6月】動物瞳AFを愉しむ 2019年06月01日
先日のファームアップで待望の「動物対応瞳AF」が実装された、ソニー「α7III / α7RIII」。 今回は「α7RIII」に「FE 24-70mm F2.8 GM SEL2470GM」を装着し、その実力を体感すべく、いざ動物園へ。 先ずは、腹ごしらえから。 赤い瞳ではなく、いくらが零れ落ちるボリューム。 うねうねとした角にインパクトのある動物と目が合います。 「ブラックバック」というそうです。 てっきりシカの仲間かと思いきや、ウシ科に属するそう。 動物の分類も奥が深いなと変なところに感心したりします。 ...
続きを読む
【SONY】雨ニモマケズ、風ニモマケズ。 【SONY】雨ニモマケズ、風ニモマケズ。 2019年05月27日
焦点距離:24mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/400秒 ISO:125 我々、カメラ好きにとって毎年やってくる憂鬱な季節。 【梅雨】 豊かな四季を誇る日本にとって、植物への恵となる雨・・・。わかってはいるのですが、如何せん湿気は機材の大敵であり、せっかくの休日に撮影に行こうと考えていても天気は生憎の【雨】。 生まれつきの出不精な私にとっては、家にこもりっぱなしにもなりがちな季節。 【梅雨】 ジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]