Select Language

【新元号令和、平成を振り返る】RICOH THETAを振り返る

[ Category: PENTAX RICOH|掲載日時:2019年04月07日 10時00分]

THETA

RICOHより平成25年に発売された全天球カメラ『THETA』シリーズは、平成という時代の中では比較的最後の方に登場したカメラではありますが、同時に360度のパノラマ写真を撮影する全天球カメラという平成という時代に新たに生まれたジャンルのパイオニアともいうべきカメラでもあります。

無印から始まったTHETAも現在では『THETA V』で五台もの機種が発売となり、近日発売に発売日がずれ込んでしまいましたが最新機『THETA Z1』もただいまご予約受付中となっています。THETA Z1はセンサーが1インチにパワーアップしており、CP+のリコーブースで見させてもらった限りでは暗所での撮影や白飛びの抑えなどがこれまでのTHETAと目に見えて違う写りとなっていました。10万円オーバーとこれまでのシリーズに比べて金額は上がっているのですが、1.0型の大型イメージセンサーがふたつも入っていることを考えれば決して高くはありません。

このTHETAは室内、屋外、レジャーや遊園地など、どこで撮るにしても360度の光景を収めることができ、これまでにない世界を映しだしてくれます。通常のPCやスマートフォンなどから見る以外にもSONYのPSVRやVRヘッドセットはもちろん、ローコストでもVRが楽しめるスマートフォン用のVRゴーグルなどでも視聴が可能で、THETA用のアプリで加工すれば、

THETA

このように、これまでにないユニークな写真を作り出すこともできます。
今回はちょうど桜が咲く季節でしたので、自前の『THETA V』を持って近場の桜並木を撮影してきました。

THETA

THETA

THETA

THETA

綺麗に撮れていますでしょう。また、実はこの4枚の桜の写真はすべて一枚の写真を加工して作られたものなんです。たった一回の撮影でも多様な見せ方にできるのがTHETAの特徴です。
また桜に限らず、下のような様々な写真も撮れます。

THETA

● 花の中に入れて撮影。もちろん花壇の中に入って荒らしたわけではなく、THETAでの撮影ならまるで花々の中心にいるようにも撮れてしまうのです。

THETA

● 小川の流れる小橋の真下を撮影。Uターンしているように見えますが、直線の川です。

THETA

● リトルプラネットという設定で加工した写真となります。見ての通りに小さな惑星のように見える編集となっています。

ただ撮影しただけではなく、対応したアプリで編集をすることで様々な写真を生み出し楽しませてくれるのがTHETAのだいご味。
平成の世に生まれた、これまでにない写真を撮れる全天球カメラ『THETA』シリーズ。
これは新しい時代を撮るのに相応しいカメラだと言えるでしょう。






〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: PENTAX RICOH|掲載日時:2019年04月07日 10時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!18票


猫×男子

【Canon】猫×男子 ~猫とポートレート~[2019年12月13日]

絞り:F1.2 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:125 / 使用機材:Canon EOS R + RF50mm F1.2L USM Canon RF50mm F1.2L USMといえば、誰もが使ってみたくなるポートレートレンズです。 早速EOS Rと組み合わせて撮ってきました。 今回の被写体は『猫×男子』。 F1.2の極薄ピントと美しいボケ、50mmから得られる自然な画角、そして猫の愛らしさと猫好きのモデルさんの表情をお楽しみください! ...
続きを読む
新品・中古 人気アワード 〜 Vol.5 新品・中古デジタルカメラ 欲しいリストランキング 〜

新品・中古 人気アワード 〜 Vol.5 欲しいリスト 人気デジタルカメラランキング 〜[2019年12月13日]

2019年も残すところ1ヶ月を切りました。今年も数々の新製品が発売された一方で、消費増税もあり、より商品人気の明暗差がはっきり出た1年だったように感じています。 今回からは2018年11月1日~2019年10月31日を対象にカメラ・レンズ・アクセサリなど、各カテゴリーにおいてお客様が「欲しいリスト」に入れたランキングを集計。1年を振り返りつつ、今年最後のお買い物の参考にしていただ...
続きを読む

【OLYMPUS】晴色景色 2日目【E-M5 Mark III】[2019年12月13日]

筆者が写真を撮影しに出かけると大体雨が降ります。 帰り際、僅かに晴れることがありますが、それは稀です。 紅葉も終わりいよいよ冬本番。 今回は『OLYMPUS OM-D E-M5 Mark III』を使って撮影を行ってきました。 焦点距離:12mm(換算24mm) /絞り:F4 / シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:200 / ArtFilter:ブリーチバイパスII 使用したレンズはPanasonic LEICA DG VARIO-ELMARIT ...
続きを読む
SONY 『α9II 』『α7R IV』開発者インタビュー Vol.3

SONY 『α9II 』『α7R IV』開発者インタビュー Vol.3[2019年12月12日]

α7R IVの登場によりレンズに求められる性能が更にシビアになったと感じています。ソニーからはハイクラスのレンズシリーズとしてGマスターがラインアップされていますが、6100万画素や将来登場するであろう超高画素センサーに対応はできているのでしょうか? 中西 氏: 以前Gマスターインタビューの際にも少し話させていただきましたが、ソニーはイメー...
続きを読む
SONY 『α9II 』『α7R IV』開発者インタビュー Vol.2

SONY 『α9II 』『α7R IV』開発者インタビュー Vol.2[2019年12月12日]

α7R IVに採用された6100万画素の超高画素センサーは、既にセンサーがあってカメラ(α7R IV)を作ったのでしょうか?それとも先にカメラの企画があり、センサーを開発したのでしょうか? 中西 氏: どちらが先かというようなことは具体的にお話はできないのですが、イメージセンサーのリーディングカンパニーとして、新しいイメージセンサーの開...
続きを読む