【新元号令和、平成を振り返る】RICOH THETAを振り返る | THE MAP TIMES 
Select Language



【新元号令和、平成を振り返る】RICOH THETAを振り返る

[ Category:PENTAX RICOH|掲載日時:2019年04月07日 10時00分]


THETA

RICOHより平成25年に発売された全天球カメラ『THETA』シリーズは、平成という時代の中では比較的最後の方に登場したカメラではありますが、同時に360度のパノラマ写真を撮影する全天球カメラという平成という時代に新たに生まれたジャンルのパイオニアともいうべきカメラでもあります。

無印から始まったTHETAも現在では『THETA V』で五台もの機種が発売となり、近日発売に発売日がずれ込んでしまいましたが最新機『THETA Z1』もただいまご予約受付中となっています。THETA Z1はセンサーが1インチにパワーアップしており、CP+のリコーブースで見させてもらった限りでは暗所での撮影や白飛びの抑えなどがこれまでのTHETAと目に見えて違う写りとなっていました。10万円オーバーとこれまでのシリーズに比べて金額は上がっているのですが、1.0型の大型イメージセンサーがふたつも入っていることを考えれば決して高くはありません。

このTHETAは室内、屋外、レジャーや遊園地など、どこで撮るにしても360度の光景を収めることができ、これまでにない世界を映しだしてくれます。通常のPCやスマートフォンなどから見る以外にもSONYのPSVRやVRヘッドセットはもちろん、ローコストでもVRが楽しめるスマートフォン用のVRゴーグルなどでも視聴が可能で、THETA用のアプリで加工すれば、

THETA

このように、これまでにないユニークな写真を作り出すこともできます。
今回はちょうど桜が咲く季節でしたので、自前の『THETA V』を持って近場の桜並木を撮影してきました。

THETA

THETA

THETA

THETA

綺麗に撮れていますでしょう。また、実はこの4枚の桜の写真はすべて一枚の写真を加工して作られたものなんです。たった一回の撮影でも多様な見せ方にできるのがTHETAの特徴です。
また桜に限らず、下のような様々な写真も撮れます。

THETA

● 花の中に入れて撮影。もちろん花壇の中に入って荒らしたわけではなく、THETAでの撮影ならまるで花々の中心にいるようにも撮れてしまうのです。

THETA

● 小川の流れる小橋の真下を撮影。Uターンしているように見えますが、直線の川です。

THETA

● リトルプラネットという設定で加工した写真となります。見ての通りに小さな惑星のように見える編集となっています。

ただ撮影しただけではなく、対応したアプリで編集をすることで様々な写真を生み出し楽しませてくれるのがTHETAのだいご味。
平成の世に生まれた、これまでにない写真を撮れる全天球カメラ『THETA』シリーズ。
これは新しい時代を撮るのに相応しいカメラだと言えるでしょう。






〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:PENTAX RICOH|掲載日時:2019年04月07日 10時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Canon EOS 8000D+SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM 【新元号令和、平成31年間を振り返る】平成最後の目黒川桜まつり 2019年04月21日
新元号の発表が迫る平成31年3月の終わり。 愛用の一眼レフを片手に初めて目黒川桜まつりに足を運びました。 「さて、レンズはどれにしようか」 初めての場所だし、混雑すれば自由に動けないかもしれない。 広角か、望遠か、単焦点か…。 そうは言っても、機材をあれもこれも持っていけるわけでもない。 そんな時に持ち出すのは、 「SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM」 2010年にキヤノン用が発売され、かれこれ10年近く経過しますが、 未だに人気の衰えない平成のロングセラー商品となります。 ...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】フィルムカメラからデジタルカメラへ 【新元号令和、平成を振り返る】フィルムカメラからデジタルカメラへ 2019年04月20日
初めて意識的に写真を撮ったのは18歳でした。高校を卒業し、進路がバラバラになる友人達を撮るためにフィルムのコンパクトカメラで撮影をしていました。 それから写真を撮るようになり、アルバイトをしてNikon FM10と50mmを購入。 ボディは壊れるまで使いました。 当時はカメラと言えばフィルムカメラの時代で、進学先で出来た友人達やライブハウスで撮影したりする日々を送っていました。 その頃から「ロンドンの街をフィルムで撮りたい」という夢があり、2016年にお休みをいただいて渡英。 ...
続きを読む
【SONY】遂に始動!驚愕の動物リアルタイム瞳AFの実力!(実写作例多数掲載) 【SONY】遂に始動!驚愕の動物リアルタイム瞳AFの実力!(実写作例多数掲載) 2019年04月19日
SONY α7III(動物リアルタイム瞳AF) + SEL100400GM 2019年4月11日 α9に続いてα7RIII、α7IIIの大規模アップデートが実施されました。 今回のアップデートでは初めて動物を対象にしたリアルタイム瞳AFが搭載されました。 ペットを飼っている方は待望の機能、待っていた方も多かったと思います。 実際の使い勝手はどうなのか? 本当に瞳にAFが合うようになるのか? そんな疑問にお答えすべく、今回は動物リアルタイム瞳AFにスポットを当てて行きたいと思います。 筆者はロングコートチワワ(白)...
続きを読む
SIGMA MC-21 【SIGMA】マウントコンバーターMC-21発売開始! 2019年04月19日
フルサイズミラーレスLマウントユーザーのお客様、大変お待たせいたしました。 使用できる交換レンズ数が広がる大好評のマウントコンバーター「MC-21」、本日発売開始です! ラインナップがまだまだ限定的なLマウントにあって、既に発売されているEFマウントレンズやSAマウントレンズを取り付けられます。これは素晴らしい。 2019年4月19日時点で、対応を謳うレンズは以下の通りです。 【35mmフルサイズ】 12-24mm F4 DG HSM | Art 14-24mm F2.8 DG HSM | Art 24-35mm F2 DG HSM | A...
続きを読む
或る日のT2 【新元号令和、平成を振り返る】或る日のT2 2019年04月19日
関東では桜の見頃が過ぎ、だんだんと日が伸び、 吹く風もすがすがしい季節になってまいりました。 さて「平成を振り返る」をテーマに弊社スタッフがこのブログを書いております。 皆様にとってはどんな日々でしたでしょうか。 私は平成生まれなので、人生のすべてが平成の思い出ということになります。 先日久しぶりに父とじっくり話す機会がありました。 私が今、フィルムカメラにはまっている話をしたところ、 父がおもむろに昔使っていた【CONTAX T2】を引っ張り出してきました。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]