【新元号令和、平成を振り返る】続・私だけの色で | THE MAP TIMES 
Select Language



【新元号令和、平成を振り返る】続・私だけの色で

[ Category:Canon|掲載日時:2019年04月16日 16時00分]



自分が生まれた年号が終わろうとしている。
その事実に、未だに実感がわきません。
「ひょっとすると、平成はこれからも続いてゆくのではないか」とすら思っています。

ああ、今気が付きました。私は「平成」が好きだったのだと。
毎朝泣きながら保育園に行き、小学校のカレー早食い競争で一位をとり、中学校で初恋をし、高校でクルマに憧れ、社会人になってカメラを始めて…。
私の時間は、ずっと平成でした。

「新元号令和、平成を振り返る」というタイトルで連載しておりますブログ、今回のタイトルは続・私だけの色でです。


EOS 6D MarkⅡ+EF 50mm F1.2L USM

以前の記事でもご紹介しましたが、私は撮影時にオリジナルのピクチャースタイルを使用します。今までかなりの数のピクチャースタイルを自作してきましたが、メインで使っているものはずっと変わりません。
最初にこのピクチャースタイルを作成したのはもうかなり前の事。
長い事調整を繰り返し、平成を撮り続けてきたオリジナルの色。なんだか感慨深いものがあります。



EOS 6D MarkⅡ+EF16-35mm F4L IS USM

このスタイルは一見かなり彩度が高く見えるのですが、実は各色の明度を落としているだけ、というもの。
更に青が紺色に、赤が臙脂色に転ぶよう色相をチューニングしてあります。トーンカーブも中間調だけ上げて、明るめに出るように。
アンバーの成分が多い被写体や、シャドウが多い被写体などを撮るとバッチリ決まるお気に入りのスタイルです。



EOS 6D MarkⅡ+EF16-35mm F4L IS USM

曇り空や日陰の撮影で、「思ったような色にならない…!」という所から開発(?)がスタートしたこのスタイル。
旅行や散歩、本腰を入れた撮影…。そのすべてで大活躍してくれています。



EOS 6D MarkⅡ+EF16-35mm F4L IS USM
EOS 6D MarkⅡ+EF16-35mm F4L IS USM

昨今のEOSにはオリジナルのピクチャースタイルが3つ登録できます。「汎用性の高いスタンダードなもの」、「極彩高コントラストなもの」、「意図的にカラーバランスを崩したもの」という3つのスタイルを登録すると、様々なシーンに対応できてオススメです。



EOS 6D MarkⅡ+SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD A030E

↑こちらは汎用な「My Normal」

EOS 6D MarkⅡ+SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD A030E

↑極彩の風景用「Vivid sky」



せっかくですので、キヤノン純正のピクチャースタイル「スタンダード」と比べてみます。

EOS 6D MarkⅡ+EF16-35mm F4L IS USM
↑こちらが「オリジナルのもの」です。

EOS 6D MarkⅡ+EF16-35mm F4L IS USM
↑そしてこちらが「スタンダード」です。



シャドウの沈み込みや、道路のオレンジの発色などが全く違います。
撮影時からこの結果が得られる。これはもう、快楽です。
「色」が理由でEOSからのお買い替えを検討されているのなら、ご売却前に一度は試していただきたい「Picture Style Editor」
皆様もぜひ、使ってみてください。


平成の暖かな春色を追い、夏のむせ返るようなコントラストに感動し、爽やかな秋風に手を振って、身を切るような冬の寒さを受け止める。
自分だけの時間を切り取り続けたオリジナルピクチャースタイルは、令和になっても頼れるパートナーです。











〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓






[ Category:Canon|掲載日時:2019年04月16日 16時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 2019年06月20日
私は大学一年生の時に、祖父の形見のNikon F4を譲り受け、今でもF4で写真を撮り続けています。 今回はF4で撮影した、どこか懐かしい気分にさせてくれるようなポートレートをご紹介しながらF4の魅力に触れていきたいと思います。 Nikon F4は1988年にフラッグシップ機として発売されました。Nikon F一桁シリーズ初のオートフォーカスが搭載されています。 見た目はとてもメカメカしく、レバーやダイヤルにも存在感があります。シャッタースピードの最高速は1/8000秒。 そして大きくて重量があるのも特...
続きを読む
空を印刷 【写真を楽しむ6月】空を印刷 2019年06月19日
FUJIFILM X100F -今月の空- 6月は梅雨の季節。 防塵防滴のカメラも増え、雨の日でも写真を楽しめる現代ですが、 それでもやはり雨の日は撮影に出かけるのは控えてしまいます。 そんな6月に写真を楽しむ方法のひとつとして、 今までご自身で撮った写真を振り返り、お気に入りの写真を選別・印刷し、 まとめてみることはいかがでしょうか。 私は、毎日の空をFUJIFILM X100Fで撮って楽しんでいます。 今回このブログを書くために、1年間撮り続けた空の写真を整理・選別してみました。 そして...
続きを読む
イメージです 【写真を楽しむ6月】ローライ持って出かけよう! 2019年06月18日
ある日、棚を開けたらローライフレックスが出てきたとします。 「棚からローライ」……出たらいいなぁ… ……なんて願望はともかく、幸運にも二眼レフカメラの雄 ローライフレックスを手に入れることに成功した貴方は、いざ撮影に出かけようとして大変な事に気がつきます。 そう、ストラップがない!! ローライフレックスのほとんどのモデルで、ストラップ取付部が下の写真のような形状になっています。(ローライコードのシリーズは異なります。) 真ん中に心棒が入っているため、通常のスト...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 2019年06月17日
とある平日の午後。東京都東村山市にある北山公園菖蒲苑に行きました。 北山公園菖蒲苑は東村山駅から徒歩で20分ほど。八国山緑地を背景にした自然公園です。 毎年6月上旬から中旬にかけ、300種、8,000株の花菖蒲が開花し、新東京百景にも選ばれています。 この日、首から下げたのは、OLYMPUS OM-4TiとE.ZUIKO AUTO-T 100mm F2.8の組み合わせ。 コンパクトなボディとレンズは、動き回る撮影にぴったりです。 OM-4Tiは1986年に発売され、電子制御布幕横走りフォーカルプレーンシャッターを持...
続きを読む
紫陽花を見上げる 【写真を楽しむ6月】紫陽花を見上げる 2019年06月16日
手に入れてすぐ、 これはめいっぱい楽しむには一脚必須! と確信した RICOH THETA SC。 今後の様々な撮影シーンを見据え、 小さな三脚付きの一脚を購入し、 紫陽花を見に出かけた際に連れていきました。 たくさんの品種が植えられており、 満開時にはそれは美しいようなのですが、まだ見頃はこれからというところ。 現在は、白と緑が上品なアナベルがとてもきれいに咲いていました。 これがやりたかった、中から! まるでこびとになった気分です。 手持ちではできません...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]