【新元号令和、平成を振り返る】春風を追いかけて | THE MAP TIMES 
Select Language



【新元号令和、平成を振り返る】春風を追いかけて

[ Category:SONY|掲載日時:2019年04月09日 13時20分]




null
α7RIII + MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5
1/2000 F2.5 ISO100


マップタイムズをご覧の皆様、写真楽しまれていますか?
やっとこさ寒さもひと段落つき、暖かくなって来た事でヘリコイドもスムーズに回るようになってきました。良い季節です。
どういうこっちゃ?という方へ向けて一応解説をしておくと、MFレンズは気温でヘリコイドグリスの粘性が変わってしまうので、トルク感が季節によって変わってしまうわけです…。仕方のない事ですし、多少なりとも不便な事に変わりはないんですが、こんなところから季節を感じられるのもカメラの面白い所かもしれません(?)

さて、前置きはこのくらいにしておきまして、今回は平成最後の年の瀬に発売されたレンズこと
MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 E-mountを携えて平成最後の桜を撮影して参りました。

それではどうぞ。

null
α7RIII + MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5
1/1000 F2.5 ISO100

木漏れ日が気持ちの良い日でした。
風も穏やかで、しばらく寒さが続いていた最近の気候からすると少し汗ばんでしまうほど。
まずは中望遠レンズの圧縮効果を生かしてスパッと1枚。この距離でも充分に立体感を生み出せるのはこのレンズならではかなと思います。

null
α7RIII + MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5
1/1600 F2.5 ISO100

桜のシーズンはこのレンズ最大の特徴でもあるアポクロマート仕様がより一層輝きます。
輝度差の激しいシーンなどでエッジの部分に発生する事が多い、パープルフリンジ(軸上色収差)など色収差を徹底的に抑え込んでいるため桜を撮っても色が濁ることがないんです。一段と抜けの良い絵づくりが楽しめます。

null
α7RIII + MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5
1/800 F2.5 ISO100

そしてマクロの名を持つレンズですから接写もお手の物。
昨今のレンズでは使われていることも多いフローティング機構がこのレンズにも組み込まれていますが、遠景からマクロに至るまで高い光学性能をキープするためになんと3つのレンズ群が独立して動く仕様になっています。
これも技術の進歩の為せる技なのでしょう。

null
α7RIII + MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5
1/1250 F2.5 ISO100

散りゆく桜もまた美しいと感じます。
こぢんまりとした公園に佇むブランコに桜吹雪が舞うのを待ちましたが、良いタイミングで強い風が吹いてくれました。

null
α7RIII + MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5
1/1250 F2.5 ISO100

ふと、足元を見やると地面に露出した木の根が吹き溜まりになっていてそこに桜の花びらが溜まっていました。光の具合も相まって良いシーンでしたので一枚いただきます。
平成最後の桜も、瞬く間に日本列島を駆け巡りますがそのうちのほんの数コマをご紹介いたしました。

今日もまた、春風を追いかけ西へ東へ奔走したいと思います。

今回使った機材のお求めはこちらから。




〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2019年04月09日 13時20分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【MapTimes】One More Times!! vol.4【巾着田】 2019年09月18日
THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 月に30本以上掲載されるので 月初に掲載されたブログも月末には見にくくなってしまい勿体ない、、、 と思ったのでもう少しだけ目に留まるようにしたく 不規則ではありますが何本かをピックアップさせていただくことにしました。 今回のキーワードは今まさに旬の「巾着田」 赤い花の絨毯はまさにこの世のものとは思えない景色です。 Ma...
続きを読む
ILCE-9 + SEL200600G 【増税前にデビュー】航空祭にミラーレスを持ち出して 2019年09月18日
はじめてのα9とSEL200600G 【 1/1000 | F8 | ISO400 】 9/16(月)は石川県小松市にある、航空自衛隊小松基地で航空祭がありました。 マップカメラをご愛顧頂いている皆様も、行かれた方はいらっしゃるのではないでしょうか。 【Nikon D500 + AF-S 200-400mm F4 VR】 さて筆者は航空祭といえば、 長らくNikon D500、つまり一眼レフを持ち出して撮影してきたのですが、 今回はずっと試してみたかったカメラ、そして初めて触るレンズで挑戦してきました。 それはSONY α9 と、 新進気鋭の...
続きを読む
TL2と行く。 【増税前にデビュー】TL2と行く。 2019年09月17日
ここ1ヵ月くらい、関西の方へ、その先へと 足を延ばすことが多かったです。 夜行バスに飛び乗り京都へ行ったり 目的地を鳥取県、某砂丘にしレンタカーを走らせたり。 (帰りはレンタカーの返却リミットが迫りタイムアタックな 帰路となり、あまりゆっくりはできませんでした) 今回使用したレンズは、 ライカ・スクリューマウントのNikkor 50mm F1.4です 口径には当時の呼び名(日本光学)で NIPPON KOUGAKUと刻まれているレンズです。 ズマリット50mm F1.5を気にかけていましたが ...
続きを読む
【増税前にデビュー】スーパーマクロレンズの世界 【増税前にデビュー】スーパーマクロレンズの世界 2019年09月16日
今回は、スーパーマクロレンズにデビューしてみました。 上の写真は皆さんも日頃から目にしている「ある物」をクローズアップして撮影したものです。 何を撮影したものか分かりますでしょうか。 その「ある物」とは、ボールペン(0.5mm)です。 比較用に等倍撮影が可能なフルサイズ対応、標準マクロレンズで撮影してみます。 SONY α7III + SONY FE 50mm F2.8 Macro 次は今回の撮影に使用する最大倍率4.5:1のマクロレンズ 中一光学 「FREEWALKER 20mm F2 SUPER MACRO 4-4.5:1」(最短撮影距離は約...
続きを読む
null 【増税前にデビュー】ミラーレスカメラとパンケーキレンズ 2019年09月14日
夏が本格的に始まる頃、日常的に撮るために小さいカメラが欲しくなりミラーレスカメラを購入しました。 ボディはコロンとした形が可愛いCanonのEOS-MレンズはEF-M22mm F2 STM。 23.7mm・質量約105gと、小振りなレンズです。 ボディに取り付けると本当に小さく、リーズナブルなレンズですが侮ることなかれ とてもよく写るレンズです。 日常的に使うとはいえ、夏の日中に撮影することは少なく 夕方から、夜にかけて撮ることがほとんど。 帰り道によく会う猫 夏らしく地元のお祭...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]