Select Language

【新元号令和、平成を振り返る】春風を追いかけて

[ Category: SONY|掲載日時:2019年04月09日 13時20分]



null
α7RIII + MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5
1/2000 F2.5 ISO100


マップタイムズをご覧の皆様、写真楽しまれていますか?
やっとこさ寒さもひと段落つき、暖かくなって来た事でヘリコイドもスムーズに回るようになってきました。良い季節です。
どういうこっちゃ?という方へ向けて一応解説をしておくと、MFレンズは気温でヘリコイドグリスの粘性が変わってしまうので、トルク感が季節によって変わってしまうわけです…。仕方のない事ですし、多少なりとも不便な事に変わりはないんですが、こんなところから季節を感じられるのもカメラの面白い所かもしれません(?)

さて、前置きはこのくらいにしておきまして、今回は平成最後の年の瀬に発売されたレンズこと
MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 E-mountを携えて平成最後の桜を撮影して参りました。

それではどうぞ。

null
α7RIII + MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5
1/1000 F2.5 ISO100

木漏れ日が気持ちの良い日でした。
風も穏やかで、しばらく寒さが続いていた最近の気候からすると少し汗ばんでしまうほど。
まずは中望遠レンズの圧縮効果を生かしてスパッと1枚。この距離でも充分に立体感を生み出せるのはこのレンズならではかなと思います。

null
α7RIII + MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5
1/1600 F2.5 ISO100

桜のシーズンはこのレンズ最大の特徴でもあるアポクロマート仕様がより一層輝きます。
輝度差の激しいシーンなどでエッジの部分に発生する事が多い、パープルフリンジ(軸上色収差)など色収差を徹底的に抑え込んでいるため桜を撮っても色が濁ることがないんです。一段と抜けの良い絵づくりが楽しめます。

null
α7RIII + MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5
1/800 F2.5 ISO100

そしてマクロの名を持つレンズですから接写もお手の物。
昨今のレンズでは使われていることも多いフローティング機構がこのレンズにも組み込まれていますが、遠景からマクロに至るまで高い光学性能をキープするためになんと3つのレンズ群が独立して動く仕様になっています。
これも技術の進歩の為せる技なのでしょう。

null
α7RIII + MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5
1/1250 F2.5 ISO100

散りゆく桜もまた美しいと感じます。
こぢんまりとした公園に佇むブランコに桜吹雪が舞うのを待ちましたが、良いタイミングで強い風が吹いてくれました。

null
α7RIII + MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5
1/1250 F2.5 ISO100

ふと、足元を見やると地面に露出した木の根が吹き溜まりになっていてそこに桜の花びらが溜まっていました。光の具合も相まって良いシーンでしたので一枚いただきます。
平成最後の桜も、瞬く間に日本列島を駆け巡りますがそのうちのほんの数コマをご紹介いたしました。

今日もまた、春風を追いかけ西へ東へ奔走したいと思います。

今回使った機材のお求めはこちらから。




〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: SONY|掲載日時:2019年04月09日 13時20分]

面白いと思ったらコチラをClick!22票


FOVEONモノクロームスナップ

【SIGMA】FOVEONモノクロームスナップ[2019年12月14日]

焦点距離:16mm 絞り:f10.0 シャッタースピード:1/8秒 ISO:800 SIGMAのsd Quattroと超広角ズーム8-16mm F4.5-5.6DC HSM、高倍率ズーム18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM、APS-C用単焦点Art 30mm F1.4 DC HSMの3本のレンズでスナップ撮影をしてきました ご存知の方も多いかと思いますがSIGMA sd QuattroのFOVEONセンサーはその特性上、モノクローム撮影に向いています という事で今回は全...
続きを読む
猫×男子

【Canon】猫×男子 ~猫とポートレート~[2019年12月13日]

絞り:F1.2 / シャッタースピード:1/80秒 / ISO:125 / 使用機材:Canon EOS R + RF50mm F1.2L USM Canon RF50mm F1.2L USMといえば、誰もが使ってみたくなるポートレートレンズです。 早速EOS Rと組み合わせて撮ってきました。 今回の被写体は『猫×男子』。 F1.2の極薄ピントと美しいボケ、50mmから得られる自然な画角、そして猫の愛らしさと猫好きのモデルさんの表情をお楽しみください! ...
続きを読む
新品・中古 人気アワード 〜 Vol.5 新品・中古デジタルカメラ 欲しいリストランキング 〜

新品・中古 人気アワード 〜 Vol.5 欲しいリスト 人気デジタルカメラランキング 〜[2019年12月13日]

2019年も残すところ1ヶ月を切りました。今年も数々の新製品が発売された一方で、消費増税もあり、より商品人気の明暗差がはっきり出た1年だったように感じています。 今回からは2018年11月1日~2019年10月31日を対象にカメラ・レンズ・アクセサリなど、各カテゴリーにおいてお客様が「欲しいリスト」に入れたランキングを集計。1年を振り返りつつ、今年最後のお買い物の参考にしていただ...
続きを読む

【OLYMPUS】晴色景色 2日目【E-M5 Mark III】[2019年12月13日]

筆者が写真を撮影しに出かけると大体雨が降ります。 帰り際、僅かに晴れることがありますが、それは稀です。 紅葉も終わりいよいよ冬本番。 今回は『OLYMPUS OM-D E-M5 Mark III』を使って撮影を行ってきました。 焦点距離:12mm(換算24mm) /絞り:F4 / シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:200 / ArtFilter:ブリーチバイパスII 使用したレンズはPanasonic LEICA DG VARIO-ELMARIT ...
続きを読む
SONY 『α9II 』『α7R IV』開発者インタビュー Vol.3

SONY 『α9II 』『α7R IV』開発者インタビュー Vol.3[2019年12月12日]

α7R IVの登場によりレンズに求められる性能が更にシビアになったと感じています。ソニーからはハイクラスのレンズシリーズとしてGマスターがラインアップされていますが、6100万画素や将来登場するであろう超高画素センサーに対応はできているのでしょうか? 中西 氏: 以前Gマスターインタビューの際にも少し話させていただきましたが、ソニーはイメー...
続きを読む