【新元号令和、平成を振り返る】春風を追いかけて | THE MAP TIMES 
Select Language



【新元号令和、平成を振り返る】春風を追いかけて

[ Category:SONY|掲載日時:2019年04月09日 13時20分]




null
α7RIII + MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5
1/2000 F2.5 ISO100


マップタイムズをご覧の皆様、写真楽しまれていますか?
やっとこさ寒さもひと段落つき、暖かくなって来た事でヘリコイドもスムーズに回るようになってきました。良い季節です。
どういうこっちゃ?という方へ向けて一応解説をしておくと、MFレンズは気温でヘリコイドグリスの粘性が変わってしまうので、トルク感が季節によって変わってしまうわけです…。仕方のない事ですし、多少なりとも不便な事に変わりはないんですが、こんなところから季節を感じられるのもカメラの面白い所かもしれません(?)

さて、前置きはこのくらいにしておきまして、今回は平成最後の年の瀬に発売されたレンズこと
MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 E-mountを携えて平成最後の桜を撮影して参りました。

それではどうぞ。

null
α7RIII + MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5
1/1000 F2.5 ISO100

木漏れ日が気持ちの良い日でした。
風も穏やかで、しばらく寒さが続いていた最近の気候からすると少し汗ばんでしまうほど。
まずは中望遠レンズの圧縮効果を生かしてスパッと1枚。この距離でも充分に立体感を生み出せるのはこのレンズならではかなと思います。

null
α7RIII + MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5
1/1600 F2.5 ISO100

桜のシーズンはこのレンズ最大の特徴でもあるアポクロマート仕様がより一層輝きます。
輝度差の激しいシーンなどでエッジの部分に発生する事が多い、パープルフリンジ(軸上色収差)など色収差を徹底的に抑え込んでいるため桜を撮っても色が濁ることがないんです。一段と抜けの良い絵づくりが楽しめます。

null
α7RIII + MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5
1/800 F2.5 ISO100

そしてマクロの名を持つレンズですから接写もお手の物。
昨今のレンズでは使われていることも多いフローティング機構がこのレンズにも組み込まれていますが、遠景からマクロに至るまで高い光学性能をキープするためになんと3つのレンズ群が独立して動く仕様になっています。
これも技術の進歩の為せる技なのでしょう。

null
α7RIII + MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5
1/1250 F2.5 ISO100

散りゆく桜もまた美しいと感じます。
こぢんまりとした公園に佇むブランコに桜吹雪が舞うのを待ちましたが、良いタイミングで強い風が吹いてくれました。

null
α7RIII + MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5
1/1250 F2.5 ISO100

ふと、足元を見やると地面に露出した木の根が吹き溜まりになっていてそこに桜の花びらが溜まっていました。光の具合も相まって良いシーンでしたので一枚いただきます。
平成最後の桜も、瞬く間に日本列島を駆け巡りますがそのうちのほんの数コマをご紹介いたしました。

今日もまた、春風を追いかけ西へ東へ奔走したいと思います。

今回使った機材のお求めはこちらから。




〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2019年04月09日 13時20分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

空を印刷 【写真を楽しむ6月】空を印刷 2019年06月19日
FUJIFILM X100F -今月の空- 6月は梅雨の季節。 防塵防滴のカメラも増え、雨の日でも写真を楽しめる現代ですが、 それでもやはり雨の日は撮影に出かけるのは控えてしまいます。 そんな6月に写真を楽しむ方法のひとつとして、 今までご自身で撮った写真を振り返り、お気に入りの写真を選別・印刷し、 まとめてみることはいかがでしょうか。 私は、毎日の空をFUJIFILM X100Fで撮って楽しんでいます。 今回このブログを書くために、1年間撮り続けた空の写真を整理・選別してみました。 そして...
続きを読む
イメージです 【写真を楽しむ6月】ローライ持って出かけよう! 2019年06月18日
ある日、棚を開けたらローライフレックスが出てきたとします。 「棚からローライ」……出たらいいなぁ… ……なんて願望はともかく、幸運にも二眼レフカメラの雄 ローライフレックスを手に入れることに成功した貴方は、いざ撮影に出かけようとして大変な事に気がつきます。 そう、ストラップがない!! ローライフレックスのほとんどのモデルで、ストラップ取付部が下の写真のような形状になっています。(ローライコードのシリーズは異なります。) 真ん中に心棒が入っているため、通常のスト...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 2019年06月17日
とある平日の午後。東京都東村山市にある北山公園菖蒲苑に行きました。 北山公園菖蒲苑は東村山駅から徒歩で20分ほど。八国山緑地を背景にした自然公園です。 毎年6月上旬から中旬にかけ、300種、8,000株の花菖蒲が開花し、新東京百景にも選ばれています。 この日、首から下げたのは、OLYMPUS OM-4TiとE.ZUIKO AUTO-T 100mm F2.8の組み合わせ。 コンパクトなボディとレンズは、動き回る撮影にぴったりです。 OM-4Tiは1986年に発売され、電子制御布幕横走りフォーカルプレーンシャッターを持...
続きを読む
紫陽花を見上げる 【写真を楽しむ6月】紫陽花を見上げる 2019年06月16日
手に入れてすぐ、 これはめいっぱい楽しむには一脚必須! と確信した RICOH THETA SC。 今後の様々な撮影シーンを見据え、 小さな三脚付きの一脚を購入し、 紫陽花を見に出かけた際に連れていきました。 たくさんの品種が植えられており、 満開時にはそれは美しいようなのですが、まだ見頃はこれからというところ。 現在は、白と緑が上品なアナベルがとてもきれいに咲いていました。 これがやりたかった、中から! まるでこびとになった気分です。 手持ちではできません...
続きを読む
null 【写真を楽しむ6月】Tokyo Reflection 2019年06月15日
  筆者は昔から、建物のガラスなどに「反射した光」に惹かれ、 気が付けばカメラを向けていることが多くありました。 梅雨に入り、曇りがちの天気が続いております。 晴天のようなドラマチックな光線状態は望めません。 そんな中、「反射した光=Reflection」をテーマに最近撮影した写真を集めてみました。 東京タワーは昔から好きな被写体です。 普通に撮影すると平凡になってしまうため、ビルのガラスに反射する姿を狙ってみました。 道端の道路標識が、車のヘッドライトに照らさ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]