【新元号令和、平成を振り返る】春風を追いかけて | THE MAP TIMES 
Select Language



【新元号令和、平成を振り返る】春風を追いかけて

[ Category:SONY|掲載日時:2019年04月09日 13時20分]




null
α7RIII + MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5
1/2000 F2.5 ISO100


マップタイムズをご覧の皆様、写真楽しまれていますか?
やっとこさ寒さもひと段落つき、暖かくなって来た事でヘリコイドもスムーズに回るようになってきました。良い季節です。
どういうこっちゃ?という方へ向けて一応解説をしておくと、MFレンズは気温でヘリコイドグリスの粘性が変わってしまうので、トルク感が季節によって変わってしまうわけです…。仕方のない事ですし、多少なりとも不便な事に変わりはないんですが、こんなところから季節を感じられるのもカメラの面白い所かもしれません(?)

さて、前置きはこのくらいにしておきまして、今回は平成最後の年の瀬に発売されたレンズこと
MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 E-mountを携えて平成最後の桜を撮影して参りました。

それではどうぞ。

null
α7RIII + MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5
1/1000 F2.5 ISO100

木漏れ日が気持ちの良い日でした。
風も穏やかで、しばらく寒さが続いていた最近の気候からすると少し汗ばんでしまうほど。
まずは中望遠レンズの圧縮効果を生かしてスパッと1枚。この距離でも充分に立体感を生み出せるのはこのレンズならではかなと思います。

null
α7RIII + MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5
1/1600 F2.5 ISO100

桜のシーズンはこのレンズ最大の特徴でもあるアポクロマート仕様がより一層輝きます。
輝度差の激しいシーンなどでエッジの部分に発生する事が多い、パープルフリンジ(軸上色収差)など色収差を徹底的に抑え込んでいるため桜を撮っても色が濁ることがないんです。一段と抜けの良い絵づくりが楽しめます。

null
α7RIII + MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5
1/800 F2.5 ISO100

そしてマクロの名を持つレンズですから接写もお手の物。
昨今のレンズでは使われていることも多いフローティング機構がこのレンズにも組み込まれていますが、遠景からマクロに至るまで高い光学性能をキープするためになんと3つのレンズ群が独立して動く仕様になっています。
これも技術の進歩の為せる技なのでしょう。

null
α7RIII + MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5
1/1250 F2.5 ISO100

散りゆく桜もまた美しいと感じます。
こぢんまりとした公園に佇むブランコに桜吹雪が舞うのを待ちましたが、良いタイミングで強い風が吹いてくれました。

null
α7RIII + MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5
1/1250 F2.5 ISO100

ふと、足元を見やると地面に露出した木の根が吹き溜まりになっていてそこに桜の花びらが溜まっていました。光の具合も相まって良いシーンでしたので一枚いただきます。
平成最後の桜も、瞬く間に日本列島を駆け巡りますがそのうちのほんの数コマをご紹介いたしました。

今日もまた、春風を追いかけ西へ東へ奔走したいと思います。

今回使った機材のお求めはこちらから。




〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2019年04月09日 13時20分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【増税前にデビュー】スーパーマクロレンズの世界 【増税前にデビュー】スーパーマクロレンズの世界 2019年09月16日
今回は、スーパーマクロレンズにデビューしてみました。 上の写真は皆さんも日頃から目にしている「ある物」をクローズアップして撮影したものです。 何を撮影したものか分かりますでしょうか。 その「ある物」とは、ボールペン(0.5mm)です。 比較用に等倍撮影が可能なフルサイズ対応、標準マクロレンズで撮影してみます。 SONY α7III + SONY FE 50mm F2.8 Macro 次は今回の撮影に使用する最大倍率4.5:1のマクロレンズ 中一光学 「FREEWALKER 20mm F2 SUPER MACRO 4-4.5:1」(最短撮影距離は約...
続きを読む
雨色景色Vol8 【増税前にデビュー】雨色景色Vol8【SONY】 2019年09月13日
ご無沙汰しております。 雨男です。 暑い暑い夏もようやく落ち着き始めてきました。 すこしひんやりとする秋めいた風が肌に触れると夏の終わりを感じるのは筆者だけでしょうか。 本日は令和になって初めての中秋の名月。 そんな中、今回の雨色景色は末広がりの8回目。 使用機材はα7IIIと先月末に発売したばかりのFE 35mm F1.8で撮影を行って参りました。 筆者は雨男なため、友人や会社の有志などで写真を一緒に撮りに行くと大概、雨が降ります。 すごく迷惑ですね・・・。 ...
続きを読む
【SONY】純喫茶動画デビュー 【増税前にデビュー】純喫茶で動画に挑戦 2019年09月09日
SONY α7R - KIPON CONTAX G - Biogon 21mm F2.8 暑さがようやくひいた頃になってきました。 私は今まで、静止画しか撮影してきませんでしたが、 写真の撮影も行いながら、今回は動画にも挑戦してみました。 4年前からお邪魔している喫茶店に許可を頂いて、撮影しました。 SONY α7RIII - FE 100mm F2.8 GM STF とてもレトロな喫茶店で、某アニメ映画の聖地にもなっています。 土日はとても混雑していますので、平日の午前中にのんびりするのが一番好きです。 SONY α7 - KI...
続きを読む
【SONY】α7Rシリーズを振り返る α7RII編 【SONY】α7Rシリーズを振り返る α7RII編 2019年09月01日
9月6日に発売が迫るα7Rシリーズの最新機種α7RIV。 α7Rのシリーズは高解像度機のα7シリーズとして初代、II、IIIと第3代まで歴史を重ねて来ました。同シリーズバージョンとしてベーシックモデルのα7シリーズ、高感度モデルのα7Sシリーズがラインナップされています。そして新世代のα7Rシリーズとして9月6日にα7RIVが登場します。 待望の第4世代の発売を前に、α7Rシリーズの歴史を振り返っていきます。第2回目はボディ構造を大幅に進化させたα7RIIに迫ります。 α7RIIが発売されたのが2015...
続きを読む
α7RIII+TAMRON 35-150mm F2.8-4 【私のお気に入り】ひまわりの咲く頃に。 2019年08月31日
おもちゃが動き回る映画の最新作が出たので前作のおさらいをしたら 涙腺が脆くなってきたことを実感しました。 こんにちは、お年頃です。 もうじき夏が終わる。 家を出る時に涼しい風が吹いてきて、 まだ聞こえてくる蝉の鳴き声もただ、名残りのように感じた八月の終わり。 夏のあいだにどうしても見たかった向日葵と海。 ギリギリになって観に行く事が叶いました。 これはその思い出の一節です。 向日葵は明野の向日葵を観に行ってきました。 メイン会場は既に枯れてしまっていましたが...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]