【CONTAX】デジタルバックの深淵 | THE MAP TIMES 
Select Language



【CONTAX】デジタルバックの深淵

[ Category:etc.|掲載日時:2019年05月07日 12時30分]



新元号を迎えて10連休も終わり、新しい時代を感じる連休明け。
皆様いかがお過ごしでしょうか?

今回は非常にレアな組み合わせ。
CONTAX唯一の中判カメラであるCONTAX645と、専用デジタルバックの
PhaseOne P45+を使用してみました。
世代としては少し前のデジタルバックですが、使用してみるとコレでしか味わえない
魅力が詰まった描写の数々に思わず欲しくなってしまうほどです。


CONTAX645+Planar 80mmF2+Phaseone P45+ (CONTAX645用


折角こんなに素敵な機材なのだからと、桜を見ながら
撮影していました。CONTAX645の標準レンズであるPlanar80mm F2は
AF搭載で中判でF2という開放値を持った貴重な1本。
そして逆光耐性も年代を考えるとかなり健闘しています。


CONTAX645+Planar 80mm F2+Phaseone P45+(CONTAX645用)


ここで気を付けなければならないのが画角。
従来の645ではなく49.1×36.8mmと少し詰まった感じになります。
ファインダーの見たままでシビアに構図を決めて撮ったはずが、
微妙に下が切れていたり…慣れるまでに少し時間がかかりました。
しかし時間と共に違和感が薄れ、一日使った後あまり大きな違和感は感じません。


CONTAX645+Planar80mm F2+Phaseone P45+(CONTAX645用)


撮影後にCapture Oneで調整。
3900万画素CCDセンサー搭載のこのP45+ですが、今見ても非常に良く
フィルムでもなくデジタルでもない独特な画が出てきます。
勿論中判センサーである為レタッチ耐性も高く、彩度の調整
だけでも驚くほどに印象が変わります。


CONTAX645+Planar80mm F2+Phaseone P45+(CONTAX645用)


レスポンスに関しても違和感が全くありません。
フィルムのCONTAX645の使用感と変わらず、サクサク撮れます。
筆者はAFよりもMFで切り替えて撮影していた事から、こんな大胆なスナップも可能です。
本当はポートレートや風景で撮影したいところですが…筆者には
あまり縁がなく、歩きながら撮り倒すスタイルになってしまいます。


CONTAX645+Planar80mm F2+Phaseone P45+(CONTAX645用)


CCDセンサーならではの発色は、時に驚きをもたらす事もあります。
濃厚な発色は少しポジフィルムの質感を想起させる部分もあり、
未だに多くの人を魅了するのも納得できる1枚。黄色の発色のニュアンスを丁寧に
描き分けています。


CONTAX645+Planar80mm F2+Phaseone P45+(CONTAX645用)


CONTAX645も発売されてから長い年月が経っています。
しかしこの描写力は「流石はZeissレンズ!」と唸らせるものがあります。
AFでも使える中判のZeissレンズがあるのはCONTAX645の特権とも言えるでしょう。
当店でも非常に人気の高い機種です。

今回入荷したP45+のCONTAX645用バックも入荷が珍しく、
CONTAX645をお持ちの方も、これからセットで導入したい方も
是非ご検討下さい。


[ Category:etc.|掲載日時:2019年05月07日 12時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

新品・中古デジタルカメラ人気ランキング 2019年6月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング 2019年07月12日
新品デジカメ6月ランキング 1位 Nikon Z6 ミラーレス一眼カメラ 2位 SONY α7III ミラーレス一眼カメラ 3位 OLYMPUS Tough TG-5 コンパクトデジタルカメラ 4位 Canon EOS R ミラーレス一眼カメラ 5位 Canon IXY200 コンパクトデジタルカメラ 6位 SONY α6400 ミラーレス一眼カメラ 7位 FUJIFILM X-T30 ミラーレス一眼カメラ 8位 SONY ...
続きを読む
CONTAX T3 【CONTAX】いつも傍に置いておけるフィルムカメラ 2019年07月07日
CONTAX T3 デジタル全盛の時代にあっても、手放せないフィルムカメラがいくつもあります。 Nikon S2やF100、Rolleiflex 3.5BやAsahi Pentax SPなど、手元には様々なカメラがありますが、 とりわけこの一台というものがあります。 それは「CONTAX T3」というコンパクトフィルムカメラです。 フィルムコンパクトカメラの頂点をRicoh GR1やMinolta TC-1などと競い合った銘機。 どれもこれも個性派揃いですが、その中でも使っていて、とりわけ私を魅了した描写をしたカメラがCONTAX T3でした。 ...
続きを読む
【Carl Zeiss】雨色景色Vol7 【Carl Zeiss】雨色景色Vol7 2019年07月06日
皆様こんにちは 雨男です。 1年もあっという間に半分過ぎてしまいました。 そんな7月。 雨色景色7回目となります。 夏本番!といきたいところではありますが、まだまだジメジメの梅雨。 昨年は7月に入る際に梅雨明けしていましたが今年はいつごろ梅雨明けするのでしょうか。 今回は雨の中【としまえん】に行って来ました。 使用した機材は【Carl Zeiss Milvus 35mm F1.4 ZE】となります。 としまえんでは毎年あじさい祭りを開催しています。 筆者も年に1度あじさい祭り・・・ではないイ...
続きを読む
null Beautiful Harmonyフォトコンテスト 受賞作品のご紹介 2019年06月22日
いつもマップタイムズをご覧いただきありがとうございます。 EVERYBODY×PHOTOGRAPHER.com(エビフォト)のフォトコンテスト情報をお届けします! Beautiful Harmony フォトコンテストにたくさんのお写真 ありがとうございました!
続きを読む
イメージです 【写真を楽しむ6月】ローライ持って出かけよう! 2019年06月18日
ある日、棚を開けたらローライフレックスが出てきたとします。 「棚からローライ」……出たらいいなぁ… ……なんて願望はともかく、幸運にも二眼レフカメラの雄 ローライフレックスを手に入れることに成功した貴方は、いざ撮影に出かけようとして大変な事に気がつきます。 そう、ストラップがない!! ローライフレックスのほとんどのモデルで、ストラップ取付部が下の写真のような形状になっています。(ローライコードのシリーズは異なります。) 真ん中に心棒が入っているため、通常のスト...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]