【新元号令和、平成を振り返る】【Nikon・SIGMA】写真と音楽 | THE MAP TIMES 
Select Language



【新元号令和、平成を振り返る】【Nikon・SIGMA】写真と音楽

[ Category:SIGMA|掲載日時:2019年04月10日 10時30分]




『Nikon D810 + Sigma Art40mm F1.4 DG HSM』

NikonD810+SIGMA Art40mmF1.4 DG HSM
1/320 f/1.4 ISO400 WB AUTO

-言葉を写真に-
【新元号令和、平成を振り返る】

"時代は進化し続けるけれど、変わらない真髄を探し続ける"

NikonD810+SIGMA Art40mmF1.4 DG HSM
1/160 f/2 ISO640 WB AUTO

「サードパーティー製レンズは安くて気軽に使える…」
という平成のはじめの頃にあった通常の世の中のイメージを、見事に変えてくれたのがSIGMAだと私は思います。

2012年に3つのコンセプト、Contemporary・Art・Sportsで交換レンズの展開がはじまりました。
その中でもSIGMAを象徴するかのような異色を放つArtシリーズ、
その第一号は同じく2012年11月に発売したSIGMA Art 35mmF1.4 DG HSMでした。

最高性能の画質を追求したArtレンズは、質高いことから非常に話題になり、
今では「しっかりはっきり写したい」と願えば候補に必ずArtレンズが挙がってくるほどとなりました。

そして6年の時が経ち、2018年に新たに40mmF1.4 DG HSMがArtラインに仲間入りしました。

NikonD810+SIGMA Art40mmF1.4 DG HSM
1/1600 f/1.4 ISO400 WB AUTO

今回のArt40mmのレンズは8K画質に対応した映像制作用・シネレンズをベースに作られたレンズです。
開放から繊細な写りをしてくれる、というより言葉では表現しずらい独特な世界観、立体感に非常に驚きました。
まるで自分の思い出の片隅を思い出しているかのような雰囲気がとても好みです。

NikonD810+SIGMA Art40mmF1.4 DG HSM
1/160 f/2 ISO640 WB AUTO

ボディはこのレンズの性能を十二分に発揮できると感じたNikonD810を選びました。
有効画素数3635万画素という高画素機、じっくりスナップを撮るにはとてもバランスが整っている素晴らしい機種です。
一昔前では考えられない程のお手頃な価格で今は中古を手に入れることが出来ます。

NikonD810+SIGMA Art40mmF1.4 DG HSM
1/800 f/16 ISO400 WB AUTO

また、厳しい条件下でも、綺麗な光芒を描いてくれました。
コントラストもしっかり生きているのが分かります。
40mmにしては重過ぎる重量ではありますが、その分しっかり臨機応変に対応してくれる高性能なレンズです。

NikonD810+SIGMA Art40mmF1.4 DG HSM
1/1250 f/1.4 ISO400 WB AUTO

そして、40mmというあまり単焦点としては多くない焦点域。
50mmだと大きく切り取りすぎてしまう、35mmだと少し広く写りすぎてしまう…
40mmは撮影したいと思ったその場から、周りの雰囲気を入れつつ主題を強調させる写真が撮りやすい画角でした。

NikonD810+SIGMA Art40mmF1.4 DG HSM
1/400 f/4 ISO400 WB AUTO

最後に、今回の撮影はすべて高円寺で撮影しました。
この看板を撮影していたら、お店の方に声をかけられ、そのまま中にお邪魔させて頂きました。

NikonD810+SIGMA Art40mmF1.4 DG HSM
1/125 f/2 ISO2500 WB AUTO

そして大好きなお酒を飲みながら撮影させて頂いて、改めて感じました。
写真と音楽ってすごく似ていると思います。

一言で"写真"と言っても、ポートレートやスナップ、スポーツ、花、風景…
撮影機材の重さや好みのレンズ、アクセサリーも自分に合ったものが存在します。
また、一言で"音楽"と言っても、JAZZやラテン、クラシック、演歌、ロックやアニメソング…
楽器も無限大に存在し、同じジャンルでも人により使う楽器は異なります。

そしてこれらも一言で"ポートレート"と言っても、好みのシチュエーションは無限に存在します。

自分好みの組み合わせを見つけることは、とても難しいです。
合ってると思って信じていたら、なんか違和感を感じたり、周りに流されていたり…
でも、きっとその長い道のりのゴールに辿り着いたら、自分を表現してくれる大切な存在に出逢えることでしょう。

NikonD810+SIGMA Art40mmF1.4 DG HSM
1/125 f/1.4 ISO2500 WB AUTO

これから新年号"令和"に突入し、未来では今では考えられない技術や文化の変化があると思います。
カメラも今以上に使いやすく、軽く、綺麗に撮れる、素晴らしい機材に変わっていくかもしれません…。

ですが、いつの時代もどの年代であっても大切なことは絶対に変わらない。
そんなことを感じさせてくれた素敵なお店でした。

私が写真に出逢えてなければ、このお店のご縁はなかったでしょう。
写真のおかげで、またひとつ、私の行きつけのお店が増えました。

ぜひ皆さまも、休日にカメラを持ってあまり行かない街へお出かけしてみてください。
皆さまが新しい気づきや良い刺激、大切な出逢いに恵まれることを心より願っております。


▼今回使用した機材はこちら▼





〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓


[ Category:SIGMA|掲載日時:2019年04月10日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Canon EOS R/Carl Zeisa Milvus 21mm F2.8 【私のお気に入り】建築散策 2019年08月20日
東京メトロ南北線の「白金台」駅から徒歩約2分。 何かの雑誌で目に留まり、一度足を運んでみたかった場所です。 なかなか用もなければ普段は来ない場所です。 東京大学建築学科教授の内田祥三(よしかず)により設計され、昭和13(1938)年に建設された旧公衆衛生院です。 構造は鉄骨・鉄筋コンクリート造、スクラッチタイルで覆われたゴシック調の外観で、 「内田ゴシック」と呼ばれる特徴的なデザインとなっています。 建物の内部にも、講堂や教室・研究室などのほか、細部にわたる意匠な...
続きを読む
【私のお気に入り】横浜、ちょっとだけ散歩 【私のお気に入り】横浜、ちょっとだけ散歩 2019年08月19日
とある夏の日、セミの声のシャワーを浴びながらたどり着いたのは横浜の洋館でした。 出迎えてくれたのは、ブラフ18番館。横浜山手にある大正末期に建てられた歴史のある建物です。 建物の中に入ると冷房がよく効いており、ひんやりとした空気が出迎えてくれます。外の暑さとはまるで別世界に来たようでした。 この日の相棒はFUJIFILM X100。2011年発売と少し古いカメラですが、ちょうどよい大きさとしっかりとした描写力を兼ね備えているので、ちょっとしたお散歩にはいつもこのカメラを持って行き...
続きを読む
愛機と共に 【私のお気に入り】愛機と共に 2019年08月18日
モノを購入する際、 「コレが決め手!」「ここだけは外せない!」 といったことがあります。 今回【私のお気に入り】ということで、 カメラ機材に全く関係のない腕時計を 上記観点で(恐る恐る)したためることにしました。 是非お読みいただければ幸いです。 初めての機械式時計は10年以上前に購入した OMEGAのスピードマスターだったのですが、 手首の上でジリジリと回るローターの感覚… スムースに動くスイープ運針… たまりませんでした。 すっかり機械式時計に魅了され、あの時計...
続きを読む
null 【私のお気に入り】 格安高性能レンズ【SIGMA】 2019年08月17日
前回、筆者の担当の回で、OM-D EM-1 MarkIIをご紹介しましたが、その際に使用したSIGMA Art 60mm F2.8 DN(マイクロフォーサーズ)について改めてご紹介します。 このレンズの価格の安さに惹かれ、何気なく購入し、少し使ってみただけなのですが、解像感の高さ、色乗りの良さには舌を巻きました。 筆者は夜景を撮影することが多いのですが、ノイズを抑えるため、できるだけ感度を上げずに、絞りを開けたいところです。 F2.8ではありますが、このレンズは解放から安心して使用できます。 ...
続きを読む
角形フィルターで遊ぼう 【marumi】最新の角形フィルターを試みる 2019年08月16日
α7III + FE16-35mm F2.8 GM + M100 + C-PL For M100 + Soft GND8 + ND16 18mm | F8 | 20s | ISO100 千葉県佐倉市 印旛沼にて 「marumi」から最新鋭の角形フィルター誕生 EXUSやEXUS SOLIDといったレンズフィルターをご存知でしょうか。 レンズフィルター専業メーカーとして名の知れる「マルミ光機」通称「marumi」。 marumiのフィルターを愛用する写真愛好家は多いと思います。 レンズフィルターとは、レンズ前面のガラスの保護を目的として装着する「保護フィルター」が一般的ですが、 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]