【新元号令和、平成を振り返る】【Nikon・SIGMA】写真と音楽 | THE MAP TIMES 
Select Language



【新元号令和、平成を振り返る】【Nikon・SIGMA】写真と音楽

[ Category:SIGMA|掲載日時:2019年04月10日 10時30分]




『Nikon D810 + Sigma Art40mm F1.4 DG HSM』

NikonD810+SIGMA Art40mmF1.4 DG HSM
1/320 f/1.4 ISO400 WB AUTO

-言葉を写真に-
【新元号令和、平成を振り返る】

"時代は進化し続けるけれど、変わらない真髄を探し続ける"

NikonD810+SIGMA Art40mmF1.4 DG HSM
1/160 f/2 ISO640 WB AUTO

「サードパーティー製レンズは安くて気軽に使える…」
という平成のはじめの頃にあった通常の世の中のイメージを、見事に変えてくれたのがSIGMAだと私は思います。

2012年に3つのコンセプト、Contemporary・Art・Sportsで交換レンズの展開がはじまりました。
その中でもSIGMAを象徴するかのような異色を放つArtシリーズ、
その第一号は同じく2012年11月に発売したSIGMA Art 35mmF1.4 DG HSMでした。

最高性能の画質を追求したArtレンズは、質高いことから非常に話題になり、
今では「しっかりはっきり写したい」と願えば候補に必ずArtレンズが挙がってくるほどとなりました。

そして6年の時が経ち、2018年に新たに40mmF1.4 DG HSMがArtラインに仲間入りしました。

NikonD810+SIGMA Art40mmF1.4 DG HSM
1/1600 f/1.4 ISO400 WB AUTO

今回のArt40mmのレンズは8K画質に対応した映像制作用・シネレンズをベースに作られたレンズです。
開放から繊細な写りをしてくれる、というより言葉では表現しずらい独特な世界観、立体感に非常に驚きました。
まるで自分の思い出の片隅を思い出しているかのような雰囲気がとても好みです。

NikonD810+SIGMA Art40mmF1.4 DG HSM
1/160 f/2 ISO640 WB AUTO

ボディはこのレンズの性能を十二分に発揮できると感じたNikonD810を選びました。
有効画素数3635万画素という高画素機、じっくりスナップを撮るにはとてもバランスが整っている素晴らしい機種です。
一昔前では考えられない程のお手頃な価格で今は中古を手に入れることが出来ます。

NikonD810+SIGMA Art40mmF1.4 DG HSM
1/800 f/16 ISO400 WB AUTO

また、厳しい条件下でも、綺麗な光芒を描いてくれました。
コントラストもしっかり生きているのが分かります。
40mmにしては重過ぎる重量ではありますが、その分しっかり臨機応変に対応してくれる高性能なレンズです。

NikonD810+SIGMA Art40mmF1.4 DG HSM
1/1250 f/1.4 ISO400 WB AUTO

そして、40mmというあまり単焦点としては多くない焦点域。
50mmだと大きく切り取りすぎてしまう、35mmだと少し広く写りすぎてしまう…
40mmは撮影したいと思ったその場から、周りの雰囲気を入れつつ主題を強調させる写真が撮りやすい画角でした。

NikonD810+SIGMA Art40mmF1.4 DG HSM
1/400 f/4 ISO400 WB AUTO

最後に、今回の撮影はすべて高円寺で撮影しました。
この看板を撮影していたら、お店の方に声をかけられ、そのまま中にお邪魔させて頂きました。

NikonD810+SIGMA Art40mmF1.4 DG HSM
1/125 f/2 ISO2500 WB AUTO

そして大好きなお酒を飲みながら撮影させて頂いて、改めて感じました。
写真と音楽ってすごく似ていると思います。

一言で"写真"と言っても、ポートレートやスナップ、スポーツ、花、風景…
撮影機材の重さや好みのレンズ、アクセサリーも自分に合ったものが存在します。
また、一言で"音楽"と言っても、JAZZやラテン、クラシック、演歌、ロックやアニメソング…
楽器も無限大に存在し、同じジャンルでも人により使う楽器は異なります。

そしてこれらも一言で"ポートレート"と言っても、好みのシチュエーションは無限に存在します。

自分好みの組み合わせを見つけることは、とても難しいです。
合ってると思って信じていたら、なんか違和感を感じたり、周りに流されていたり…
でも、きっとその長い道のりのゴールに辿り着いたら、自分を表現してくれる大切な存在に出逢えることでしょう。

NikonD810+SIGMA Art40mmF1.4 DG HSM
1/125 f/1.4 ISO2500 WB AUTO

これから新年号"令和"に突入し、未来では今では考えられない技術や文化の変化があると思います。
カメラも今以上に使いやすく、軽く、綺麗に撮れる、素晴らしい機材に変わっていくかもしれません…。

ですが、いつの時代もどの年代であっても大切なことは絶対に変わらない。
そんなことを感じさせてくれた素敵なお店でした。

私が写真に出逢えてなければ、このお店のご縁はなかったでしょう。
写真のおかげで、またひとつ、私の行きつけのお店が増えました。

ぜひ皆さまも、休日にカメラを持ってあまり行かない街へお出かけしてみてください。
皆さまが新しい気づきや良い刺激、大切な出逢いに恵まれることを心より願っております。


▼今回使用した機材はこちら▼





〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓


[ Category:SIGMA|掲載日時:2019年04月10日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 2019年06月20日
私は大学一年生の時に、祖父の形見のNikon F4を譲り受け、今でもF4で写真を撮り続けています。 今回はF4で撮影した、どこか懐かしい気分にさせてくれるようなポートレートをご紹介しながらF4の魅力に触れていきたいと思います。 Nikon F4は1988年にフラッグシップ機として発売されました。Nikon F一桁シリーズ初のオートフォーカスが搭載されています。 見た目はとてもメカメカしく、レバーやダイヤルにも存在感があります。シャッタースピードの最高速は1/8000秒。 そして大きくて重量があるのも特...
続きを読む
空を印刷 【写真を楽しむ6月】空を印刷 2019年06月19日
FUJIFILM X100F -今月の空- 6月は梅雨の季節。 防塵防滴のカメラも増え、雨の日でも写真を楽しめる現代ですが、 それでもやはり雨の日は撮影に出かけるのは控えてしまいます。 そんな6月に写真を楽しむ方法のひとつとして、 今までご自身で撮った写真を振り返り、お気に入りの写真を選別・印刷し、 まとめてみることはいかがでしょうか。 私は、毎日の空をFUJIFILM X100Fで撮って楽しんでいます。 今回このブログを書くために、1年間撮り続けた空の写真を整理・選別してみました。 そして...
続きを読む
イメージです 【写真を楽しむ6月】ローライ持って出かけよう! 2019年06月18日
ある日、棚を開けたらローライフレックスが出てきたとします。 「棚からローライ」……出たらいいなぁ… ……なんて願望はともかく、幸運にも二眼レフカメラの雄 ローライフレックスを手に入れることに成功した貴方は、いざ撮影に出かけようとして大変な事に気がつきます。 そう、ストラップがない!! ローライフレックスのほとんどのモデルで、ストラップ取付部が下の写真のような形状になっています。(ローライコードのシリーズは異なります。) 真ん中に心棒が入っているため、通常のスト...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 2019年06月17日
とある平日の午後。東京都東村山市にある北山公園菖蒲苑に行きました。 北山公園菖蒲苑は東村山駅から徒歩で20分ほど。八国山緑地を背景にした自然公園です。 毎年6月上旬から中旬にかけ、300種、8,000株の花菖蒲が開花し、新東京百景にも選ばれています。 この日、首から下げたのは、OLYMPUS OM-4TiとE.ZUIKO AUTO-T 100mm F2.8の組み合わせ。 コンパクトなボディとレンズは、動き回る撮影にぴったりです。 OM-4Tiは1986年に発売され、電子制御布幕横走りフォーカルプレーンシャッターを持...
続きを読む
紫陽花を見上げる 【写真を楽しむ6月】紫陽花を見上げる 2019年06月16日
手に入れてすぐ、 これはめいっぱい楽しむには一脚必須! と確信した RICOH THETA SC。 今後の様々な撮影シーンを見据え、 小さな三脚付きの一脚を購入し、 紫陽花を見に出かけた際に連れていきました。 たくさんの品種が植えられており、 満開時にはそれは美しいようなのですが、まだ見頃はこれからというところ。 現在は、白と緑が上品なアナベルがとてもきれいに咲いていました。 これがやりたかった、中から! まるでこびとになった気分です。 手持ちではできません...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]