2019年3月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング | THE MAP TIMES 
Select Language



2019年3月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング

[ Category:etc.|掲載日時:2019年04月12日 14時45分]






新品デジカメ3月ランキング
1位 RICOH GR III コンパクトデジタルカメラ
2位 Canon EOS RP ミラーレス一眼カメラ
3位 SONY α7III ミラーレス一眼カメラ
4位 SONY α6400 ミラーレス一眼カメラ
5位 FUJIFILM X-T30 ミラーレス一眼カメラ
6位 OLYMPUS Tough TG-5 コンパクトデジタルカメラ
7位 Nikon Z6 ミラーレス一眼カメラ
8位 Canon EOS R ミラーレス一眼カメラ
9位 Canon IXY200 コンパクトデジタルカメラ
10位 Panasonic LUMIX DC-G9 PRO ミラーレス一眼カメラ

RICOH GR III


3月15日発売の RICOH GR III が1位に! …というか、断トツぶっちぎりのトップです。2位に販売台数でダブルスコアの大差をつけています。
価格10万円超えというのは、コンパクトカメラの部門では決してお安くありません。でも昨今の一眼カメラのお値段と比べると、手が出しやすい価格ということでしょうか。
それにしても、GRシリーズの人気は計り知れません。35mm判換算:28mm相当の広角単焦点レンズ搭載というシリーズ初代から変わらぬスタイルですが、常にユーザーの高い支持を集めています。
今回、特にレンズ・センサー・画像処理エンジンといった主要部分を一新、起動速度も大幅にスピードアップするなど画質・性能にとことんこだわった改良がなされ、旧型からの買い換えの方だけでなく新規のファンも大いに獲得したようです。

2位の Canon EOS RP は、3月14日の発売。今回は翌日発売の GRIII に大きく差をつけられてしまいましたが、これは相手が悪かったとしか言いようがありません。
根強い人気を誇る SONY α7III に結構な差をつけての2位ですから、Canon フルサイズミラーレス EOS R の弟分として、十分な人気を得ることに成功したといえます。
EOS R 発売時ほどの予約数には至らなかったのでどうなるかと思いましたが、発売後に新規のお客様が続々ご購入、今回の結果になりました。
EOS R よりさらに小型軽量化されたボディサイズ、価格のお手頃さがお客様の購買意欲を刺激したようです。今は専用のRFレンズのほとんどが大口径の大型レンズですが、今後新レンズの展開によっては人気のさらなる上昇も期待できそうです。

2月発売の SONY α6400 が、今回も4位と好位置をキープ。次いで、3月20日発売というランキングの上ではちょっと不利な感のあった FUJIFILM X-T30 が5位に入る健闘を見せました。
人気の上位機種 X-T3 と同じセンサー・画像処理エンジンを小型ボディに組み込むという、FUJIFILMお得意の戦術が今回も功を奏しました。
今後、同クラスのライバル α6400 とどのような競い合いを見せるか楽しみです。

Nikon Z6 が7位、次いで Canon EOS R が8位と続き、圏外ですが11位に Nikon Z7、12位 SONY α7RIII、13位 SONY α9 という結果に。
そう、いよいよもってフルサイズミラーレス機の争いが熾烈を極めてきました。

今回こちらもランキングに名前が挙がりませんでしたが、3月23日に発売された Panasonic LUMIX DC-S1RとLUMIX DC-S1 も大注目のカメラ。
新発売組の中でも最後の登場となり、スタンダード機でありながらプロニーズに応える動画機能を拡張可能な DC-S1 と、高画質モデルの DC-S1R の2機種同時発売のため、ランキングに登場するだけの売り上げ台数とはなりませんでした。ですが、その性能たるや噂に違わぬ怪物ぶり!
購入されたお客様からも大好評を得ています。中には「過去最高の高解像・高画質を誇るカメラだ!!」と大絶賛の方もいました。
購入を迷われている方がいましたら、是非手に取って試写されることをお勧めします。次の瞬間には、このカメラに1票(?)を投じることになるかもしれません。

先月好調だったマイクロフォーサーズ勢は、今回 Panasonic LUMIX DC-G9 PRO が10位に入るのみとなりました。
好調の要因ともいえる OLYMPUS OM-D E-M1X は、14位に。でも、まだ巻き返しが可能な順位です。
DC-G9 PRO は、価格がこなれてきたこともあり、販売台数を伸ばしていますが、先日新型機 LUMIX DC-G99 を5月23日に発売することが発表されましたので、今後の動向が気になるところです。




中古デジカメ3月ランキング
1位 SONY α7III ミラーレス一眼カメラ
2位 SONY α7II ミラーレス一眼カメラ
3位 Canon EOS 5D Mark III デジタル一眼レフカメラ
4位 Nikon D750 デジタル一眼レフカメラ
5位 Canon EOS 5D Mark IV デジタル一眼レフカメラ
6位 Canon EOS 6D デジタル一眼レフカメラ
7位 FUJIFILM X-T20 ミラーレス一眼カメラ
8位 OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II ミラーレス一眼カメラ
9位 Nikon D850 デジタル一眼レフカメラ
10位 RICOH GR II コンパクトデジタルカメラ

SONY α7III


SONY α7III が、前回に続き中古部門で1位を獲得。次いで α7II と、新品部門では新製品勢に押されていた SONY が、中古部門でのワン・ツーを決めました。

3位以下は、Canonが3機種、Nikonが2機種と、中古部門では相変わらず一眼レフ機が人気を維持しています。
一眼レフ機の中古人気は、発売から時間が経って新品と中古の価格差が大きくなってきたことが大きく影響しています。
さらに一眼レフの新型機が登場すれば、中古ランキングにも大きな変動が起こると思うのですが・・・

7位 FUJIFILM X-T20 や、8位 OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II 、10位 RICOH GR II など、新型機が発売されたばかりの機種のランクインも目立ちます。
このランキングブログをよく見てくださっている方なら、お判りでしょう。
新型機の登場に合わせて、旧型機の買取(下取交換)が増え、商品の数が増加。それにより中古価格が下がり、皆様が豊富な在庫の中からより良いものをお求めやすい価格で購入できる、という図式です。
それだけ皆様がマップカメラでの下取や中古ご購入に信頼を寄せてくださっていることの表れでもあり、我々スタッフにとってもうれしい限りです。




[ Category:etc.|掲載日時:2019年04月12日 14時45分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 2019年06月20日
私は大学一年生の時に、祖父の形見のNikon F4を譲り受け、今でもF4で写真を撮り続けています。 今回はF4で撮影した、どこか懐かしい気分にさせてくれるようなポートレートをご紹介しながらF4の魅力に触れていきたいと思います。 Nikon F4は1988年にフラッグシップ機として発売されました。Nikon F一桁シリーズ初のオートフォーカスが搭載されています。 見た目はとてもメカメカしく、レバーやダイヤルにも存在感があります。シャッタースピードの最高速は1/8000秒。 そして大きくて重量があるのも特...
続きを読む
空を印刷 【写真を楽しむ6月】空を印刷 2019年06月19日
FUJIFILM X100F -今月の空- 6月は梅雨の季節。 防塵防滴のカメラも増え、雨の日でも写真を楽しめる現代ですが、 それでもやはり雨の日は撮影に出かけるのは控えてしまいます。 そんな6月に写真を楽しむ方法のひとつとして、 今までご自身で撮った写真を振り返り、お気に入りの写真を選別・印刷し、 まとめてみることはいかがでしょうか。 私は、毎日の空をFUJIFILM X100Fで撮って楽しんでいます。 今回このブログを書くために、1年間撮り続けた空の写真を整理・選別してみました。 そして...
続きを読む
イメージです 【写真を楽しむ6月】ローライ持って出かけよう! 2019年06月18日
ある日、棚を開けたらローライフレックスが出てきたとします。 「棚からローライ」……出たらいいなぁ… ……なんて願望はともかく、幸運にも二眼レフカメラの雄 ローライフレックスを手に入れることに成功した貴方は、いざ撮影に出かけようとして大変な事に気がつきます。 そう、ストラップがない!! ローライフレックスのほとんどのモデルで、ストラップ取付部が下の写真のような形状になっています。(ローライコードのシリーズは異なります。) 真ん中に心棒が入っているため、通常のスト...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 2019年06月17日
とある平日の午後。東京都東村山市にある北山公園菖蒲苑に行きました。 北山公園菖蒲苑は東村山駅から徒歩で20分ほど。八国山緑地を背景にした自然公園です。 毎年6月上旬から中旬にかけ、300種、8,000株の花菖蒲が開花し、新東京百景にも選ばれています。 この日、首から下げたのは、OLYMPUS OM-4TiとE.ZUIKO AUTO-T 100mm F2.8の組み合わせ。 コンパクトなボディとレンズは、動き回る撮影にぴったりです。 OM-4Tiは1986年に発売され、電子制御布幕横走りフォーカルプレーンシャッターを持...
続きを読む
紫陽花を見上げる 【写真を楽しむ6月】紫陽花を見上げる 2019年06月16日
手に入れてすぐ、 これはめいっぱい楽しむには一脚必須! と確信した RICOH THETA SC。 今後の様々な撮影シーンを見据え、 小さな三脚付きの一脚を購入し、 紫陽花を見に出かけた際に連れていきました。 たくさんの品種が植えられており、 満開時にはそれは美しいようなのですが、まだ見頃はこれからというところ。 現在は、白と緑が上品なアナベルがとてもきれいに咲いていました。 これがやりたかった、中から! まるでこびとになった気分です。 手持ちではできません...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]