【新元号令和、平成を振り返る】平成最後の桜とともに平成のカメラの進化を振り返る | THE MAP TIMES 
Select Language



【新元号令和、平成を振り返る】平成最後の桜とともに平成のカメラの進化を振り返る

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2019年04月12日 10時30分]

OM-D E-M1 Mark II



ここ数年、桜の咲く時期はなぜか多忙なことが多く、
「今年は桜の写真は1枚も撮らなかった」という年も多くありました。

今年の春は、「平成最後」という、少し格別な思いがあるせいか、
桜の写真を撮る機会をいつもより持つことができました。




筆者は、昭和の終わり、高校生の頃に写真を撮り始めました。
当時、フイルムカメラ(キヤノン A-1)で、1枚1枚、丁寧に撮っていたことを思い出します。


OM-D E-M1 Mark II



そんな中、平成のカメラの歴史について思いをめぐらしていて、
あることに気がつきました。

それは、言葉にするとちょっとエラそうですが、

「カメラは平成の30年間、10年代ごとに周期的に大変革を繰り返して来た」

ということです。


OM-D E-M1 Mark II



もう少し詳しく説明しますと、


【平成1桁年代=オートフォーカス(フイルム)一眼レフ】

【平成10年代=デジタル一眼レフ】

【平成20年代=フルサイズ一眼レフとミラーレス一眼】

【平成30年代(令和1桁年代)=フルサイズミラーレス】


OM-D E-M1 Mark II



どの年代も、その年代の初めころか、その少し前に、
先駆的なカメラ(それぞれ、ミノルタα7000、ニコン D1、キヤノン EOS 5D、
パナソニック DMC-G1、ソニー α7等がそれにあたります)が先に登場し、
その年代の初め頃、他社も参入し始め、製品が出揃って新潮流となっていく。

細かく見ていくと多少の誤差がありますが、だいたいこのように言えるかと思います。


OM-D E-M1 Mark II



OM-D E-M1 Mark II




この春、フルサイズミラーレスカメラが各社から出揃いました。
令和の時代にカメラはどう進化していくのか、非常に楽しみです。


もちろん、フルサイズミラーレス以外のカメラ、
一眼レフ、APS-Cフォーマットやマイクロフォーサーズカメラ、
それ以外のカメラも魅力は色褪せません。新製品も多く登場することでしょう。


選択肢が増えることは大変嬉しいことです。
大いに悩みながらフォトライフを楽しみたいものです。





[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2019年04月12日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【写真を楽しむ6月】気軽に持ち出して 2019年06月26日
小柄なパートナー Nikon FM2 【FUJICOLOR 100】 ここ数年近く、 小柄なものを中心にフィルムカメラの人気が再燃しています。 気軽に持ち出しやすく、 ファッション性も高い、 スマホで得られるデジタルな絵柄とは異なるものが撮れる、 こういったところが人々を惹きつけるのでしょうか。 小柄なフィルムカメラといっても、 レンズ交換できるものとそうでないものがあります。 今回はレンズ交換できる小柄なフィルムのなかでも、 定番中の定番、 各所で初心者の方々にもよくオススメさ...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】九十九神と旅を 【写真を楽しむ6月】九十九神と旅を 2019年06月25日
【写真を楽しむ6月】と言うタイトルで連載しておりますブログ、本日は私スタッフEがお送りいたします。 突然ですが皆様、「トランスルーセントミラーテクノロジー」をご存知でしょうか? 古くはキヤノンのペリックスなどにも採用されていた透過ミラーを使用し、入射光を撮像センサーと専用位相差AFセンサーの両方に導くという画期的なシステムです。 今回はその技術を搭載し、時代を先取りした名機である「SONY α99Ⅱ」に「Vario-Sonnar T*24-70mm F2.8 ZA SSM SAL2470Z」をマウントして、福島県へ旅に行...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】GoPro HERO7 ~ 立体 4K Drive ~ 【写真を楽しむ6月】GoPro HERO7 ~ 立体 4K Drive ~ 2019年06月24日
目の前に広がる世界とかけがえのない瞬間 【立体 4K Drive】 【GoPro HERO7のHyperSmooth機能】 GoPro HERO 7で最も注目すべき機能は「HyperSmooth」と呼ばれるジンバル並みの手ぶれ補正機能です。 この機能はスタビライゼーション機能と呼ばれ、いわゆる手ブレ補正機能の役目で驚異的な滑らかな動画を実現します。 実際の走行映像は愛車に乗って上から下へ、下から上へまた左から右へ、右から左へとまるで迷路に迷い込んでしまったような感覚で、一度入ったら抜け出す事の出来ない出口の見えない立...
続きを読む
写真展のご案内 〜 『第49回 ミノックス写真展』 写真展のご案内 〜 『第49回 ミノックス写真展』 2019年06月24日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 『第49回 ミノックス写真展』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
初夏の森を歩く 【写真を楽しむ6月】初夏の森を歩く 2019年06月23日
私はよく森を散歩するのですが、カメラを持って森に入ると色々な発見に出会えます。 焦点距離:106mm 絞り:f5.6 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100 森といえば木漏れ日。 至る所に射し込む光が森の木々をより一層幻想的にしてくれています。 焦点距離:18mm 絞り:f9.0 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100 池、もしくは沼と言うべきでしょうか。 森の妖精でも現れそうな雰囲気です。 焦点距離:250mm 絞り:f9.0 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100 この光景には頬が緩...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]