【新元号令和、平成を振り返る】NIKON AF時代のニュースタンダード | THE MAP TIMES 
Select Language



【新元号令和、平成を振り返る】NIKON AF時代のニュースタンダード

[ Category:Nikon|掲載日時:2019年04月14日 08時00分]


平成を振り返るシリーズ。
今回は1995年(平成7年)発売のNikon (ニコン) Ai AF Nikkor 50mm F1.4Dをご紹介します。

50mmといえば〝標準レンズ"と呼ばれ、人の視線に近い画角ということでカメラ初心者からプロまで幅広く使用されているレンズです。
広角レンズや望遠レンズと比べて特別な効果が無い分、自然でストレートな表現が可能な50mmはまさに定番レンズといえるでしょう。


今回ご紹介するAi AF Nikkor 50mm F1.4Dが発売された頃、カメラ業界ではオートフォーカス(AF)が徐々に広がり、カメラ操作のデジタル化が進められていました。
翌年1996年には当時のフラッグシップ機であるF5が発売されていることを考えると、次世代のAF機に向けた新たなスタンダードとして開発されたことが分かります。


Nikon (ニコン) D800E+Nikon (ニコン) Ai AF Nikkor 50mm F1.4D


Nikon (ニコン) D800E+Nikon (ニコン) Ai AF Nikkor 50mm F1.4D


Nikon (ニコン) D800E+Nikon (ニコン) Ai AF Nikkor 50mm F1.4D


最初の3枚はすべて解放F1.4で撮影しています。
解放付近ではいわゆるクラシカルな描写になり、豊富なボケと柔らかな描写が得られます。
ピント面での線はしっかりと表現され、被写体の質感を損なうことはありません。


Nikon (ニコン) D800E+Nikon (ニコン) Ai AF Nikkor 50mm F1.4D


F2.8で撮影。
開放から2段程度絞れば収差はかなり解消され、被写体を浮き立たせつつ背景はきれいにボケてくれました。


Nikon (ニコン) D800E+Nikon (ニコン) Ai AF Nikkor 50mm F1.4D


F8で撮影。
ここまで絞り込めば線はいよいよはっきりし、とても力強い描写となります。
個人的にはこの時期のニコンのレンズはこの線の力強さが魅力だと思っています。


Nikon (ニコン) D800E+Nikon (ニコン) Ai AF Nikkor 50mm F1.4D


薄暗い階段から延びる影。
最近のデジタルカメラではF値以外にもISO感度の調整でほとんどのシチュエーションを撮影することができるようになりましたが、開放値が明るければより低い感度で撮影することができ、良好な画質を得られやすくなります。
また一眼レフの場合はファインダーで見える像の明るさがレンズの開放値に比例するため、暗い場所でもファインダーが見やすいという恩恵を受けられることも忘れてはいけません。


Nikon (ニコン) D800E+Nikon (ニコン) Ai AF Nikkor 50mm F1.4D


今回の撮影ではAFとMFを共用してみましたが、20年前のレンズとはいえAFは正確に働き、よほど細かな被写体でない限り迷うことはありませんでした。
MFではピントリングのトルクがさすがに軽く感じられるものの、遊びは少なく快適に操作することができました。


ご使用いただく上での注意点は、本レンズのAFはボディ内モーターでのみ動作するため、ボディ内にモーターが無い機種ではAFが使用できません。
また、ミラーレスZ用のNikon (ニコン) マウントアダプター FTZにおいてもAFは作動せず、MFのみ可能となっております。
購入をご検討される際はご注意ください。


いかがでしたでしょうか。
最新のレンズに比べれば見劣りする部分も多く有りますが、それでも撮影する上で必要な最低限の機能は備わっています。
何より開放での柔らかな描写に加え、最新のGタイプやミラーレス用のZレンズと比べても小型軽量なのもうれしいところです。
発売されてから20年以上、多くの人に愛用されてきたこのレンズをぜひお試しください。



今回使用した機材はこちら
Nikon (ニコン) Ai AF Nikkor 50mm F1.4D
Nikon (ニコン) D800E














〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Nikon|掲載日時:2019年04月14日 08時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【増税前にデビュー】Canon RFレンズ必須の1本!? 【増税前にデビュー】Canon RFレンズ必須の1本!? 2019年09月20日
ようやく過ごしやすい気温になってきました。 個人的に夏は好きなので名残惜しいですが、秋は紅葉などの風景写真を撮る楽しみがあります。 とは言うもの、私はまだ夏気分を捨てきれないので、 少しばかりですが涼しい金魚たちを使用したカメラと共にご紹介させてください。 Canon RF35mm F1.8 マクロ IS STM 何やら怪しげな雰囲気を漂わせる作品です。 よく見ると金魚が泳いでいます。 今回使用したレンズは「Canon RF35mm F1.8 マクロ IS STM」です。 選んだ理由は全ての要求を満たしていたから、...
続きを読む
7RM4 - Otus 55 【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 世界最高の標準レンズ 2019年09月20日
ボディ:SONY α7RIV / レンズ:Carl Zeiss Otus 55mm F1.4 マウントアダプター:SIGMA MC-11 キャノンEF用/ソニーE用 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 SONY α7RIV × Carl Zeiss Otus  カールツァイスの中でも圧倒的なパフォーマンスで他の追従を許さないレンズ『Otus』のラインナップ。今回は標準レンズとして位置する『Otus 55mm F1.4』と、フルサイズカメラ世界初、有効画素数6100万画素を持つ『SONY α7RIV』を使用して撮影を行いました。  甲州街道沿いの駐輪場で撮影し...
続きを読む
憧れとその先と 【増税前にデビュー】Leica 憧れとその先と 2019年09月20日
ISO100 SS:1/125 f8 冷夏、酷暑に暴風雨と続いた今年も いつの間にか身を撫ぜる風が 心地よい日柄に落ち着いてまいりました。 油断すると身体もすぐ冷えてしまいますので 衣替えのタイミングは計画的に。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 ISO100 SS:1/250 f2 さて、この度フィルム派の私は ここにきて本格的にデジタル初挑戦。 Mの新鋭【M10-P】で華々しいデビューです。 無論RAW現像も初挑戦で正解が見えるはずもなく、 明るさ調節程度に済ませありのまま撮ってまいりま...
続きを読む
【増税前にデビュー】はじめましてEOSRP 【増税前にデビュー】はじめましてEOSRP 2019年09月19日
はじめましてフルサイズミラーレス。 今回は増税前にデビューという題材で書かせていただきます。 去年から各メーカーで次々と発表され、怒涛の人気を誇っているフルサイズミラーレスカメラ。 キヤノンからもEOS RとEOS RPの2種類が出ています。 今回は私のオススメ、EOSRPについてご紹介させていただきます。 私のEOSRPデビューは夏が始まる少し前です。 初めて手にしたときに女性の手にも収まる大きさと軽さ。 しかしグリップは握りやすく構えやすいカメラだと思いました。 ファインダーでも画...
続きを読む
null 【MapTimes】One More Times!! vol.4【巾着田】 2019年09月18日
THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 月に30本以上掲載されるので 月初に掲載されたブログも月末には見にくくなってしまい勿体ない、、、 と思ったのでもう少しだけ目に留まるようにしたく 不規則ではありますが何本かをピックアップさせていただくことにしました。 今回のキーワードは今まさに旬の「巾着田」 赤い花の絨毯はまさにこの世のものとは思えない景色です。 Ma...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]