Select Language

【新元号令和、平成を振り返る】NIKON AF時代のニュースタンダード

[ Category: Nikon|掲載日時:2019年04月14日 08時00分]

平成を振り返るシリーズ。
今回は1995年(平成7年)発売のNikon (ニコン) Ai AF Nikkor 50mm F1.4Dをご紹介します。

50mmといえば〝標準レンズ"と呼ばれ、人の視線に近い画角ということでカメラ初心者からプロまで幅広く使用されているレンズです。
広角レンズや望遠レンズと比べて特別な効果が無い分、自然でストレートな表現が可能な50mmはまさに定番レンズといえるでしょう。


今回ご紹介するAi AF Nikkor 50mm F1.4Dが発売された頃、カメラ業界ではオートフォーカス(AF)が徐々に広がり、カメラ操作のデジタル化が進められていました。
翌年1996年には当時のフラッグシップ機であるF5が発売されていることを考えると、次世代のAF機に向けた新たなスタンダードとして開発されたことが分かります。


Nikon (ニコン) D800E+Nikon (ニコン) Ai AF Nikkor 50mm F1.4D


Nikon (ニコン) D800E+Nikon (ニコン) Ai AF Nikkor 50mm F1.4D


Nikon (ニコン) D800E+Nikon (ニコン) Ai AF Nikkor 50mm F1.4D


最初の3枚はすべて解放F1.4で撮影しています。
解放付近ではいわゆるクラシカルな描写になり、豊富なボケと柔らかな描写が得られます。
ピント面での線はしっかりと表現され、被写体の質感を損なうことはありません。


Nikon (ニコン) D800E+Nikon (ニコン) Ai AF Nikkor 50mm F1.4D


F2.8で撮影。
開放から2段程度絞れば収差はかなり解消され、被写体を浮き立たせつつ背景はきれいにボケてくれました。


Nikon (ニコン) D800E+Nikon (ニコン) Ai AF Nikkor 50mm F1.4D


F8で撮影。
ここまで絞り込めば線はいよいよはっきりし、とても力強い描写となります。
個人的にはこの時期のニコンのレンズはこの線の力強さが魅力だと思っています。


Nikon (ニコン) D800E+Nikon (ニコン) Ai AF Nikkor 50mm F1.4D


薄暗い階段から延びる影。
最近のデジタルカメラではF値以外にもISO感度の調整でほとんどのシチュエーションを撮影することができるようになりましたが、開放値が明るければより低い感度で撮影することができ、良好な画質を得られやすくなります。
また一眼レフの場合はファインダーで見える像の明るさがレンズの開放値に比例するため、暗い場所でもファインダーが見やすいという恩恵を受けられることも忘れてはいけません。


Nikon (ニコン) D800E+Nikon (ニコン) Ai AF Nikkor 50mm F1.4D


今回の撮影ではAFとMFを共用してみましたが、20年前のレンズとはいえAFは正確に働き、よほど細かな被写体でない限り迷うことはありませんでした。
MFではピントリングのトルクがさすがに軽く感じられるものの、遊びは少なく快適に操作することができました。


ご使用いただく上での注意点は、本レンズのAFはボディ内モーターでのみ動作するため、ボディ内にモーターが無い機種ではAFが使用できません。
また、ミラーレスZ用のNikon (ニコン) マウントアダプター FTZにおいてもAFは作動せず、MFのみ可能となっております。
購入をご検討される際はご注意ください。


いかがでしたでしょうか。
最新のレンズに比べれば見劣りする部分も多く有りますが、それでも撮影する上で必要な最低限の機能は備わっています。
何より開放での柔らかな描写に加え、最新のGタイプやミラーレス用のZレンズと比べても小型軽量なのもうれしいところです。
発売されてから20年以上、多くの人に愛用されてきたこのレンズをぜひお試しください。



今回使用した機材はこちら
Nikon (ニコン) Ai AF Nikkor 50mm F1.4D
Nikon (ニコン) D800E














〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: Nikon|掲載日時:2019年04月14日 08時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!16票


【Panasonic】LUMIX GX7 MarkⅢの気になる機能を使って撮影に挑戦

【Panasonic】LUMIX GX7 MarkⅢの気になる機能を使って撮影に挑戦[2020年02月27日]

Panasonic LUMIX GX7 MarkⅢ レンズ交換式ながら、小型軽量ボディに加え、 ボディ内手振れ補正や、可動式のファインダーなどを搭載し 操作性を兼ね備えたLUMIX GX7 MarkⅢ。 動画撮影をする中で、どうしても入れたてみたい映像があり、 今回は、気になる機能を使って撮影してみました。 インターバル撮影(タイムラプス撮影) 長時間の撮影のようですが、実際には静止画を一定...
続きを読む
【FUJIFILM】X-T4 ついに発表!

【FUJIFILM】X-T4 ついに発表! [2020年02月26日]

富士フイルムより待望の新製品『X-T4』がついに発表されました!一眼レフスタイルの『X-Tシリーズ』は様々な撮影シーンに対応できるフラッグシップ機として、世界的な人気を誇るシリーズです。噂のボディ内手振れ補正はどうなったのか!?新たなフィルムシミュレーションの追加は!?など、マップカメラ的に気になる進化点をご紹介いたします。 5軸手ブレ補正 最大6.5段...
続きを読む
【D780徹底レポート!】第四回 休日の相棒

【D780徹底レポート!】第四回 休日の相棒[2020年02月26日]

マップカメラ本館3階 Nikonフロアスタッフが綴るD780徹底レポート、 第四回となる今回は、機能面やスペックなどの深堀りのお話ではなく、 単純に、筆者のとある休日で写真を楽しんだブログをお送りいたします。 実を言いますと、筆者はプライベートでは新品で5年以上前に買ったカメラを未だ愛用しております。 最新を購入しなくとも、昔のカメラのスペックで充分楽しめると考えてしまう人間で...
続きを読む
【Leica】みんなのライカ

【Leica】みんなのライカ[2020年02月25日]

ライカブティックMapCamera Shinjuku は、2月20日にオープン7周年を迎えることとなりました。 これもひとえに、たくさんのお客様のご愛顧あってのことと心より御礼を申し上げます。 これからもご期待にお応えできるよう、スタッフ一同一丸となって皆様に愛されるお店にして参りたいと思います。 今後とも末永いお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 さて、今日は本館地下スタッフの...
続きを読む
ACROS IIで撮る鎌倉

【FUJIFILM】ACROSⅡで撮る鎌倉[2020年02月25日]

去年の11月に発売された富士フイルムのネオパン100 ACROS II。富士フイルムは、需要の減少と原材料の入手困難により、2018年秋に全ての黒白フィルムの販売を終了していましたが、販売継続を望む声が多く寄せられたことを受けこの度ACROSⅡとして復活したのです!価格高騰や生産終了などのニュースが相次ぐ中、この復活はとてもうれしいニュースです。 今回はそんなACROSⅡを使って鎌倉で撮影をしてき...
続きを読む