Select Language

【新元号令和、平成を振り返る】NIKON AF時代のニュースタンダード

[ Category: Nikon|掲載日時:2019年04月14日 08時00分]

平成を振り返るシリーズ。
今回は1995年(平成7年)発売のNikon (ニコン) Ai AF Nikkor 50mm F1.4Dをご紹介します。

50mmといえば〝標準レンズ"と呼ばれ、人の視線に近い画角ということでカメラ初心者からプロまで幅広く使用されているレンズです。
広角レンズや望遠レンズと比べて特別な効果が無い分、自然でストレートな表現が可能な50mmはまさに定番レンズといえるでしょう。


今回ご紹介するAi AF Nikkor 50mm F1.4Dが発売された頃、カメラ業界ではオートフォーカス(AF)が徐々に広がり、カメラ操作のデジタル化が進められていました。
翌年1996年には当時のフラッグシップ機であるF5が発売されていることを考えると、次世代のAF機に向けた新たなスタンダードとして開発されたことが分かります。


Nikon (ニコン) D800E+Nikon (ニコン) Ai AF Nikkor 50mm F1.4D


Nikon (ニコン) D800E+Nikon (ニコン) Ai AF Nikkor 50mm F1.4D


Nikon (ニコン) D800E+Nikon (ニコン) Ai AF Nikkor 50mm F1.4D


最初の3枚はすべて解放F1.4で撮影しています。
解放付近ではいわゆるクラシカルな描写になり、豊富なボケと柔らかな描写が得られます。
ピント面での線はしっかりと表現され、被写体の質感を損なうことはありません。


Nikon (ニコン) D800E+Nikon (ニコン) Ai AF Nikkor 50mm F1.4D


F2.8で撮影。
開放から2段程度絞れば収差はかなり解消され、被写体を浮き立たせつつ背景はきれいにボケてくれました。


Nikon (ニコン) D800E+Nikon (ニコン) Ai AF Nikkor 50mm F1.4D


F8で撮影。
ここまで絞り込めば線はいよいよはっきりし、とても力強い描写となります。
個人的にはこの時期のニコンのレンズはこの線の力強さが魅力だと思っています。


Nikon (ニコン) D800E+Nikon (ニコン) Ai AF Nikkor 50mm F1.4D


薄暗い階段から延びる影。
最近のデジタルカメラではF値以外にもISO感度の調整でほとんどのシチュエーションを撮影することができるようになりましたが、開放値が明るければより低い感度で撮影することができ、良好な画質を得られやすくなります。
また一眼レフの場合はファインダーで見える像の明るさがレンズの開放値に比例するため、暗い場所でもファインダーが見やすいという恩恵を受けられることも忘れてはいけません。


Nikon (ニコン) D800E+Nikon (ニコン) Ai AF Nikkor 50mm F1.4D


今回の撮影ではAFとMFを共用してみましたが、20年前のレンズとはいえAFは正確に働き、よほど細かな被写体でない限り迷うことはありませんでした。
MFではピントリングのトルクがさすがに軽く感じられるものの、遊びは少なく快適に操作することができました。


ご使用いただく上での注意点は、本レンズのAFはボディ内モーターでのみ動作するため、ボディ内にモーターが無い機種ではAFが使用できません。
また、ミラーレスZ用のNikon (ニコン) マウントアダプター FTZにおいてもAFは作動せず、MFのみ可能となっております。
購入をご検討される際はご注意ください。


いかがでしたでしょうか。
最新のレンズに比べれば見劣りする部分も多く有りますが、それでも撮影する上で必要な最低限の機能は備わっています。
何より開放での柔らかな描写に加え、最新のGタイプやミラーレス用のZレンズと比べても小型軽量なのもうれしいところです。
発売されてから20年以上、多くの人に愛用されてきたこのレンズをぜひお試しください。



今回使用した機材はこちら
Nikon (ニコン) Ai AF Nikkor 50mm F1.4D
Nikon (ニコン) D800E














〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: Nikon|掲載日時:2019年04月14日 08時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!16票


D780徹底レポート!

【D780徹底レポート!】第二回 魅惑のDタイプレンズ[2020年02月12日]

この度発売となったD780、その魅力をマップカメラNikon担当スタッフがご紹介するブログ連載の第二弾。 第二弾でご紹介するのはDタイプとも呼ばれる、カメラ内蔵モーターによってAFを駆動させるレンズ3種とD780の組み合わせです。 DタイプレンズはZシリーズでもマウントアダプターFTZを介することで装着することができますが、内蔵モーターがないためAFは駆動しません。しかし、Fマウントを受け継い...
続きを読む
D780 + 24-85/3.5-4.5G VR

【D780徹底レポート!】第一回 鉄板標準ズームでお散歩[2020年02月05日]

Nikon D780 × AF-S NIKKOR 24-85mm F3.5-4.5G ED VR 【 1/640 | f4.5 | ISO 100 】 今年のNikonは年明け早々からカメラ業界を賑やかしてくれました。 およそ6年の間を空け、 ミドルレンジのデジタル一眼レフとして待望の新型機が登場しました。 D780。 760でも770でもない、圧倒的な進化を遂げた最新機。 このD780の魅力をいろんな視点からレビューすべく、 マップカメラ本館のNikon担当フロ...
続きを読む
null

【Nikon】開放F値1.2!1977年生まれの元祖ノクトの作例[2020年01月24日]

先日より連載しております「NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」企画。本日は、元祖ノクトニッコールを最新のボディであるZ7と組み合わせて、すべて開放F値1.2で撮影してきました。1977年(昭和52年)生まれの実力やいかに! ショーウインドウに飾られたスパンコールが付いたバッグ。ベージュ系の優しい色合いの服飾に似合うやわらかい描写です。 街角に貼られたステッカー群。目が合った気がして...
続きを読む
「かたち」あるものを探して【Nikon】

【街で見つけた形にフォーカス】「かたち」あるものを探して【Nikon】[2020年01月24日]

こんにちは。 今回のテーマが「街で見つけた形にフォーカス」 ということで、Nikon D800を通して 「かたち」あるものを探してみました。 さっそくご紹介させていただきます。 公園にはいろんな形の遊具があります。 形を意識して写真全体を見ると、 木々や雲もあっていろんな「かたち」が見られます。 平日は夕方になると学校が終わった子供たちや 幼稚園、保育園等が終わった親子連れが ...
続きを読む
null

【街で見つけた形にフォーカス】ミラーレスで行くさんぽみち~成田参道~ 【Nikon】[2020年01月22日]

先日、久しぶりに成田参道を成田山に向かってぶらぶらと散歩に出かけてみました。 今回のお供はNikon Z50 16-50kitです。 この組み合わせのコンパクトさは素晴らしいと思います。 手元に構えても大きさがまったく気にならない。 グリップのホールディングの良さは歴代のニコンの機体から受け継がれたものを感じられます。 さて、1月の土・日曜日といえば成田の街中は人混みですごいイメー...
続きを読む