Select Language

【新元号令和、平成を振り返る】Canonの名機5D MarkIIと世界を歩く

[ Category: Canon|掲載日時:2019年04月15日 18時30分]



Canon EOS 5D MarkII
スイス ゴルナーグラート展望台

新元号『令和』を迎えるにあたって、平成を振り返る。

遡るは10年ほど前、今回は私が平成20年ごろに練り歩いたヨーロッパの写真を振り返ります。

私の愛する名機『EOS 5D MarkII』とレンズ数本を抱えて3ヶ月間ヨーロッパ一周、12カ国の旅へ出発。
その時は若くまだお金がなくレンズはサードパーティでしたが、
EOS 5D MarkIIが私の旅路をしっかり記録してくれました。



Canon EOS 5D MarkII
オーストリア ザルツブルグ

映画サウンドオブミュージックの舞台として知られる街。
スイスが近い事もあり、空気が澄んでいてとても気持ちの良い街でした。


Canon EOS 5D MarkII
ハンガリー ブタペスト



Canon EOS 5D MarkII
チェコ プラハ



Canon EOS 5D MarkII
オランダ ザーンセ・スカンス



Canon EOS 5D MarkII
ドイツ ローテンブルク



Canon EOS 5D MarkII
イギリス ハワース

イングランドにある田舎町。
機材や3ヶ月分の荷物約30キロ。
PC、カメラ、レンズだけで荷物の半分の重さを占めていました。
この町は坂道が多く、登るのに苦労しました。


Canon EOS 5D MarkII
フランス パリ



Canon EOS 5D MarkII
デンマーク コペンハーゲン



Canon EOS 5D MarkII
イタリア ヴェネツィア



Canon EOS 5D MarkII
オーストリア ウィーン



Canon EOS 5D MarkII
ルクセンブルク



Canon EOS 5D MarkII
スイス ベルン

世界遺産の街。
古く雰囲気のある家が並び、とても写真の撮り甲斐がある街でした。


Canon EOS 5D MarkII
イタリア ローマ



Canon EOS 5D MarkII
バチカン市国 バチカン宮殿

バチカン宮殿を訪れた日、タイミングよくお祭りが開催されており、ローマ法王を目にすることが出来ました。
まさかお会い出来るとは思わず、とても光栄でした。


Canon EOS 5D MarkII
ベルギー ブルージュ



Canon EOS 5D MarkII
イタリア フィレンツィエ



Canon EOS 5D MarkII
スイス ベルン



Canon EOS 5D MarkII
オランダ アムステルダム


数え切れないほどの街をめぐったので全ての街を紹介することは出来ませんでしたが、
各国の素晴らしい風景をお伝え出来ていたら幸いです。
英語が全く話せないにも関わらず勢いに任せて飛び出した旅行でしたが、非常に良い経験となりました。

EOS 5Dシリーズは今やMarkⅣまで発売されています。
新しくなるに連れて解像力やAFが良くなっていき、平成の中で5Dは成長していったと思います。
その中でも一番思い入れのある機種は平成20年に発売されたEOS 5D MarkIIです。
数々のプロカメラマンもお世話になった機種ではないでしょうか。

現行機種と比べると本体は重く、シャッター音は大きく、ISOを上げるとノイズも出ます。
それでも当時は非常に使い易く、各フィールドで活躍したCanonの名機と言えます。

世界を歩きながら共にしたこの名機は、私にとって平成の中で大きな思い出です。



↓今回使用した機材はコチラ!↓








〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: Canon|掲載日時:2019年04月15日 18時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!28票


【Canon】BAZOOKA日記 Vol.3

【Canon】BAZOOKA日記 Vol.3[2019年12月12日]

夏の撮影以来、4ヵ月ぶりの超望遠レンズでの撮影に行って参りました。 12月1日、向かったのは茨城県。百里基地航空祭2019で航空機の撮影に挑みました。 私自身、ブルーインパルスの展示飛行を生で見るのは初めてで、どのように撮るのか模索しながらの撮影となりました。 絞り:F5.6 シャッタースピード:1/1250秒 ISO:250 今回は、 Canon (キヤノン) EOS 7D Mark II Canon (キヤノン)...
続きを読む
楽器を撮る。

【Canon】楽器を撮る。[2019年12月06日]

楽器を演奏する姿はかっこいい。 カメラを手にしてから、一番に撮りたいと思っていたのが、バンドのライブ写真だった。 私がギターを弾くという事もあり、自然に浮かんだ被写体だったからだ。 ひとつひとつのバンドが個性的で、撮影している時はとても楽しく、過ぎる時間はあっという間だ。 ライブ写真の中で、ギターに注目して今回のブログを書いてみた。 新品のギターも好きだが...
続きを読む
【11月30日はカメラの日】

【11月30日はカメラの日】私がEOS Rを選んだ理由[2019年11月16日]

11月30日はカメラの日という事で、 今回は手持ち機材のニューフェイス「EOS R」をご紹介します。 恥ずかしながら私も購入後まだまだ使い倒せてはいないのですが、 「EOS R」は初のRFマウントボディと言う事でお買い換えを悩まれている方も多いかと思いますので、 今回は私が「EOS R」を選んだ理由をお話しします。 私がキヤノンの一眼レフを使い始めたきっかけは、 以前の職場で仕...
続きを読む
【Canon + TAMRON】2019、秋、沖縄

【Canon + TAMRON】2019年、秋、沖縄[2019年11月14日]

EOS Kiss X9に Canon EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM TAMRON 35-150mm F2.8-4 Di VC OSD/Model A043E の組み合わせで撮影に向かいました。 Canon Kiss X9はAPS-Cセンサーなので、画角は1.6倍です。 広角レンズと望遠レンズで全く異なる景色の切り取り方になるので、自分の好きな画角を探す良き機会になりました。 これを読んでくださっている方も、ご自身の好みの画角をぜひ選んでみてくだ...
続きを読む
秋風に手を振って

【Canon】11月、秋風に手を振って ー憧れー[2019年11月12日]

待っていました。頬撫でる風に秋の匂いが混ざるこの時を。 待っていました。憧れ続けたこのカメラを使えるその時を。 キヤノンユーザーならば一度は使ってみたいと思うカメラ、「EOS-1DX MarkⅡ」。左肩には誇らしげに輝く「D」のバッジを配し、日本の、ひいては世界の報道やスポーツ現場の“今”を伝え続けたメッセンジャー。 そのカメラに「EF85mm f1.2L Ⅱ USM」を装着し、夢の島へ行ってま...
続きを読む