Select Language

【SIGMA】マウントコンバーターMC-21発売開始!

[ Category: SIGMA|掲載日時:2019年04月19日 15時00分]




null


フルサイズミラーレスLマウントユーザーのお客様、大変お待たせいたしました。
使用できる交換レンズ数が広がる大好評のマウントコンバーター「MC-21」、本日発売開始です!
ラインナップがまだまだ限定的なLマウントにあって、既に発売されているEFマウントレンズやSAマウントレンズを取り付けられます。これは素晴らしい。


null


2019年4月19日時点で、対応を謳うレンズは以下の通りです。

【35mmフルサイズ】
12-24mm F4 DG HSM | Art
14-24mm F2.8 DG HSM | Art
24-35mm F2 DG HSM | Art
24-70mm F2.8 DG OS HSM | Art
24-105mm F4 DG OS HSM | Art
60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM | Sports
70-200mm F2.8 DG OS HSM | Sports
100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary
120-300mm F2.8 DG OS HSM | Sports
150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports
150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary
14mm F1.8 DG HSM | Art(※)
20mm F1.4 DG HSM | Art(※)
24mm F1.4 DG HSM | Art(※)
28mm F1.4 DG HSM | Art(※)
35mm F1.4 DG HSM | Art(※)
40mm F1.4 DG HSM | Art(※)
50mm F1.4 DG HSM | Art(※)
70mm F2.8 DG MACRO | Art(※)
85mm F1.4 DG HSM | Art(※)
105mm F1.4 DG HSM | Art(※)
135mm F1.8 DG HSM | Art(※)
500mm F4 DG OS HSM | Sports

【APS-Cサイズ】
17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM | Contemporary
18-35mm F1.8 DC HSM | Art
18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM | Contemporary
18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM | Contemporary
50-100mm F1.8 DC HSM | Art
30mm F1.4 DC HSM | Art

※ Lマウント用には、MC-21は必要ありません(現時点でいずれも未発売)
・テレコンバーターとの併用不可
・対応レンズ以外の作動は保証しておりません

※ AF-Cモード非対応


本日はMC-21を介して取り付けられる交換レンズの中から、マップカメラで特に人気のある3本をピックアップ。
Panasonic S1Rと組み合わせてみました。



SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM + Panasonic LUMIX S1R

SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM +Panasonic LUMIX S1R


2012年、Artシリーズの記念すべき1本目として発売されたArt 35mm F1.4 DG HSMを取り付けてみました。
発売から今年で7年を迎えようとしていますが、その描写力の高さから今もって第一線で活躍しているレンズです。

S1Rに本レンズを取り付け、MFでピントを追い込んでいくと、そのエッジの鋭さに「良い写真が撮れそう」という気持ちが自然と湧いてきます。
有効約4730万画素を誇るS1Rと組み合わせることで、ディテールに富んだ精細な写真が撮れること間違いなしです。



SIGMA Comtemporary 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM + Panasonic LUMIX S1R

SIGMA Comtemporary 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM +Panasonic LUMIX S1R


2017年4月に発売されたComtemporary 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM。
現在パナソニックから出ているLマウント最長焦点距離は200mm止まりのため、このような超望遠ズームレンズを選択できるのは嬉しいポイントです。
一眼レフに匹敵する大型ボディも相まって、ハンドリングの良さが光るアイテムです。



Canon EF24-70mm F2.8L II USM + Panasonic LUMIX S1R
Canon EF24-70mm F2.8L II USM +Panasonic LUMIX S1R


個人的に「おっ!」と思った組み合わせがこちら。
まず外観の印象が、異なるメーカーの組み合わせとは思えないほど統一感が取れています。
カメラ側のモードダイヤルに配置された赤リングとレンズ側の赤帯、予想をはるかに超えるマッチングに脱帽です。
簡単にAF動作も試してみましたが、動作保証の対象外とはいえAF精度および速度も純正ボディを使用しているときと変わらない印象を受けました。
キヤノンEFレンズをお持ちのユーザーは、お試し必見です。



初の試み。マウントによって価格が異なります。
MC-21は対応マウントによって価格が異なります。
ご自身のレンズマウント合わせた仕様をお求めください。









〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: SIGMA|掲載日時:2019年04月19日 15時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!25票


Shinjuku

【街で見つけた形にフォーカス】NikonのライカLレンズをSONYで撮る[2020年01月27日]

ボディ:SONY α7RIV / レンズ:Nikon W Nikkor 3.5cm F2.5 (L39) マウントアダプター:K&F Concept KF-LME - Voigtlander L/Mリング 35/135用  NikonのLレンズ?と思った方もいると思います。今回使用したのは、NikonのL39マウントレンズ、Nikkor 3.5cm F2.5です。今回は、コンパクトながらも準広角レンズであり、F2.5とスナップとしては十分な明るさをもつ、『W Nikkor 3.5cm F2.5』を使用して撮影を...
続きを読む
ねずみ年とRP

【街で見つけた形にフォーカス】ねずみ年とRP【Canon】[2020年01月26日]

2020年。 早くも1ヵ月が過ぎようとしています。 2020年の干支はねずみ。 ねずみの形を探してみようかと考えましたが私の頭に浮かんだねずみは一つでした。 入門向けのフルサイズミラーレスEOS RPと使い勝手に定評のあるRF24-105/F4を携えて、とあるテーマパークへ行ってきました。 まず使用してみて感じたことは『軽い』と言う事。 筆者は2019年に発売されたフルサイズミラー...
続きを読む
α6500 ボディ ILCE-6500 + SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z

【街で見つけた形にフォーカス】曇天から斜陽【SONY】[2020年01月25日]

街で見つけた形にフォーカス。 あっという間に令和2年目を迎えた1月の中旬、曇天模様の空の下、多摩センター駅周辺を散策することにしました。 この辺りは昔からの生活県内であり見慣れた街なのですが、ファインダーを通し新たな「形」の発見を期待して来たのでした。 雨が降らないことを祈りつつ、散策を始めます。 駅を出てすぐ、六角形のガラス張りの天蓋が二基。 あいにくの曇り空です...
続きを読む
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

【街で見つけた形にフォーカス】気ままにスナップin下北沢【OLYMPUS】[2020年01月25日]

今回の撮影場所は下北沢です。小田急線の地下化工事が終わり、ここ5年程の間に周辺の開発が進み、地上の景色もだいぶ様変わりしてきました。 そんな下北沢でカメラを手に、お散歩スナップして参りました。気になるものに気ままにフォーカス。短いひと時でしたが、楽しい撮影でした。 以前にも似たようなことを書きましたが、真冬の撮影は日の傾きが思いのほか早く、ちょうどよく...
続きを読む
null

【Nikon】開放F値1.2!1977年生まれの元祖ノクトの作例[2020年01月24日]

先日より連載しております「NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」企画。本日は、元祖ノクトニッコールを最新のボディであるZ7と組み合わせて、すべて開放F値1.2で撮影してきました。1977年(昭和52年)生まれの実力やいかに! ショーウインドウに飾られたスパンコールが付いたバッグ。ベージュ系の優しい色合いの服飾に似合うやわらかい描写です。 街角に貼られたステッカー群。目が合った気がして...
続きを読む