【SIGMA】マウントコンバーターMC-21発売開始! | THE MAP TIMES 
Select Language



【SIGMA】マウントコンバーターMC-21発売開始!

[ Category:SIGMA|掲載日時:2019年04月19日 15時00分]





null


フルサイズミラーレスLマウントユーザーのお客様、大変お待たせいたしました。
使用できる交換レンズ数が広がる大好評のマウントコンバーター「MC-21」、本日発売開始です!
ラインナップがまだまだ限定的なLマウントにあって、既に発売されているEFマウントレンズやSAマウントレンズを取り付けられます。これは素晴らしい。


null


2019年4月19日時点で、対応を謳うレンズは以下の通りです。

【35mmフルサイズ】
12-24mm F4 DG HSM | Art
14-24mm F2.8 DG HSM | Art
24-35mm F2 DG HSM | Art
24-70mm F2.8 DG OS HSM | Art
24-105mm F4 DG OS HSM | Art
60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM | Sports
70-200mm F2.8 DG OS HSM | Sports
100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary
120-300mm F2.8 DG OS HSM | Sports
150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports
150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary
14mm F1.8 DG HSM | Art(※)
20mm F1.4 DG HSM | Art(※)
24mm F1.4 DG HSM | Art(※)
28mm F1.4 DG HSM | Art(※)
35mm F1.4 DG HSM | Art(※)
40mm F1.4 DG HSM | Art(※)
50mm F1.4 DG HSM | Art(※)
70mm F2.8 DG MACRO | Art(※)
85mm F1.4 DG HSM | Art(※)
105mm F1.4 DG HSM | Art(※)
135mm F1.8 DG HSM | Art(※)
500mm F4 DG OS HSM | Sports

【APS-Cサイズ】
17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM | Contemporary
18-35mm F1.8 DC HSM | Art
18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM | Contemporary
18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM | Contemporary
50-100mm F1.8 DC HSM | Art
30mm F1.4 DC HSM | Art

※ Lマウント用には、MC-21は必要ありません(現時点でいずれも未発売)
・テレコンバーターとの併用不可
・対応レンズ以外の作動は保証しておりません

※ AF-Cモード非対応


本日はMC-21を介して取り付けられる交換レンズの中から、マップカメラで特に人気のある3本をピックアップ。
Panasonic S1Rと組み合わせてみました。



SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM + Panasonic LUMIX S1R

SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM +Panasonic LUMIX S1R


2012年、Artシリーズの記念すべき1本目として発売されたArt 35mm F1.4 DG HSMを取り付けてみました。
発売から今年で7年を迎えようとしていますが、その描写力の高さから今もって第一線で活躍しているレンズです。

S1Rに本レンズを取り付け、MFでピントを追い込んでいくと、そのエッジの鋭さに「良い写真が撮れそう」という気持ちが自然と湧いてきます。
有効約4730万画素を誇るS1Rと組み合わせることで、ディテールに富んだ精細な写真が撮れること間違いなしです。



SIGMA Comtemporary 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM + Panasonic LUMIX S1R

SIGMA Comtemporary 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM +Panasonic LUMIX S1R


2017年4月に発売されたComtemporary 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM。
現在パナソニックから出ているLマウント最長焦点距離は200mm止まりのため、このような超望遠ズームレンズを選択できるのは嬉しいポイントです。
一眼レフに匹敵する大型ボディも相まって、ハンドリングの良さが光るアイテムです。



Canon EF24-70mm F2.8L II USM + Panasonic LUMIX S1R
Canon EF24-70mm F2.8L II USM +Panasonic LUMIX S1R


個人的に「おっ!」と思った組み合わせがこちら。
まず外観の印象が、異なるメーカーの組み合わせとは思えないほど統一感が取れています。
カメラ側のモードダイヤルに配置された赤リングとレンズ側の赤帯、予想をはるかに超えるマッチングに脱帽です。
簡単にAF動作も試してみましたが、動作保証の対象外とはいえAF精度および速度も純正ボディを使用しているときと変わらない印象を受けました。
キヤノンEFレンズをお持ちのユーザーは、お試し必見です。



初の試み。マウントによって価格が異なります。
MC-21は対応マウントによって価格が異なります。
ご自身のレンズマウント合わせた仕様をお求めください。









〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SIGMA|掲載日時:2019年04月19日 15時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

空を印刷 【写真を楽しむ6月】空を印刷 2019年06月19日
FUJIFILM X100F -今月の空- 6月は梅雨の季節。 防塵防滴のカメラも増え、雨の日でも写真を楽しめる現代ですが、 それでもやはり雨の日は撮影に出かけるのは控えてしまいます。 そんな6月に写真を楽しむ方法のひとつとして、 今までご自身で撮った写真を振り返り、お気に入りの写真を選別・印刷し、 まとめてみることはいかがでしょうか。 私は、毎日の空をFUJIFILM X100Fで撮って楽しんでいます。 今回このブログを書くために、1年間撮り続けた空の写真を整理・選別してみました。 そして...
続きを読む
イメージです 【写真を楽しむ6月】ローライ持って出かけよう! 2019年06月18日
ある日、棚を開けたらローライフレックスが出てきたとします。 「棚からローライ」……出たらいいなぁ… ……なんて願望はともかく、幸運にも二眼レフカメラの雄 ローライフレックスを手に入れることに成功した貴方は、いざ撮影に出かけようとして大変な事に気がつきます。 そう、ストラップがない!! ローライフレックスのほとんどのモデルで、ストラップ取付部が下の写真のような形状になっています。(ローライコードのシリーズは異なります。) 真ん中に心棒が入っているため、通常のスト...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 2019年06月17日
とある平日の午後。東京都東村山市にある北山公園菖蒲苑に行きました。 北山公園菖蒲苑は東村山駅から徒歩で20分ほど。八国山緑地を背景にした自然公園です。 毎年6月上旬から中旬にかけ、300種、8,000株の花菖蒲が開花し、新東京百景にも選ばれています。 この日、首から下げたのは、OLYMPUS OM-4TiとE.ZUIKO AUTO-T 100mm F2.8の組み合わせ。 コンパクトなボディとレンズは、動き回る撮影にぴったりです。 OM-4Tiは1986年に発売され、電子制御布幕横走りフォーカルプレーンシャッターを持...
続きを読む
紫陽花を見上げる 【写真を楽しむ6月】紫陽花を見上げる 2019年06月16日
手に入れてすぐ、 これはめいっぱい楽しむには一脚必須! と確信した RICOH THETA SC。 今後の様々な撮影シーンを見据え、 小さな三脚付きの一脚を購入し、 紫陽花を見に出かけた際に連れていきました。 たくさんの品種が植えられており、 満開時にはそれは美しいようなのですが、まだ見頃はこれからというところ。 現在は、白と緑が上品なアナベルがとてもきれいに咲いていました。 これがやりたかった、中から! まるでこびとになった気分です。 手持ちではできません...
続きを読む
null 【写真を楽しむ6月】Tokyo Reflection 2019年06月15日
  筆者は昔から、建物のガラスなどに「反射した光」に惹かれ、 気が付けばカメラを向けていることが多くありました。 梅雨に入り、曇りがちの天気が続いております。 晴天のようなドラマチックな光線状態は望めません。 そんな中、「反射した光=Reflection」をテーマに最近撮影した写真を集めてみました。 東京タワーは昔から好きな被写体です。 普通に撮影すると平凡になってしまうため、ビルのガラスに反射する姿を狙ってみました。 道端の道路標識が、車のヘッドライトに照らさ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]