Select Language

【SIGMA】マウントコンバーターMC-21発売開始!

[ Category: SIGMA|掲載日時:2019年04月19日 15時00分]




null


フルサイズミラーレスLマウントユーザーのお客様、大変お待たせいたしました。
使用できる交換レンズ数が広がる大好評のマウントコンバーター「MC-21」、本日発売開始です!
ラインナップがまだまだ限定的なLマウントにあって、既に発売されているEFマウントレンズやSAマウントレンズを取り付けられます。これは素晴らしい。


null


2019年4月19日時点で、対応を謳うレンズは以下の通りです。

【35mmフルサイズ】
12-24mm F4 DG HSM | Art
14-24mm F2.8 DG HSM | Art
24-35mm F2 DG HSM | Art
24-70mm F2.8 DG OS HSM | Art
24-105mm F4 DG OS HSM | Art
60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM | Sports
70-200mm F2.8 DG OS HSM | Sports
100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary
120-300mm F2.8 DG OS HSM | Sports
150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports
150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary
14mm F1.8 DG HSM | Art(※)
20mm F1.4 DG HSM | Art(※)
24mm F1.4 DG HSM | Art(※)
28mm F1.4 DG HSM | Art(※)
35mm F1.4 DG HSM | Art(※)
40mm F1.4 DG HSM | Art(※)
50mm F1.4 DG HSM | Art(※)
70mm F2.8 DG MACRO | Art(※)
85mm F1.4 DG HSM | Art(※)
105mm F1.4 DG HSM | Art(※)
135mm F1.8 DG HSM | Art(※)
500mm F4 DG OS HSM | Sports

【APS-Cサイズ】
17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM | Contemporary
18-35mm F1.8 DC HSM | Art
18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM | Contemporary
18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM | Contemporary
50-100mm F1.8 DC HSM | Art
30mm F1.4 DC HSM | Art

※ Lマウント用には、MC-21は必要ありません(現時点でいずれも未発売)
・テレコンバーターとの併用不可
・対応レンズ以外の作動は保証しておりません

※ AF-Cモード非対応


本日はMC-21を介して取り付けられる交換レンズの中から、マップカメラで特に人気のある3本をピックアップ。
Panasonic S1Rと組み合わせてみました。



SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM + Panasonic LUMIX S1R

SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM +Panasonic LUMIX S1R


2012年、Artシリーズの記念すべき1本目として発売されたArt 35mm F1.4 DG HSMを取り付けてみました。
発売から今年で7年を迎えようとしていますが、その描写力の高さから今もって第一線で活躍しているレンズです。

S1Rに本レンズを取り付け、MFでピントを追い込んでいくと、そのエッジの鋭さに「良い写真が撮れそう」という気持ちが自然と湧いてきます。
有効約4730万画素を誇るS1Rと組み合わせることで、ディテールに富んだ精細な写真が撮れること間違いなしです。



SIGMA Comtemporary 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM + Panasonic LUMIX S1R

SIGMA Comtemporary 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM +Panasonic LUMIX S1R


2017年4月に発売されたComtemporary 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM。
現在パナソニックから出ているLマウント最長焦点距離は200mm止まりのため、このような超望遠ズームレンズを選択できるのは嬉しいポイントです。
一眼レフに匹敵する大型ボディも相まって、ハンドリングの良さが光るアイテムです。



Canon EF24-70mm F2.8L II USM + Panasonic LUMIX S1R
Canon EF24-70mm F2.8L II USM +Panasonic LUMIX S1R


個人的に「おっ!」と思った組み合わせがこちら。
まず外観の印象が、異なるメーカーの組み合わせとは思えないほど統一感が取れています。
カメラ側のモードダイヤルに配置された赤リングとレンズ側の赤帯、予想をはるかに超えるマッチングに脱帽です。
簡単にAF動作も試してみましたが、動作保証の対象外とはいえAF精度および速度も純正ボディを使用しているときと変わらない印象を受けました。
キヤノンEFレンズをお持ちのユーザーは、お試し必見です。



初の試み。マウントによって価格が異なります。
MC-21は対応マウントによって価格が異なります。
ご自身のレンズマウント合わせた仕様をお求めください。









〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: SIGMA|掲載日時:2019年04月19日 15時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!19票


null

【SIGMA】しぐまびより Part32[2019年11月07日]

SIGMA fp 発売から約2週間。 ユーザーの方達も撮影を楽しんでいらっしゃると思います。 今回は fp に Lマウントレンズの SIGMA Art 14-24mm F2.8 DG DN と MC-21 で Art 70mm F2.8 DG MACRO を装着して 撮影したブログをご紹介させていただきます。 Art 14-24mm F2.8 DG DN はその超広角からのスペックから考えると 驚くほど小ぶりで軽量なレンズです。 冒頭の一枚目は Art 14-24mm F2.8 DG DN で撮影。 ただまっすぐ上を見上げただけですが、超広角の画角が ダイナミックに演出して...
続きを読む
Merrillといっしょ、にころぶ

【SIGMA】Merrillといっしょ、にころぶ[2019年11月04日]

皆さんは色被りはお好きですか? 正直あまり好きな方はいないことを承知で聞いてみました。 突然こんなことを尋ねたのは私が緑に転んだ写真が好きだからであり、これから紹介する写真はそんな写真ばかりだからです。 今回は気づけば私のメインのカメラになってしまった、SIGMAのDP2 Merrillをご紹介します。 既にご存知かとは思いますが、このカメラは万人が使いやすい万能カメラではありません。 独特の緑の色被りがでることもありますし、暗いところも少し苦手です。 ただ...
続きを読む
SIGMA fp&C 45mmF2.8

【SIGMA】「拡がる「fp」の世界」[2019年10月29日]

SIGMA fp 今回のブログではKASYAPAでご紹介できなかった機能についてご紹介させていただきます。 まずは今回から追加されたアスペクト比 [A判 (√2:1)] の画角をご紹介させていただきます。 [3:2] が 6,000×4,000 に対し [A判 (√2:1)] が5,664×4,000。 デザインや印刷に関わっている方にとっては馴染のある言葉かもしれませんが、 A判の(√2:1)表記は初めての方もいらっしゃると思います。当の私も初めて知りました。。 [A判 (√2:1)] [3:2] これは「白銀比」とも呼ばれ...
続きを読む
Contemporary 30mm F1.4 DC DN(マイクロフォーサーズ用)

【SIGMA】Contemporary 30mm F1.4 DC DNを試す[2019年10月27日]

OM-D E-M1 Mark IIを購入してからというもの、標準系の明るいレンズが欲しいと思うようになりました。 高額な製品には手が出ず、比較的安価なレンズばかり何本か試してみたり、果ては手持ちのレンズをマウントアダプターで着けてみたりしても、なかなか満足できるレンズが見つからないでいたところ、ようやくめぐりあえたのがこの1本でした。 ボケが自然で非常に綺麗なところが気に入っています。 少ない光の中でもしっかりとトーンが出ており、安心してできます。 ...
続きを読む
初めてのオールドレンズ

【増税前にデビュー】初めてのオールドレンズ[2019年09月08日]

SIGMAのsd QuattroにM42レンズ用のマウントアダプターを使い、AUTO YASHINON-DX 50mm f1.7を付けて東京の下町風景を撮影してきました。 AUTO YASHINON-DX 50mm f1.7は1967年に発売されたYASHICA TL SUPERという一眼レフフィルムカメラのセットレンズとして登場しました。 オールドレンズらしさを出したかったので全て絞り解放で撮影しました。 モノクロとオールドレンズ、相性がとてもよく思えます。 sd Quattroの持つモノクロームの空気感をどこか懐かしい描写で味付けしてくれるレ...
続きを読む