【SIGMA】マウントコンバーターMC-21発売開始! | THE MAP TIMES 
Select Language



【SIGMA】マウントコンバーターMC-21発売開始!

[ Category:SIGMA|掲載日時:2019年04月19日 15時00分]





null


フルサイズミラーレスLマウントユーザーのお客様、大変お待たせいたしました。
使用できる交換レンズ数が広がる大好評のマウントコンバーター「MC-21」、本日発売開始です!
ラインナップがまだまだ限定的なLマウントにあって、既に発売されているEFマウントレンズやSAマウントレンズを取り付けられます。これは素晴らしい。


null


2019年4月19日時点で、対応を謳うレンズは以下の通りです。

【35mmフルサイズ】
12-24mm F4 DG HSM | Art
14-24mm F2.8 DG HSM | Art
24-35mm F2 DG HSM | Art
24-70mm F2.8 DG OS HSM | Art
24-105mm F4 DG OS HSM | Art
60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM | Sports
70-200mm F2.8 DG OS HSM | Sports
100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary
120-300mm F2.8 DG OS HSM | Sports
150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports
150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary
14mm F1.8 DG HSM | Art(※)
20mm F1.4 DG HSM | Art(※)
24mm F1.4 DG HSM | Art(※)
28mm F1.4 DG HSM | Art(※)
35mm F1.4 DG HSM | Art(※)
40mm F1.4 DG HSM | Art(※)
50mm F1.4 DG HSM | Art(※)
70mm F2.8 DG MACRO | Art(※)
85mm F1.4 DG HSM | Art(※)
105mm F1.4 DG HSM | Art(※)
135mm F1.8 DG HSM | Art(※)
500mm F4 DG OS HSM | Sports

【APS-Cサイズ】
17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM | Contemporary
18-35mm F1.8 DC HSM | Art
18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM | Contemporary
18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM | Contemporary
50-100mm F1.8 DC HSM | Art
30mm F1.4 DC HSM | Art

※ Lマウント用には、MC-21は必要ありません(現時点でいずれも未発売)
・テレコンバーターとの併用不可
・対応レンズ以外の作動は保証しておりません

※ AF-Cモード非対応


本日はMC-21を介して取り付けられる交換レンズの中から、マップカメラで特に人気のある3本をピックアップ。
Panasonic S1Rと組み合わせてみました。



SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM + Panasonic LUMIX S1R

SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM +Panasonic LUMIX S1R


2012年、Artシリーズの記念すべき1本目として発売されたArt 35mm F1.4 DG HSMを取り付けてみました。
発売から今年で7年を迎えようとしていますが、その描写力の高さから今もって第一線で活躍しているレンズです。

S1Rに本レンズを取り付け、MFでピントを追い込んでいくと、そのエッジの鋭さに「良い写真が撮れそう」という気持ちが自然と湧いてきます。
有効約4730万画素を誇るS1Rと組み合わせることで、ディテールに富んだ精細な写真が撮れること間違いなしです。



SIGMA Comtemporary 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM + Panasonic LUMIX S1R

SIGMA Comtemporary 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM +Panasonic LUMIX S1R


2017年4月に発売されたComtemporary 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM。
現在パナソニックから出ているLマウント最長焦点距離は200mm止まりのため、このような超望遠ズームレンズを選択できるのは嬉しいポイントです。
一眼レフに匹敵する大型ボディも相まって、ハンドリングの良さが光るアイテムです。



Canon EF24-70mm F2.8L II USM + Panasonic LUMIX S1R
Canon EF24-70mm F2.8L II USM +Panasonic LUMIX S1R


個人的に「おっ!」と思った組み合わせがこちら。
まず外観の印象が、異なるメーカーの組み合わせとは思えないほど統一感が取れています。
カメラ側のモードダイヤルに配置された赤リングとレンズ側の赤帯、予想をはるかに超えるマッチングに脱帽です。
簡単にAF動作も試してみましたが、動作保証の対象外とはいえAF精度および速度も純正ボディを使用しているときと変わらない印象を受けました。
キヤノンEFレンズをお持ちのユーザーは、お試し必見です。



初の試み。マウントによって価格が異なります。
MC-21は対応マウントによって価格が異なります。
ご自身のレンズマウント合わせた仕様をお求めください。









〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SIGMA|掲載日時:2019年04月19日 15時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

初めてのオールドレンズ 【増税前にデビュー】初めてのオールドレンズ 2019年09月08日
SIGMAのsd QuattroにM42レンズ用のマウントアダプターを使い、AUTO YASHINON-DX 50mm f1.7を付けて東京の下町風景を撮影してきました。 AUTO YASHINON-DX 50mm f1.7は1967年に発売されたYASHICA TL SUPERという一眼レフフィルムカメラのセットレンズとして登場しました。 オールドレンズらしさを出したかったので全て絞り解放で撮影しました。 モノクロとオールドレンズ、相性がとてもよく思えます。 sd Quattroの持つモノクロームの空気感をどこか懐かしい描写で味付けしてくれるレ...
続きを読む
null 【緊急検証】ライカ「SL(Typ601)」でシグマ「DG DNレンズ」は使用できるのか 2019年08月29日
2018年、秋の開催としては最後となった独フォトキナで大きな話題となった、ライカ・パナソニック・シグマの3社による戦略的協業「Lマウントアライアンス」。 3社から提供される数々のLマウント互換製品群により、マウントとしての拡張性が更に広がることに心を躍らせたお客様も少なくない事と思います。 写真の本質を追求し続けたライカが生み出した、フルサイズミラーレス一眼『SL(Typ601)』。 マイクロフォーサーズで培ったノウハウを余すことなく投入し、先進技術の粋を集めたパナソニック『DC-...
続きを読む
本日もまた写真日和。四日目。 【私のお気に入り】本日もまた写真日和。四日目。 2019年08月27日
夏が過ぎ去りつつあります。 ほんの数日前までのあの暑さはどこへやら…もう季節は、秋への移ろいを感じさせます。 少しでも涼しくなれと願ったあの日も、いざ過ぎ去るとほんの少し、寂しくすら感じる今日この頃… 今回は夏を振り返りながら書きます、それでは、本日も新人スタッフのカメラ話に、暫しお付き合い下さいませ。 さて、前回のブログからちょうど、真夏を挟んでの投稿です。 私にはこの夏というものが過ごし辛くて、じっとり暑くて堪りません。でも、惹かれてしまうのです。 灼...
続きを読む
【私のお気に入り】なかめさんぽ 【私のお気に入り】なかめさんぽ 2019年08月22日
今年の7月、SIGMAからフルサイズミラーレスの開発発表がありました。 まだ詳しいことは解禁されていないですが、今から楽しみです。 そんなSIGMAから生み出されたdp3 Quattro 私のお気に入りカメラの一つです。 dp3 Quattroはdpシリーズの一つで、50mm(35mm換算75mm相当)F2.8のレンズが搭載されています。 今回はこのdp3 Quattroを持って同じく私のお気に入りの場所・中目黒に向かいました。 編集せずにありのままを載せていきます。 dp3 Quattro F3.2 1/320 ISO200 SIGMAはモノクロが良い...
続きを読む
null 【私のお気に入り】 格安高性能レンズ【SIGMA】 2019年08月17日
前回、筆者の担当の回で、OM-D EM-1 MarkIIをご紹介しましたが、その際に使用したSIGMA Art 60mm F2.8 DN(マイクロフォーサーズ)について改めてご紹介します。 このレンズの価格の安さに惹かれ、何気なく購入し、少し使ってみただけなのですが、解像感の高さ、色乗りの良さには舌を巻きました。 筆者は夜景を撮影することが多いのですが、ノイズを抑えるため、できるだけ感度を上げずに、絞りを開けたいところです。 F2.8ではありますが、このレンズは解放から安心して使用できます。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]