【新元号令和、平成を振り返る】CONTAX 645レンズとGFX 50S | THE MAP TIMES 
Select Language



【新元号令和、平成を振り返る】CONTAX 645レンズとGFX 50S

[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2019年04月23日 10時30分]



みなさまこんにちは。

「平成を振り返る」というテーマについて煩悩だらけの筆者の頭を絞った結果、平成の名機について書こうと思います。

やはり私の中の名機は「CONTAX 645」
1999年発売の当時京セラ・CONTAXが生み出した中判カメラです。

中判カメラもフィルムからデジタルへ移行し、そして中判ミラーレスへと時代が移り変わっています。
今回は平成から新元号に変わるということで
平成の名機CONTAX 645のレンズと中判ミラーレス新時代を切りひらくFUJIFILM GFX 50Sを組み合わせて撮影に臨みました。

使用したアダプターはFringer(フリンガー)社のCONTAX 645-GFXスマートマウントアダプター。
電磁絞りのCONTAX 645レンズ群を制御できるアダプターです。
そしてGFXボディにおいてAF・Exifデータ記録なども使えます。実にスマートです。

つけてみたらこのような感じになります。

CONTAX Planar T*80mm F2

CONTAX Sonnar T*140mm F2.8

今回はPlanar T*80mm F2とSonnar T*140mm F2.8を使いました。
CONTAX645のレンズがGFXボディについている…!
この時点で筆者には感極まるものがあります。

AFが使えるアダプターですが、今回は主にMFで撮っています。
(あまり使用しませんでしたが、80㎜のAFは少し迷いがち、140㎜はそれに比べるときびきび動いたように感じます。)

さて、前置きが長くなりましたが、これから本編です。
(RAW現像はCaptureOne12で行いました。)

FUJIFILM GFX 50S +CONTAX Sonnar T*140mm F2.8


FUJIFILM GFX 50S +CONTAX Sonnar T*140mm F2.8


FUJIFILM GFX 50S +CONTAX Sonnar T*140mm F2.8

最後の一枚は逆光での一枚。
右側が少しフレアが出ていますが、逆光耐性が素晴らしい。
Carl Zeiss独自のT*コーティングのおかげです。やはりツアイスは最高です。

FUJIFILM GFX 50S +CONTAX Planar T*80mm F2


FUJIFILM GFX 50S +CONTAX Planar T*80mm F2

「その場の空気まで写る」と評されるCONTAX Planar T*80mm F2。
FUJIFILM GFX 50Sにおいてもその描写力を余すところなく発揮しています。


FUJIFILM GFX 50S +CONTAX Planar T*80mm F2


一度使ってから今回の組み合わせが頭から離れなくなり、煩悩がまたひとつ増えてしましました。
「FUJIFILM GFX 50S」令和初の買い物になるやもしれません。








〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2019年04月23日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Leica M Monochrom 【私のお気に入り】LEICA MM 2019年07月16日
私のお気に入り 『LEICA M Monochrom』 その「デジタルモノクロ縛り」の哲学に惚れ込んでからは すっかり私のお気に入りになりました。 そして始まった、お気に入りレンズを模索する日々の中から 気に入った幾つかのレンズを紹介していきます。 MINOLTA SUPER ROKKOR 50mm F1.8 此処でいきなり、MINOLTAレンズです。 旧千代田光学であるMINOLTA、 銘板にその名残である「CHIYOKO」と記してあるのも気に入っています。 明るく使いやすいレンズ、心なしか白が綺麗に写るような気がし...
続きを読む
【私のお気に入り】 旅と一緒にSONY RX100M5A 【私のお気に入り】 旅のお伴にSONY RX100M5A 2019年07月15日
F1.8 1/40 ISO-2000 24mm 観覧車からのラスベガス夜景 F2.8 1/50 ISO-1600 53mm アンテロープ・キャニオン アメリカのラスベガスと西海岸のキャニオン観光。 そこでRX100M5Aをお伴に連れて行きました。 メイン機にフルサイズを携え、サブ機のつもりで持って行きましたが、 フルサイズ顔負けの素晴らしい画の数々!! 今まで所詮コンデジという印象が一気に変わりました。 F2.8 1/160 ISO-500 70mm まずはラスベガス・マッカラン国際空港に到着するなりパシャリ。 飛行機を...
続きを読む
空飛ぶ巨大なカメと 【私のお気に入り】空飛ぶ巨大なカメと 2019年07月14日
私は幼少の頃から鉄道好きで、写真を始めたきっかけも鉄道を撮ることから始まりました。 そんな私が飛行機に興味を持ち始めたのが「ジャンボ」の愛称で親しまれてきたとボーイング747型機が、日本の航空会社から無くなると聞いた時からです。 鉄道写真を撮る人達の間では、廃線となる路線や引退する車両に集まることを「葬式鉄」と呼びますので、これに倣えば葬式空がきっかけだったのかもしれません。 小型低燃費機へのシフトは日本だけではないようで、国際線が発着する空港でも大型機を...
続きを読む
ニコンの50mm 【私のお気に入り】ニコンの50mm 2019年07月13日
大切に使い続けているレンズがあります。 AI Nikkor 50mm f/1.4S 1981 年から発売されているニコンの標準レンズ。 このレンズとの出会いは学生時代。 キットで付いていたレンズの写りに満足できず、自分で調べたり周りの人に聞いてみると、どうやら単焦点レンズというものがあり50mmが標準的なレンズとされているらしい。 なるほど、じゃあ使ってみるか。 それくらいの知識で買ってみたレンズでした。 実際にカメラに装着しファインダーを覗くと、いままで見たことがないくらい世の中が輝い...
続きを読む
鎌倉×G99 【Panasonic】鎌倉×G99 2019年07月12日
5月半ばに発売されたPanasonic LUMIX DC-G99 どんなカメラだろう。とワクワクを胸にカメラ片手に鎌倉へ出かけて参りました。 ƒ/3.5 1/640sec ISO-200 撮影したのは6月半ば。この時期、紫陽花の見頃を迎える鎌倉。 例年通り私も通勤ラッシュを避けつつ朝から出かけます。 1時間ちょっと、紫陽花で有名な明月院の最寄駅に到着したものの、道のりに長蛇の列が… 回れ右して人のいない方へ。人ごみはできれば近寄りたくない筆者は線路を渡りふらふら。 ƒ/3.2 1/640sec ISO-200 ファイン...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]