【新元号令和、平成を振り返る】CONTAX 645レンズとGFX 50S | THE MAP TIMES //該当の要素を削除する $(this).remove(); }); });  【新元号令和、平成を振り返る】CONTAX 645レンズとGFX 50S | THE MAP TIMES
Select Language

【新元号令和、平成を振り返る】CONTAX 645レンズとGFX 50S

[ Category: FUJIFILM|掲載日時:2019年04月23日 10時30分]


みなさまこんにちは。

「平成を振り返る」というテーマについて煩悩だらけの筆者の頭を絞った結果、平成の名機について書こうと思います。

やはり私の中の名機は「CONTAX 645」
1999年発売の当時京セラ・CONTAXが生み出した中判カメラです。

中判カメラもフィルムからデジタルへ移行し、そして中判ミラーレスへと時代が移り変わっています。
今回は平成から新元号に変わるということで
平成の名機CONTAX 645のレンズと中判ミラーレス新時代を切りひらくFUJIFILM GFX 50Sを組み合わせて撮影に臨みました。

使用したアダプターはFringer(フリンガー)社のCONTAX 645-GFXスマートマウントアダプター。
電磁絞りのCONTAX 645レンズ群を制御できるアダプターです。
そしてGFXボディにおいてAF・Exifデータ記録なども使えます。実にスマートです。

つけてみたらこのような感じになります。

CONTAX Planar T*80mm F2

CONTAX Sonnar T*140mm F2.8

今回はPlanar T*80mm F2とSonnar T*140mm F2.8を使いました。
CONTAX645のレンズがGFXボディについている…!
この時点で筆者には感極まるものがあります。

AFが使えるアダプターですが、今回は主にMFで撮っています。
(あまり使用しませんでしたが、80㎜のAFは少し迷いがち、140㎜はそれに比べるときびきび動いたように感じます。)

さて、前置きが長くなりましたが、これから本編です。
(RAW現像はCaptureOne12で行いました。)

FUJIFILM GFX 50S +CONTAX Sonnar T*140mm F2.8


FUJIFILM GFX 50S +CONTAX Sonnar T*140mm F2.8


FUJIFILM GFX 50S +CONTAX Sonnar T*140mm F2.8

最後の一枚は逆光での一枚。
右側が少しフレアが出ていますが、逆光耐性が素晴らしい。
Carl Zeiss独自のT*コーティングのおかげです。やはりツアイスは最高です。

FUJIFILM GFX 50S +CONTAX Planar T*80mm F2


FUJIFILM GFX 50S +CONTAX Planar T*80mm F2

「その場の空気まで写る」と評されるCONTAX Planar T*80mm F2。
FUJIFILM GFX 50Sにおいてもその描写力を余すところなく発揮しています。


FUJIFILM GFX 50S +CONTAX Planar T*80mm F2


一度使ってから今回の組み合わせが頭から離れなくなり、煩悩がまたひとつ増えてしましました。
「FUJIFILM GFX 50S」令和初の買い物になるやもしれません。








〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: FUJIFILM|掲載日時:2019年04月23日 10時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!19票


X-T3 + XF16-80mm F4 R OIS WR

【新登場】軽快なる新スタンダードレンズ【FUJIFILM】[2019年09月26日]

X-T3 × XF16-80mm F4 R OIS WR 【 80mm(120mm相当) | 1/120 | F4 | ISO320 | Velvia 】 9月26日、FUJIFILM期待の新標準ズームXF16-80mm F4 R OIS WRが発売です。 35mm判換算で24-122mm相当、 つまり他社のフルサイズ向けのレンズでいえば、 24-105mmや24-120mmで開放F値4通しのレンズが、 いよいよFUJIFILMから登場するのです。 同社のX-T3やX-T30との組み合わせは、 重量・サイズ感ともにバランスよく、 24-105mm・24-120mm相当よろしく軽快に持ち出せるのはもちろん、 幅広い撮影をこの1本で...
続きを読む
FUJIFILM (フジフイルム) instax SQUARE SQ10

【増税前にデビュー】初めてのチェキ instax SQUARE SQ10[2019年09月26日]

現在、富士フイルムから様々なチェキが発売されています。 多様な機種があるので、どれを買えばいいかお悩みの方も多いのではないでしょうか?? そんな中で私が愛用しているチェキはinstax SQUARE SQ10です。 今回は、SQ10の魅力をご紹介していきます!! instax SQUARE SQ10 SQ10で私が一番魅力だと思う点は、裏面の液晶画面を見ながらプリントしたい写真を選べることです!! instaxチェキ史上初、デジタルイメージング技術を搭載したハイブリッドインスタントカメラです。 同じ写真...
続きを読む
とある50R

【増税前にデビュー】とある50R 中望遠デビュー編[2019年09月11日]

『とある50R 中望遠デビュー編 』 茹だるような暑さが続いております。 写真を撮りに出掛けた際、まだまだ小休憩は欠かせません。 涼しく冷えた喫茶店で、撮影した写真を眺めながら、過ごすひと時は心地のいいものです。 さて、今回は増税前ということで、今までなかなか手が出なかったレンズ、GF120mm F4 R LM OIS WR Macroをチョイスし、写真を撮りに出掛けました。 今回は“マクロレンズ”としての運用ではなく、“120mm(35mm判換算約95mm)”という中望遠域の焦点距離を活かした運用を...
続きを読む
こFUJIFILM 広角でスナップデビュー

【増税前にデビュー】FUJIFILM 広角でスナップデビュー[2019年09月04日]

『FUJIFILM X-H1 + フジノン XF8-16mm F2.8 R LM WR』 -言葉を写真に- 1/40 F8 ISO200 WB AUTO FUJIFILM唯一のボディ内手ブレ補正搭載のX-H1と FUJIFILMで最広角となる大口径超広角ズームレンズであるXF8-16mmF2.8 R LM WR、 この組み合わせで都内へ出かけました。 1/60 F2.8 ISO500 WB AUTO ボディとレンズ、合わせておおよそ1,400gの重量ですので、 決して軽くはない組み合わせでしたが、 X-H1の深いグリップにより、迷わずすぐに構えることが出来たので、 とっさの撮影でも安定して撮影...
続きを読む
【私のお気に入り】横浜、ちょっとだけ散歩

【私のお気に入り】横浜、ちょっとだけ散歩[2019年08月19日]

とある夏の日、セミの声のシャワーを浴びながらたどり着いたのは横浜の洋館でした。 出迎えてくれたのは、ブラフ18番館。横浜山手にある大正末期に建てられた歴史のある建物です。 建物の中に入ると冷房がよく効いており、ひんやりとした空気が出迎えてくれます。外の暑さとはまるで別世界に来たようでした。 この日の相棒はFUJIFILM X100。2011年発売と少し古いカメラですが、ちょうどよい大きさとしっかりとした描写力を兼ね備えているので、ちょっとしたお散歩にはいつもこのカメラを持って行き...
続きを読む