【新元号令和、平成を振り返る】私のM9とSonnarと子供 | THE MAP TIMES 
Select Language



【新元号令和、平成を振り返る】私のM9とSonnarと子供

[ Category:Leica|掲載日時:2019年04月28日 10時30分]





あと数日で平成も終わり、新たな元号へと変わります。 今回のブログ企画の話が来て、所有しているカメラでちょうどいい話ができそうだと思いました。そのカメラは『Leica M9』。平成はフィルムからデジタルへ変わった時代。35mmフィルムカメラの歴史そのものとも言えるライカが作った、初のフルサイズセンサーを搭載したM型ライカになります。







M9の発売は今から10年前の2009年。1800万画素のコダック製ローパスレスCCDを搭載した伝統のMマウント・レンジファインダー機。

マップカメラに入社してからM8、M8.2、M9、M9-P、M(240、262)、M-P、Mモノクローム(CCD、246)、M10、M10-Pと歴代のMデジタルを使用する機会を得て、あえて選んだのがM9です。







動画もライブビューも出来ず、背面液晶は時代を感じる23万ドット。ISO感度は80~2500ですが、感覚的にカラーなら800、モノクロなら1600くらいまでかなと思う高感度耐性。見る人によっては「時代遅れ」と言われても仕方ない仕様かもしれません。

しかしM9はダメなカメラか?と聞かれたら、私は最高のカメラと答えます。
爆速AFも高速連写も超高画素も今の自分には必要ない。操作も撮れる画もフィルムとデジタルの中間のようなM9は自分にピッタリ。なんと言うか、M9は自分とリズムが合うのです。







妙なレンズを付けていますが、これは『Carl Zeiss Jena Sonnar 5cm F2(戦前ニッケル)』に距離計連動のアダプターを付けたもの。普段はこれがメインです。他に『Carl Zeiss Sonnar 50mm F1.5(西ドイツ後期)』、たまに『Leica Summicron 5cm F2(トリウム)』。M9を使っている私ですが、ライカ派とツァイス派という話なら、明らかにツァイス派です。

ちょっとM9から脱線しますが、少しだけこのレンズの話を。 所有しているニッケルゾナーは1935年製のノンコートなのですが、本当によく写ります。やっぱり当時のツァイスは凄いなと。F1.5玉と比べると安定感があって、大人な印象の描写です。

そしてこのレンズが作られた1935年はドイツがベルサイユ条約を破棄し、ニュルンベルク法が可決された年です。激動する時代の大きな転換期に生まれたこのレンズは今まで何を見て、写し出してきたのかを想像すると非常に感慨深い。

これは自分の写真に対する考えになってしまいますが、 オールドレンズをついつい集めてしまうのは、描写や造りだけではなく歴史のロマンを感じるからなのかなと。レンズに閉じ込められた空気や当時のガラスが、現代の光を少しだけ違うものに変えてくれそうな気がするのです。







そんな私がM9で撮るのは、ほとんど子供の写真。子供が生まれてから休日に一人で写真を撮りに行くなんてできなくなりました。







本当は若い頃のように一人で海外を旅して写真を撮りたい。と思うこともありますが、それは子供達が独り立ちできるようになってからかな。







平成最後の桜も終わり、あと数日で令和元年。
平成に育ててもらった私ですが、令和は子供達の時代です。
変わりゆく世の流れと子供の成長をこれからもM9で撮っていきたいと思います。











〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2019年04月28日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

本日もまた写真日和。毎日がそうであるように。 本日もまた写真日和。毎日がそうであるように。 2019年05月21日
のんびり、まったり・・・好きな写真を好きなように撮り続けてはや10年。 喜怒哀楽に合わせて時を残してくれるカメラやレンズを、私は敬意を込めて“彼ら”と呼びます。 カメラはCANON EOS7DMarkⅡ、それに付けるレンズはSIGMA Art 30mm F1.4 DC HSM お初にお目にかかります。新人スタッフのカメラ話に暫し、お付き合い下さいませ。 私が学生時代から愛用し続けているこの組合わせは 撮影において非常に便利、かつ、実に可愛げのある写真を生み出します。 このレンズが実現するボケ描写はあらゆる...
続きを読む
ヴィンテージカメラ mickey35を使ってみた ヴィンテージカメラ mickey35を使ってみた 2019年05月20日
先日リサイクルショップの陰にひっそりと転がっていた一つのカメラを購入しました。 本日はこのカメラについて書いていきたいと思います。 色々なカメラに興味が湧いてくると、最終的にたどり着くのがオールドカメラ。 そんな経験をされている方も多いのではないでしょうか? この世の中には様々なメーカーのカメラやレンズたちが眠っていますが、多くは大量生産されたレンズやボディ、希少性があってもLeicaなどの高価な有名メーカーが占めており 生産数が少ない無名メーカーのカメラはな...
続きを読む
null 【FUJIFILM】高円寺散歩 2019年05月19日
東京では、5月だというのに30℃に到達しそうな日が続きます。 夜なら外に出れると思い、 ふと思うと、仕事から帰ってくるだけで夜のご近所を知らないことに気づきました。 日も沈んできたので、 夜のご近所を散策してみます。 お供には携帯性抜群わずか155g「フジノン XF16mm F2.8 R WR ブラック」と、 「FUJIFILM X-E3」を従えていきます。 まず向かったのは高円寺~中野間の中央線の車内から見てて、 なんの建物だろうと思っていた座高円寺です。 半分もう閉まってましたが、 ...
続きを読む
GR IIとお散歩 【RICOH】GR IIとお散歩 2019年05月17日
ゴールデンウィークも終わり、初夏を思わせるような陽気になってきました。 そんな私は桜が散り始めた頃、 周りの方々からすすめられて、気になっていたカメラを手にしました。 【RICOH (リコー) GR II】です。 今回はこのカメラを持ち、駒込にある「六義園」に行きました。 巣鴨駅からとことこお散歩をしながら六義園の近くまで。 知らない場所を歩くのは楽しいですね。 庭園にはレトロなお茶屋さんがあったり、老若男女楽しめるところでした。 毎日東京のせわしないところに...
続きを読む
null 【Canon】EOS Kiss M でカメラデビュー 2019年05月16日
初めまして。今回から新たにブログを書かせていただきます。 そんな私ですが、ずばりカメラ初心者です。 どうか温かい目で見守っていただけると嬉しいです。 さて、初心者の私が相棒に選んだのは、 【Canon】の「EOS Kiss Mダブルズームキット」です。 カメラを手にして感じたのが、 普段の何気ない景色をしっかりと見つめるようになりました。 そこで、今回の写真は近所の公園を撮ろうと思い、Kiss Mで 撮影を楽しんできました。 Kiss Mを選んだ理由の一つは何と言っても軽いことで...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]