Select Language

【新元号令和、平成を振り返る】魅惑のE-1

[ Category: OLYMPUS|掲載日時:2019年04月29日 11時00分]


OLYMPUS E-1

平成が終わるまであと一日。久しぶりに写真を見返しながらどんなカメラで撮っているかを見ていると、
今でも年に1回か2回必ずオリンパスのE-1で撮影していることに気が付いた。
オリンパス E-1が発売されたのが2003年。今から15年以上前のことである。自身が手に入れたのは2012年なので、その当時でもかなり古い機種であった。

OLYMPUS E-1

E-1自体は何度も手に取っていたが、後継のE-3、および2012年当時のフォーサーズフラッグシップのE-5と比べるとセンサーも500万画素と少なく、CAMEDIAシリーズから受け継がれたマウントが左に寄ったデザインなど、当時の自分は奇抜で古いカメラだと思っていた。
元々フォーサーズ機のユーザーだった自分は、KodakのCCDセンサーを搭載したオリンパス機がどんな写りをするのか知りたくなり、このE-1を手に入れたのであった。

OLYMPUS E-1

実際に撮影に出かけてみた感想は正直なところ決して良いものではなかった。わかってはいたが実際に風景を覗きながら撮影をしてみるとファインダー自体はフォーサーズにしては悪くはないが、フルサイズ機等と比べるとやはり小さいし、撮影した写真を確認しようにも液晶モニターは小さすぎてよくわからない。オートフォーカスもお世辞にも早いとは言えなかった。

OLYMPUS E-1

しかし、発売当時センサーサイズに対して巨大と言われたそのボディは、握った瞬間手にしっくりとくるサイズ感で、自分の手にしっかりとフィットした。特にモードダイヤル下に設置された抉れがより一層のホールド感を高めてくれる。
また、マウントが寄せてることによって、両目でファインダーを覗いたときに左目の視界が大きく取れ、操作系統が右手にきれいに集約されている。

OLYMPUS E-1

そして、シャッターを切った時のジェントルなシャッター音が、なんとなく普通の一眼レフとは違う印象を与えてくれるのであった。

OLYMPUS E-1

「色だ…」
撮影を終えてパソコンのモニターで、写真を確認した時の第一印象だった。
ただ濃いだけではない、しっかりとした色の豊かさを持つ絵作りに、なぜ、このカメラが多くの人を魅了したのかが分かった。
特に「オリンパスブルー」「コダックブルー」と言われた青の発色を見ると、フィルムの色づくりを思い起こさせるのだ。
しかし、その色は決して約束されたものではなかった。デジタル化されているはずの豊かな発色も光や条件によって簡単に変化し、写された写真が必ずしも想像している色を見せてくれるとは限らないのだ。

OLYMPUS E-1

今の時代から見るとオリンパスE-1は性能でいうと決して素晴らしいカメラではない。しかも、パソコンに取り込むまで、どんな写真になるかはっきりとはわからない。
ただ、写した写真に一喜一憂する、それが出来る数少ないデジタルカメラだと思う。

OLYMPUS E-1

令和になってもこのカメラは使い続けるだろう。





魅惑のオリンパスのカメラはコチラから!!


〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓




[ Category: OLYMPUS|掲載日時:2019年04月29日 11時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!22票


α6500 ボディ ILCE-6500 + SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z

【街で見つけた形にフォーカス】曇天から斜陽【SONY】[2020年01月25日]

街で見つけた形にフォーカス。 あっという間に令和2年目を迎えた1月の中旬、曇天模様の空の下、多摩センター駅周辺を散策することにしました。 この辺りは昔からの生活県内であり見慣れた街なのですが、ファインダーを通し新たな「形」の発見を期待して来たのでした。 雨が降らないことを祈りつつ、散策を始めます。 駅を出てすぐ、六角形のガラス張りの天蓋が二基。 あいにくの曇り空です...
続きを読む
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

【街で見つけた形にフォーカス】気ままにスナップin下北沢【OLYMPUS】[2020年01月25日]

今回の撮影場所は下北沢です。小田急線の地下化工事が終わり、ここ5年程の間に周辺の開発が進み、地上の景色もだいぶ様変わりしてきました。 そんな下北沢でカメラを手に、お散歩スナップして参りました。気になるものに気ままにフォーカス。短いひと時でしたが、楽しい撮影でした。 以前にも似たようなことを書きましたが、真冬の撮影は日の傾きが思いのほか早く、ちょうどよく...
続きを読む
null

【Nikon】開放F値1.2!1977年生まれの元祖ノクトの作例[2020年01月24日]

先日より連載しております「NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」企画。本日は、元祖ノクトニッコールを最新のボディであるZ7と組み合わせて、すべて開放F値1.2で撮影してきました。1977年(昭和52年)生まれの実力やいかに! ショーウインドウに飾られたスパンコールが付いたバッグ。ベージュ系の優しい色合いの服飾に似合うやわらかい描写です。 街角に貼られたステッカー群。目が合った気がして...
続きを読む
「かたち」あるものを探して【Nikon】

【街で見つけた形にフォーカス】「かたち」あるものを探して【Nikon】[2020年01月24日]

こんにちは。 今回のテーマが「街で見つけた形にフォーカス」 ということで、Nikon D800を通して 「かたち」あるものを探してみました。 さっそくご紹介させていただきます。 公園にはいろんな形の遊具があります。 形を意識して写真全体を見ると、 木々や雲もあっていろんな「かたち」が見られます。 平日は夕方になると学校が終わった子供たちや 幼稚園、保育園等が終わった親子連れが ...
続きを読む
HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR

【PENTAX】「HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR」速報レポート![2020年01月23日]

本日、1月23日に発表された、35mmフルサイズ判センサー対応の望遠ズームレンズ、 ペンタックス『HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR』。 発表当日の今日、縁あってほんの数分ながら実機に触れる機会がありましたので、 そのファーストインプレッションを皆様にお届けいたします! 何といっても特筆すべきはその軽量小型な出で立ち。 開放F値2.8の望遠ズームレンズ「HD D FA★ 70-200mm ...
続きを読む