【新元号令和、平成を振り返る】魅惑のE-1 | THE MAP TIMES 
Select Language



【新元号令和、平成を振り返る】魅惑のE-1

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2019年04月29日 11時00分]



OLYMPUS E-1

平成が終わるまであと一日。久しぶりに写真を見返しながらどんなカメラで撮っているかを見ていると、
今でも年に1回か2回必ずオリンパスのE-1で撮影していることに気が付いた。
オリンパス E-1が発売されたのが2003年。今から15年以上前のことである。自身が手に入れたのは2012年なので、その当時でもかなり古い機種であった。

OLYMPUS E-1

E-1自体は何度も手に取っていたが、後継のE-3、および2012年当時のフォーサーズフラッグシップのE-5と比べるとセンサーも500万画素と少なく、CAMEDIAシリーズから受け継がれたマウントが左に寄ったデザインなど、当時の自分は奇抜で古いカメラだと思っていた。
元々フォーサーズ機のユーザーだった自分は、KodakのCCDセンサーを搭載したオリンパス機がどんな写りをするのか知りたくなり、このE-1を手に入れたのであった。

OLYMPUS E-1

実際に撮影に出かけてみた感想は正直なところ決して良いものではなかった。わかってはいたが実際に風景を覗きながら撮影をしてみるとファインダー自体はフォーサーズにしては悪くはないが、フルサイズ機等と比べるとやはり小さいし、撮影した写真を確認しようにも液晶モニターは小さすぎてよくわからない。オートフォーカスもお世辞にも早いとは言えなかった。

OLYMPUS E-1

しかし、発売当時センサーサイズに対して巨大と言われたそのボディは、握った瞬間手にしっくりとくるサイズ感で、自分の手にしっかりとフィットした。特にモードダイヤル下に設置された抉れがより一層のホールド感を高めてくれる。
また、マウントが寄せてることによって、両目でファインダーを覗いたときに左目の視界が大きく取れ、操作系統が右手にきれいに集約されている。

OLYMPUS E-1

そして、シャッターを切った時のジェントルなシャッター音が、なんとなく普通の一眼レフとは違う印象を与えてくれるのであった。

OLYMPUS E-1

「色だ…」
撮影を終えてパソコンのモニターで、写真を確認した時の第一印象だった。
ただ濃いだけではない、しっかりとした色の豊かさを持つ絵作りに、なぜ、このカメラが多くの人を魅了したのかが分かった。
特に「オリンパスブルー」「コダックブルー」と言われた青の発色を見ると、フィルムの色づくりを思い起こさせるのだ。
しかし、その色は決して約束されたものではなかった。デジタル化されているはずの豊かな発色も光や条件によって簡単に変化し、写された写真が必ずしも想像している色を見せてくれるとは限らないのだ。

OLYMPUS E-1

今の時代から見るとオリンパスE-1は性能でいうと決して素晴らしいカメラではない。しかも、パソコンに取り込むまで、どんな写真になるかはっきりとはわからない。
ただ、写した写真に一喜一憂する、それが出来る数少ないデジタルカメラだと思う。

OLYMPUS E-1

令和になってもこのカメラは使い続けるだろう。





魅惑のオリンパスのカメラはコチラから!!


〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓




[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2019年04月29日 11時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Panasonic LUMIX DC-S1R+Leica  テレエルマリート M90mm F2.8 【私のお気に入り】新しいお気に入り、S1R 2019年07月18日
私にはお気に入りがありません。 別にネガティブな理由ではありません。 ただ単純にお気に入りの移り変わりが多いだけです。 今までのお気に入りはオリンパスを始め、キヤノン・フジフィルム・ペンタックスと色々変わってきました。 そして、今、新しくお気に入りになろうとしているカメラがあります。 「Panasonic LUMIX DC-S1R」 動画に強みを持ったミラーレスカメラLUMIXシリーズ。 そこから出た待望のフルサイズミラーレス機。 発表された日から手に取りたい1台でした。そして今私の手元に。 ...
続きを読む
Nikon Z 50mm F1.8 S 【私のお気に入り】旅行とZで日常にスパイス【Nikon】 2019年07月17日
スパイス12 どんよりとした天気の中に、時折見せる晴れ間。 照らされる新緑の木々が、より一層青々としてきた文月。 昨日、SONYより新型のミラーレスカメラが発表される等、 今年のミラーレス市場はますます盛り上がってまいりました。 しかしながら、Nikonを愛してやまない私は、相も変わらず、 愛用のボディと共に写真活動に臨みます。 今回の撮影に持ち出したのは、愛機Nikon Z6と、Z 50mm F1.8 Sです。 50mmは基本の「き」である 去る7月初旬、私はZ6と、持ち出したZ 50mm F1.8 ...
続きを読む
Leica M Monochrom 【私のお気に入り】LEICA MM 2019年07月16日
私のお気に入り 『LEICA M Monochrom』 その「デジタルモノクロ縛り」の哲学に惚れ込んでからは すっかり私のお気に入りになりました。 そして始まった、お気に入りレンズを模索する日々の中から 気に入った幾つかのレンズを紹介していきます。 MINOLTA SUPER ROKKOR 50mm F1.8 此処でいきなり、MINOLTAレンズです。 旧千代田光学であるMINOLTA、 銘板にその名残である「CHIYOKO」と記してあるのも気に入っています。 明るく使いやすいレンズ、心なしか白が綺麗に写るような気がし...
続きを読む
【私のお気に入り】 旅と一緒にSONY RX100M5A 【私のお気に入り】 旅のお伴にSONY RX100M5A 2019年07月15日
F1.8 1/40 ISO-2000 24mm 観覧車からのラスベガス夜景 F2.8 1/50 ISO-1600 53mm アンテロープ・キャニオン アメリカのラスベガスと西海岸のキャニオン観光。 そこでRX100M5Aをお伴に連れて行きました。 メイン機にフルサイズを携え、サブ機のつもりで持って行きましたが、 フルサイズ顔負けの素晴らしい画の数々!! 今まで所詮コンデジという印象が一気に変わりました。 F2.8 1/160 ISO-500 70mm まずはラスベガス・マッカラン国際空港に到着するなりパシャリ。 飛行機を...
続きを読む
空飛ぶ巨大なカメと 【私のお気に入り】空飛ぶ巨大なカメと 2019年07月14日
私は幼少の頃から鉄道好きで、写真を始めたきっかけも鉄道を撮ることから始まりました。 そんな私が飛行機に興味を持ち始めたのが「ジャンボ」の愛称で親しまれてきたとボーイング747型機が、日本の航空会社から無くなると聞いた時からです。 鉄道写真を撮る人達の間では、廃線となる路線や引退する車両に集まることを「葬式鉄」と呼びますので、これに倣えば葬式空がきっかけだったのかもしれません。 小型低燃費機へのシフトは日本だけではないようで、国際線が発着する空港でも大型機を...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]