【新元号令和、平成を振り返る】魅惑のE-1 | THE MAP TIMES 
Select Language



【新元号令和、平成を振り返る】魅惑のE-1

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2019年04月29日 11時00分]



OLYMPUS E-1

平成が終わるまであと一日。久しぶりに写真を見返しながらどんなカメラで撮っているかを見ていると、
今でも年に1回か2回必ずオリンパスのE-1で撮影していることに気が付いた。
オリンパス E-1が発売されたのが2003年。今から15年以上前のことである。自身が手に入れたのは2012年なので、その当時でもかなり古い機種であった。

OLYMPUS E-1

E-1自体は何度も手に取っていたが、後継のE-3、および2012年当時のフォーサーズフラッグシップのE-5と比べるとセンサーも500万画素と少なく、CAMEDIAシリーズから受け継がれたマウントが左に寄ったデザインなど、当時の自分は奇抜で古いカメラだと思っていた。
元々フォーサーズ機のユーザーだった自分は、KodakのCCDセンサーを搭載したオリンパス機がどんな写りをするのか知りたくなり、このE-1を手に入れたのであった。

OLYMPUS E-1

実際に撮影に出かけてみた感想は正直なところ決して良いものではなかった。わかってはいたが実際に風景を覗きながら撮影をしてみるとファインダー自体はフォーサーズにしては悪くはないが、フルサイズ機等と比べるとやはり小さいし、撮影した写真を確認しようにも液晶モニターは小さすぎてよくわからない。オートフォーカスもお世辞にも早いとは言えなかった。

OLYMPUS E-1

しかし、発売当時センサーサイズに対して巨大と言われたそのボディは、握った瞬間手にしっくりとくるサイズ感で、自分の手にしっかりとフィットした。特にモードダイヤル下に設置された抉れがより一層のホールド感を高めてくれる。
また、マウントが寄せてることによって、両目でファインダーを覗いたときに左目の視界が大きく取れ、操作系統が右手にきれいに集約されている。

OLYMPUS E-1

そして、シャッターを切った時のジェントルなシャッター音が、なんとなく普通の一眼レフとは違う印象を与えてくれるのであった。

OLYMPUS E-1

「色だ…」
撮影を終えてパソコンのモニターで、写真を確認した時の第一印象だった。
ただ濃いだけではない、しっかりとした色の豊かさを持つ絵作りに、なぜ、このカメラが多くの人を魅了したのかが分かった。
特に「オリンパスブルー」「コダックブルー」と言われた青の発色を見ると、フィルムの色づくりを思い起こさせるのだ。
しかし、その色は決して約束されたものではなかった。デジタル化されているはずの豊かな発色も光や条件によって簡単に変化し、写された写真が必ずしも想像している色を見せてくれるとは限らないのだ。

OLYMPUS E-1

今の時代から見るとオリンパスE-1は性能でいうと決して素晴らしいカメラではない。しかも、パソコンに取り込むまで、どんな写真になるかはっきりとはわからない。
ただ、写した写真に一喜一憂する、それが出来る数少ないデジタルカメラだと思う。

OLYMPUS E-1

令和になってもこのカメラは使い続けるだろう。





魅惑のオリンパスのカメラはコチラから!!


〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓




[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2019年04月29日 11時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0 【増税前にデビュー】ヨコハマワイドスナップ 2019年09月22日
筆者は神奈川県出身で、横浜は何度も訪れたことはある地なのですが、 気が付けばいつも人との用事で赴くことばかりで、撮影のために訪れるのは初めてでした。 今回使用するレンズはM.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0です。 購入してから何か月か経ってしまい、撮影に使用するのは初めてとなります。 普段、望遠系のレンズで一部を切り取る撮影に慣れているせいか、 自分の影や通行人の姿など、余計なものが写りこんでしまうことがありました。 そのためお見せできるショットは少し...
続きを読む
【私のお気に入り】OM-D E-M1MarkⅡ×夏の灯り 【私のお気に入り】OM-D E-M1 MarkⅡ×夏の灯り 2019年08月29日
そろそろ夏も終盤に近づいて来ました。 少しずつ涼しくなり、ひぐらしのなく夕方になると毎年少し寂しさを覚えます。 そんな夏の終わり。 私のお気に入りの機材はOLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅡ ミラーレスは一眼レフに比べて小さく軽い。 1日首にかけていても負担が少なく、邪魔にもなりません。 防塵防滴で安心感があり、強い手ぶれ補正と高画質で妥協しない写真が簡単に撮れます。 レンズはM.ZUIKO DIGITAL ED75mmF1.8とM.ZUIKO DIGITAL ED12mmF2 今回はOLYMPUSならではの色合いを、軽井沢の風...
続きを読む
OLYMPUS×favorite 【私のお気に入り】OLYMPUS × favorite 2019年07月31日
『私のお気に入り』 改めて言われると中々絞れないものです。 なので今回は私のお気に入りOLYMPUSについてご紹介します。 重さや撮影状況においてノンストレスを求めていた時に、このメーカーに出会いました。 旅行からちょっとしたお出かけでも使えるコンパクトなミラーレス機。 水辺や山等での撮影時になくてはならない防塵防滴。 オリンパスならではの色鮮やかに写す高画質。 出逢ってから手に馴染むまで時間は掛かりませんでした。 PEN-F+SIGMA C56mmF1.4DCDNf/2.8 1/400sec ISO-400 PE...
続きを読む
null 【私のお気に入り】E-M1 MarkIIで花を撮る 【OLYMPUS】 2019年07月26日
今年になり、筆者は OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII を手に入れました。 すでに幾度かこの機種で撮影した写真をこのブログに掲載させていただきましたが、 お気に入りといえばやはりこの1台になってしまいます。 今まで所有してきたカメラの中で比較しても、個人的には使いやすさは一番ではないかと思います。 理由として、まず、グリップの握りが深く、心地よくホールディングができること。 長時間の撮影でも疲れを感じさせません。 操作時、各ダイアル、ボタンへの指の移動が小さくて済...
続きを読む
null 【OLYMPUS】写真を撮ろう!OM-D E-M1X 2019年07月06日
こんにちは。蒸し暑い日々が続いております。 最近カメラの湿気対策で、ドライボックスを購入しました。 さて、みなさんはどんな写真を撮影しますか。風景や人物、そして夜景など、自分が主に何を撮っているのか。 「自分がよく撮る写真はこれです。」なんて言ってみたいものです。 私はまさに「これが好きだ。」、「これを撮りたい。」を探している最中です。 というのも、カメラを手にしてまだ半年にも満たない中、カメラにかける時間も限られるのですが、頭の中には次に撮ってみたいものが色々...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]