【新元号令和、平成を振り返る】「またね」 | THE MAP TIMES 
Select Language



【新元号令和、平成を振り返る】「またね」

[ Category:Canon|掲載日時:2019年04月30日 10時31分]


2019年4月30日。本日をもって平成が終わります。
連載企画【新元号令和、平成を振り返る】もこの記事で最後となります。
マップカメラスタッフそれぞれの「平成」、お楽しみ頂けましたでしょうか?
ラストを務めますのは私、スタッフEです。
使用機材はCANON EOS 60D
Canonデジタル一眼レフの中級機として初めてバリアングル液晶を搭載した画期的な一台でした。

筆者はEOS 60Dと5年間寄り添い、数えきれないほど写真を撮りました。
当時は休日が楽しみで楽しみで、「次はどこに行こう、何を撮ろう」といつも考えていたように思います。
今思えば、何気ない当たり前の世界が色づき始めたのはこのカメラを手にしてからでした。
手放してしまった今でも、時折思うのです。「またあのシャッター音を聞きたい」と。

今回の作例は、全て自作のピクチャースタイルを使用し、撮影時の状況に応じてカメラ内でホワイトバランスを微調整しております。
したがって、色味や雰囲気に関してはオリジナルの状態とは異なっております。

EOS 60D+EF16-35mm F4L IS USM

福島県の磐梯山。稲穂が綺麗でした。


EOS 60D+EF-S 24mm F2.8 STM

千葉県の大原幽学遺跡史跡公園。紅葉の季節にはいつも撮影に行きます。


EOS 60D+EF16-35mm F4L IS USM

展望室から、ドラマティックな夕日を。


EOS 60D+EF16-35mm F4L IS USM

入り組んだ構図もお手のもの。


EOS 60D+EF16-35mm F4L IS USM
EOS 60D+EF16-35mm F4L IS USM
EOS 60D+EF16-35mm F4L IS USM

東京都内某所にて。都内スナップは楽しいです。


EF-S55-250mm F4-5.6 IS Ⅱ

千葉県の阿玉台貝塚梅林。独特な雰囲気の梅林です。


EOS 60D+EF16-35mm F4L IS USM

千葉県の袋公園。夜桜ライトアップの時期は賑わいます。


EOS 60D+EF16-35mm F4L IS USM

千葉県銚子市の地球が見える丘展望台より。本当に地球が丸く見えます。



写真多めでお送りいたしましたが、いかがでしたでしょうか。
オールクロス9点AFや、常用ISO感度6400等...
今となってはスペックで特筆すべき点はありません。
ですが、飛び道具が無い分アイデアや撮り方で工夫をすることで、より一層「撮影」を楽しめます。
また、機能という点でお話をするならば、暗所でのAF精度に関しては特筆ものです。
低照度限界は-0.5EVのはずですが、明らかにそれ以上の暗さの中でもバシバシとピントが合うように感じます。


5年間も同じカメラを使い続けると、そのカメラで感じた全てが体に染み込み、忘れ得ぬ思い出となります。ダイヤルの操作感、シャッター音、ファインダーの見え、グリップした時の手の形…。もちろん共に旅した時の風の匂いや、心模様も。

平成しか知らない筆者にとって、元号が変わるというのはやはり寂しさを伴います。いつでも隣にあったものが、急に無くなってしまったような感覚。何となく、EOS 60Dを手放した時の感覚と似ています。

だからこそ、「さよなら」ではなく「またね」と言いたい。
気の置けない友人と、何気なくかわす挨拶のように。











〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Canon|掲載日時:2019年04月30日 10時31分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Canon】EOS Kiss M でカメラデビュー 2019年05月16日
初めまして。今回から新たにブログを書かせていただきます。 そんな私ですが、ずばりカメラ初心者です。 どうか温かい目で見守っていただけると嬉しいです。 さて、初心者の私が相棒に選んだのは、 【Canon】の「EOS Kiss Mダブルズームキット」です。 カメラを手にして感じたのが、 普段の何気ない景色をしっかりと見つめるようになりました。 そこで、今回の写真は近所の公園を撮ろうと思い、Kiss Mで 撮影を楽しんできました。 Kiss Mを選んだ理由の一つは何と言っても軽いことで...
続きを読む
【Canon】雨色じゃない景色Vol5%>>--><br />
<br />
本日はこどもの日。<br />
後半は晴天に恵まれた大型連休も残り僅かとなりました。<br />
<br />
こんにちは。雨男です。<br />
<br />
<br />
前半に雨が降り続いたので撮影をしようかと考えたのですが残念ながらタイミングが合わず撮影できませんでした。<br />
<br />
それならば!と混雑しているのを覚悟し立川の昭和記念公園にネモフィラを撮影しに行こう!<br />
<br />
<div style="text-align: center"><%image(nemo.JPG 【Canon】雨色じゃない景色Vol5 2019年05月05日
本日はこどもの日。 後半は晴天に恵まれた大型連休も残り僅かとなりました。 こんにちは。雨男です。 前半に雨が降り続いたので撮影をしようかと考えたのですが残念ながらタイミングが合わず撮影できませんでした。 それならば!と混雑しているのを覚悟し立川の昭和記念公園にネモフィラを撮影しに行こう! いつもの様にハイキーな写真で・・・と、他のスタッフのマップタイムズを見るとネモフィラ・・・。 昭和記念公園より迫力満点なネモフィラ。しかも2人も。 【HASSEL BLAD】...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】「またね」 【新元号令和、平成を振り返る】「またね」 2019年04月30日
2019年4月30日。本日をもって平成が終わります。 連載企画【新元号令和、平成を振り返る】もこの記事で最後となります。 マップカメラスタッフそれぞれの「平成」、お楽しみ頂けましたでしょうか? ラストを務めますのは私、スタッフEです。 使用機材はCANON EOS 60D。 Canonデジタル一眼レフの中級機として初めてバリアングル液晶を搭載した画期的な一台でした。 筆者はEOS 60Dと5年間寄り添い、数えきれないほど写真を撮りました。 当時は休日が楽しみで楽しみで、「次はどこに行こう、何を撮ろう」...
続きを読む
キヤノン 【新元号令和、平成を振り返る】平成に誕生した「L」レンズ、勝手に8選 2019年04月22日
キヤノン EFレンズで振り返る平成。 「平成」に誕生した「個人的に推せる」EFレンズの数々を写真と共に紹介します。 今回は数あるEFレンズから、筆者が特に思い入れの強い8本を選出しました。 EFレンズは多くの種類から構成されていますがその中でも「Lレンズ」から厳選します。 鏡筒に刻まれた鮮やかな一本の赤いラインには特別感があります。 プロ品質と呼ぶに相応しい卓越した描写性能と優れた操作性、耐環境性・堅牢性を備えたレンズです。 EF50mm F1.0L USM(1989年/平成元年) 当時、35mm一眼...
続きを読む
EOS620+EF 85mm F1.2L USM 【新元号令和、平成を振り返る】平成元年生まれのレンズと私 2019年04月17日
平成、それは FUJIFILM SUPERIA PREMIUM 400 平成、それは 私が生まれてから今に至るまでの全ての時間。 筆者は平成元年(1989年)9月生まれです。 私にとっては、景色や音楽、今までの記憶全てが平成そのものです。 平成の最後に、自分が生まれて最初に住んでいた街へ出かけておきたいと思い、 筆者がお供に選んだのがこちらです。 「Canon EOS 620」。 CanonがEOSを投入したのは1987年、 筆者が生まれた時、平成が始まった頃にはすでにEOSは世に登場していたのです。 このEOS 620...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]