【SONY】下町にて昭和を想う | THE MAP TIMES 
Select Language



【SONY】下町にて昭和を想う

[ Category:SONY|掲載日時:2019年05月03日 19時30分]


先日、ずっと訪問したいと思っていたJR日暮里駅周辺の散策に行ってきました。
この界隈には平成より以前、昭和の雰囲気を今なお残す街並みが多く、谷中・根津・千駄木と合わせて「谷根千」と呼ばれ
外国人観光客も訪れる、東京下町散策スポットがあります。

日暮里駅を出発して数分、さっそく美味しそうな佃煮が並んだお店に足を止められます。


α6500 ボディ ILCE-6500 + SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z
モノクロ写真でも絶対に美味しいであろうことが分かる、「とら豆」「甘海老」の佃煮。


α6500 ボディ ILCE-6500 + SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z



α6500 ボディ ILCE-6500 + SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z
佃煮店に後ろ髪を引かれつつ進んでゆくと、「昭和の遊び」を紹介している人たちがいました。
筆者も昭和生まれですが、幼いころベーゴマが不得意だった苦い記憶が蘇ります。


α6500 ボディ ILCE-6500 + SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z
その先には、有名な谷中銀座商店街の入り口がありました。


α6500 ボディ ILCE-6500 + SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z
谷中銀座商店街を横目にさらに散策を進めてゆくと、日本らしい絵柄の団扇が店先に並んでいました。
よく見ると、竹林に佇む忍者が描かれた団扇も。外国の方にはこういったモチーフが好まれるのでしょうか。


α6500 ボディ ILCE-6500 + SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z
とんぼ玉。
後ろのお椀と共に雑然と並べられているのが、逆に存在感を際立たせています。


α6500 ボディ ILCE-6500 + SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z
路地裏にふと目を向けると、懐かしさと寂しさが混在しています。


α6500 ボディ ILCE-6500 + SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z



α6500 ボディ ILCE-6500 + SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z
彼はこの後、金を大きく一つ鳴らし去ってゆきました。


α6500 ボディ ILCE-6500 + SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z


初めて訪れた「谷根千」撮影は一部の地域しか回れませんでしたが、それでも昭和の懐かしさを感じることができる素敵な散策となりました。
その魅力は、その「懐かしさ」を後世に残していこうという地域の方々の姿勢と、訪問した人々の熱気が相乗効果として生み出したものではないでしょうか。
ただひとつ心残りは、美味しそうな惣菜店が軒を連ねるなか一人で食べ歩く勇気を持ち合わせず、空腹のまま帰途についたこと。
日暮里駅に戻る途中、前述の佃煮店でお土産を購入したことは言うまでもありません。

皆さんも、一人でも二人でも、一度、「谷根千」を訪れてはいかかでしょうか。


今回使用した機材はこちら
SONY (ソニー) α6500 ボディ ILCE-6500
+SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z









〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2019年05月03日 19時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

本日もまた写真日和。毎日がそうであるように。 本日もまた写真日和。毎日がそうであるように。 2019年05月21日
のんびり、まったり・・・好きな写真を好きなように撮り続けてはや10年。 喜怒哀楽に合わせて時を残してくれるカメラやレンズを、私は敬意を込めて“彼ら”と呼びます。 カメラはCANON EOS7DMarkⅡ、それに付けるレンズはSIGMA Art 30mm F1.4 DC HSM お初にお目にかかります。新人スタッフのカメラ話に暫し、お付き合い下さいませ。 私が学生時代から愛用し続けているこの組合わせは 撮影において非常に便利、かつ、実に可愛げのある写真を生み出します。 このレンズが実現するボケ描写はあらゆる...
続きを読む
ヴィンテージカメラ mickey35を使ってみた ヴィンテージカメラ mickey35を使ってみた 2019年05月20日
先日リサイクルショップの陰にひっそりと転がっていた一つのカメラを購入しました。 本日はこのカメラについて書いていきたいと思います。 色々なカメラに興味が湧いてくると、最終的にたどり着くのがオールドカメラ。 そんな経験をされている方も多いのではないでしょうか? この世の中には様々なメーカーのカメラやレンズたちが眠っていますが、多くは大量生産されたレンズやボディ、希少性があってもLeicaなどの高価な有名メーカーが占めており 生産数が少ない無名メーカーのカメラはな...
続きを読む
null 【FUJIFILM】高円寺散歩 2019年05月19日
東京では、5月だというのに30℃に到達しそうな日が続きます。 夜なら外に出れると思い、 ふと思うと、仕事から帰ってくるだけで夜のご近所を知らないことに気づきました。 日も沈んできたので、 夜のご近所を散策してみます。 お供には携帯性抜群わずか155g「フジノン XF16mm F2.8 R WR ブラック」と、 「FUJIFILM X-E3」を従えていきます。 まず向かったのは高円寺~中野間の中央線の車内から見てて、 なんの建物だろうと思っていた座高円寺です。 半分もう閉まってましたが、 ...
続きを読む
GR IIとお散歩 【RICOH】GR IIとお散歩 2019年05月17日
ゴールデンウィークも終わり、初夏を思わせるような陽気になってきました。 そんな私は桜が散り始めた頃、 周りの方々からすすめられて、気になっていたカメラを手にしました。 【RICOH (リコー) GR II】です。 今回はこのカメラを持ち、駒込にある「六義園」に行きました。 巣鴨駅からとことこお散歩をしながら六義園の近くまで。 知らない場所を歩くのは楽しいですね。 庭園にはレトロなお茶屋さんがあったり、老若男女楽しめるところでした。 毎日東京のせわしないところに...
続きを読む
null 【Canon】EOS Kiss M でカメラデビュー 2019年05月16日
初めまして。今回から新たにブログを書かせていただきます。 そんな私ですが、ずばりカメラ初心者です。 どうか温かい目で見守っていただけると嬉しいです。 さて、初心者の私が相棒に選んだのは、 【Canon】の「EOS Kiss Mダブルズームキット」です。 カメラを手にして感じたのが、 普段の何気ない景色をしっかりと見つめるようになりました。 そこで、今回の写真は近所の公園を撮ろうと思い、Kiss Mで 撮影を楽しんできました。 Kiss Mを選んだ理由の一つは何と言っても軽いことで...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]