Select Language

【Panasonic】青い丘であいましょう

[ Category: Panasonic|掲載日時:2019年05月02日 21時55分]



令和目前、平成最後に茨城の青い丘を観に行ってきました。
場所はひたち海浜公園。青の花の名前はネモフィラ。
SNSで知名度が一気に上がった青い丘。
想定した混み具合を軽く上回る人の数でした。
前日に茨城に着き一般道から向かったのですが着いた時には駐車場待ちの行列。
公園から少し歩く臨時の駐車場に止めることが出来ましたがそこもすぐに満車状態に。



ちなみに今は期間限定で朝7:30開園なのですが(着いたのは8時前くらい)
朝四時から五時に開園待ちをしている人もいたという人気っぷり。
園内から見えた高速は何時間も渋滞の列が続いていました。
お車で向かうという方はお気をつけください。

さてそれではそろそろ本題に。
天気は快晴。青い丘と青い空。新緑もいいコントラストに。
丘をのぼると彼方には地平線。この丘にはたくさんの青があるのです。



ネモフィラを見に行くと言っても
私はいつもネモフィラと一緒に咲くポピーばかり気になってしまい
写真もポピーが主役になっているのがほとんどです。



ちなみに今回の撮影機材は
Panasonic の「S1R」にSIGMAのマウントコンバーター「MC-21」で
「SIGMA Art 40mm F1.4」と「Canon EF 135mm F2L」を繫げて撮影しました。
個人的な感想としてはAFの速度や精度はまだ成長途中という感じです。
もちろんまだ発売したばかりですので今後のアップデートに期待です。



Art 40mm は少し絞るだけでファインダー越しに画が引き締まるのがわかるのですが
開放の時のフとした柔らかさに惹かれました。



ネモフィラだけを撮りたい、と思った時にこれだけの人がいると
広角ではなかなか難しいということもあります。
そんな時には中望遠〜望遠レンズで切り撮るのもおすすめです。

そしてひたち海浜公園はネモフィラだけではありません。
すぐそばには黄色で一面に染まる菜の花畑。
(撮らなかったのですが古民家も)
公園の入り口付近にはチューリップ畑。大きな観覧車や遊園地、
マップを見たところ年内には砂丘エリアが出来るみたいです。
周ろうとしたら1日かけても足らないくらいの規模です。
(周遊バスも出ています、歩きの方はおすすめします)





公園を出れば海もすぐそこ、港もすぐそこ。
新鮮なネタの寿司を食べて、水族館に行くもよし明太パークに行くもよし。
10連休となったGWもそろそろ終わりになります。
もし残りの休みにどこかへ行きたくなったらぜひ茨城観光を計画してみてください。


春と夏の間。
あの青い丘であいましょう。






〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: Panasonic|掲載日時:2019年05月02日 21時55分]

面白いと思ったらコチラをClick!33票


null

【Panasonic】G9とMFレンズで動画に挑戦しました![2020年02月03日]

登場した時はその開放F値の明るさが大変な話題になりました。 Voigtlander Nokton 25mm F0.95 使う使わないに関わらず、F値の明るいレンズには羨望にも似た憧れがあります。 パナソニック G9PRO+Voigtlander Nokton 25mm F0.95 typeⅡ MFでのピント合わせは至難ですが、 驚異的な明るさを体感すべく、Voigtlander Nokton 25mm F0.95 typeⅡを持ち出して、動画を撮影してみました! (typ...
続きを読む
Panasonic LUMIX DC-GX7MK3 + Panasonic LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2 ASPH. POWER O.I.S.

【街で見つけた形にフォーカス】光と影が織りなすかたち【Panasonic】[2020年01月09日]

形にも様々なものがあります。 マル・サンカク・シカクと言った人工的な幾何学模様や、 どの形にも属さない少し歪な自然の形。 形を探しながら撮影するというのは童心に帰った気分で、 中々楽しいものです。 今回は光の形。 目に見えているようで、見えていない様な形に少し注目して見ようかと思います。 駐輪している自転車をモノクロで撮影。 明暗差が車輪に一本の線を作り出して...
続きを読む
【Panasonic】 LUMIX S1H特集Vol.3l

【Panasonic】 LUMIX S1H特集Vol.3 「LUMIX DC-GH5SとS1Hを検証」[2019年12月22日]

  LUMIX S1H特集の第三弾 今回はLUMIX DC-GH5SとS1Hの検証動画となります。 記録方式:MOV形式、4K [3840×2160]、29.97p、400Mbps(4:2:2,10bit ALL-I)、S1H V-Log /GH5S V-Log L Log撮影とは Log撮影をする事で通常の撮影ガンマに比べて幅広いダイナミックレンジを得ることができ、色の再現域も広く記録出来ます。この特徴を活かして編集時のグレーディングと合わせることで、制作者のイメー...
続きを読む
GM5

【Panasonic】LUMIX G 20mm F1.7 と行く三都物語【カメラを愉しむ vol.7】[2019年12月21日]

仕事の休憩中に『京都で紅葉の撮影がしたい!』 そんな衝動に。 しかしながらカメラも自宅、着替えも自宅、車も自宅。 一度○○をしたいと考えると実現しなくては気がすまない性格の私は、休憩時間が終わるまでに「中古カメラ」と「深夜バス」の予約を済ませておりました。 そこでセレクトした機材は『Panasonic GM5』と『Panasonic LUMIX G 20mm F1.7(初代)』。 使いたい時だけ中古...
続きを読む
【Panasonic】 LUMIX S1H特集Vol.2「6Kを活用しよう!6K撮影のメリットとは?」

【Panasonic】 LUMIX S1H特集Vol.2「6Kを活用しよう!6K撮影のメリットとは?」[2019年12月02日]

今回紹介する「LUMIX S1H」は、従来の4K動画よりも大きい解像度「6K」での撮影に対応しました。 6Kカメラと聞くと「6Kも解像度は必要か?」と言った考えを持つ方も多いのではないでしょうか。 実際、4Kカメラが一般化した現在も我々が目にするテレビ番組・WEB動画・Blu-ray等の動画コンテンツはフルHD(1920x1080px)が多く使われています。 しかし、納品フォーマットがフルHDであっても制作者の...
続きを読む