【PENTAX】Zから始まるABC | THE MAP TIMES 
Select Language



【PENTAX】Zから始まるABC

[ Category:PENTAX RICOH|掲載日時:2019年05月28日 11時30分]




中判デジタルを始めてみよう!とお考えの方へ、今だからこそPENTAX 645Zという選択肢を。
44x33mmの大型センサーを搭載した、素晴らしい耐候性を誇る最高のフィールドカメラです。
中判ミラーレスが隆盛を極めている今、敢えて大きく重い一眼レフタイプを選ぶ意味。それを探りに、「HD DA645 28-45mm F4.5ED AW SR」をマウントして街へくりだしてみました。
結果から申し上げましょう。

「最高の体験でした」


PENTAX 645Z+HD DA645 28-45mm F4.5ED AW SR

撮影前から結果が解るEVFの利便性を捨ててでも、光学ファインダー機を使うメリット。それはやはり、「見えやすさ」でしょう。
EVFの性能が進化している今でも、晴天の屋外や強い斜光がさしているシーンではOVFに一日の長があります。
ファインダーが大きい中判だからこそ、素通しの景色がこんなにも美しいのかと感動してしまいました。
画面内のどこでもMFが決まるナチュラルブライトマットスクリーンと相まって、ストレスフリーな撮影が可能です。



PENTAX 645Z+HD DA645 28-45mm F4.5ED AW SR

PENTAXのカメラには、「D-Range設定」という機能があります。ハイライトとシャドウを個別に補正するというもので、ただでさえ余裕のあるダイナミックレンジを更に拡張できます。
11種類用意された「カスタムイメージ」と組み合わせれば、同じカメラで撮影したと思えない程豊富な色合いと雰囲気を楽しめます。
個人的にオススメなのが、「カスタムイメージ詳細設定」の「キー」という項目。トーンカーブのハイライト側とシャドウ側両端のレベルを変えず、中間調だけ持ち上げるというもの。ポートレート撮影のみならず明暗差の激しい風景撮影でも有効に働きます。



PENTAX 645Z+HD DA645 28-45mm F4.5ED AW SR

PENTAXと言えば「気配り」のメーカー。一眼レフの入門機からファインダー視野率100%だったり、防塵防滴構造だったり…。
搭載している機能についても、ハイエンド機とローエンド機でそこまで大きな差がない事でも有名です。
筆者が是非とも皆様に知って頂きたいのは、「記録画質がJPEGのみの場合でも、最後に撮影した写真をRAWで追加保存できる機能」です。バッファーにRAWを追加で保存しているというもので、様々なことに役立ちます。
例えば夕日の撮影時です。一枚撮影した後、「ホワイトバランスを日陰にしておけば、もっと色が出るかも!?」と考えたとしましょう。そんな時WBボタンを押すだけで、先ほど撮影した夕日の写真でプレビューしながらホワイトバランスを選べるのです。
待ってくれないシャッターチャンスを、一枚でも多くモノにするために。PENTAXの優しさを感じます。



PENTAX 645Z+HD DA645 28-45mm F4.5ED AW SR

今回のフィールドテストで最も驚いたのは、ミラーショックの少なさでした。
HD DA645 28-45mm F4.5ED AW SRをマウントし、手振れ補正オフの状態でシャッターを切っても殆ど手振れがありませんでした。「バジャン!」という大きなシャッター音とは裏腹に、振動は相当少ないようです。ミラーレス機と比べ、一眼レフタイプは構造上ブレに対してシビアになるのですが、これなら全く問題なく使用できます。




null

大柄なボディは、確かなグリップの為に。
PENTAXの645シリーズは、フィルムカメラの頃から指掛け部が大きく抉れています。それによりしっかりと握り込めるのです。
長玉を装着してぶんぶん振り回しても、全く不安はありませんでした。
また、オートフォーカスも速度こそ控えめなものの精度は高いです。
最短撮影距離付近でもピントを外すことはありませんでした。
「中判の一眼レフだから」と身構えなくても良い。これは何より嬉しい事です。



PENTAX 645Z+HD DA645 28-45mm F4.5ED AW SR

カメラがどんどん進化し、便利で簡単が当たり前になりつつある今。「撮影」という行為の流れをしっかりと意識できるカメラがどれくらいあるでしょうか。
必要な機能+αを登載し、それでいて中判カメラのイロハをしっかりと学べる。
あなたも645Zで中判デジタルライフを始めてみませんか。










[ Category:PENTAX RICOH|掲載日時:2019年05月28日 11時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Nikon Z 50mm F1.8 S 【私のお気に入り】旅行とZで日常にスパイス【Nikon】 2019年07月17日
スパイス12 どんよりとした天気の中に、時折見せる晴れ間。 照らされる新緑の木々が、より一層青々としてきた文月。 昨日、SONYより新型のミラーレスカメラが発表される等、 今年のミラーレス市場はますます盛り上がってまいりました。 しかしながら、Nikonを愛してやまない私は、相も変わらず、 愛用のボディと共に写真活動に臨みます。 今回の撮影に持ち出したのは、愛機Nikon Z6と、Z 50mm F1.8 Sです。 50mmは基本の「き」である 去る7月初旬、私はZ6と、持ち出したZ 50mm F1.8 ...
続きを読む
Leica M Monochrom 【私のお気に入り】LEICA MM 2019年07月16日
私のお気に入り 『LEICA M Monochrom』 その「デジタルモノクロ縛り」の哲学に惚れ込んでからは すっかり私のお気に入りになりました。 そして始まった、お気に入りレンズを模索する日々の中から 気に入った幾つかのレンズを紹介していきます。 MINOLTA SUPER ROKKOR 50mm F1.8 此処でいきなり、MINOLTAレンズです。 旧千代田光学であるMINOLTA、 銘板にその名残である「CHIYOKO」と記してあるのも気に入っています。 明るく使いやすいレンズ、心なしか白が綺麗に写るような気がし...
続きを読む
【私のお気に入り】 旅と一緒にSONY RX100M5A 【私のお気に入り】 旅のお伴にSONY RX100M5A 2019年07月15日
F1.8 1/40 ISO-2000 24mm 観覧車からのラスベガス夜景 F2.8 1/50 ISO-1600 53mm アンテロープ・キャニオン アメリカのラスベガスと西海岸のキャニオン観光。 そこでRX100M5Aをお伴に連れて行きました。 メイン機にフルサイズを携え、サブ機のつもりで持って行きましたが、 フルサイズ顔負けの素晴らしい画の数々!! 今まで所詮コンデジという印象が一気に変わりました。 F2.8 1/160 ISO-500 70mm まずはラスベガス・マッカラン国際空港に到着するなりパシャリ。 飛行機を...
続きを読む
空飛ぶ巨大なカメと 【私のお気に入り】空飛ぶ巨大なカメと 2019年07月14日
私は幼少の頃から鉄道好きで、写真を始めたきっかけも鉄道を撮ることから始まりました。 そんな私が飛行機に興味を持ち始めたのが「ジャンボ」の愛称で親しまれてきたとボーイング747型機が、日本の航空会社から無くなると聞いた時からです。 鉄道写真を撮る人達の間では、廃線となる路線や引退する車両に集まることを「葬式鉄」と呼びますので、これに倣えば葬式空がきっかけだったのかもしれません。 小型低燃費機へのシフトは日本だけではないようで、国際線が発着する空港でも大型機を...
続きを読む
ニコンの50mm 【私のお気に入り】ニコンの50mm 2019年07月13日
大切に使い続けているレンズがあります。 AI Nikkor 50mm f/1.4S 1981 年から発売されているニコンの標準レンズ。 このレンズとの出会いは学生時代。 キットで付いていたレンズの写りに満足できず、自分で調べたり周りの人に聞いてみると、どうやら単焦点レンズというものがあり50mmが標準的なレンズとされているらしい。 なるほど、じゃあ使ってみるか。 それくらいの知識で買ってみたレンズでした。 実際にカメラに装着しファインダーを覗くと、いままで見たことがないくらい世の中が輝い...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]