【FUJIFILM】その瞬間にしかない雲を追って | THE MAP TIMES 
Select Language



【FUJIFILM】その瞬間にしかない雲を追って

[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2019年05月12日 11時00分]




車を購入した約2年前、運転が楽しすぎて
目的地もなく、ただひたすら走っていた時期がありました。

― せっかく車があるのであれば、今までできなかったことをしたい ―

その一心で思いついたのが「朝焼けの富士山を近くで眺めること」です。

その瞬間にしかない雲を見つめて

思い立ったが吉日。
早速行って撮影した写真がこちら。
日時は2017年4月13日5:33。

朝焼けの山頂に、そろそろ落ちてしまう月、
さらに白鳥がフレームインしてきてお気に入りの一枚です。
しかし、富士山を隠してしまっている厚めの雲が気になり、
もう一度リベンジしに行こうと、この度決意しました。

自宅から富士山が近くで見える山中湖までは約120㎞、
高速道路を走ると、空いていれば約2時間です。
しかし自分は下道で向かいました。

その瞬間にしかない雲を見つめて

なぜなら運転が好きだから。

多くの人が選ばないマニュアル車、購入当初は
「楽しいのは最初だけで、すぐに面倒くさいと思ってしまうのではないか」
と不安でしたが、乗り続けて一度も後悔はしていません。

その瞬間にしかない雲を見つめて

朝焼けの富士山を見逃すくらいなら早めに行こうと
家を出たのが深夜0時半、着いたのは深夜3時半でした。

途中、街灯も全くない真っ暗な山道を走ったり、
リアルサファリパークのように鹿に遭遇したりと
怖かったものの、無事に帰ってきた今となっては良い思い出です。

その瞬間にしかない雲を見つめて

朝焼けどころか、この時間ではさすがに何も見えません。
肉眼ですら富士山の輪郭が見えるかどうか、というレベル。
しかし、この時間にも多くの人が三脚を立ててカメラを構えていました。

急遽、やったことないけれどバルブ撮影をやってみようという気持ちになり、
持ってきていた三脚でチャレンジすることに。
ケーブルレリーズもないのに。

しかし、前述のとおりほとんど見えないため
構図も決められなければカメラ側の設定もどうしていいかわかりません。

その瞬間にしかない雲を見つめて

そしてなんとなく撮った一枚がこちらです。
若干の傾きとブレは自分の力不足ですが、
思いのほかいい感じに撮れてびっくりしました。
短い時間にもかかわらず、星が流れて見えることも驚きの一つ。

このあと何枚か撮りましたが、結局最初の一枚がお気に入りに。
まさにビギナーズラック。

その瞬間にしかない雲を見つめて

時間が経って、綺麗な朝焼けの富士山が見えてきました。
快晴とまではいきませんでしたが、前回よりも雲は薄く、
富士山の全体を写すことができたのは目的どおりです。
しかし、どこか腑に落ちない。

過去の写真を見返してみました。

これといって特定のジャンルの撮影をしてきたわけではありませんが、
空を写したもの、とりわけ雲を入れたものが多かったことに気づきます。

その瞬間にしかない雲を見つめて

過去に持っていたNikon D750で撮影したものです。
もはやどこかわかりませんが、2015年8月14日の空。

その瞬間にしかない雲を見つめて

同じ日の法隆寺にて。
先ほどの写真も奈良のどこかだったのでしょう。

その瞬間にしかない雲を見つめて

サッカーを観に静岡に行ったときの空。
日時は2017年8月26日の18:04。

その瞬間にしかない雲を見つめて

その30分後の空。

その瞬間にしかない雲を見つめて

2017年9月24日、京都駅前にて。
今まで見てきた中で、最も美しい空でした。

その瞬間にしかない雲を見つめて

2017年12月21日、福岡県糸島市にて。
こちらはカメラ内RAW現像をしています。

その瞬間にしかない雲を見つめて

そして、今回撮った別の一枚。
特に狙ったわけではなかったのですが、
雲がない右側を切って、雲がある左側を多く取るような
構図にしていました。

写真を始めたころから今に至るまで、
どうやら無意識のうちに雲を追っていたようです。

どれも狙って撮れるものではなく、二度と同じものがない偶然の賜物。
快晴にはない風情、美しさを感じずにはいられません。

そうして今日もまた、無意識に空を見上げている自分がいます。








〓〓タイムズフォト〓〓


[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2019年05月12日 11時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Leica M Monochrom 【私のお気に入り】LEICA MM 2019年07月16日
私のお気に入り 『LEICA M Monochrom』 その「デジタルモノクロ縛り」の哲学に惚れ込んでからは すっかり私のお気に入りになりました。 そして始まった、お気に入りレンズを模索する日々の中から 気に入った幾つかのレンズを紹介していきます。 MINOLTA SUPER ROKKOR 50mm F1.8 此処でいきなり、MINOLTAレンズです。 旧千代田光学であるMINOLTA、 銘板にその名残である「CHIYOKO」と記してあるのも気に入っています。 明るく使いやすいレンズ、心なしか白が綺麗に写るような気がし...
続きを読む
【私のお気に入り】 旅と一緒にSONY RX100M5A 【私のお気に入り】 旅のお伴にSONY RX100M5A 2019年07月15日
F1.8 1/40 ISO-2000 24mm 観覧車からのラスベガス夜景 F2.8 1/50 ISO-1600 53mm アンテロープ・キャニオン アメリカのラスベガスと西海岸のキャニオン観光。 そこでRX100M5Aをお伴に連れて行きました。 メイン機にフルサイズを携え、サブ機のつもりで持って行きましたが、 フルサイズ顔負けの素晴らしい画の数々!! 今まで所詮コンデジという印象が一気に変わりました。 F2.8 1/160 ISO-500 70mm まずはラスベガス・マッカラン国際空港に到着するなりパシャリ。 飛行機を...
続きを読む
空飛ぶ巨大なカメと 【私のお気に入り】空飛ぶ巨大なカメと 2019年07月14日
私は幼少の頃から鉄道好きで、写真を始めたきっかけも鉄道を撮ることから始まりました。 そんな私が飛行機に興味を持ち始めたのが「ジャンボ」の愛称で親しまれてきたとボーイング747型機が、日本の航空会社から無くなると聞いた時からです。 鉄道写真を撮る人達の間では、廃線となる路線や引退する車両に集まることを「葬式鉄」と呼びますので、これに倣えば葬式空がきっかけだったのかもしれません。 小型低燃費機へのシフトは日本だけではないようで、国際線が発着する空港でも大型機を...
続きを読む
ニコンの50mm 【私のお気に入り】ニコンの50mm 2019年07月13日
大切に使い続けているレンズがあります。 AI Nikkor 50mm f/1.4S 1981 年から発売されているニコンの標準レンズ。 このレンズとの出会いは学生時代。 キットで付いていたレンズの写りに満足できず、自分で調べたり周りの人に聞いてみると、どうやら単焦点レンズというものがあり50mmが標準的なレンズとされているらしい。 なるほど、じゃあ使ってみるか。 それくらいの知識で買ってみたレンズでした。 実際にカメラに装着しファインダーを覗くと、いままで見たことがないくらい世の中が輝い...
続きを読む
鎌倉×G99 【Panasonic】鎌倉×G99 2019年07月12日
5月半ばに発売されたPanasonic LUMIX DC-G99 どんなカメラだろう。とワクワクを胸にカメラ片手に鎌倉へ出かけて参りました。 ƒ/3.5 1/640sec ISO-200 撮影したのは6月半ば。この時期、紫陽花の見頃を迎える鎌倉。 例年通り私も通勤ラッシュを避けつつ朝から出かけます。 1時間ちょっと、紫陽花で有名な明月院の最寄駅に到着したものの、道のりに長蛇の列が… 回れ右して人のいない方へ。人ごみはできれば近寄りたくない筆者は線路を渡りふらふら。 ƒ/3.2 1/640sec ISO-200 ファイン...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]