【FUJIFILM】その瞬間にしかない雲を追って | THE MAP TIMES 
Select Language



【FUJIFILM】その瞬間にしかない雲を追って

[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2019年05月12日 11時00分]




車を購入した約2年前、運転が楽しすぎて
目的地もなく、ただひたすら走っていた時期がありました。

― せっかく車があるのであれば、今までできなかったことをしたい ―

その一心で思いついたのが「朝焼けの富士山を近くで眺めること」です。

その瞬間にしかない雲を見つめて

思い立ったが吉日。
早速行って撮影した写真がこちら。
日時は2017年4月13日5:33。

朝焼けの山頂に、そろそろ落ちてしまう月、
さらに白鳥がフレームインしてきてお気に入りの一枚です。
しかし、富士山を隠してしまっている厚めの雲が気になり、
もう一度リベンジしに行こうと、この度決意しました。

自宅から富士山が近くで見える山中湖までは約120㎞、
高速道路を走ると、空いていれば約2時間です。
しかし自分は下道で向かいました。

その瞬間にしかない雲を見つめて

なぜなら運転が好きだから。

多くの人が選ばないマニュアル車、購入当初は
「楽しいのは最初だけで、すぐに面倒くさいと思ってしまうのではないか」
と不安でしたが、乗り続けて一度も後悔はしていません。

その瞬間にしかない雲を見つめて

朝焼けの富士山を見逃すくらいなら早めに行こうと
家を出たのが深夜0時半、着いたのは深夜3時半でした。

途中、街灯も全くない真っ暗な山道を走ったり、
リアルサファリパークのように鹿に遭遇したりと
怖かったものの、無事に帰ってきた今となっては良い思い出です。

その瞬間にしかない雲を見つめて

朝焼けどころか、この時間ではさすがに何も見えません。
肉眼ですら富士山の輪郭が見えるかどうか、というレベル。
しかし、この時間にも多くの人が三脚を立ててカメラを構えていました。

急遽、やったことないけれどバルブ撮影をやってみようという気持ちになり、
持ってきていた三脚でチャレンジすることに。
ケーブルレリーズもないのに。

しかし、前述のとおりほとんど見えないため
構図も決められなければカメラ側の設定もどうしていいかわかりません。

その瞬間にしかない雲を見つめて

そしてなんとなく撮った一枚がこちらです。
若干の傾きとブレは自分の力不足ですが、
思いのほかいい感じに撮れてびっくりしました。
短い時間にもかかわらず、星が流れて見えることも驚きの一つ。

このあと何枚か撮りましたが、結局最初の一枚がお気に入りに。
まさにビギナーズラック。

その瞬間にしかない雲を見つめて

時間が経って、綺麗な朝焼けの富士山が見えてきました。
快晴とまではいきませんでしたが、前回よりも雲は薄く、
富士山の全体を写すことができたのは目的どおりです。
しかし、どこか腑に落ちない。

過去の写真を見返してみました。

これといって特定のジャンルの撮影をしてきたわけではありませんが、
空を写したもの、とりわけ雲を入れたものが多かったことに気づきます。

その瞬間にしかない雲を見つめて

過去に持っていたNikon D750で撮影したものです。
もはやどこかわかりませんが、2015年8月14日の空。

その瞬間にしかない雲を見つめて

同じ日の法隆寺にて。
先ほどの写真も奈良のどこかだったのでしょう。

その瞬間にしかない雲を見つめて

サッカーを観に静岡に行ったときの空。
日時は2017年8月26日の18:04。

その瞬間にしかない雲を見つめて

その30分後の空。

その瞬間にしかない雲を見つめて

2017年9月24日、京都駅前にて。
今まで見てきた中で、最も美しい空でした。

その瞬間にしかない雲を見つめて

2017年12月21日、福岡県糸島市にて。
こちらはカメラ内RAW現像をしています。

その瞬間にしかない雲を見つめて

そして、今回撮った別の一枚。
特に狙ったわけではなかったのですが、
雲がない右側を切って、雲がある左側を多く取るような
構図にしていました。

写真を始めたころから今に至るまで、
どうやら無意識のうちに雲を追っていたようです。

どれも狙って撮れるものではなく、二度と同じものがない偶然の賜物。
快晴にはない風情、美しさを感じずにはいられません。

そうして今日もまた、無意識に空を見上げている自分がいます。








〓〓タイムズフォト〓〓


[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2019年05月12日 11時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【FUJIFILM】高円寺散歩 2019年05月19日
東京では、5月だというのに30℃に到達しそうな日が続きます。 夜なら外に出れると思い、 ふと思うと、仕事から帰ってくるだけで夜のご近所を知らないことに気づきました。 日も沈んできたので、 夜のご近所を散策してみます。 お供には携帯性抜群わずか155g「フジノン XF16mm F2.8 R WR ブラック」と、 「FUJIFILM X-E3」を従えていきます。 まず向かったのは高円寺~中野間の中央線の車内から見てて、 なんの建物だろうと思っていた座高円寺です。 半分もう閉まってましたが、 ...
続きを読む
【FUJIFILM】X-T3「F-Log&外部収録のメリットとは?」 【FUJIFILM】X-T3「F-Log&外部収録のメリットとは?」 2019年05月13日
前回のブログ【ATOMOS】FUJIFILM X-T3でF-Log・10bit外部収録を試すではF-Log&外部収録での撮影を行いました。 今回は前回詳しく紹介の出来なかった「F-Log」&外部収録のメリットを紹介いたします。 ・センサーの持つダイナミックレンジを最大限引き出せる。 「F-Log」はグレーディングが必須になるため、導入にハードルを感じる方も多いかもしれませんが、通常ガンマよりも広いダイナミックレンジを持つガンマカーブが使用できます。 ※F-Logの仕様・詳細ついてはこちら(公式サイトが開きます) ...
続きを読む
その瞬間にしかない雲を見つめて 【FUJIFILM】その瞬間にしかない雲を追って 2019年05月12日
車を購入した約2年前、運転が楽しすぎて 目的地もなく、ただひたすら走っていた時期がありました。 ― せっかく車があるのであれば、今までできなかったことをしたい ― その一心で思いついたのが「朝焼けの富士山を近くで眺めること」です。 思い立ったが吉日。 早速行って撮影した写真がこちら。 日時は2017年4月13日5:33。 朝焼けの山頂に、そろそろ落ちてしまう月、 さらに白鳥がフレームインしてきてお気に入りの一枚です。 しかし、富士山を隠してしまっている厚めの雲が気にな...
続きを読む
FUJIFILM X-E3 XF8-16mm F2.8 R LM WR 【FUJIFILM】GWにあおぞらに繋がる丘を歩こう 2019年05月01日
令和元年おめでとうございます。 新しい時代の始まりに立ち会えることを喜ばしく思います。 さて、驚異の10連休である今年のゴールデンウィークの真っ最中となっております。 皆様、行楽など各地に出かけている方も多いかと思います。 そして、この時期に見ごろを迎えるのは国営ひたち海浜公園のみはらしの丘です。 ゴールデンウィーク直前にここに訪れてみました。 毎年、この時期になるとここに散歩に出かけるのですが今年の4月後半に寒さが戻ってきたせいか いつもならばネモフィラが見...
続きを読む
null 【新元号令和、平成を振り返る】GFXでモノクローム 2019年04月27日
平成生まれの私ですが平成21年の大学入学と同時に始めたのはフィルムカメラでした。 一般的にカメラや写真は既にデジタルへと移行していましたが、 私はモノクロフィルムで撮影、暗室で現像し印画紙にプリントとデジタルからほど遠いカメラライフのスタートでした。 昨年、唯一の国産モノクロフィルムであった富士フイルムの『NEOPAN 100 ACROS』も生産完了し一つの時代が終わったと感じました。 今でも9:1の割合でフィルムとデジタルを使用しているのでフィルムが縮小していくのは寂しいところがあ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]