【FUJIFILM】その瞬間にしかない雲を追って | THE MAP TIMES 
Select Language



【FUJIFILM】その瞬間にしかない雲を追って

[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2019年05月12日 11時00分]




車を購入した約2年前、運転が楽しすぎて
目的地もなく、ただひたすら走っていた時期がありました。

― せっかく車があるのであれば、今までできなかったことをしたい ―

その一心で思いついたのが「朝焼けの富士山を近くで眺めること」です。

その瞬間にしかない雲を見つめて

思い立ったが吉日。
早速行って撮影した写真がこちら。
日時は2017年4月13日5:33。

朝焼けの山頂に、そろそろ落ちてしまう月、
さらに白鳥がフレームインしてきてお気に入りの一枚です。
しかし、富士山を隠してしまっている厚めの雲が気になり、
もう一度リベンジしに行こうと、この度決意しました。

自宅から富士山が近くで見える山中湖までは約120㎞、
高速道路を走ると、空いていれば約2時間です。
しかし自分は下道で向かいました。

その瞬間にしかない雲を見つめて

なぜなら運転が好きだから。

多くの人が選ばないマニュアル車、購入当初は
「楽しいのは最初だけで、すぐに面倒くさいと思ってしまうのではないか」
と不安でしたが、乗り続けて一度も後悔はしていません。

その瞬間にしかない雲を見つめて

朝焼けの富士山を見逃すくらいなら早めに行こうと
家を出たのが深夜0時半、着いたのは深夜3時半でした。

途中、街灯も全くない真っ暗な山道を走ったり、
リアルサファリパークのように鹿に遭遇したりと
怖かったものの、無事に帰ってきた今となっては良い思い出です。

その瞬間にしかない雲を見つめて

朝焼けどころか、この時間ではさすがに何も見えません。
肉眼ですら富士山の輪郭が見えるかどうか、というレベル。
しかし、この時間にも多くの人が三脚を立ててカメラを構えていました。

急遽、やったことないけれどバルブ撮影をやってみようという気持ちになり、
持ってきていた三脚でチャレンジすることに。
ケーブルレリーズもないのに。

しかし、前述のとおりほとんど見えないため
構図も決められなければカメラ側の設定もどうしていいかわかりません。

その瞬間にしかない雲を見つめて

そしてなんとなく撮った一枚がこちらです。
若干の傾きとブレは自分の力不足ですが、
思いのほかいい感じに撮れてびっくりしました。
短い時間にもかかわらず、星が流れて見えることも驚きの一つ。

このあと何枚か撮りましたが、結局最初の一枚がお気に入りに。
まさにビギナーズラック。

その瞬間にしかない雲を見つめて

時間が経って、綺麗な朝焼けの富士山が見えてきました。
快晴とまではいきませんでしたが、前回よりも雲は薄く、
富士山の全体を写すことができたのは目的どおりです。
しかし、どこか腑に落ちない。

過去の写真を見返してみました。

これといって特定のジャンルの撮影をしてきたわけではありませんが、
空を写したもの、とりわけ雲を入れたものが多かったことに気づきます。

その瞬間にしかない雲を見つめて

過去に持っていたNikon D750で撮影したものです。
もはやどこかわかりませんが、2015年8月14日の空。

その瞬間にしかない雲を見つめて

同じ日の法隆寺にて。
先ほどの写真も奈良のどこかだったのでしょう。

その瞬間にしかない雲を見つめて

サッカーを観に静岡に行ったときの空。
日時は2017年8月26日の18:04。

その瞬間にしかない雲を見つめて

その30分後の空。

その瞬間にしかない雲を見つめて

2017年9月24日、京都駅前にて。
今まで見てきた中で、最も美しい空でした。

その瞬間にしかない雲を見つめて

2017年12月21日、福岡県糸島市にて。
こちらはカメラ内RAW現像をしています。

その瞬間にしかない雲を見つめて

そして、今回撮った別の一枚。
特に狙ったわけではなかったのですが、
雲がない右側を切って、雲がある左側を多く取るような
構図にしていました。

写真を始めたころから今に至るまで、
どうやら無意識のうちに雲を追っていたようです。

どれも狙って撮れるものではなく、二度と同じものがない偶然の賜物。
快晴にはない風情、美しさを感じずにはいられません。

そうして今日もまた、無意識に空を見上げている自分がいます。








〓〓タイムズフォト〓〓


[ Category:FUJIFILM|掲載日時:2019年05月12日 11時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

とある50R 【増税前にデビュー】とある50R 中望遠デビュー編 2019年09月11日
『とある50R 中望遠デビュー編 』 茹だるような暑さが続いております。 写真を撮りに出掛けた際、まだまだ小休憩は欠かせません。 涼しく冷えた喫茶店で、撮影した写真を眺めながら、過ごすひと時は心地のいいものです。 さて、今回は増税前ということで、今までなかなか手が出なかったレンズ、GF120mm F4 R LM OIS WR Macroをチョイスし、写真を撮りに出掛けました。 今回は“マクロレンズ”としての運用ではなく、“120mm(35mm判換算約95mm)”という中望遠域の焦点距離を活かした運用を...
続きを読む
こFUJIFILM 広角でスナップデビュー 【増税前にデビュー】FUJIFILM 広角でスナップデビュー 2019年09月04日
『FUJIFILM X-H1 + フジノン XF8-16mm F2.8 R LM WR』 -言葉を写真に- 1/40 F8 ISO200 WB AUTO FUJIFILM唯一のボディ内手ブレ補正搭載のX-H1と FUJIFILMで最広角となる大口径超広角ズームレンズであるXF8-16mmF2.8 R LM WR、 この組み合わせで都内へ出かけました。 1/60 F2.8 ISO500 WB AUTO ボディとレンズ、合わせておおよそ1,400gの重量ですので、 決して軽くはない組み合わせでしたが、 X-H1の深いグリップにより、迷わずすぐに構えることが出来たので、 とっさの撮影でも安定して撮影...
続きを読む
【私のお気に入り】横浜、ちょっとだけ散歩 【私のお気に入り】横浜、ちょっとだけ散歩 2019年08月19日
とある夏の日、セミの声のシャワーを浴びながらたどり着いたのは横浜の洋館でした。 出迎えてくれたのは、ブラフ18番館。横浜山手にある大正末期に建てられた歴史のある建物です。 建物の中に入ると冷房がよく効いており、ひんやりとした空気が出迎えてくれます。外の暑さとはまるで別世界に来たようでした。 この日の相棒はFUJIFILM X100。2011年発売と少し古いカメラですが、ちょうどよい大きさとしっかりとした描写力を兼ね備えているので、ちょっとしたお散歩にはいつもこのカメラを持って行き...
続きを読む
とある50R 【私のお気に入り】とある50R ACROS編 2019年08月07日
『とある50R ACROS編 』 長い梅雨が明けて暑い夏がやってまいりました。 写真を撮りに出かけた際、ついつい喫茶店などで休んでしまう。 私はそんな夏が好きです。 さて、私の『お気に入り』、それはFUJIFILMのフィルムシミュレーション、ACROSです。 FUJIFILMが積み重ねてきた写真用フィルムの歴史、その中でも多くの人々に愛用されてきたモノクロネガフィルムACROSを忠実にシミュレートしたものです。 各メーカーがカメラに搭載しているフィルターとは一味違った機能になっています。 今回...
続きを読む
FUJIFILM X100F 【私のお気に入り】FUJIFILM X100F 2019年07月31日
『FUJIFILM X100F』 私のお気に入りのひとつはFUJIFILMX100Fです。 毎日のように持ち歩き、自分の記録として使ったり、スナップを撮影したりしています。 1/125 f5.6 iso1250 毎日使っていても飽きない理由が大きく分けて3つあります。 1つめはISO、スピード、F値の操りがアナログ操作であることです。 画角が固定なことも、写真に迷いがなく統一した作品作りができます。 デザインやボタン配置等に無駄がなく、かっこいいルックスも好みです。 2つめは開放の甘さです。 F2で撮ると、...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]