【写真を楽しむ6月】花と器のハーモニー | THE MAP TIMES 
Select Language



【写真を楽しむ6月】花と器のハーモニー

[ Category:etc.|掲載日時:2019年06月11日 16時00分]




HASSELBLAD (ハッセルブラッド) X1D-50c+XCD 90mm F3.2
HASSELBLAD (ハッセルブラッド) X1D-50c+XCD 90mm F3.2


皆さんこんにちは。
関東では梅雨入りが発表され、ここ新宿も連日雨や曇り空が続いています。
なかなか写真を撮りに行く気が起きなくなる時期ではありますが、
重い気持ちを吹き飛ばすように普段は行かない所に赴いてみるのもひとつ良いのではないでしょうか。

今回は横浜にある山手西洋館巡りへ向かいます。
この山手西洋館、通年で季節毎に装飾が変わる催し物を開いており
インテリアや洋館の内装などの撮影を楽しむことが出来ます。

HASSELBLAD (ハッセルブラッド) X1D-50c+XCD 90mm F3.2
HASSELBLAD (ハッセルブラッド) X1D-50c+XCD 90mm F3.2

6月の初週には年に1度の「花と器のハーモニー」という企画展を行っており
花々に彩られたインテリアや食器で装飾された洋館を楽しめるのですが
この撮影のお共に今回はHASSELBLADのX1D-50cを使っています。

HASSELBLAD (ハッセルブラッド) X1D-50c+XCD 45mm F3.5
HASSELBLAD (ハッセルブラッド) X1D-50c+XCD 45mm F3.5

どちらかというとプロの現場、スタジオユースなどの印象が強いカメラだったため
RAW現像ありきのシステムなのだろうなあと思っていたのですが、実は今回全てJPEG撮って出しでお送りしています。良い色です。

HASSELBLAD (ハッセルブラッド) X1D-50c+XCD 90mm F3.2
HASSELBLAD (ハッセルブラッド) X1D-50c+XCD 90mm F3.2

ローライトなシーンではAWBの精度もあってか少し緑っぽく転ぶこともあったのですが
程々に光が回っている環境下であれば、実に良い色を出してくれます。
ニュートラルなのにリッチに感じる色遣いはX1Dならではの色表現かなと。これだけで欲しくなってしまいます。

HASSELBLAD (ハッセルブラッド) X1D-50c+XCD 90mm F3.2
HASSELBLAD (ハッセルブラッド) X1D-50c+XCD 90mm F3.2

そして思っていた以上にハンドリングがしやすいという点も驚きでした。
フォーカルプレーンシャッターを排除した事で小型軽量に納まったボディは取り回しが良く
レンズを装着した状態で常に片手持ちで歩き回れる重量です。

HASSELBLAD (ハッセルブラッド) X1D-50c+XCD 45mm F3.5
HASSELBLAD (ハッセルブラッド) X1D-50c+XCD 90mm F3.2

この写真サイズだとなかなか感じづらい部分ではあると思うのですが、さすがは中判フォーマット。
フルサイズ機以上にギュッと凝縮された情報から生み出される、キレのある描写は写真なのに手に取って質感を確かめられそうなほどの立体感があります。

HASSELBLAD (ハッセルブラッド) X1D-50c+XCD 90mm F3.2
HASSELBLAD (ハッセルブラッド) X1D-50c+XCD 90mm F3.2

階調表現にしても嫌味がなく、ニュートラルな印象を受けます。
特に中間階調からシャドウに沈んでいくトーンの移り変わりがとても美しい。
そしてそのトーンを感じ取りながら撮影に集中出来るEVFも高いクオリティを持っています。
特に何も感じる事なく撮影出来てしまうので、裏を返せばそれだけ見えが良く違和感が少ないという事です。


HASSELBLAD (ハッセルブラッド) X1D-50c+XCD 90mm F3.2
HASSELBLAD (ハッセルブラッド) X1D-50c+XCD 90mm F3.2

撮影を始める前は、ハッセルだ中判デジタルだと身構えていたのですが
いざ使い始めてみると操作系なども直感的でシンプルに使えつつ
1日撮り終える頃には手に馴染んでいたのが印象的です。
欲しいなあ...もうすぐボーナス。48回金利手数料無料...悩ましいところです。


今回使用した機材はコチラ




〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2019年06月11日 16時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 2019年06月17日
とある平日の午後。東京都東村山市にある北山公園菖蒲苑に行きました。 北山公園菖蒲苑は東村山駅から徒歩で20分ほど。八国山緑地を背景にした自然公園です。 毎年6月上旬から中旬にかけ、300種、8,000株の花菖蒲が開花し、新東京百景にも選ばれています。 この日、首から下げたのは、OLYMPUS OM-4TiとE.ZUIKO AUTO-T 100mm F2.8の組み合わせ。 コンパクトなボディとレンズは、動き回る撮影にぴったりです。 OM-4Tiは1986年に発売され、電子制御布幕横走りフォーカルプレーンシャッターを持...
続きを読む
紫陽花を見上げる 【写真を楽しむ6月】紫陽花を見上げる 2019年06月16日
手に入れてすぐ、 これはめいっぱい楽しむには一脚必須! と確信した RICOH THETA SC。 今後の様々な撮影シーンを見据え、 小さな三脚付きの一脚を購入し、 紫陽花を見に出かけた際に連れていきました。 たくさんの品種が植えられており、 満開時にはそれは美しいようなのですが、まだ見頃はこれからというところ。 現在は、白と緑が上品なアナベルがとてもきれいに咲いていました。 これがやりたかった、中から! まるでこびとになった気分です。 手持ちではできません...
続きを読む
null 【写真を楽しむ6月】Tokyo Reflection 2019年06月15日
  筆者は昔から、建物のガラスなどに「反射した光」に惹かれ、 気が付けばカメラを向けていることが多くありました。 梅雨に入り、曇りがちの天気が続いております。 晴天のようなドラマチックな光線状態は望めません。 そんな中、「反射した光=Reflection」をテーマに最近撮影した写真を集めてみました。 東京タワーは昔から好きな被写体です。 普通に撮影すると平凡になってしまうため、ビルのガラスに反射する姿を狙ってみました。 道端の道路標識が、車のヘッドライトに照らさ...
続きを読む
6枚玉がとおる 【写真を楽しむ6月】6枚玉がとおる 2019年06月14日
各所で暑い日が続き、日に日に来る夏の気配を肌で感じられるようになってまいりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 今年ももう折り返しの6月。 私事ですが今月で【ズミクロン M35mm F2】の第二世代 通称【6枚玉】を使い始めて半年、つまり6か月が経ちます。 この度のテーマは【写真を楽しむ6月】。 半ば強引ではございますが、この6の数のめぐりあわせに改めて6枚玉で写真を撮ってまいりました。 またお付き合いいただけると幸いです。 ...
続きを読む
ヴィンテージカメラ mickey35を使ってみた 【SONY】待望の動物対応 瞳AFがα6400に実装されました! 2019年06月13日
本日、α6400ユーザーが待ちに待った動物対応 瞳AFのファームウェアが公開されました! アップデートはコチラから!(ソニー公式サイト) ご自宅で簡単にアップデートが可能です。 α7RIII、α7IIIで先行搭載され、話題の新機能が遂にα6400にも搭載! フルサイズ機に比べると手軽で使いやすいエントリー機 α6400に対応したことで、今まで以上に気軽に動物対応瞳AFを楽しめるようになりました。 使い方はいたってシンプル! 動物に向かってシャッターを半押しするだけで簡単に瞳にピントが合っ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]