【SONY】雨ニモマケズ、風ニモマケズ。 | THE MAP TIMES //該当の要素を削除する $(this).remove(); }); });  【SONY】雨ニモマケズ、風ニモマケズ。 | THE MAP TIMES
Select Language

【SONY】雨ニモマケズ、風ニモマケズ。

[ Category: SONY|掲載日時:2019年05月27日 10時30分]


SONY Cyber-shot DSC-RX0

焦点距離:24mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/400秒 ISO:125



我々、カメラ好きにとって毎年やってくる憂鬱な季節。


【梅雨】


豊かな四季を誇る日本にとって、植物への恵となる雨・・・。わかってはいるのですが、如何せん湿気は機材の大敵であり、せっかくの休日に撮影に行こうと考えていても天気は生憎の【雨】。
生まれつきの出不精な私にとっては、家にこもりっぱなしにもなりがちな季節。



【梅雨】


ジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメ。
ジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメ。
ジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメ。
ジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメ。
ジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメジメ。




・・・。


「これではいかん。」



一念発起した私は考えました。

「雨の日の撮影を楽しもう!」


雨の日にも気軽に撮影できるカメラとは・・・。




そう、【防水】だ!!




天気予報を確認!明日の天気は・・・雨!
いつもならがっかりするところ、今回は上機嫌!


カッパに着替えて、長靴を履いて、手には「DSC-RX0」を握りしめ。




雨の降りしきる街中へ・・・。


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

SONY Cyber-shot DSC-RX0

焦点距離:24mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/50秒 ISO:125

この日の天気は、これからの梅雨シーズンを予感させるような雨・風ともに強い日でした。多少の雨くらいなら、傘をさして撮影することもありますが、この日の風は強力でした。「DSC-RX0」の防水性能のおかげで雨風を気にせず撮影ができました。


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


SONY Cyber-shot DSC-RX0

焦点距離:24mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/100秒 ISO:125

水たまりの地面に直接カメラを置いて撮影しました。通常のカメラならもう少しレンズ面の高さが出てしまいますが、「DSC-RX0」なら直置きでこのような普段目にしないような視点からの撮影ができます。防水なので水たまりでも気にせず直置きできます。



------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


SONY Cyber-shot DSC-RX0

焦点距離:24mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/50秒 ISO:250

手のひらにすっぽり収まるコンパクトなボディにもかかわらず、1.0型センサーを搭載したこのカメラ。写りにも妥協はありません。木の葉についた水滴を良く描写してると感じました。


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



SONY Cyber-shot DSC-RX0

焦点距離:24mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/125秒 ISO:125

地面すれすれからノーファインダーで狙った画です。背面液晶でアングルの確認もできますが、チルト式ではないので、ハイ・ローアングル時には見づらく感じます。潔くノーファインダーで狙うのも面白い体験でした。後継機の「DSC-RX0M2」ではチルト式液晶を搭載したので、こういったシチュエーションでもモニター確認しやすくなっています。


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



SONY Cyber-shot DSC-RX0

焦点距離:24mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/50秒 ISO:200

街路樹の真下から仰ぎ見るアングルです。これだけ小型のボディだと、普段は狙わないようなアングルから撮影することができて、新鮮味を感じます。持ち運びもポケットにすんなり入るサイズなので、手ぶらで撮影にでられる点も気軽でよいと思います。


風雨の中、カッパと長靴でカメラ片手にあちらこちら散歩をしながら撮影をすると、今まで避けていた雨の日の撮影が、こんなにも面白いものかと、改めて気づかされました。普段ではしないような撮影にも、チャレンジしてみようという気にさせる、そんな不思議な魅力が溢れるカメラでした。





↓今回の撮影で使用した機材はコチラ!↓




〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: SONY|掲載日時:2019年05月27日 10時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!19票


MACRO日記 Vol.2

MACRO日記 Vol.2[2019年10月17日]

日中の厳しい暑さも終わり、過ごしやすい季節になりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 今回は、 Canon EOS 90D Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM の組み合わせで撮影してきました。 EOS 90Dは先月発売されたAPS-Cサイズのセンサーを搭載した一眼レフカメラ。EOS 90Dは有効画素数約3250万画素のセンサーとEOS Rなどに使われている映像エンジンDIGIC 8を積んでおり、より高画質な写真を撮ることができるようになっています。 焦点距離:100mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/250秒 ...
続きを読む
『逍遥』PENTAX 6×7

『逍遥』PENTAX 67[2019年10月16日]

『逍遥』PENTAX 6×7 『逍遥(しょうよう)』とは、気ままにぶらぶら歩くこと、 つまりは散歩です。 たとえば、天気の良い日に洗濯物を干していて、ふと出かけたくなり、ちょっとそこまで散歩をする。 こういったことを『逍遥』と呼ぶのだと個人的に解釈しています。 散歩よりもちょっとかっこいい存在です。 今回は筆者が『逍遥』に持ち出したカメラ、 PENTAX67をご紹介します。 ウッドグリップがあるとよりどっしりとした印象を受けます。 少し重量が増えますが、 このカメ...
続きを読む
ぼくらのズミクロン日記

【Leica】ぼくらのズミクロン日記Vol.1 ~ズミクロンS100!~[2019年10月15日]

We are summicron!! この連載は、マップカメラライカブティックのスタッフそれぞれがズミクロンへの愛を語るものです。 1954年に発売され、その性能の高さと描写力で世界のレンズ設計の基準を引き上げたとすら言われるLeicaレンズのレジェンド、ズミクロン。 今ではライカMマウント以外にも、Rマウント、Lマウント、Sマウント等様々なズミクロンが存在します。 十人十色ならぬ十本十個性の色々なズミクロンに対し、様々な角度でスポットを当てていきたいと思います。 幕開けを飾る記事は、...
続きを読む
【SONY】早秋の汀にて。

【SONY】早秋の汀にて。[2019年10月14日]

SONY α7S+SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN 焦点距離:45mm 絞り:F6.3 シャッタースピード:1/200秒 ISO:100 「早秋の汀にて。」 暑さが一段落して、秋深まりつつある今日この頃…。皆様、いかがお過ごしでしょうか。筆者は北の生まれなもので、夏のうだるような暑さは苦手です。まだまだ残暑厳しい日もありますが、朝晩の風に秋の気配を感じつつあります。 ふと、「秋の海」というものに興味を持ちました。 海水浴客で賑わう夏の海とは少し違う、趣のある風景に出会うため...
続きを読む
null

【Nikon】おやひこさま参り×Z7[2019年10月13日]

   9月中頃、少し遅めの夏休みを頂きましてNikon Z7にZ24-70mm F2.8をつけて、新潟県にあります越後国一宮・弥彦神社のお参りに行ってきました。  一の鳥居をくぐって左手に、神様しか通れないと言われている玉の橋があります。  平日にも関わらず、団体の参拝客の方々を見かけました。神社でお参りする際は二礼二拍一礼が一般的ですが、弥彦神社では二礼四拍一礼でお参りします。この形式は、出雲大社が有名です。  御神木である椎の大木。  お参りが終わった後は、ご本殿の背...
続きを読む